« 昨日の2作品 | トップページ | イブラヒムおじさんとコーランの花たち »

2004/11/26

ダコタ・ファニング

「アイ・アム・サム」で、とても可愛らしい女の子を演じていたし、
実際、とても可愛らしい…。
どうしてか、安達祐実 の印象とだぶる。>私には。

「アイ・アム・サム」では、彼女の存在も大きかったけど、
ショーン・ペンやミシェル・ファイファーが、すばらしかった。

「マイ・ボディガード」の予告編を劇場で観たけど、
これも、デンゼル・ワシントンがいい味だしていそう。

彼女は、共演する大人の俳優が、めだたなくなるような存在ではないし、
そういう演技もしていないような気がするけど、それが上手なところなのかも。

監督の意向なのかもしれないけど、彼女は、自分自身が
「かわいい」ということに埋もれてしまわないような気がするな。

|

« 昨日の2作品 | トップページ | イブラヒムおじさんとコーランの花たち »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/2068888

この記事へのトラックバック一覧です: ダコタ・ファニング:

» 2002年ベストシネマ15 [京の昼寝〜♪]
2002年は年間100本の映画を劇場で鑑賞しました。そのなかから僕なりのベストシネマをチョイスしてみました。 あくまで僕自身の選択なのでご参考までにm(_ _)... [続きを読む]

受信: 2005/01/25 00:25

« 昨日の2作品 | トップページ | イブラヒムおじさんとコーランの花たち »