« レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 | トップページ | オールド・ボーイ »

2005/05/06

海を飛ぶ夢

sea_insideすばらしい映画です。とても深い。主人公のラモンを演じるハビエル・バルデム、彼の演技はすばらしかった。
たくさん泣いてしまったけど、それは、ラモンを囲むまわりの人達が、あまりにも暖かいから。フリアを演じたベレン・ルエダは、とてもきれいな人! すっかり魅了されました。他の俳優さんたちも、すばらしいです。
それにもまして、感激だったのは、実際に飛んでいたらこんなふうに見えるだろう…と思わせる映像です。
「海」を目指して飛んでいく…映像は、気持ちをゆさぶるような音楽ととけあって、自分が劇場にいることすら忘れさせました。私は、主人公よりも、むしろまわりの人達の気持ちに、特に家族の気持ちに感激し、葛藤しながらも、純粋に「相手を思いやる」愛情を読み取ることができたと思っています。
そしてまた、そう思わせるバルデムの演技に感服しています。

|

« レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 | トップページ | オールド・ボーイ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■カオリさんへ
あの「海へ飛ぶ映像」は、すてきですよね?
本当に、自分が飛べたら、あんな風景が見えるかも…と思えました。

投稿: あかん隊 | 2006/08/01 00:17

DVDやっと見ました~。
あの海へ向かって飛んでいく爽快感はたまりませんでした。
実話に基づいているって言うのも非常に考えさせられます。

投稿: カオリ | 2006/07/31 23:59

■睦月さんへ
コメントありがとうございます!
「一期一会」
どんな人もどんなことも、一瞬のきらめきのような「出逢い」(邂逅)だと思いたい。そんな自分がいます。
「どう生きるか」は「どう死ぬか」にも繋がるものですよね?

投稿: あかん隊 | 2006/01/18 02:57

こんにちわ!コメント&TBありがとうございました。
コメントのお返事かねて失礼いたします。
私は、この作品のラモンを取り巻く人間たちにかなり移入してしまいました。自分があの家族の立場だったら、ラモンの死への姿勢に、たまらない気持ちになるだろうな・・・と。
形あるものはいつか壊れる、そしてコメントでもいただいていたように、生きているものは、死ぬ・・・この作品の絶対的に揺るがないテーマ、そして人間が絶対に避けられぬことなんだと思いました。

投稿: 睦月 | 2006/01/14 18:22

■悠さんへ
暗くて、重いテーマに、辛すぎ…と思う方も少なくないような気がしましたけど、自分は、良かったな。
ラモンの気持ちもわかるし、周りの家族やフリアの気持ちも痛いくらいよくわかる。あの場の空気は、重いけれど、不思議とやさしさに満ちていて、すてきだと思いました。
海へ飛ぶシーンは、忘れられません。

投稿: あかん隊 | 2005/12/17 15:30

やっと、DVDでみました。ラモンの生き方いいですね。「死を選ぶ」生き方は、さておいて、彼の周囲の人に対するフラット(平等な)関係がいいですね。カソリック神父の障害者、くそくらえです。
フレアもいいですね。彼女が、頭の中の消しゴムに災いされる生き方は、ラモンとついになってますが、それは、それで、いいな~って思える生き方でした。

投稿: 悠 | 2005/12/16 22:04

■Risaさんへ
こちらこそ、初めまして。
TBとコメント、ありがとうございます。
気になっていても、なかなか…という映画は、ありますよね? 自分も、仕事が忙しくなるとやっぱり時間がとれなかったりして…。あと、劇場が遠いとか(爆)。
この映画は、観たことがあるのとないのでは、いろいろなことを考える時に、少し違ってくるんじゃないかなぁ…などと思ったりしています。

投稿: あかん隊 | 2005/11/15 22:13

はじめまして。
TB返していただいて、ありがとうございます。
この映画は上映されている時から気になっていたのに、見るのが遅くなってしまいました。
でも、見ることができて良かった、そう思います。

またお邪魔させていただきます。
ありがとうございました。

投稿: Risa | 2005/11/15 17:26

>ともっちさんへ
TBとコメントをありがとうございます!
はい! 大好きです!>飛ぶ映像
「暗い」映画だ、というご意見もあるようなのですが、自分としては、「明るい」とまでは思いませんが、暗くはなかったと。ドキュメンタリーを観ているようで、すばらしかったと思います。あれが演技だとは、到底思えません。

投稿: あかん隊 | 2005/06/05 08:45

こんにちは。
私もラモンの飛ぶ空想シーンすごく好きです。
自分も一緒に飛んでるかのような錯覚に陥りました。
役者さんたちみなさんすばらしかったですよね。
TB頂きました。

投稿: ともっち | 2005/06/05 08:35

>linさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
深くて重いテーマも、あの「飛ぶ」映像があることで、ずいぶん違った印象になったのは、間違いなさそうです。ずっと記憶に残る作品になると思います。こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: あかん隊 | 2005/05/19 23:23

こんばんは
コメント・TBありがとうございました。
この作品はラモン個人の選択を最後まで徹底して描いていますね。自然体のその姿勢が、観客に問いかけ、委ねるという効果を持っているのかもしれないと思いました。
仰る通りラモンの海を飛ぶ心象風景の美しさは本当に素晴らしかったと思います。
また宜しくお願いしますw。

投稿: lin | 2005/05/19 23:14

>カヌさんへ
いつもありがとうございます!
本当に。出てくる人たちが、みんなとてもすてきなんですよね。それぞれが少しずつ違った形でラモンを思っている…。それが観ている側にもわかるだけに、ますます深く考えざるを得ませんでした。こういった「暖かさ」には、人種や国境を越えたものがありますね。

投稿: あかん隊 | 2005/05/19 01:32

こんばんは。本当に家族だけじゃなく、みんなが暖かかったです。でもそれが彼の負担でもあったのは皮肉なもんですよね。空飛ぶシーンで海が見えた時、なんかとても嬉しかったです。

投稿: カヌ | 2005/05/18 23:59

>ツボヤキさんへ
おっはようございますデス。
ツボヤキさん、早起きぢゃないですかぁ。
そっかー、カンヌでしたか。
自分は、今頃仕事してまふ。(sigh)
早く終わらせて、今日はまた映画観に行きたいものだから、焦ってたりして…。

投稿: あかん隊 | 2005/05/15 06:50

あははっは・・・・おはようございます。
やってないんだよ~~ん。
すみません、ごめんなさい・・・おろおろ。
身も心もカンヌに行っておりやす。

投稿: ツボヤキ | 2005/05/15 05:07

>ツボヤキさんへ
お答えありがとうございます!
なるほど! 了解しました。
今夜、ですか? なんだか面倒なことをお願いしてしまったようで恐縮しています。すみません。でも、嬉しいです。
毎日、一度は覗かせていただいていますので、今度は、これから観る映画の記事がどこにあるか、確認しながら拝見しますね。
よろしくお願いします。

投稿: あかん隊 | 2005/05/09 00:27

大事な質問にお答えしていなかった・・・スミマセン。
アーカイヴスで見ていただくのが早いかも。
目次のようにしてますが、実は3月、4月、今夜なんとか頑張りマス(苦笑)
右サイドバーのARCHIVES ( 3 )をクリックしてみてくださいませ。検索機能が機能していませんね・・・困ったス。

投稿: ツボヤキ | 2005/05/09 00:01

TB&コメントありがとうございました。
飛ぶシーンは何だか胸に突き刺さるほど美しく切なかったです。
普段考えることのない死を通して生きることについてもしっかり考えさせられましたね。

投稿: ななな | 2005/05/08 16:44

>ツボヤキさんへ
ありがとうございます。(感涙)
本当に申し訳ありませんでした。
お心遣い、こころから感謝します。
これからも、くれぐれもよろしくお願いします。

投稿: あかん隊 | 2005/05/06 06:11

いつでもどこでも(!?)ビシバシよろしゅうにお願いします。頼りにさせていただくワン(牛じゃないな、犬デス)。
有難うございます。

投稿: ツボヤキ | 2005/05/06 03:55

>ツボヤキさんへ
あああ…。駆けつけてくださって、ありがとうございます。お忙しいところ恐縮です。
いえ、あの、ツボヤキさんのところのことではないのです。ごめんなさい。
RE コメントに余計なことを<ばかっ!←自分

他のところで、ちらほら見かけて、気になっていて…つい。

自分は、乙女座なので、牡牛座とは比較的相性は、よろしいと思っておりますデス。本当にすみません。気にしないでください。
自分も「トンデモ間違い」やらかしていることは、随分あると思うデス。

投稿: あかん隊 | 2005/05/06 02:56

はいな~きましたゼ。ぜいぜぃ~(苦笑)
また、誤字いっぱいあったデスか?教えてつかぁ~さい。どこでしたかのう~。も、全然物語りの雰囲気をブチ壊してますが、チャット状態になってます。トロ・ツボヤキ・・・エヘッ、トロ=牡牛なんです。あはッ・・・バッカですね。
あ~せい、校正、頼みます。誤字ばっか・・・カタナカ表記は間違いだらけ、アメナバール、アメナーバル・・・あれ?って、ココ一個、直しておきました。(汗)

投稿: ツボヤキ | 2005/05/06 02:46

>牡牛のツボヤキさんへ
コメントありがとうございやす。
ところで、ツボヤキさんのところで(ふざけているのではありませぬ)、映画のタイトルから記事を探すにはどうしたらいいのでしょう?
TBしたくても、ツボヤキさんのとこって、どんどん先行しているのでどこにあるのか…皆目見当が付きませんのです。(泣)

おばさんの悪い癖で「フリア」を「フレア」と表記しているのに気が付くと、気になってしようがなくなってしまうのです。笑って、知らないふりをしよう~。

投稿: あかん隊 | 2005/05/06 02:14

ぎゃッ!うれじい・・・・バルデムの家系図を作っていたのデス・・・あははは~~うれじい・・・。

投稿: 牡牛のツボヤキ! | 2005/05/06 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/4000852

この記事へのトラックバック一覧です: 海を飛ぶ夢:

» 『海を飛ぶ夢』 [京の昼寝〜♪]
 約束しよう。 自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめる。 ■監督・脚本 ハレハンドロ・アメナーバル(『アザーズ』) ■原作 ラモン・サンペドロ(「海を飛ぶ夢」) ■キャスト ハビエル・バムデル、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、マベル・リベナ、セルソ・ブガーリョ  ★第77回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品  ラモン・サンペドロ(ハビエル・バムデル)は19歳でノルウェー船のクルーとなり、世界各国を�... [続きを読む]

受信: 2005/05/06 00:24

» ■祝★ハヴィエル・バルデム★『ヨーロピアン・フィルム・アワード2004』最優秀男優賞を受賞! [ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY]
■映画『The Sea Inside/ザ・シー・インサイド』 邦題:海を飛ぶ夢 ●第61回ベネチア国際映画祭審査員特別賞の銀獅子賞と主演男優賞を受賞したのは、アレハンドロ・アメナバール監督の最新のフィルム、『The Sea Inside/ザ・シー・インサイド』(原題:Mar Adentro/英題:Out to Sea)。 『The Sea Inside/ザ・シー・インサイド』は、25歳の時に潜水事故で首から下が麻痺して�... [続きを読む]

受信: 2005/05/06 02:42

» 映画「海を飛ぶ夢」 [こまったちゃんのきまぐれ感想記]
「海を飛ぶ夢」開映11:20@新宿武蔵野館2 「海を飛ぶ夢」 2004年 スペイン・フランス・イタリア スペイン題 MAR ADENTRO  イタリア題 MARE DENTRO  英題 THE SEA INSIDE 配給:東宝東和 監督:アレハンドロ・アメナバール 製作:エミリアーノ・オテギ 製作総指揮:アレハンドロ・アメナバール、フェルナンド・ボヴァイラ 脚本:アレハンドロ・アメナバール、マテオ・ヒル 撮影:�... [続きを読む]

受信: 2005/05/06 06:10

» 海を飛ぶ夢 [映画を観たよ]
すごい人出でした。 立ち見もちらほらいましたよ。 「尊厳死」という言葉はこの間で初めて耳にしました。 1ヶ月くらい前にアメリカで問題になったみたいです。 そのときに初めて聞きました。 今年度のアカデミー外国語映画賞も受賞しました作品。 これも本当にあった話ですね。 「死」を真っ向から映画いていました。でも「生」もあふれていました。 「生きることは権利であり義務ではない」と言っていまし... [続きを読む]

受信: 2005/05/07 21:20

» 海を飛ぶ夢 [生きるとは運命に抗うこと・・・好きな台詞はありました?] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
「君との1mの距離。普通の人にはわずかの距離だが、僕にとっては無限だ。だから」 ま、ちょっとうろ覚えですけど、これが彼の全てなんだ。多分 一人の人間が自殺を決意してから実行するまでの映画・・・ 非常に重々しく、生きることの意味を問いかける 難しいね。インテリジェンスな映画。 観ながら頭をかすめた映画「みなさん、さようなら」・・・この主人公はあきらめとそれを上回る満ち足りた感慨があった。 介護する人間の苦悩�... [続きを読む]

受信: 2005/05/10 01:42

» 「海を飛ぶ夢」The sea inside [Cinema,British Actors]
約束しよう。自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめる。 (日本語公式サイトよ [続きを読む]

受信: 2005/05/11 14:09

» 「海を飛ぶ夢」 [NUMB]
海を飛ぶ夢 「海を飛ぶ夢」 ★★★★ (2004年スペイン) 監督:アレッハンドロ・アメナバール キャスト:ハビエル・バルデム、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、マベル・リヴェラ 、 セルソ・ブガーリョ、クララ・セグラ、ホアン・ダルマウ 公式サイト... [続きを読む]

受信: 2005/05/14 10:16

» 海を飛ぶ夢 [Akira's VOICE]
死をじっくりと見つめた真摯な映画。 [続きを読む]

受信: 2005/05/16 12:09

» 海を飛ぶ夢 [シネクリシェ]
 尊厳死を取り扱った作品ということは事前に耳にしていましたが、これほどの直球勝負とは予想外でした。 [続きを読む]

受信: 2005/05/18 05:38

» 「海を飛ぶ夢」 [the borderland]
25歳の時、海へ飛び込んだ際に頭を強打し、首から下が不随となったラモン・サンペドロ(ハビエル・バルデム)の手記をもとにした作品です。自ら命を絶つ「尊厳死」を望むラモン。人権支援団体で働くジェネ。尊厳死の合法化的を手伝う弁護士のフリア。TV番組に出たラモンを訪ねてくるシングルマザーのロサ。そして家で26年間ずっと世話をしている家族。彼らの想いが交錯する愛と葛藤の物語。 主演のハビエル・バルデム、この方初めて見たので最後まで判らなかったのですが、20代前半から死ぬまで(60代だと思う)1人で演じて... [続きを読む]

受信: 2005/05/18 23:55

» 「海を飛ぶ夢」 [ぽての今日も東奔西走]
28年前に事故で四肢の自由をなくしたラモン。 彼は尊厳死を希望するが…。 見るまでは、尊厳死を勝ち取るまでの裁判でのやりとりや ラモンをとりまく人の想いが話の中心かと思っていましたが 実際には、後者に比重がおかれており、 なによりラモンとい... [続きを読む]

受信: 2005/05/20 10:53

» 『海を飛ぶ夢』 生きることは辛いことなのか!家族の姿に涙するしかない。 [映画のブログBLOG@今日のいいこと。明日のいいこと。]
海を飛ぶ夢 MAR ADENTRO 尊厳死という重いテーマだが、まずこの話が実在の人物ラモン・サンペドロの人生を映画化したことに驚かされる。25歳の時に引き潮の海に飛び込み、頭を強打。首から下が不随となり、ベットの上の生活を余儀なくされる。 25歳の若さで!自分だったら。。どうする?という思い。自分の大切な誰かが同じような運命をたどったら?という思い。この映画を見ながら『死』というテーマと向き合う自分がいました。最近では福知山線脱線事故のようなニュースにふと死や運命を考えましたが、忙... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 08:01

» 海を飛ぶ夢 Mar Adentro / The Sea Inside [ネコと映画と私plusワンコ]
おとといナビオTOHOプレックスで観た映画。 この時の一番人気は「甘い人生」だった。 さずが今をときめく韓流スター、イ・ビョンホン主演。 イ・ビョンホンは確かにかっこいいし、「甘い人生」も面白い映画なんだろうけど、この映画もとっても良かった。 とにかく多くの人に是非観て欲しい。 海を飛ぶ夢 (Mar Adentro / The Sea Inside) スペイン 2004年 約束しよう。 自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめる。 公式サイト ≪Story≫  ... [続きを読む]

受信: 2005/06/05 08:31

» 海を飛ぶ夢 [ネタバレ映画館]
 生きることが“義務”と感じているラモン。確かに健常人である者からは理解しがたい心の葛藤があるのだろうけど、家族や周りのフリアやロサに感情移入してしまったかも・・・  鑑賞順が逆になったというのも原因なのか、この主人公ラモンにそれほど共感できなかった。というのも、彼を死なせたくない兄や兄嫁、そして父親。ラモンを生かせることに生きがいを感じている人間だっているのです。したがって、鑑賞中は�... [続きを読む]

受信: 2005/06/10 07:20

» 海を飛ぶ夢 [えいがの感想文]
アレハンドロ・アメナーバル監督の実話に基づいた作品「海を飛ぶ夢」 本年度アカデミー賞外国語映画賞受賞作品。 全身麻痺の主人公は生きるのは権利ではなく義務でしかない。もう人の手を借りて生きるのはイヤで死を望んでいる。 尊厳死に対して考えさせられるんだけど、そんなことは考えたところで答えなんか決まってないんだし、 とにかく家族の愛情、2人の女性の愛情、友人たちの愛情に溢れていて 悲しいのではなく、じんわりと心にくる素晴らしい作品でした。 たくさんの人に支えられて、ある意味幸せだったと... [続きを読む]

受信: 2005/07/03 23:59

» 海を飛ぶ夢 [生きてるだけで儲けもの☆]
第77回アカデミー賞外国語映画賞受賞作。 海に飛び込んで頭を強打し、首から下が不随になってしまったラモン。 その後、26年間もベッドでの生活を続ける彼が、尊厳死を訴え続ける。 『アザーズ』のアレハンドロ・アメナーバル監督が、 生と死という深いテーマに、...... [続きを読む]

受信: 2005/11/15 16:08

» 海を飛ぶ夢 [悩み事解決コラム]
{amazon}  映画『{{8809,海を飛ぶ夢}}』第77回アカデミー賞外国語映画賞受賞作。 海に飛び込み頭部を強打し首から下が付随になってしまったラモン という男の物語。26年間寝たきり生 [続きを読む]

受信: 2005/11/22 15:04

» 海を飛ぶ夢 [cinema capsule]
GWの谷間に出勤だったので、早めに帰って近所の映画館 のレイトショーで海を飛ぶ夢を観ました。 今年のアカデミー賞やゴールデン・グローブ賞を受賞していて、 チラシを見て気になってました。 というのもアザーズとかサスペンス調の作品を発表してる イメージの強いアレハンドロ・アメナーバル監督の新作なのに チラシのトーンが明るかったから。 2時間ちょっとの上映時間も長く感じることなく、観おわる頃には涙がつ〜っと頬をつたう�... [続きを読む]

受信: 2005/12/03 01:58

» 海を飛ぶ夢 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  その魂は真実の希望へと向かう [続きを読む]

受信: 2006/01/11 00:34

» 海を飛ぶ夢 [my life of my life]
海を飛ぶ夢監督:アレハンドロ・アメナーバル出演:ハビエル・バルデム,ベレン・ルエダ,ロラ・ドゥエニャス,マベル・リベラStory『オープン・ユア・アイズ』のアレハンドロ・アメナーバル監督によるドラマ。四肢麻痺の障害を持つ主人公....... [続きを読む]

受信: 2006/02/18 16:54

» 【自宅鑑賞2】海を飛ぶ夢(原題:MAR ADENTRO 英語:THE SEA INSIDE) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
約束しよう。 自由になった魂で、 きっとあなたを抱きしめる。 [続きを読む]

受信: 2006/02/27 20:57

» 「海を飛ぶ夢」 [ひらりん的映画ブログ]
2004年アカデミー賞外国語映画賞受賞作。 尊厳死をテーマにしたスペイン映画。 英題は「THE SEA INSIDE」。 [続きを読む]

受信: 2006/03/10 23:15

« レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 | トップページ | オールド・ボーイ »