« 炎のメモリアル | トップページ | 亡国のイージス(これから) »

2005/05/24

ザ・インタープリター

interpriter演技力はかくも有力に物語るものなのか。

期待していただけのことはある。ニコールは、たいへん美しいが、それだけではない。それがとてもよく分かった。なぜなら、今回は彼女の美しさにだけ幻惑されることはなかったからだ。『めぐりあう時間たち』でのヴァージニア・ウルフを演じ、アカデミー賞をとった時ほどではないが。
ショーン・ペンの重厚な演技と圧倒する存在感が、よいバランスになっていた。

映画史上初めて国連本部内でのロケが、敢行されたというクライマックスシーンは劇的だ。
ストーリーも非常に凝っている。シドニー・ポラック監督の意気込みが感じられる迫力のある作品だった。
かなりのスピードで展開している物語だと思うのだが、クライマックスへの盛り上げ手法は、実にいい。ショーン・ペンが、いい。さすがだと思わせる。音楽も凝っている。場面の緊張感が、すごいのだ。
トビン・ケラー捜査官(ショーン・ペン)の補佐としてドット・ウッズ捜査官を演じているキャサリン・キーナー(これまでは、存じ上げませんでしたが)というキャスティングは、絶妙! すばらしい。

シルヴィア(ニコール)が使っていたのは、Macintosh PowerBook。警告音は「Pruu」。アクアのインターフェイスが少しだけ確認できる。他に出てきていたのは、Dellのマシンやモニタだった。
国連の(本物がそうなのかはわからないが)防犯カメラ用モニタは、SONY製。
彼女の乗っていたスクーターは、おそらく「VESPA」。爆破されたバス…これはわからない。
(※chishiさんが、教えてくれました。スクーターは、「PIAGGIO」で、ロゴが見えてたって! ありがとうございます!)

唯一「?」だったのは、シルヴィアの戦闘時の写真。お兄さんは、若いが、彼女は今とあまり変わらないように見えた。戦闘服姿のニコールも格好良いが、初っぱなで出てくるお兄さんがかなり老けているのを考えると、少し不自然かも。

本編上映前に映写された「ほっとけない」キャンペーン、確認した。「世界の貧困を撲滅しよう」ということらしい。
気になった方は、下記のリンクからどうぞ。

pobe

|

« 炎のメモリアル | トップページ | 亡国のイージス(これから) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■さるおさんへ
コメントありがとうございます。気を遣っていただいて…涙にむせぶお言葉です。でも、頑張ってレスさせていただきます。(ぐわんばる!)
もうひとつのエンディングは、DVDでみることができますね? よぉーし!<仕事が終わってからね。はい。。。

投稿: あかん隊 | 2006/01/09 07:23

さるおです。
ずっと徹夜!忙しいですね。
さるおんとこへのレスなんて、ほっといてもだいじょうぶだから無理しないでよー。

> 「あんな精神状態で会議通訳はできまっせーんよぉ」

そ、そうだよねぇ!ものすごい集中せんとね、できないもんね。気が散ってたらダメだよなぁ。日給13万円なのもうなずける。
別エンディングは感動するよー。

投稿: さるお | 2006/01/09 04:18

■ルーピーQさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
ほおんと、ニコールは「生きた綺麗」だなーって思います。それだけにならないでいてくれたら、もーっと素敵だとも思います。
細かいことが気になるのは、少しでも親近感を覚えたいからかもしれません。(爆)

投稿: あかん隊 | 2005/10/01 00:34

いつもお世話になってます。^^
ニコールの美しさに惑わされながらも(笑)この作品の深さは感じることができました。
ただ人物を掌握するのが大変で、PCやスクーターまでは意識できませんでした・・・。^^:

投稿: ルーピーQ | 2005/09/30 23:58

>カヌさんへ
TBとコメントをありがとうございます!
つい、つい…です。気になっちゃって。。。(汗)

投稿: あかん隊 | 2005/06/02 23:11

こんばんは。
細かいところまで見られてますね。
パソコンやモニターやバイク全然気にしてなかった(^^;

投稿: カヌ | 2005/06/02 23:01

>chishiさんへ
いや~ん! そういうことは、ここへ書かずに、こっそりメールしてちょーだいませ。
社名も商品名も区別がついてない、ということが如実に露呈。。。ま、いいや。たいした問題じゃないでしょう。気にしない! 気にしない! そのうち治りますよ。(いみふめい)

投稿: あかん隊 | 2005/06/02 00:11

申し訳ありません!ちょっと言葉が不足していました。ホントごめんなさい!
PIAGGIOというのは会社の名前なんです。ホンダとかヤマハと同じ。
で、Vespaっていうのは、このPIAGGIO社が世界で初めて作ったスクーターの名前なんです。カブとかジョグとかと同じオートバイの名前。
なので、彼女が乗っていたオートバイが、Vespaかどうかはわからないのですけど、PIAGGIO社製のバイクだったのは間違いがないと…

誤解を招くような書き方して、ごめんなさい。

投稿: chishi | 2005/06/01 23:52

>tomyさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
tomyさんは、比較的ニコールには、冷静(?)な評価だったので、少しうれしかったです。ニコールは『ミリオンダラー・ベイビー』でのヒラリー・スワンクのような役は、絶対できないだろうな~と思っています。嫌いじゃないんですよ>ニコール。でも、きれいな人って、どこか冷たいイメージがあるんだもん。。。

投稿: あかん隊 | 2005/05/31 20:39

コメントありがとうございます。
この映画に限っていえばニコールの演技が
よかったかどうかの判断は難しいですね。
ショーンペンの演技は渋くてよかったと
思いますけど。。。
僕もVESPAと思ってました。
ってかニコールがスクーターは似合わない。
背が高すぎるし、違和感ありあり(笑)

ではではまた遊びに来て下さいね

投稿: tomy | 2005/05/31 17:36

>chishiさんへ
わ~! たいへんだわ。そうですか?
よくご存知なんですね。というより、自分が無知だけなのか。気が付かなかった、、、ロゴ。(汗)
訂正記事を追加しておきます。ありがとうございます!

投稿: あかん隊 | 2005/05/27 22:08

実はここのところ精神的に溺れている状態が続いておりまして、なので映画は完璧に現実逃避の手段になってました(笑)
もうそろそろ落ち着けそうなので、ゆっくりのペースにしたいと思います。
PIAGGIOだったのはわかりましたよ、スクーター。ロゴが映ってたので。ちなみにこの会社って、世界で始めてスクーターを作った会社なんですよ~♪

投稿: chishi | 2005/05/27 21:01

>chishiさんへ
コメントありがとうございます。
お忙しそうですね。映画もばんばんご覧になっていらっしゃるようで、すごいな~と。
え~、そうなんですか。
自分は、車はちょっとわかりませんでした。
イタリア車ですか? バイク(スクーター)は、あの形の印象だけですから、確信はないのですが。「美人」ということは、非常に有利なことですね~。>いじけているわけではありません。念のため(汗)

投稿: あかん隊 | 2005/05/27 01:33

>まつさんへ
コメントありがとうございます。

意味のある、立派な作品になっていましたね。このような作品が好きです。

追伸も、しっかり受け止めさせていただきました! 深謝いたします。本当に「できること」を少しずつでもやりたい、と思います。「貧困は暴力」なのだとつくづく思います。

投稿: あかん隊 | 2005/05/27 01:29

そうそう、彼女が乗ってたのはPIAGGIOの車でしたね。VESPAだったのかしら…わからなかったのですけど、美女が乗るとカワイイですね~(笑)

投稿: chishi | 2005/05/27 01:05

>fire1000さんへ
コメントありがとうございます。
最近、どうも小道具(端末等)が気になって、一瞬違うこと考えているような気になります。映画観ているというのに。。。

投稿: あかん隊 | 2005/05/26 14:30

あかん隊さん、TB&コメントありがとう♪(@^^@)
防犯用モニターは、SONY製でした!
私のPCモニターもSONY製!!!!
MacとSONYが大好きな私にとってはちょっぴり!
嬉しくなったシーンでした\( ^∇^)!

投稿: fire1000 | 2005/05/26 13:53

追記。
すみません、書き足しです。
「ほっとけない、世界のまずしさキャンペーン」推進同感、賛同いたします。

投稿: まつさん | 2005/05/25 19:12

コメントありがとうございました。
南北問題によって今も世界のどこかで悲劇が起こっている。それを説教臭くなくエンターテイメントに仕上げたのはハリウッドの持つ底力だと思いました。
通訳と翻訳の違いも良く判って勉強になりました。

投稿: まつさん | 2005/05/25 19:09

>olotomashiさんへ
TB&コメントをありがとうございます。
う~ん、そうですね。すらすらすら~っとお話が進んでしまった気配もあるので、人間関係がわかりにくくなったかもしれません。

『インファナルアフェア』で鍛えておいてよかった(爆)>自分。

「ザ」じゃなくて「ジ」がつくのが、正しいのでは? と書いていた方(某ブログ)もいらしたので、確かに~と思ったのは確かです。

投稿: あかん隊 | 2005/05/25 03:06

コメントありがとうございましたm(_ _)m

映画タイトルって深い意味を持ってますよね。だからなおさら変な邦題が付いたときは台無し!と思ってしまいます。

私もDVDが出たら、もういっかいきちんと人物関係を整理してから見直したいなとおもいます☆

投稿: lolotomashi | 2005/05/25 02:15

>悠さんへ
いつもありがとうございます。そうか! 悠さんは、ニコールのファンなのですね。わかるな~、その気持ち。私もニコールは、好きですから。シドニー・ポラック監督の作品で彼女は『コールド・マウンテン』に出ていて、ジュード・ロウと共演していましたが、その時は、ちょっと鼻についたんですね。で、その後アンソニー・ホプキンスと共演した『白いカラス』では、食傷気味になっちゃってて…。でも、今回は、やっぱりいいな! と思った次第です。

>映画の感想っていわれても、かけないや
そんなこと言わずに、是非!

投稿: あかん隊 | 2005/05/24 22:38

>シルヴィアの戦闘時の写真、、、、少し不自然かも。
ニコールファンなので、いいよねと何の疑問も持たずにみてました。でも、不自然ですよね(^^ゞおいらが確認できたのは、Macだけでした^^;。ショーン・ペンとのからみでもニコールだけ見てた気がして。こういう自分で自分のことを決めてゆくって意志的な役をやっても、ニコールはいいよね、ってくらいで、映画の感想っていわれても、かけないや(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005/05/24 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/4265151

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・インタープリター:

» 『ザ・インタープリター』 [京の昼寝〜♪]
 過去を失った国際通訳(インタープリター)  妻を失ったシークレット・サービス  「哀しみは、これで終わりにしたかった」 ■監督 シドニー・ポラック ■キャスト ニコール・キッドマン、ショーン・ペン、キャサリン・キーナー、アール・キャメロン  アフリカのマトボ共和国。 独裁的な大統領ズワーニ(アール・キャメロン)が治めるこの国では、民主化を目指す多くの活動家の命が奪われていた。 マト�... [続きを読む]

受信: 2005/05/24 23:42

» ザ・インタープリター [ハロー☆ハリウッド!]
ザ・インタープリター(2005 アメリカ) 試写会が当たったので見てきました。試写会って初めてだったから緊張しました。映画館で見たわけではないので場内が明るくてちょっと落ち着かなかったです。 映画の感想として、まあ面白いです。ものすごいアクションシーンがあるわけではなく淡々と物語が続いて行くのでハラハラドキドキ手に汗にぎる映画が好みな方にとっては退屈に感じるかもしれませんが、ストーリーとし�... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 00:45

» ザ・インタープリター [まつさんの映画伝道師]
第103回  本日OASISのニューアルバム「ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース」発売!今回も傑作、全曲マストです。 ★★★★(劇場)  性善説と性悪説を唱えるなら、僕は「性善説」をとる。  元々は皆、善人なのだ。赤ん坊が「悪」であるわけがない。し... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 16:12

» ザ・インタープリター [ネタバレ映画館]
 ニコール・キッドマンの背の高さが目立っていた。六尺くらいあるそうだ。  冒頭から衝撃映像だ。子どもでも銃の使い方がを知っている政情不安の国。ドキュメンタリー番組でも取り上げられたことがあったけど、銃を扱えないと大人にはなれない教育をされる。一方で、3秒に一人が死に続けているという事実をも本編開始前の映像で知った。アフリカの非人道的な国への政治介入も国連主導の下で・・・という主張にはわざとらしさも感じられたが、... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 16:49

» 映画「ザ・インタープリター」 [RAKUGAKI]
反戦映画としてのメッセージはよく伝わってくるのですが、いかんせん主軸の映画のスト [続きを読む]

受信: 2005/05/25 22:47

» 『ザ・インタープリター』を観て来ました!#77 [★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...]
[制作データ] 2005米/UIP [上映時間] 129分 [監][総]シドニー・ポラック  [原]マーチン・スティルマンほか  [総]アンソニー・ミンゲラほか  [出]ニコール・キッドマン/ ショーン・ペン  キャサリン・キーナー... [続きを読む]

受信: 2005/05/26 05:18

» ザ・インタープリター [利用価値のない日々の雑学]
「愛と哀しみの果て」のシドニー・ポラック監督、「イングリッシュ・ペイシェント」のアンソニー・ミンゲラ製作総指揮、「シンドラーのリスト」のスティーブ・ザイリアン脚本、「めぐりあう時間たち」主演女優のニコール・キッドマン主演、「ミスティック・リバー」主演男優のショーン・ペン共演と、こんな風に羅列しているとまるでオスカー大安売りの作品みたいだ。 おまけにこの映画の唯一の売りといえばプロモーションでも盛んにプレスで書かれている様に、「初めての国連本部撮影」である。このところ色々な意味で物議を醸し出す「... [続きを読む]

受信: 2005/05/26 22:09

» 映画『ザ・インタープリター』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)? ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                   0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ さーていよいよ3本目にして本日の大本命!ザ・インタープリターです。私の憧れニコール・キッドマンが主演ってだけ... [続きを読む]

受信: 2005/05/27 00:51

» ★「ザ・インタープリター」 [ひらりん的映画ブログ]
公開初日のナイト・ショウで見てきました。 主演はひらりん好みのニコール・キッドマンちゃんとショーン・ペン。 これってひらりん的に夢の共演・・・です。 AM0:30からの上映開始だっていうのに結構お客さん入ってました。 ひらりんが今まで見てきたナイト・ショウの中で一番の客の入りでしたよ。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、118分もの。 あらすじ NYの国連本部で通訳として働くシルヴィア(ニコール・キッドマ�... [続きを読む]

受信: 2005/05/27 00:57

» インタープリター [Aloha Days]
試写会で「インタープリター」を観てきました。 久しぶりにどっしりした見ごたえのある映画を観た!と満足感が残る作品でした。 主演はニコール・キッドマンとショーン・ペン、この2人の共演を観るだけでも一見の価値ありです、良かったです! 特に後半ギリギリまでお互いに心を完全に開けないままでいるんだけど、最後には2人の間に心の底で繋がった友情と愛情が生まれる。 その表し方がひじょーに感動的でした〜 そ�... [続きを読む]

受信: 2005/05/27 22:29

» ザ・インタープリター [そーれりぽーと]
国連本部が舞台ということで、珍しいところも観れるかなぁと思い「ザ・インタープリター」を…、いえ、正直言うとニコール・キッドマン目当てです。 ★★★ ニコール、そろそろヒアルロン酸注射だかピーリングだか知らないけど、やめとかないと誰かさん達みたいに一気に来るよ。「ステップフォード・ワイフ」の時と比べてもまた若返ってるしステキ過ぎ。 うっとうしい前髪が気になり、じっと見ていると同じ場面でも何度もカタチ�... [続きを読む]

受信: 2005/05/28 00:54

» ザ・インタープリター [Cinema Review]
THE INTERPRETER ・・・・・ 公式ホームページ (監督:シドニー・ポラック) ☆☆☆☆ NO PLINT ・カテゴリー: 社会>サスペンス>クライム ・上映時間:129 分 ・制作:アメリカ(2005) (日本での公開日/2005・5・21) ・ストーリー: アフ... [続きを読む]

受信: 2005/05/28 06:31

» ザ・インタープリター [不想忘記]
会社に行ったふり生活 第一日目いつも通りの時間に家をでてのんびりジムに向かいましたゆっくりお風呂に入って 久々にサウナに入ってマッサージチェアでうたた寝その後映画へそれなりに面白い映画でした それなりに通訳が出来る人っていうのは本当に尊敬します私は頭の... [続きを読む]

受信: 2005/05/28 21:48

» [ザ・インタープリター][劇場] [一年で365本ひたすら映画を見まくる日記]
★ストーリー 『アフリカのマトボ共和国。独裁的な大統領ズワーニが治めるこの国では、民主化を目指す多くの活動家の命が奪われていた。マトボ生まれのシルヴィア・ブルーム(ニコール・キッドマン)は、ニューヨークの国連本部で通訳として働いていた。ある日、彼女はズワーニの暗殺を企てる会話を偶然聞いてしまう。すぐ当局に通報したシルヴィアだが、身辺に不穏な動きを感じるようになり、彼女の安全を守るためシークレット・サービスがつく事になった。しかし、その中の一人トビン・ケラー(ショーン・ペン)は、シルヴィアが“嘘をつい... [続きを読む]

受信: 2005/05/29 02:19

» ザ・インタープリター(映画館) [ひるめし。]
「哀しみは、これで終わりにしたかった」 全然観る予定じゃなかったこの映画。でも予告編でのニコール・キッドマンが綺麗だと思い、サスペンス映画は好きなので観てみようかしらと。どうせもらった招待券で観るからタダだしね。 この映画のウリは初めて国連内部での撮影が許可されたこと。私は政治にとってもウトいせいもあって「国連ってなんじゃらほい」って感じの大バカ者なんですかどそんな奴が観ても理解できるかどうか内心かなり不安で�... [続きを読む]

受信: 2005/05/29 18:13

» 映画: ザ・インタープリター [Pocket Warmer]
邦題:ザ・インタープリター 原題:The Interpreter 監督:シドニー [続きを読む]

受信: 2005/05/30 01:49

» 『ザ・インタープリター』  ☆☆★★★ [映画VS氣志團&タイガー]
UIP映画は「ほっとけないよ♪ 楠瀬誠志郎」じゃなかった 「ほっとけない 世界の貧しさキャンペーン」を応援してるそうだ。 本編フイルムの頭についてた。「ラブ・アクチュアリー」の監督脚本の リチャード・カーチスのライフワークだとか。 このCMに出てるのはブラッド・ピット、ペネロペ・クルス、 ジョージ・クルーニーなどそうそうたるメンバー。 興味のある方は↓ UIP映画 HP <監督> シドニー・ポ�... [続きを読む]

受信: 2005/05/31 12:37

» ザ・インタープリター [No Cinema,No Life]
ニコールキッドマンとショーンペン主演のサスペンス、それだけで充分見る事を決める価値がある組合せですよね。 二人の演技もさることながら、サスペンスとしての要素もうまくまとっていて、ハラハラドキドキしてどうなるんだろう?という緊張感あり、そして少しずつ謎が解け物語の隠れていた部分が姿を見せ始め、ラストにクライマックスを持ってくる、納得のエンディング、随所に伏線が張られていてそれも最終的には全部キレイに繋がって、見終わった後には満足感と納得感がこみ上げてきます。 「普通に良かった」作品でした。... [続きを読む]

受信: 2005/06/02 13:42

» 「ザ・インタープリター」 [the borderland]
上映前に「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーンというのをやっていて、今まで許可されなかったのに、初めて国連本部で撮影されたというのが映画を見て判ったような気もします。マトボという架空の国の話ですが、「人って権力持つと変わっちゃうのね。」の典型、ズワーニ大統領に振り回されてる人たちというのは、現実の世界で現在進行形でありえる話です。そういった現実に対して世界の認知度を高めるにはもってこいの作品だからです。 アフリカのマトボ共和国出身のシルヴィア(ニコール・キッドマン)は、ニューヨークの国連... [続きを読む]

受信: 2005/06/02 22:49

» ザ・インタープリター [befounddead]
THE INTERPRETER (2005年アメリカ) 2005/6/8@某シネコン 週末公開が楽しみな『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』の前夜祭映画。 映画前に「ほっとけない世界の貧しさキャンペーン」という、長い名前のCMが付きます。 ■簡単適当にあらすじ■ アフリカ某小国元首暗殺の話を、偶然耳にしちゃったことから 命を狙われる国連通訳、ニコール・キッドマン。 守るためってよりは、元首暗殺阻止のために 通訳をガードするシークレット・サービス、ショーン・ペン。 ... [続きを読む]

受信: 2005/06/09 20:27

» ■ザ・インタープリター [ルーピーQの活動日記]
 アフリカのマトボ共和国。独裁的な大統領ズワーニが治めるこの国では、民主化を目指す多くの活動家の命が奪われていた。マトボ生まれのシルヴィア(ニコール・キッドマン)は、ニューヨークの国連本部で通訳として働いていた。ある日、彼女はズワーニの暗殺を企てる会話を..... [続きを読む]

受信: 2005/09/29 21:41

» ザ・インタープリターを観ました。 [私でもいいですか?]
DVDにて、「ザ・インタープリター」を観ました。いつもながらの遅い鑑賞です。映画館で観たいです。 ザ・インタープリター(THE INTERPRETER) 監督:シドニー・ポラック 脚本:チャールズ・ランドルフ 脚本:スコット・フランク 脚本:スティ... [続きを読む]

受信: 2005/10/16 21:45

» 映画「ザ・インタープリター」 [しょうちゃんの映画観賞日記]
DVDで観ました。本物の国連本部でロケを行われたのは凄いと思います。ハデさはありませんが、ニコール・キッドマン、ショーン・ペンの演技が見せてくれます。ニコール・キッドマンは綺麗です。ショーン・ペンは渋かった。見た目がロバート・デニーロぽく感じました。キャサリ...... [続きを読む]

受信: 2005/10/25 23:41

» 国連通訳 [toyz]
ザ・インタープリター おもしろかったです。 全体に飽きさせない工夫があって、わたしは好きですね。 特にショーン・ペンとキッドマンを最後まで恋人にしなかった点が サスペンス映画として良かったと思います。 しかし、美しいな〜ニコール・キッドマン。 ... [続きを読む]

受信: 2005/10/31 02:09

» The Interpreter (2005) [azcar]
【邦題】ザ・インタープリター 【Cast】Nicole Kidman, Sean Penn, Catherine Keener, Jesper Christensen, Yvan Attal 【Director】Sydney Pollack 【Length】1 hr. 58 min. 【Genres】Drama, Thriller and Politics/Religion 【Story】アフリカのマトボ共和国。独裁的な大統領ズワーニが治めるこの国では、民主化を目指す多くの活動... [続きを読む]

受信: 2005/11/22 15:39

» 映画『ザ・インタープリター』貴方は何点?結果報告! [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは、オスカー俳優2人の共演と本物の国連本部が初めて映画の撮影に使われたことが大変話題となった作品『ザ・インタープリター』です。 ニコールの美しさについてのコメントや記事が大変多くて、ニコールファンは是非!と言う声が多かったのですが、その反面、テーマは渋めで結構ショッキングなシー�... [続きを読む]

受信: 2005/12/17 14:25

» 映画鑑賞感想文『ザ・インタープリター』 [さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー]
さるおです。 『THE INTERPRETER/ザ・インタープリター』を観たよ。 監督は、監督も製作も俳優もなんでもできちゃう俳優出身のシドニー・ポラック(Sydney Pollack)。『TOOTSIE/トッツィー』とか『EYES WIDE SHUT/アイズ・ワイドシャット』とか『COLD MOUNTAIN/コールドマウン..... [続きを読む]

受信: 2006/01/07 02:31

« 炎のメモリアル | トップページ | 亡国のイージス(これから) »