« ブレイド3 | トップページ | 渋谷はサスペンス »

2005/05/22

フリック(DVD)

flick観終わってもしばらくの間、頭の中がぐらぐらするような感覚になった。結論もまた、ぐらぐらしてしまう。とても不思議な映画だ。きっと何度観ても不思議な感覚になるだろう。風の音、画面からは見えないドアを開ける音、閉める音。拳銃ですら「音」の印象。「みえない」「音だけする」=不安になる。

人や車の影が薄い戸外の景色や暗い屋内の様子は、観る側の気持ちを「不安」「疑念」(被害妄想が強い?)主人公の持つ「妄想(?)」へと確実に引き込んでしまっている。何から何まで疑わしく、怪しげだ。観賞する側に投げかけれ荒れる「どう思う?」「どうなると思う?」といったメッセージが、映像からも迫ってくる。とうとう最後の最後まで真相は、観る側にゆだねられる格好になる。緊張の連続。要素は、すべて不確定。

決して美しいとは言い切れない風景。薄ら寒そうな空、空気。閑散。家具のほとんどない部屋。
窓を開けても景色は見えない「話したことがないこと」「知っているはずのないこと」を知っている相手。

はじめからおわりまで、凝縮されたサスペンスがそこにある。

|

« ブレイド3 | トップページ | 渋谷はサスペンス »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>まつさんへ
たびたび、ごちゃごちゃと書き込みまして、申し訳ありません。
わざわざお越しいただき、恐縮です。コメントをありがとうございます。えいやっ! とDVDを購入して正解でした!何度も楽しみたい映像です。麻薬のように、酔います。
そうそう「バッシング」も、これからですよね? 今度こそ、劇場で観ようと思います。

投稿: あかん隊 | 2005/05/22 05:44

度々のコメントの末、遂に「フリック」鑑賞めでたいことです(^^)
説明不足といえばそれまでですが、観客の想像力と理解力を信用した知的センスは素晴らしいと思います。
同小林監督が現在カンヌ出品中の「バッシング」も楽しみにしております。

投稿: まつさん | 2005/05/22 04:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/4226570

この記事へのトラックバック一覧です: フリック(DVD):

» フリック [まつさんの映画伝道師]
第84回 ★★★★☆(DVD) (核心に触れる文面あるので、鑑賞後のお目通しをお勧めいたします。ご注意あそばせ)  それは身元確認という一日仕事のはずだった。  刑事の村田(香川照之)はバラバラ殺人の被害者(安藤希)の肉親に会いに行くため、相棒の... [続きを読む]

受信: 2005/05/22 04:43

« ブレイド3 | トップページ | 渋谷はサスペンス »