« ラブストーリーとデジャブ | トップページ | 今日は「ゴジラ」 »

2004/12/05

ニュースの天才 & Mr.インクレディブル

「ニュースの天才」

実話だそうです。文章がうまい「ストーリーテリング」の人なら、
小説家になればいいのに…と思ったら、現在、執筆活動中だそうで。

新聞や雑誌等に掲載されている記事が、すべて真実とは
限らないということですか。印刷された文字だと簡単に信用してしまいそうですけど
世の中、疑ってかかったほうがいいことばかりなのか?

ただ、これは、ドキュメンタリータッチで描いたつもりなのか
主人公の側から描いたつもりなのか、周り(マスコミ関係者)の人から描いたのか、
視点がさだまらず、消化不良。実話を知っている人には、良いのかも。
どちらからも…というなら、もう少し区分けがきっちりわかるとよかったな、私には。

ヘイデン・クリステンセンは、熱演だったと思います。


「Mr.インクレディブル」

これは、楽しかった。うまく作られてる。
キャラクターも、みんな存在感があるし、不自然だったり、唐突だったりしてない。
アニメなのだから、フィクションそのものなんだけれど「感情」のあり方が、
ごく普通の人にも「そうだよね」と思わせる。

Mr.インクレディブルさんは、女性を泣かせるようなコメントも。
ストーリー自体は、あらすじで話してしまえばなんということもないのだけれど、
各シーンにおけるキャラクターたちの意表をついたような「反応」(?)が、
アイディア満載なので、とてもおもしろくて感心する。

映像自体でも笑える要素が、たくさんもりこまれているし、
細かいディテールや色彩も考え抜かれ、手抜きがない。

エンドロールのBGMは、往年のクイーシー・ジョーンズの曲が
懐かしくなるような雰囲気でした。

|

« ラブストーリーとデジャブ | トップページ | 今日は「ゴジラ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
Mr.インクレディブル、お勧めです!

お勧めの本、早速探してゲットしましょう。
今、司馬遼太郎「翔ぶが如く」文庫10冊をやっと読み終え、
高村薫「レディー・ジョーカー」他、読みかけが…。

本は、気になった時に購入しておけば、
必ず読む、というので「積読」状態の本がたくさんあります。
読むぞ~~!

投稿: あかん隊 | 2004/12/05 22:54

Mr.インクレディブルは、良かったですか。
感想を読んでいたら行きたくなりました。
なんとか時間を作って観に行けるよう努力してみます。

ニュースの天才は、視点が問題ですか。
なるほど。
マスコミがウソを伝えているとは言わないまでも、伝えていないことがあるのは、日常的に体験しています。
もし、興味があるなら、ベンジャミン・フルフォード『日本マスコミ「臆病」の構造』宝島社を読むことをお薦めします。
著者は、フォーブスのアジア太平洋支局長です。

投稿: kanetan | 2004/12/05 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/2159259

この記事へのトラックバック一覧です: ニュースの天才 & Mr.インクレディブル:

» 『Mr.インクレディブル』 [京の昼寝〜♪]
■製作総指揮 ジョン・ラセター ■製作 ジョン・ウォーカー ■監督 ブラッド・バード ■出演(声) クレイグ・T.ネルソン ホリー・ハンター サミュエル・L.ジ... [続きを読む]

受信: 2004/12/05 23:15

» 『ニュースの天才』 [京の昼寝〜♪]
■製作総指揮 トム・クルーズ ■監督 ビリー・レイ ■出演 ヘイデン・クリステンセン、ピーター・サースガード、クロエ・セヴィニー 1914年に創刊された“THE... [続きを読む]

受信: 2004/12/07 09:14

» ■Shattered Glass/ニュースの天才 [ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY]
■Shattered Glass ニュースの天才●アメリカのローリング・ストーン誌やニュー・リパブリックのような出版業界で一時期は神童と注目を集め、伝説となった20代のジャーナリスト“グラス”。これは、スティーヴン・グラスの実話。90年代後半、彼は、アメリカ国内で最も権威ある政治雑誌と評され、大統領専用機(エアフォースワン)に唯一置かれた「THE NEW REPUBLIC」の花形スタッフライターだった。しかし、そ... [続きを読む]

受信: 2005/04/16 00:57

« ラブストーリーとデジャブ | トップページ | 今日は「ゴジラ」 »