« レディ・ジョーカー | トップページ | 「ニワトリはハダシだ」「ヴィタール」「ターミナル」 »

2004/12/16

父と暮らせば

秀作でした。

CGに加工されたと思われる画面にも、
違和感はあまりありませんでした。

たいへん台詞の多い映画で、早口の広島弁が、
多少聞き取りにくいところもありましたが、
主演の宮沢りえと原田芳雄は、すばらしかった。

大好きな浅野さんは、じっと控えめな存在でしたけど、
やっぱりいいな~。

実は、この映画、函館の母が観て「よかったよ」と教えてくれました。
明日までの公開だったので、どうしようか迷っていたのですけど、
思い切って出かけて正解でした。

|

« レディ・ジョーカー | トップページ | 「ニワトリはハダシだ」「ヴィタール」「ターミナル」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■ミチさんへ
はい。思い切って観に行って、本当に良かったと思います。
そうですね。子どもたち、若い方、、、たくさんの方に観ていただきたいものですね。テレビでは放映しないのでしょうか?

投稿: あかん隊 | 2005/10/03 23:23

こんにちは。
劇場でご覧になれて良かったですね〜。
宮沢りえちゃんは現代物じゃない作品をやらせるとピカイチのような気がします。
淺野さんもとっても良かったです!
こういう映画を強制的にでもいいから子供たちに見て貰いたいなぁ。

投稿: ミチ | 2005/10/03 07:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/2288298

この記事へのトラックバック一覧です: 父と暮らせば:

» 『父と暮らせば』 [京の昼寝〜♪]
■監督  黒木和雄(原作 井上ひさし) ■キャスト 宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信 ■物語   「原爆」で自分だけが生き残り、幸せになることを否定しながら生きる娘... [続きを読む]

受信: 2004/12/21 09:05

» 祈りをこめて [京の昼寝〜♪]
昨年の僕が観た映画の中で邦画のベスト1に上げた作品『父と暮らせば』。 この映画の監督である黒木和雄氏(74)が、10日、広島市中区・平和記念公園に立つ「原爆の子... [続きを読む]

受信: 2005/02/12 12:29

» ■父と暮らせば [ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY]
■父と暮らせば ●7月8日に、第二次世界大戦中のフィリピン、バターン島で日本軍の捕虜となって囚われた兵士の救出作戦をウィリアム.B.ブロイアーが描いた著作「The Great Raid on Cabanatuan」(邦題「諜報戦争―語られなかった第二次世界大戦」)の映画をアップした。 映画の... [続きを読む]

受信: 2005/08/06 22:18

» DVD「父と暮せば」 [ミチの雑記帳]
DVDにて「父と暮せば」★★★★☆ 黒木和雄監督の戦争3部作の完結編。 前作「美しい夏・キリシマ」は、美しい風景に心洗われ、静かで淡々とした人々の生活の中に潜む戦争の恐ろしさに考えさせられた。 劇場で見ることが叶わなかったこの完結編をやっと見ることができた。 ストーリー:原爆投下から3年後の広島、愛する者達を一瞬の閃光で失い、自分が生き残っていることに負い目を感じ続けている美津江(宮沢りえ)の�... [続きを読む]

受信: 2005/10/03 07:16

« レディ・ジョーカー | トップページ | 「ニワトリはハダシだ」「ヴィタール」「ターミナル」 »