« 勝ち誇るな~ | トップページ | サイドウェイ »

2005/03/18

ローレライ

観てきました! 徹夜あけ、午前中会議で昼下がりに。眠くならないかと心配だったけど大丈夫でした。

う~ん。なんとも言えない。招待券で観賞して、よかったかも。
通常料金では、高いと思ったかもしれない。

キャストも悪くないし、模型もよくできていたし(だけど模型だとわかる時点で減点?)、海中の場面は、いいと思った。だけど、画面が合成されているのが、ありありわかるっていう映画も久しぶりかも。

一番納得できなかったのは、あの最終局面。一緒に観賞した隣の席にいた友人は、吹き出してしまった。。。
いくら「フィクション」といっても、あまりに現実離れしていて、それまでのシリアスな雰囲気が、そこでぶっつり。

あの海兵隊員(米軍の)に、妙にフォーカスする意味が最後でわかるのだけれど、なんとなくそういったプロットも伏線としては、わかりづらくてあまり好きになれない。

役所さんは、すばらしいです。溜息ひとつついても、場の雰囲気を醸し出してます。
賛否いろいろあると思いますが、柳葉さんは、やっぱり「秋田なまり」が抜けてませんよね?

|

« 勝ち誇るな~ | トップページ | サイドウェイ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■ミチさんへ
コメントありがとうございます。
『戦国自衛隊』は、観なくて正解。
こちらの原作も、ついこの間読破しました。おもしろかった。>原作は。
CG等に凝るといいなら、『SHINOBI』の下山天監督のような方にお願いしたらよかったかも。
だけど、これは企画からしてほぼ決まっていたことらしいですもんね。福井さん、へこたれずに元気出して、これからも活躍していただきたいデス。

投稿: あかん隊 | 2005/10/11 00:44

こんにちは♪
TBありがとうございました。
原作はねぇ、それなりにフィクションとしていいんですよね。
各人物のバックグラウンドも描かれているし、パウラと兄フリッツのたどってきた道も分かるし、ローレライシステムだってテニアン沖会戦だって、頭の中でなら何とかなるんです。
でも、やっぱり映像化すると苦しかったわぁ。
最先端技術でもこんなにしかならなかったの?って残念です。
役所さんはさすがだと思いました。
マイク握ってのセリフばかりだったけど、うまいなぁって。

福井さんの原作ものは「イージス」「ローレライ」「戦国自衛隊」と公開されたけど、規模が大きすぎて映像化するとしょぼくなるみたい。
というわけで「戦国自衛隊」も見てませーん(笑)

投稿: ミチ | 2005/10/10 22:52

chishiさん、コメントをありがとうございます。
>ザパーっと水面に出てきて攻撃したとこですか?
そう、そう。あそこです。
兵器ものには、自分もうといですが、B29って、編隊組んで飛ぶと思うんですよね。一機だけということはあり得ないと…。それに、残り1分で、しかも負傷している人が、あの勢いで浮上した潜水艦の不安定な位置で、一発で撃墜できるわけがない、と思ってしまいました。
原作を読んでいるのですか?
読み終えたら、ブログで映画との比較記事をアップしてくださるといいな~、と思います。

投稿: あかん隊 | 2005/03/23 20:53

納得できなかった最終局面というと
ザパーっと水面に出てきて攻撃したとこですか?
私みたいに兵器モノに疎いと全然OKみたいです。
ただ今、原作本を読んでいるので
読み終わったあとだと、失笑しちゃうかもしれないですねー(笑)

投稿: chishi | 2005/03/23 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/3348967

この記事へのトラックバック一覧です: ローレライ:

» 『ローレライ』 [京の昼寝〜♪]
 乗員70名 祖国を守るため、彼女を守るしかなかった・・・。  全長110mの艦内で、彼らが描き出した未来とは。 ■監督 樋口真嗣 ■原作 福井晴敏(『亡国の... [続きを読む]

受信: 2005/03/19 00:38

» ローレライ [うぞきあ の場]
多分、この映画のブログを書く人は同じことを書くと思う。 でも、あえて書く。 作者の福井氏が唱えるように、“ガンダム”の影響を受けている。 そして、“宇宙戦艦ヤマ... [続きを読む]

受信: 2005/03/19 10:43

» 『ローレライ』 [ラムの大通り]
------『ローレライ』って潜水艦の映画だよね。 どうだった? おや、顔が暗い。 「映画って、数多く観れば観るほど 記憶として蓄積されていくだろ。 すると、ど... [続きを読む]

受信: 2005/03/19 11:30

» 映画『ローレライ』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点と評価しますか?そしてもし良かったら、どの俳優さんが特に気になったのかも教えていただけるとありがたいのですが・・・是非ご協力く... [続きを読む]

受信: 2005/03/23 20:17

» 「ローレライ」 [the borderland]
小学生の頃は本読むのも好きで、学校の図書館にあった児童向けのアルセーヌ・ルパンや少年探偵団はほぼ全巻読みました。それらに続いて好きだったのが、第二次世界大戦の「... [続きを読む]

受信: 2005/04/02 01:26

» #15:ローレライ(試写) [(売れないシナリオライター)KAZZの呟き!]
KAZZのこの映画の評価 いやぁ~驚きました 日本の映画で潜水艦映画が作られるとは。。。 出だしのタイトルは凝っていて格好イイですよ ラストの戦闘シ... [続きを読む]

受信: 2005/04/05 15:44

» 映画『ローレライ』貴方は何点?結果報告! [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは、これからも公開が何本も控えている福井晴敏氏原作の潜水艦映画『ローレライ』です。ハリウッドの特撮技術に慣れ親しんでいる目には少々粗が目立ち、また首をかしげるような箇所もありましたが個人的にはとても感動した映画でした…なにせ任侠ものに弱いもので(汗)なので、他の方もそうだろうと高を括り、キャラや俳... [続きを読む]

受信: 2005/06/06 10:34

» ローレライ 今年の174本目 [猫姫じゃ]
ローレライ   はまりますた。 この手の映画、大好きです。   この映画のこと、どんな映画なのか、全く知らずに見ました。 トレーラー、ちょっと見ただけ。 他の方のブログも、読んでいませんでした。   何で、この時期に、戦争映画??   そ... [続きを読む]

受信: 2005/08/27 19:56

» 映画『ローレライ』(LOERELEI)樋口真嗣・福井晴敏 [~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録]
気鋭の人気ミステリ作家福井晴敏と、平成『ガメラ』で名を馳せた樋口真嗣監督が、強力タッグを組んで放つ壮大なスケールの潜水艦アクション巨編!! ということで、今回はいつになく激しくネタバレで行きます。 でも、これ読んでから観てもガッカリすることはないと思..... [続きを読む]

受信: 2005/11/28 00:28

« 勝ち誇るな~ | トップページ | サイドウェイ »