« レディ・ジョーカー(上・下) | トップページ | ネバーランド »

2005/01/16

北の零年

劇場へ行くのは、久しぶりのような気がした。
この映画は、どうしようかな~と思っていたのだけど、
豊川悦司が気になったので観ることにした。

良心的な作品だった。
ちょっと長いような気もしたし、台詞の「間」のようなものが
ポンポン…とは行かないので、短気な自分としては、ちょっとじれったい。

善と悪とを完全に分けてしまわない扱い方が、微妙に良かったかもしれない。

意地悪おばさんとしては、
吉永小百合さんは、渡辺謙さんよりどうしたって年上に見えること、
5年後、といいながら、5年前と全然変わらない彼女の風貌、
香川照之は、ああいう役が多いような気がしたこと、
「死なないで。生きて」と言いつつ、あの時代捕縛されたら晒首もあったのだから、
「きっと帰ってくる」なんて甘いんじゃあなかろうか…といったことが気になった。すまそ。

|

« レディ・ジョーカー(上・下) | トップページ | ネバーランド »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

NON MAMAさん、コメントありがとうございます。
確かに、複雑な思いがあっても、相手の気持ちや立場を理解するというのは、なかなかできないことですね。
人間、わがままですから。
夫への信頼と愛情の結果とも言えるかもしれませんね。美しく、素晴らしい…。

自分にはとてもできないな。
恨み言を言ったりもしないですね。
忘れっぽいので「どなたさん?」「どっかでみたかな?」なんて思うかも(爆)。
嫌なことは、どんどん忘れる性格なので。(だめぽ)

あの男の子が亡くなってしまうところでは、目頭を押さえていました。
大人たちの(死んでゆく彼からすれば殆ど「身勝手」な)言動やことのなりゆきに、
ただ「希望」を持つことしか許されなかった短い人生とは、何だったのでしょう?

投稿: あかん隊 | 2005/01/30 02:01

はじめまして
私も 北の零年見てきました。

私も不本意ながら 涙が溢れてしまうシーンがありました。
「あなたの手は綺麗ですね・・。私の手はゴツゴツして・・。もはや女の手ではありません。あなたには 恥ずかしくて見せられません。」とこんなんだったかな?ちょっと 覚えていませんが そんな感じの台詞だったと思います。
すごく 彼女の気持ちがわかり 泣けてきました。
自分とは同じ思いをさせてはいけない。
典型的な耐える女性の姿でした。
その気持ちがわかりすぎて 泣けてきました。

うらむ気持ちもあるのに 罪をつぐなってほしい気持ちもあるけれど 何よりも 彼の幸せを祈ってしまう自己犠牲の精神です。
そんな 心の綺麗な女性って いいですよね。

娘が待ちに待っていた 大好きな父上が母や自分の敵として戻ってきたこと、自分達を裏切っていたこと、でも あこがれ 待ちつづけた父親。そんな気持ちもよく伝わってきて そこでも 泣いてしまいました。

石田ゆり子の役も それはそれで よく気持ちがわかるので・・・。
男性はギバちゃんの落ちぶれた姿に 憤りを覚えたみたいですね。私の彼もそこで泣けてきたといっていました。
男性と女性の感情の違いですね^^
そういう意味では いろいろ考えさせられる映画でした。

投稿: NON MAMA | 2005/01/30 00:57

女房の気持ちがアシリカに向いてるうようで、
良かったー自分の罪が軽くなったと思った笑顔みたいやんっていうのが、
ちょっとわからなかいというか、わかりたくなかったというか。
感受性豊かでいいのかなぁ…ホンマ顔腫れましたけど(汗)

投稿: chishi | 2005/01/24 10:15

chishiさん、どうもです。
まあ、あそこで「馬」をあきらめた謙さんですから、
妻の気持ちがアシリカに移動しているのを察知した、
ということを観客に理解してもらいたい、
という監督さんの演出なのかも(わかりにくいな…)。
映画観て泣くのは、いいことだと思います。
感受性が豊かだというのは、すてきですよね?

投稿: あかん隊 | 2005/01/24 00:21

私も同じことを思いました。
生きて・・・って捕まったらムリなんじゃ?って。
アシリカに駆け寄る小百合を見る謙さんの顔の意味がわからなかったし。
でもワーワー大泣きしてしまいました(汗)

投稿: chishi | 2005/01/23 12:17

つぼやきさん、コメントありがとうございます。
いろいろなことにお詳しいようなので、びっくりしています。すごいですね。
こちらこそよろしくお願いします。
※ちょくちょくお邪魔すると思います。

投稿: あかん隊 | 2005/01/19 00:30

こんばんは!
TBお世話になりました。
すっかりご挨拶が遅くなってすみません。
アタフタしてた(苦笑)もんですから~。
言いたい放題、勝手な我儘なblogで
申し訳ないです。
いつもとっ散らかっておりますが、
今後共ヨロシクお願いします!

投稿: ツボヤキ★ | 2005/01/19 00:02

えいさん、いつもありがとうございます。
香川さんは、不遇なのかもしれないな~と思います。
頭が良すぎる(東大卒)だからいけない?
「あく」が強すぎるのかな?

これまでとは全く違う性格の役につけば、
違ってくるのではないのでしょうか?
こうも似たような役についたのでは、彼の経験値からしても、
演じ分けることは難しいかもしれませんし。
もっといろんな役に挑戦してほしいです。

『独立少年合唱団』未知でした。
DVDが出ているようなら、あらためてチェックしたいと思います。>感謝です。

投稿: あかん隊 | 2005/01/16 17:58

こんばんは、えいです。

香川照之、「トヨエツがかっこいい」と言ったわたしの知人も
同じことを言ってました。
「なにをやっても同じ」と....。
私は彼の最高の演技は『独立少年合唱団』だと思うのですが、
あかん隊さんはいかがですか?

投稿: えい | 2005/01/16 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/2587064

この記事へのトラックバック一覧です: 北の零年:

» ★★★★「北の零年」吉永小百合、石田ゆり子、豊川悦司、渡辺謙 [こぶたのベイブウ映画日記]
妊娠中なので、お腹がすいて仕方ない加代(石田ゆり子)に、いちばん共感した。何をしても、子供と生きてゆかねばならない、母の強さのようなものを感じたのだ。小松原(渡... [続きを読む]

受信: 2005/01/16 11:06

» 「北の零年」 [【●○ ゆるゆるシネマ感想文 ○●】]
試写会で鑑賞 「北の零年」2004年 日本 配給 : 東映 2005年1月15日公開 ゆづあげの好き度 ★☆☆☆☆ ●○ 慣れない冬は確か... [続きを読む]

受信: 2005/01/16 14:56

» 『北の零年』 [ラムの大通り]
----この『北の零年』は行定勲監督なんだって? 「うん、『GO』を撮ったとき、 次回の東映作品は大作を、と言うことになったらしい。 それにしても大抜擢だ。なん... [続きを読む]

受信: 2005/01/16 17:38

» ■映画「北の零年」は誰のための映画? [ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY]
映画「北の零年」を見た。淡路島からお家騒動の果てに喧嘩両成敗ならぬ片落ちの幕府命令によって北海道へ移住させられる稲田家。先発隊は新たな地でのお家再建に向けて... [続きを読む]

受信: 2005/01/18 13:55

» 北の零年 [ FOR BRILLIANT FUTURE]
日本の映画としては、かなり力を入れて製作されたのだろうと思う。一種の大河ドラマの様な雰囲気をも持つこの作品はやはり、上映時間が非常に長い。 未だに自然の宝庫と... [続きを読む]

受信: 2005/01/18 17:49

» 「北の零年」 東映は今年も東映、零から出直そう [とにかく新作映画を観て紹介する人柱的ブログ]
私が観にいったのは仕事帰りの20:50でしたが、年配の方をはじめとしてかなりの観客がいたのには驚かされました。しかし一番驚かされたのは、掲示板に書かれていた座席... [続きを読む]

受信: 2005/01/21 17:52

» 映画『北の零年』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点で貴方は何点と採点しますか? ※自分の好み度   ←金返せ! / ブラボー!→             0点□□□□□□□□□□10点 ※人... [続きを読む]

受信: 2005/01/23 12:15

» 北の零年 8本目 [(売れないシナリオライター)KAZZの呟き!]
KAZZのこの映画の評価 凄い事になっていますこの”北の零年” 何故かって。。。 銀座の映画館は、平日昼間は満員御礼 金券屋で800円で売られている... [続きを読む]

受信: 2005/01/29 17:33

» ■★■「北の零年」出演者が豪華〜トヨエツ&照之が良かったね!(... [■□■UEKO・f★のシネマシティ・&ホットティ]
やっと観れました〜混んでましたよ!びっしりです!明治維新の混乱で故郷を追われた人々が、未踏の大地、北海道で新たな国づくりに燃え、厳しい自然と戦いながらたくましく... [続きを読む]

受信: 2005/01/29 18:18

» 北の零年 [僕の中の世界]
 『北の零年』を観た。  上映時間が3時間程度あるので超大作の部類の映画。この映画は、明治初期に温暖な淡路の住人達が、とつぜん寒冷な北海道に移住させられる... [続きを読む]

受信: 2005/02/23 16:14

» 「北の零年」 [青木英美のニライカナイ]
魂を感じる映画でした。自分の感情をまとめるのに少し時間がかかってしまった。(榊さん、upするの遅くなってしまってゴメンなさい)人が生きていく凄味を全身で感じて映... [続きを読む]

受信: 2005/03/12 03:37

» 映画『北の零年』貴方は何点?結果報告! [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
毎度『この映画、貴方は何点?』にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは、吉永小百合様111回目主演作品の『北の零年』。豪華なキャストや製作費、興行成績が良かったことでも大きな話題となった作品です。…の割には、私のようにツボにハマって大泣きした派と、しれーっと白けちゃった派と大きく二分されたようですが(どちらかというとマイナス記事が目立つような)。 私が足を運んだ劇場では�... [続きを読む]

受信: 2005/04/07 23:47

» 北の零年 [kae-ruのBlog]
吉永小百合さん、渡辺兼さん、豊川悦司さん出演の「北の零年」のDVDを観ました。 この作品、吉永小百合さんにとっては、111作品目だったらしいです。   幕藩体制が終わりを告げ、日本が大きく変わった明治維新。四国・淡路に暮らす稲田家の人々は明治政府から.... [続きを読む]

受信: 2005/07/13 01:56

» リアリティー欠如の「北の零年」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 珍しくブログで事前に調べていたら、酷評ばかりで、ちょっとびっくり。「北の零年」(行定勲監督)のことである。実はこの映画、僕にとって、ことし初めての映画鑑賞だった。元日のWOWOWで「血と骨」の前にやっていた。「血と骨」も2時間半ぐらいと長いが、「北の零....... [続きを読む]

受信: 2006/01/03 00:44

« レディ・ジョーカー(上・下) | トップページ | ネバーランド »