« リチャード・ニクソン暗殺を企てた男(これから) | トップページ | カクレンボ(これから) »

2005/04/04

ヒトラー~最期の12日間~(これから)

○ヒトラー~最期の12日間~
 (やっと公開されるらしい。重く、難しい題材だから、もしかすると回避するかもしれない)

hitora

|

« リチャード・ニクソン暗殺を企てた男(これから) | トップページ | カクレンボ(これから) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■Lorbeerさんへ
改めて、初めまして。
TBとコメントをありがとうございます。
以前、この映画の告知記事にTBをいただきました。こちらの記事にもTBをいただき、恐縮です。ありがとうございます。
ドイツについてのお話も、またのぞきに参ります。よろしくお願いします。

投稿: あかん隊 | 2005/08/23 22:14

初めまして。Lorbeerと申します。

TBさせてください。

投稿: Lorbeer | 2005/08/23 19:46

>zattchiさんへ
TBをありがとうございます。コメントまでいただいて、恐縮してマス。すみませんデス。
前売り券、持っているので必ず観に行きます! 観たら、必ずアクセスさせていただきます。よろしくお願いします。

投稿: あかん隊 | 2005/07/05 01:44

コメントありがとうございます
ぜひ見たら記事アップしてください!
楽しみにしています
では、また遊びに来てください

投稿: zattchi | 2005/07/05 01:40

>えいさんへ
感激です! TBとコメントまで。ありがとうございます。気にかけていていただいて、とても嬉しい!
早速えいさんのところ、チェックしてきました。
う~ん、やはり…。期待がますますふくらみました!>前売り買っておこう!

投稿: あかん隊 | 2005/05/14 12:19

おはようございます。

観ました観ました。
すごい後を引く映画です。
あかん隊さんがこの映画を気にかけているのを思い出して、
こちらにうかがいました。

TBさせていtだきますね。

投稿: えい | 2005/05/14 11:54

>らきるさんへ
コメントありがとうございます。
なるほど、3回の観賞にも堪えるおもしろさなんですね。う~ん、これはぜひ観なくては!
ドイツ語では、何を言っているかぜんぜんわからないですが、らきるさんは、おわかりになった! さすがですね。すばらしいです。
自分は、大学時にフランス語は少々やったのですが、英語にしろフランス語にしろ、映画の中の会話では、スピードについて行けませんです。(泣

投稿: あかん隊 | 2005/04/25 11:51

みなさん、こんにちは。
僕は去年ドイツに一年留学していまして、実はすでに去年の夏にこの映画を見ました。もちろんドイツ語でした。ドイツで映画を見るのはとても安いので、3回ほどみたのですが、やはり難しいテーマでした。とてもおもしろかったです。今回やっと日本で見られるということでとても楽しみです。理想はドイツ語で日本語字幕が良いかなぁと。

投稿: らきる | 2005/04/25 11:40

>ツボヤキさんへ
了解しました!
前売り購入しておきますね。
(上映館、割引ないんだもの…)

投稿: あかん隊 | 2005/04/16 01:04

あ、「メゾン・ド・ヒミコ」素早い!
どうも有難うございます。
コレ、上のも回避しないで・・・見ましょ~よ~~(苦笑)
なんてったって、ヒトラー役がブルーノ・ガンツですから。
見ましょね~。

投稿: ツボヤキ | 2005/04/16 00:48

ツボヤキさんへ
コメント&TBありがとうございます。
blogは、ときどき拝見しています。ものすごい情報量で、圧倒されています。さすが! ですね。
この映画の前売りしていた(東京・渋谷のシネマライズ)のですが、躊躇しています。「メゾン・ド・ヒミコ」の前売りは購入したんですけど。

投稿: あかん隊 | 2005/04/05 01:31

こんばんは!
やっとこの夏公開のようですね。
ギャガですから、配給は結構多くなるかな、と
期待しましょう。
TB有難うございます。こちらも有難いというか
嬉しい限りです。ああ~見れるんだって、デスね。

投稿: ツボヤキ | 2005/04/05 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/3563645

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトラー~最期の12日間~(これから):

» ■ダウンフォール The Downfall ヒトラー最期の12日間 [ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY]
■ダウンフォール The Downfall:Hitler and the End of the Third Reich(ヒトラーと第三帝国の終焉)●1971年に... [続きを読む]

受信: 2005/04/05 01:21

» 『ヒトラー〜最期の12日間〜』 [ラムの大通り]
------この映画って確かアカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされたのでは? 「そうなんだよね。なるほどそれだけのことはある力作だった。 ランニングタイムが2時間25分もあるし、『12日間』という期間限定から アレクサンドル・ソクローフ監督の『モレク神』のことが チラリ頭に浮かんで、これは渋い映画かな…なんて思ってたら、 ヒトラーの最期の日々を側近たちとの関係を描きつつ、 しかもベルリンが陥落していくまでも克明に追うという、 スペク�... [続きを読む]

受信: 2005/05/14 11:55

» ヒトラー 〜最期の12日間〜 [Joy of Tea Light Edition]
 7月の映画と言えば、大多数の方が「スターウォーズ エピソード3 」を思い浮かべるでしょう。 しかし、何気に見逃して欲しくない映画が同じ時期(劇場により7月〜8月とやや不確定ですが)に公開されます。 それが「ヒトラー 最期の12日間 」です。  内容は、ヒトラーの個人秘書の証言を元に構成されたドキュメンタリー映画のようで、主にヒトラーの「人間性」にスポットを当てて作成されている模様です。 今までは、�... [続きを読む]

受信: 2005/06/11 07:52

» 「ヒトラー 〜最後の12日間」試写会 [ミチミチ]
「ヒトラー 〜最後の12日間」試写会 監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル CAST ブルーノ・ガンツ/アレクサンドラ・マリア・ララ・・・ story  1945年4月20日、ベルリン。首相官邸の地下要塞に退去していたヒトラー。彼は、敗戦のいろが漂う中ある決断をする。ヒト... [続きを読む]

受信: 2005/07/05 00:53

» ヒトラー 最期の12日間 [利用価値のない日々の雑学]
待望の上映である。この作品で語られていることが事実だとしたら、20世紀はもしかしたら本当に人類滅亡の危機と背中合わせにあったと言えるし、実は、今こうしている内にもその危機は継続していると言えないか。大変「重い」映画鑑賞であったと同時に、これほど先の大戦を映画作品として踏み込んだ物は今までになかったというのが結論である。筆者の鑑賞記としては、正直、これ以上の言葉の羅列は無意味な気がしてならない。 作品の見所としては、大きく分けて2つあり、ひとつは、この作品の中で述べられている事実である。作品化に... [続きを読む]

受信: 2005/07/14 10:30

» Der Untergang★★★★☆ [なおのオススメ文芸。]
邦題:ヒトラー 最期の12日間(Downfall) 『1945年4月20日、ベルリン。ソ連軍の砲火を避けるために、ヒトラーはドイツ首相官邸の地下要塞に退却していた。すでに正常な感覚を失っていたヒトラーは部下に実現不可能と思える作戦を熱く語っていた。離れてゆく側近、近づくソ...... [続きを読む]

受信: 2005/07/18 03:09

» ヒトラー・最期の12日間 独裁者だって大変なのよ……。。 [Blog・キネマ文化論]
●ヒトラー最期の12日間を渋谷シネマライズにて鑑賞。 1942年、トラウドゥル・ [続きを読む]

受信: 2005/08/16 22:33

» 愚かさについて [Alle Freude -いっさいの喜び-]
いつもは、私のおバカな日常を綴っていますが、今日は少し真面目なお話です。 [続きを読む]

受信: 2005/08/23 19:47

« リチャード・ニクソン暗殺を企てた男(これから) | トップページ | カクレンボ(これから) »