« リスくん | トップページ | 映画も観てます »

2004/10/18

ジャイプール

ジャイプールは、1728年にカチワーハ家(ラージブートの一氏族)の王様、ジャイ・スィン2世が造った街で、その名を取って「ジャイプール」と呼ばれています。

「~プール」というのは、ヒンズー系の王様によって、造られた街の名前で、「~バード」というのは、イスラム系の王様によって造られた街の名前…って、ガイドさんが説明していたような気がします。(間違っていたらすみません。ビマルさんに、あとで確認させてもらおうと思います)(ビデオもあるので、(60分テープ2本もあるので、確認だけでもへこたれそう)その録画のどこかに解説の音声があったはず…)

ジャイプールの街は、7つの門を持つ城壁の中の街です。街並みは、赤っぽい色の建物で統一されています。ピンク色だというので、ピンク・シティともいうそうです。少なくとも私の目には、建物の色が「ピンク」とは思えませんでしたが、昔はもっとピンクぽかったのかしら?

街の中心にある「シティ・パレス」は、トンネルになっている門をくぐって、広い中庭に抜けます。門の続きになっている城壁に続く建物には、時計台のような塔がついていて…。

PICT0193.gif

ちなみに、この「シティ・パレス」には、王様の子孫(つまり、本物のマハラジャ)が現在も住んでいます。私たちが訪れていた時に、ご帰宅になったらしく、リムジンならぬRV車(スモークガラスだったので中は見えず)で、お供をつれて、さーっと通りすぎました。

PICT0201.gif

PICT0194.gif

思わず「千と千尋の神隠し」で千尋親子が通り過ぎる、あの不思議な門(トンネル)のイメージにとても近いと、感じてしまいました。広場の先の尖塔に旗がゆれている建物は、あのアニメでの「湯屋」に近い感じです。もっとも、千尋が白龍に守られてわたった橋は、ありませんでしたけど。

PICT0206.gif

PICT0211.gif

PICT0214.gif

こちらの壺は、1902年、イギリスのエドワード7世の戴冠式に出席したマハラジャが、ガンガー(ガンジス川)の水をイギリスまで船で運んで沐浴したということです。これが2つありましたよ。
ギネスにも載っている世界で一番大きな銀製品だとか。
(比べるものが近くになくて、サイズわかりにくいですよね、すみません。何リットル入るって言ってたかな?>すみません。メモすべきでした。)

PICT0215.gif

|

« リスくん | トップページ | 映画も観てます »

「インドにて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/1715223

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイプール:

« リスくん | トップページ | 映画も観てます »