« Waltz for Debby | トップページ | 父と暮らせば »

2004/12/13

レディ・ジョーカー

原作本が、上下巻あって、しかも1冊430ページ近くある。
なおかつ、2段組だから文字量もものすごく多い。

これがベストセラーになったのか~! と驚きもする。

その原作本を、まだ読み終わらないのだけれど、
映画が、公開されてしまったので、気になってしょうがないので「誘惑」に負けた。。。

なかなか良かったと思う。人物も整理されていたし、人間関係もシンプルになっていた。
原作そっくり…では、ないかもしれないけど、楽しめた。

映像が印象的で、なんというのか。
独特の雰囲気があるように感じた。

吉川晃司の印象が、とても強烈に残っている。>私には。
そういう気分っていうの、わかるような気がする。

渡 哲也は、「役」というより「渡 哲也」だったな~。

さて、この映画が6000ポイントを突破する記念すべき作品になりました。
嬉しや! 今月、ぎりぎりになったら、1ヶ月のフリーパスに交換しよ。(はあと)

○カンフーハッスル
○ターミナル
○マイ・ボディガード
○理由
○ローレライ
○ヴィタール
○ホワイト・ライズ
○レイクサイド・マーダー・ケース
○ウルトラマン
○着信あり2
○オペラ座の怪人
○スパイ・バウンド
○鉄人28号
○阿修羅城の瞳
○戦争のはじめ方

あ~~~、まだまだあるな~。
どれだけ観られるかな…。

|

« Waltz for Debby | トップページ | 父と暮らせば »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/2250473

この記事へのトラックバック一覧です: レディ・ジョーカー:

» 映画『レディ・ジョーカー』は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
〜この映画、10点満点なら何点をつけますか?〜 レディースデイの映画館は大繁盛! “いまあい”、“ハウル”、“誰ひみ”、“僕かの”は、ほぼ満席です。 それに比... [続きを読む]

受信: 2004/12/28 10:01

« Waltz for Debby | トップページ | 父と暮らせば »