« 東京タワー | トップページ | アイデアね。 »

2005/03/07

母親という立場

装丁のデザインを頼まれているので、研究がてら本屋さんを覗いた。
たまたま平台にあった本のなかに気になるフレーズが入っている帯があった。

『200%母親の責任です!』 というものだ。

問題のあるお子さんを預かって更正させているところの方が、著者のようだった。
もちろん、男性。自分が、決して「母親」になることがない、なったことがない人間のせりふだ。
女性や母性をきちんと感じることのできない人の一方的な発言だ。
ふざけるな、と言いたい。この発言に傷つかない「母」がいるならお目にかかりたい。

非の打ち所なく、なんの問題もなく、ひとつの過失もなく、お子さんを育てられた方がいらっしゃるなら、「それは、私のことではないわ」とおっしゃるかもしれないが。

それでなくても子育てに悩む女性は、多いのだし、いわれなくても、その責任を過剰に感じる女性が多いのも事実なのに。そんなこと言われたら子育てなんかできない。
子どもに何か起こると、必ず家庭のことが注視されるし、そこでとやかく言われるのは決まって「母親」だ。

はっきり言わせてもらうなら、
「母親が幸せでなかったら、子どもは幸せにはなれない」ということ。
その「母親の幸せ」のキーを握っているのは、「父親」たるべき「夫」である、ということだ。
少なくとも、個人的には、この考えを変えるつもりはない。

|

« 東京タワー | トップページ | アイデアね。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カヌさん、貴重なコメントをありがとうございます!
カヌさんは、きっとすてきな「パートナー」になって、お子さんにも『大好き!』と言われる「おとうさん」になること間違いなしです!

投稿: あかん隊 | 2005/03/08 02:14

私は結婚もしてないし、子供もいないですけど、自分の子供ができたら、育児やりたいって男だけど思いますよ。子供が成長しても好かれる父親でいたいんだもん(^^)

投稿: カヌ | 2005/03/08 01:41

chishiさん、いつも本当にありがとうございます。
>黙っていないで主張することも絶対必要だと思うのです。

そうですよね!
どういう意図であれ、それはないだろう…と思いましたですよ。

投稿: あかん隊 | 2005/03/08 00:54

修行が足りない・・・なんていうのは、私のタメにある言葉ですが、
黙っていないで主張することも絶対必要だと思うのです。
だからこの200%~っていうのはおかしいって主張したいっす!

投稿: chishi | 2005/03/07 23:16

chishiさん、コメントありがとうございます。
そうそう「環境」という要因は、とても大きいですよね。
学校や地域や、大きな器としては、社会全体も含まれると思います。

無神経な、一方的な意見というのには、
ものすごく抗いたくなるのです。
修行が足りないのかな、と思いもするのですが。

投稿: あかん隊 | 2005/03/07 14:10

子供は母親が育てるのではなく
家庭や環境が育てるんだと思う。
こういう男のエゴを押し付けられると非常に不愉快ですね(怒)

投稿: chishi | 2005/03/07 12:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/3202050

この記事へのトラックバック一覧です: 母親という立場:

« 東京タワー | トップページ | アイデアね。 »