« 福井晴敏の本 | トップページ | 交渉人真下正義 »

2005/05/09

クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲

kureyonshinchan
ある方から勧められて、TUTAYAにDVDを借りに行きましたが、DVDはなくてビデオでした。
ビデオデッキをいじったことがほとんどなかったので(信じられます?)、びくびくしながらでしたが、息子の部屋のビデオデッキを借りて観ました。(怪しげなビデオが数本隠してあったようですが、見て見ぬふり…エチケットでしょう、、、と自分は思ってますが)

いや、驚きました! これは、とてもいいお話です。
先日観た『名探偵コナン 水平線上の陰謀』よりずっと楽しめました。秀作だと思います。これなら、子どももオトナも楽しめますね。
気の利いたギャグもふんだんにちりばめられていたし、ひまわりちゃんやシロ(犬)もかわいいし。
切なくなるノスタルジックな映像もあります。背景の描き込みは、非常に丁寧だと思います。
力を入れるところと、抜いてもいいところをちゃんと考えてあるのです。

5歳の子どもたちが、オトナのまねをして笑わせてくれますし、解決にむかう決めてが「あの」臭いとは、参りました。台詞もよく吟味されているのがいいです。
「日本に溢れているのは、きたない金ともえないゴミくらいだ」
シリアスな場面に悪びれず、嫌みにならないギャグが対応しています。
観てよかったと思える作品でした。>ありがとうございます! えいさん

|

« 福井晴敏の本 | トップページ | 交渉人真下正義 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>えいさんへ
コメントをありがとうございます!
そうそう、そうでしたね! 印象的なシーンが満載で、音楽もよかった。

この映画は、プロットというか構成がとても巧みですね。
「どうなるのだろう?」
「何なのだろう?」
と観ている人をぐいぐいひっぱりながら、非常に情緒的なところへ導入したりもします。
それでいながら、アニメの良さ、比較的品の良いギャグも満載でした。

自分は、それこそチャコやケンが大切にする「懐かしい時代」には、高校生でしたから、あの音楽たちは、懐かしくてたまりませんでした。ギターでよく歌っていた歌もありました。万博こそ、無縁の地方(函館)におりましたから、印象は薄かったのですけど。

あの時代を知らない方々には、どう映るのでしょうね?

『うる星やつら2・ビューティフル★ドリーマー』
まだ観てないと思います。>また借りてこようっと。
押井守を考える時に、絶対にはずせない作品であることは、いろいろ調べて理解できてました。気になっていたんです。では、早速…。

投稿: あかん隊 | 2005/05/10 01:58

こんばんは。えいです。

あかん隊さん、この映画観てくれたんですね。嬉しいです。
ブログやってて、こんなときに、本当によかったと思います。

この映画は、冒頭でまず度肝抜かれました。
ディテール細かく70年万博がなぜこんなとこに出てくるの?
----と、思ったら、白黒TVで力道山らしき中継。
これ子供にわかるの?いや2〜30代の大人だって厳しい。
そうこう思いながら観ているうちに、
しんちゃんの両親は「親であること」を放棄。
残された子供たちはバーで大人ごっこ.....。
もう唖然です。

そして
「白い色は恋人の色」をBGMに描かれる、
父ちゃん=ひろしの回想。
チャコの死を遮るかのように飛ぶ鳩。
死にたくないというチャコの肩を抱くケン。

-----なあんて驚きのポイントを書き出したらきりがありません。

タッチが急に劇画調になってしんちゃんが階段をよじ登るところも
泣かせてくれます。
過去が放つ甘い匂いがどれほど魅惑的でも、
だからといって人の自由を奪っていいはずはない-----。
まさに現代に必要なテーマだったと思います。

ところで、先日、あかん隊さんのコメントの中に
『イノセンス』というタイトルが出てましたが、
ぼく個人的には
押井守は『うる星やつら2・ビューティフル★ドリーマー』が一番好きです。
日本のアニメはここから始まったと言えるくらい
これは重要な作品だと思っています。
あかん隊さんは、この作品についてはどうお考えでしょうか?

だらだらと、とりとめもなく長くなってすみませんでした。

投稿: えい | 2005/05/09 23:32

>Babi Kaoruさんへ
コメントありがとうございます。
そうですね。アニメで、しかも「クレヨンしんちゃん」に感動させられるとは思ってもみませんでした。よく考えられた、とてもいいお話だったと思います。

投稿: あかん隊 | 2005/05/09 20:01

以前、芸能人がお薦めする映画で紹介されているのを見てビデオを借りて観ました。

アニメ??
しかも「しんちゃん」??
でいい年した大人が見て楽しいかぁ~??
まして感動して泣くなんて…
とバカにしていたのですが、参りました!!
私は号泣とかではなく胸にジーンと熱くなって
ウルウルした映画でした。

投稿: Babi Kaoru | 2005/05/09 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/4046580

この記事へのトラックバック一覧です: クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲:

« 福井晴敏の本 | トップページ | 交渉人真下正義 »