« 甘い人生 | トップページ | Shall we Dance? »

2005/05/01

名探偵コナン 水平線上の陰謀

conanアニメは好きなのですが、もうこの程度のクオリティでは楽しめなくなりました。
対象年齢は、どのくらいなのでしょう? 隣に居合わせた2歳くらいの男の子が、飽きてしまって、立ったり座ったり、おかあさんの膝に行ったり戻ったり、しまいには、ぐずり始めてしかられて、泣き出したり。。。
もっとも、その子のお兄ちゃんが主たる観客のようでした。その子も途中で席を立って外に出たんですが、その時、しっかり足を踏まれました。
「巻き爪」になっている痛い方の足だったので、おもわず親の方を見て「ふまれちゃいました! 痛~!」とアピールしました。おかあさんは、謝っていらっしゃいましたが、その子は謝らず。(気持ちは複雑)

無理ないです。場面の様子で、物語るのではなく、登場人物が台詞で解説するパターンなんですね。音楽もさほどなくて、間延びしてます。展開もぎこちなく、動きもあまりなめらかではありません。豪華客船だけが一部3D映像なので、他の絵が余計に荒く感じます。

『オマエを絶対に守る!』という「オマエ」とは、誰のことでしょうか? 客室内をスリッパで歩いている人の足音が「コツコツ」って、どういうことですか? 海上保安庁のヘリが、600名からの乗船客の大型船が沈没するというのに、一機だけ? しかも、意味不明に救助のロープがおおきく揺らいでしまう?

たった1本のロープにあんなに沢山ぶらさがっていいの?>ロープ、細いし…。おっこちかけたコナンがつかんだブレスレットのひもなんて、一瞬で切れるんじゃないの? いくら子ども向けでも、あんまり非現実的なのは、どんなもんでしょう?

クレヨンしんちゃんなら、許せることも、シリアスな内容のこのシリーズでは、疑問に感じます。

基本の発想は、悪くないんですが、展開がいただけない。ギャグもあるんですが、子どもの観客すら笑わない。こんなアニメがあったんですね。コマ数も荒くなっているような気がします。それが「味」だというなら、船の3Dはやめた方がよかった。

アフレコの山寺宏一さんは、大好きだし、榊原良子さんもすてきな声で、力量ばつぐんです。他のアフレコ陣が、かすんでましたよ。少なくとも自分には。
このシリーズは、テレビでも時々見てたし、放映された映画版も楽しめたのに、今回は、まるっきりだめでした。はっきり言って「手抜き」でしょう。これで満足しているようなら、次はない、と思ったほうがいいかも。子ども連れの家族で、そこそこ人は、入っていましたが、見終わった時、みなさん「し~ん」と退場されてました。出口アンケートでも採った方がいいんじゃないか、と思ったくらいです。

|

« 甘い人生 | トップページ | Shall we Dance? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>速水さんへ
コメントとTBをありがとうございます。
子ども向けだということや、人気シリーズだからということで、少なからず手を抜いているのが、はっきりわかってしまうんですね。船を3D(CG)にしたから、豪華な映像かって…違うでしょうに。 当たり前のことを当たり前にしておいてほしい、ただそれだけなんですけどねぇ。
本当に「単純に楽しめる世界」であってほしいものですね。

投稿: あかん隊 | 2005/05/08 20:37

はじめまして。TB&コメントをありがとうございました。どうぞよろしくお願いします。
私は「コナン」はコミック・アニメともに見てるんですけど、原作はさすがにあまり破綻してないんですよね。アニメオリジナルはたまに破綻をみかけることがあります。
本当に、せっかくの劇場版なのですから、原作並みのクオリティは確保して欲しい。なんか「コナン」という名前だけで売ってるように思えるのは、気のせいでしょうか。
それにしても世の脚本家の方々(邦画・ドラマ製作)というのは、設定考証をしないのか? と常々思えます。
以前、キムタク主演のドラマで図書館が舞台になった作品がありましたが、1話目を見たんですが、設定のあまりの破綻ぶりに呆れかえって苦笑すら出なかったです。見る価値があるとは思えず、2話目以降は見ませんでした。実を言うと破綻していると感じる自分の方が間違っているのかと疑ったほどです。
それとも、コナンにせよキムタクドラマにせよ、破綻をおかしいとも思わず見ている視聴者に問題があるんでしょうか……。
頼むからひっかりや(¨;)とならずに、素直に単純に作品とその世界を楽しませてほしいものだと思います。

投稿: 速水 | 2005/05/08 19:11

>えいさんへ
きゃ~! すみません。m(_ _;)m
今、TBし直しました。間違えたTBは削除しておいてください。お手数かけて、ごめんなさい。平身低頭。

コメント、本当にありがとうございます!長いの、嬉しいです。感激です!
『クレヨンしんちゃん』ぜひ観賞して、お知らせしましょう。内容についてお知らせいただいたので、期待度アップしてきました。

『ピカチュウ』も、DVDでなら観賞しても辛くないかも。自宅のマシンには、外付けのDVDドライブもつけて、BOSEのスピーカーで音を聞いてます。オーディオマニアではありませんが、これが結構いい音です。
そのうちプロジェクターとスクリーンを用意したいと思ってます。おばあさんになる前に、準備しておきたいもののひとつです。(爆)

投稿: あかん隊 | 2005/05/03 17:23

あかん隊さん。

ぼくも仕事でなければ『クレヨンしんちゃん』は観なかったと思います。
でも『嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』は
とにかく驚きの映画、大傑作です。
一時期のロマンポルノが裸さえ出せば何でもありだったように、
いまはアニメの人気キャラさえ出せば何でもありになっています。
この映画は、ノスタルジーにとらわれて
いまを動けない20世紀を生きた大人たちを、
21世紀を生きる子供たちが救うという物語。
子供が観てもわからない映画になっています。
しかもクライマックスでは、涙腺を思いっきり刺激、
1950〜70年代、特に万国博覧会を再現したところなど、
あの浦沢直樹の「20世紀少年」といい勝負だと思います。
ちなみに、このアニメは「キネマ旬報」のアニメ・オールタイムベストテンで
上位にランキング。
確か『もののけ姫』よりも上だったと思います。
あかん隊さんのご意見聞きたいです。
DVDでぜひご覧になっていただきたいです。

ピカチュウは最初の一作『ミュウツーの逆襲』が存在論をやっていて、
これまた驚かされました。

あ〜、長くなってしまいました。m(_ _)m
そうそう、ぼくのところからのTB先が『甘い人生』になってました。
お知らせまで。 f(^_^) 

投稿: えい | 2005/05/03 17:01

>えいさんへ
コメントとTBをありがとうございます。
たまたま友人と飲みに行ったお店で、「トムス」の営業マンとおしゃべりすることがありました。「東京ムービー」は、「トムス」になったんですね。知らなかった。経営的なことが、作品に微妙な影響を与えているのかもしれないな~、と観ていて思いました。昔、アニメのセルを彩色していたことがあって、テレビ放映でも「仕上げ」のスタッフに名前を出してもらったことがありました。(一度だけですけど) そんなこんなでアニメには、ちょっとこだわりがあるのです。(アダルト系は、からっきしだめですが)
『クレヨンしんちゃん』は、苦手なんです。すみません。あのアフレコの声が、どうしても好きになれないのと、なんとなく「きれいじゃない」雰囲気が自分には、災いしているようです。
『ぴかチュウ』は、観てみたい、とは思ったりしますが、これもがっかりしそうなので敬遠です。
そうだ! DVDが発売されてる(されたら?)レンタルで拝見してみましょう。

投稿: あかん隊 | 2005/05/03 13:32

そうですね。
今回は60点くらいって感じでしょうか。

『瞳の中の暗殺者』
『天国へのカウントダウン』。

ぼくはこの二つがシリーズの白眉と思っています。
瞳を守るという意味では前者に、
危機からの脱出という点では後者に
遙かに及びません。

でも、あかん隊さんはほんとうに精力的ですね。
『名探偵コナン』まで押さえてられるとは・・・。
ところで『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』は
ご覧になりましたか?
これは大傑作と思うのですが・・・。

投稿: えい | 2005/05/03 09:44

>fire1000さんへ
コメントをありがとうございます!
今回の作品は、残念だったと思います。
自分ができるわけではありませんが、もっと丁寧に製作してほしかった。

日本のアニメは、世界に誇れる文化だと思うので、いい加減なことをしてほしくないんです。
完成を急いだのか、これまでの惰性があったのか…。

高い評価をしてらっしゃる方もお見受けします。それは、とても良いことで、十分に楽しめたなら、それが一番だと思います。

楽しめなかった自分自身に、ちょっとがっかりもしていましたので…。

投稿: あかん隊 | 2005/05/02 13:43

あかん隊さんTB、コメントありがとう♪(^ー^)ノ~~
そうですね基本は良く出来てました。
人気の程が良く判った作品でした。アニメを好んで観ない私にも楽しめたのですから....。
評価はそれぞれに違って当然です!
皆、同じ評価でしたら気持ち悪り〜!です(笑)
(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

投稿: fire1000 | 2005/05/02 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/3929265

この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵コナン 水平線上の陰謀:

» 『名探偵コナン水平線上の陰謀(ストラテジー)』を観て来ました!#64 [★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...]
  名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー) 2005/04/09公開 ジャンル : アニメ 製作年 : 2005年 製作国 : 日本 配給 : 東宝 連載12年・48巻で累計1億冊を突破したコミック 96年にスタートしたTVアニメともに快進撃を続け 今や国民的人気シリーズとなった「名探偵コナン」 97年から毎年GWに公開され 累計動員1700万人を突破している劇場版シリーズも 本作で第9弾となる。これまで100年前の ロンドン、千年の都・京都 高度1万フィ... [続きを読む]

受信: 2005/05/02 01:39

» 『名探偵コナン 水平線上の陰謀<ストラテジー>』 [ラムの大通り]
「オレは高校生探偵、工藤新一。 幼なじみで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行って、 黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃した。 その光景に夢中になっていたオレは、 背後から近づいてくるもう一人の仲間に気付かなかった。 オレはその男に毒薬を飲まされ、目が覚めたら、 なんと体が縮んでしまっていた! 工藤新一が生きていると奴らにバレたら、 また命を狙われ、まわりの人間にも危害が及ぶ。 阿笠博士の助言で正体を隠すことにしたオレは、... [続きを読む]

受信: 2005/05/03 09:45

» 映画「名探偵コナン『水平線上の陰謀』」 [緑が丘の鍵☆]
 観てきました~(^^)v  ……でも、ちょっと……というか、かなりがっかりしま [続きを読む]

受信: 2005/05/08 13:00

« 甘い人生 | トップページ | Shall we Dance? »