« 『問題な日本語』 | トップページ | コメントできない »

2005/04/11

海辺のカフカ

書店の平台にあった文庫を見過ごせずに購入して、また2日で読んでしまった。
もったいなかったかな(もっとゆっくり読むべきだった)とも思う。
文庫のカバーのネコさんの写真(上巻)もかわいかったけど、読むまで意味がわからなかった。
下巻には、文様の入った「石」の写真が、それこそ象徴的に。
な~るほど、と思わせてくれたな。

私的には、とてもおもしろかったし、その世界に浸ることができた。
どこかの批評に「坂口安吾」的、というようなことがあった。確かにそうだと思う。
それにしても、いろいろなことを考えさせられた。しばらく、ぼんやりしてしまいそうだ。

|

« 『問題な日本語』 | トップページ | コメントできない »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/3651536

この記事へのトラックバック一覧です: 海辺のカフカ:

« 『問題な日本語』 | トップページ | コメントできない »