« 「理由」 | トップページ | これから観るぞ! 第1回 »

2004/12/28

戦争のはじめかた

senso1228http://www.cqn.co.jp/sensou/

銀座の「シネカノン有楽町」で観賞。

座席の傾斜も、よい感じ。これだと前列の人の頭が気にならないだろう。
私は、背は高くないので大柄な男性が前列に座ると、
スクリーンの下のほうが、欠けてしまう。
最近は、字幕も下に出るものが結構あるので、とても困るのだ。

スクリーンも、単館にしては、大きい。気に入った。

暮れ(仕事納めのところが多い?)の日中ということもあってか、
とても空いていた。観客は、男性がほとんど。
この映画の内容を考えると無理もないか。

ドキュメンタリーにも思えてしまう役者さんたちの演技は、迫真。
悩みながらも「退屈」には勝てず、「悪行」も「制裁」も
すべて「事故」として処理される…。

そうした日常に慣れてしまう。悪行も制裁も、みんな本当は、
ごく普通の人間が、することなのだとつくづく考えさせられた。

それにしても、ものすごいでたらめ、いい加減なものなのだろう…
平和時の「退屈」な軍隊って。
だから、戦争があったほうがいい、だなんて決して思わないにしても、
いったいどうなることが「正解」なのかわからない。

とんでもないことなのだけれど、主人公にしても、悪行にそしらぬ顔をしている上官も、
どうも憎めない。つい、感情移入してしまう。

ニーチェの言葉がでてきたけれど、よくわからなかった。
どこかで調べて、把握しておかなくては。

真面目に仕事をしていた覆面「監察官」だけは、本当に気の毒だった。

|

« 「理由」 | トップページ | これから観るぞ! 第1回 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/2400639

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争のはじめかた:

» 戦争のはじめかた [まつさんの映画伝道師]
第64回 ★★★☆(劇場)  非常に不謹慎な映画、でも面白い。  さらに面白いのは、これが実話を基にしているという点だ。 「平和な時、戦争は自ら戦争する」(ニーチェ)  この言葉は映画の本質を突いている。  主人公のエルウッド(ホアキン・フェ... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 16:56

« 「理由」 | トップページ | これから観るぞ! 第1回 »