« インドの人たち | トップページ | たくさん公開されてしまった »

2004/11/06

マハトマ・ガンディー

ガンディーが火葬された記念公園(ラージ・ガート Raj Ghat)に行きました。
そこには、ガンディーのお骨はないのだけれど、整備された芝生の庭園に、黒大理石が火葬の行われた場所に置かれています。ガンディーの最後言葉「ヘ・ラーム」(He Ram)(おお!神よ!)が刻まれています。

募金箱があって、集まったお金は、カースト制度の最下層(ハリジャン)で差別されてきた人たちのために使われるそうです。

ここの入口には、お花(お花だけきりとって集めたもの)を売っていて、それを石の上に飾ります。小さなお花のお山みたいな、そんな感じに供えていました。黒い石の上に、ピンクや黄色や…いろとりどりのお花のデコレーション。

PICT0058.gif

その記念石の脇に、この木がありました。静かな音楽が、流れていて癒される空間でした。
ガイドさんも、その曲を口ずさんでいました。きっと有名な曲なのでしょうね。

|

« インドの人たち | トップページ | たくさん公開されてしまった »

「インドにて」カテゴリの記事

コメント

■Ishwar さんへ
コメントありがとうございます。こちらこそ、はじめまして。よろしくです。
初めての海外旅行で、インドを選ぶ人もめずらしいようです。(笑)
何もかも初めてで、その上、過保護旅行でしたから。インドも「バックパック」で行くような旅行者には、また格別の印象があるようですね。自分は、もう年齢的にも「バックパック」の旅行は無理だと思うので、どうなるでしょうか。
Ishwar さんは、どんなところへ行かれましたか? ブログの記事になさっているなら、こちらにTBを送ってくださいませね。

投稿: あかん隊 | 2006/02/13 17:35

古い記事にコメントして、すみません。
はじめまして。最近RINさんの所でお邪魔してるIshwarです。
インドの写真、懐かしいです。
インドにハマり早や8年。あかん隊さんは、その後、インドへ行かれましたか?
又、行く機会があれば田舎の方もいいので是非行ってみてくださいね。

投稿: Ishwar | 2006/02/13 15:38

コメントありがとうございます。
インドでは、民主主義や自治を自分たちの手で勝ち取ったという気概がありますね。

マハトマというのは「大聖」という意味だそうです。

日本では、良い意味でも悪い意味でも、完全な植民地体験もないかわりに、自らの力で民主主義を得たわけでもありませんでしたから、こうした意味での「カリスマ」は、存在し得なかったのかもしれませんね。

投稿: あかん隊 | 2004/11/06 23:32

名前と無抵抗主義?くらいしかわかりませんが
きっとインドの人々にとって忘れ得ぬ名前なんでしょうね。
日本ではなかなかそういう人っていませんよね。

投稿: まっちゃ | 2004/11/06 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/1877402

この記事へのトラックバック一覧です: マハトマ・ガンディー:

« インドの人たち | トップページ | たくさん公開されてしまった »