« びっくりです。 | トップページ | 誰も知らない… »

2004/09/18

少しは役に立つ?

先日(木曜日)の夕方、日本橋の駅構内で、目の不自由な方を見かけました。
雑踏の中を、心許ない感じで杖を頼りに懸命に歩いていました。

こういう時には、なぜか全く躊躇せず、
「お手伝いしましょうか?」
と声をかけることができる私でございます。
「あ、お願いします」
とおっしゃる若い女性。とても清潔感のある、おとなしそうな印象の方です。

「どこへいらっしゃいますか? どうして差し上げたらいいですか?」
と初めてのことで、失礼のないようにと、お訊ねしました。
「手を繋いでください」

まあ! とても嬉しかったです。
若い女性の柔らかい手の感触が、なんとなく頼りなげで
偉そうにも、「守りたい」といった気分になってしまいました。
息子ばかりで娘のいない私には、年頃もちょうどだったかもしれません。

なんでも通勤されているとかで、少なからず驚いてしまいました。
「慣れていらっしゃるのですね。余計なことだったでしょうか」

「みなさん、そうおっしゃるのですが、そんなことはないんです。
手を貸していただけると、とても助かるんです。ありがとうございます。」

はきはき応対する彼女。

しっかりした、明るいきれいな女性でした。もちろん感謝の言葉も忘れません。
「快速ではなく、各駅に乗ります」という彼女につきあって、
快速を1台やり過ごし、各駅の電車に同乗しました。

一見して「盲目」とわかる彼女を、じろじろ見るサラリーマンもいたので、
一言いってやろうか、とも思ったりしましたが、むしろ彼女を傷つけるかも…
と思いとどまり、少し離れて見守っていました。(傍目には、睨んでいたかも…笑)

積極的で、勇気のある女性なのでしょうか。
彼女が誇らしげに胸を張り、顔をあげて、少しずつ注意深く歩く
その姿に思わずエールを送りたくなったと同時に、つまらないことでふらふらしてしまう
自分に赤面の思いが、じわじわこみ上げてきてしまいました。

|

« びっくりです。 | トップページ | 誰も知らない… »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/1461397

この記事へのトラックバック一覧です: 少しは役に立つ?:

« びっくりです。 | トップページ | 誰も知らない… »