« Shall we Dance? | トップページ | レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 »

2005/05/03

映画の中のコンピュータ

映画の中で使われているコンピュータが、気になる時、それはたいてい「Aplle」のMacintosh。

『Shall we Dance』では、リチャード・ギアが、オフィスで「あのダンス教室は?」という思いでWeb検索に使っているノートが、Macintosh Power Book。
『コンスタンティン』でも、レイチェル・ワイズが、自室で使っていたMacintosh Power Book (12inchだったかな?)。
『恋愛適齢期』では、ジャック・ニコルソンは、普通のWindows ノートパソコンだったけど、ダイアン・キートンはMacintosh だった。

Apple は、とてもうまいと思ってしまう。それは、ノートを使っている時、あの「リンゴ」マークがちゃんと光っているから。キーボードを打っている人物に向かって写そうとすれば、どうしたってそのマークが見えること。
しかも、マークは「白」なのでどんな場面でも、そう邪魔にならないということもあるかな?

もっともっとあるんだろうな~。知っていたら教えてください。Apple に比べると、Windows のマシンは、メーカーまでは、わからない。さすがに、映画の中にデスクトップマシンが登場しても、それが「Macintosh だ!」と思った記憶はないのですが、それもあるのかもしれない。知っていたら教えてください。

|

« Shall we Dance? | トップページ | レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>chishiさんへ
へぇ~! そうなんだ。
う~、ものすごく気になってきた…。

投稿: あかん隊 | 2005/05/13 00:05

そうなのそうなの、i-Pod大活躍だった(笑)
曲を選んで転送するシーンまであったですよ!

投稿: chishi | 2005/05/13 00:02

>chishiさんへ
「スパイ・バウンド」は、観たかったので、DVDで観賞しようと思っています。
好きなのです。>モニカ・ベルッチ(きれいだな~と思っていて…)
「ブレイド3」は、もりもりって感じらしいですね。
観ようっと。i-Podもたくさん出てきてたらしいですね。気になるな~。

投稿: あかん隊 | 2005/05/11 16:21

スパイ・バウンドは渋~いフランス映画だったので
フランス映画が好きorスパイ映画好き向けだったようです。
自分的にはお気に入りだったので、ちょっと悲しかったですが(泣)
昨日観に行ったブレイド3にも、ふんだんに出てきましたよMac。やっぱりカッコイイね♪

投稿: chishi | 2005/05/11 09:24

>くじらさんへ
こんばんは! 映画の中では、小道具なんでしょうけれど、気になりますよね~?
特にマシンを使っていると、余計に気になっちゃいます。
ブログをやっている=マシンを使っている、ということですから、そらもう…!
くじらさんもマシンに気が付いた映画があったら、教えてください。

投稿: あかん隊 | 2005/05/06 00:38

うん、うん。見てる観てる。私もそう!何故だかそんな所チェック入れてる。一緒なんだ皆さん。

投稿: kuzira☆くじら | 2005/05/05 15:42

>ココさんへ
ようこそ、いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます。
私も早速、ココさんのお宅へおじゃましてきました。う~ん、すごい記事でした。。。

Macintoshのシェアは、少ないはずですよ。圧倒的にWindowsマシンが多いような気がしてます。だけど、一度でもMacintoshを使ったことがあると、どうしても離れられなくなるみたいです。Windowsマシンを持っても、Macintoshは、ずっと持ち続けていたい…と思わせるものがあるんですねぇ。なんだろ?

ブログもしっかり使いこなしているんですもの、そんなに謙虚にならなくても良いのでは? 大丈夫ですよ、使いこなしてますって!

投稿: あかん隊 | 2005/05/04 01:47

あかん隊さん、こんばんは♪
また遊びに来ました~

私も映画の中のPCには目が行っちゃいます
PCのことは全然わからないくせに・・・

macはアメリカでは学校で使われているので、大人になってもmacって人が多いのかもしれませんね・・・
それにデザインがカワイイから映えますよね、映画では

それにしても今の子供ってば小学生の時から授業でPC使ってるみたいで、羨ましいです
私もmac、イヤ、PC使いこなしてみたい・・・涙

投稿: ココ | 2005/05/04 01:18

>chishiさんへ
コメントありがとうございます!
そうですね。Macintosh は、他のパソコンとはちょっと違った雰囲気がありますね。それがApple の戦略だったりもしているみたいです。Macintosh は、OS X になってからは、すっかりUNIX ぽいインターフェイスになりました。(といっても、UNIX はよくわからないんですが)
『スパイ・バウンド』観たかった映画です。(しくしく)

投稿: あかん隊 | 2005/05/03 20:21

入力ミスのことなら私は負けてませんよ~(笑)
デザインが素晴らしいから、映画などでよく観られるんでしょうかね、Mac。そいえばスパイ・バウンドでもモニカ・ベルリッチがMacを使ってた気がします~。
家庭でも職場でもWinしか使っていないので、映画で見かけると何となく羨ましいなぁ~と思いますです。

投稿: chishi | 2005/05/03 18:35

>悠さんへ
あらら…。すみません。直接お知らせすればよかったですね。
いろいろな方がいらっしゃるので、果たして直接お教えして良いものやら、悩んでいました。
こちらをご覧いただけて、幸いです。それに、悠さんが、普通のレスポンスを示してくださったので安心しました。>そうではない方もいらっしゃる場合があると思うので。

自分も慌て者ですが、入力が速い分、どうしても誤変換等に気が付かないことがよくあります。慌てないことが一番ですね。>お互いに(爆)

投稿: あかん隊 | 2005/05/03 17:02

ちがった、インファナルだった(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005/05/03 14:27

「インファルノ」になおしてきました。あー汗、汗。ありがとうさんでした。見つけたらメールくださりませっせ(^^ゞ私も、MACとwindowsと両方つかってまして、でもマックの方に愛着があるので、映画で見ると、やっぱりアックだよな〜と一人悦に入ってます(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005/05/03 14:24

>そーれさんへ
コメントありがとうございます。
気になりますよね? マシンとか携帯とか(笑)。
今度は、映画の中の携帯を思い出してみたいと思ってます。>そーれさんが、記事にしてくださるとTBできる(爆)。
MacintoshもWindowsも使ってますが、確かに「あり得ない」使われ方もあったように思います。なんだか不思議ですね。CGを作る道具にCG効果をかける、というのは。

投稿: あかん隊 | 2005/05/03 13:22

>えいさんへ
どうぞ、どうぞお気になさらずに。
自分もよくやります。>コメントのタイトルにメールアドレスを入力しちゃうのは、何度もありました。(大汗)

気になったらメールくだされば、修正しますし、こちらでも、気が付けば修正いたしますので。

他の方のブログで、記事タイトルがあきらかに間違っている場合など、コメントでお教えしたほうがいいのか、知らないふりしていたほうがいいのか、迷います。
『インファナル・アフェア』が、『インフェルノ・アフェア』になっているところがあったのですが、どなたも教えてあげないのでしょうか? 知り合いではないので躊躇します。

投稿: あかん隊 | 2005/05/03 13:18

>えいさんへ
いつも、どこかで気にかけていただいて、ありがとうございます。恐縮です。
そうか! あのタイプ(本体が、お椀を伏せたような感じの…)なら、何かの映画で見たような気がします。eMacも『スクール・オブ・ロック』で子どもたちが使っていました。そうでした!
今度は、あの小さな固体のMacintoshも映画の中にお目見えしそうですよね?

投稿: あかん隊 | 2005/05/03 13:12

>ひらりんさんへ
コメントをありがとうございます。
DELLをお使いなんですね。自分もDELLは、デスクトップを使っています。(マシンは、現在9台あって、そのうち4台は、Macintoshです)
でも、映画の中でDELLに気が付いたことがないんです(泣)。
ひらりんさんは、お気づきになるんですね? すごい!と思います。自分もこれからは注意してみよう!

投稿: あかん隊 | 2005/05/03 13:07

映画にMacはホント映えますね。
たいてい「そんなにレスポンス早くないだろ」とか、「そんな都合の良いインターフェイス無いよ」と思うような事をモニター上でやってるんだけど、私みたいなWindowsユーザーからするとMacならそれも有りなのかな?と思って片付けてしまえるのも映画的には使い勝手良いのかもなんていつも観ながら思っています(笑)

投稿: そーれ | 2005/05/03 10:05

す、すみません。m(_ _)m
「ます」が「舞うs」になったまま、送信してしまいました。
あ〜、恥ずかしい。 (>_<)      いたたた..

投稿: えい | 2005/05/03 09:32

おはようございます。

デスクトップ型・・・そうですね。あまりにも多すぎて
どの作品とはパッと言えないのですが、
デスクトップのMacはけっこう使われています。
とりわけ首振り型のiMacは多いです。
自分がそれを使っているので、どうしても目がいってしまいます。

あと、アメリカでは授業でeMacを採用しているところが多いので、
こちらも見かけます。
今後、気づいたらまたご連絡させていただき舞うs。

投稿: えい | 2005/05/03 09:29

僕も映画の中のパソコンには目がいっちゃいますね。
自分がDELL使ってるので、たまーに目に付きますよ。
『恋愛適齢期』ジャック・ニコルソンは、たしかソニーのVAIOだった記憶があります。

投稿: ひらりん | 2005/05/03 03:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/3957246

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の中のコンピュータ:

« Shall we Dance? | トップページ | レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 »