« 迷惑メールの法律 | トップページ | 姑獲鳥の夏(これから) »

2005/06/16

戦国自衛隊1549

sengokujieitai酷評されてたから、確認の意味も込めて。確かに、悩みながらいろんなことに中庸を求めた映画になっちゃったのかも。そんなに悪くないと思うんだけど、何もかも中途半端で、バランスが悪いみたい。
映画は、一般の観客をターゲットに製作されるもので、監督や製作会社やスタッフの自己満足のために製作されるものではない、ということが忘れられている、、、というか、自分たちが「いい!」と思ったら、お客さんも「いい!」と思う…とお考えなのかも。だけど、それじゃまずいでしょ。ねぇ。

気負いがあったのか、どのシーンにも「奥行き」が足りなくて平面的に見えるの。「メリハリ」がない。でかく映ったのは、「ジッポーのライター」やそれを持つ手のみ。もっと顔のドアップとか、眼だけのアップとか、そんな雰囲気でどーんと出したり、ぐーんと引いたりして、みてほしいな。親切な、やさしい方なのかな(監督さん)。ちゃんとわかるように全体が画面に収まっていないと悪い、と思っているのかな? 音や台詞が聞こえてくるだけでもわかることがあるし、その方がずっと効果的だったりすることもあるんじゃないかな?

回想シーンも、特殊効果をかけなくてもわかりますよーん。台詞も説明的すぎかも。

それでも結構人気で、混み合ってましたよ。お隣に座ったカップルの彼女
「泣きそうだった! よかったね!」っておっしゃっておいででした。
? どこでだろう? うーん。この映画で泣けるほど繊細なのか、それとも…。

|

« 迷惑メールの法律 | トップページ | 姑獲鳥の夏(これから) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■さくさく さんへ
TBとコメントをありがとうございます!
『亡国のイージス』は、この映画と比べて「良い」です、というわけではありません(笑)。
自分は、なるべく他の映画と比べずに、その映画単体で、考えるように努力しています。
それに加えて、今年は「感想のための映画鑑賞」を脱却、「映画そのものを楽しむ」というモットーをおったてて(爆)、がんばっております。よろしくです。
福井氏の小説は、どれも似ている気がしますが、それぞれ、なかなか良い味がありますよ。
ただ、『戦国自衛隊…』、この映画の原作は、読まないと思います。(汗)

投稿: あかん隊 | 2006/02/13 00:49

コメントどうもでした~
これで泣けちゃうんですか???
涙腺緩いわたしでも涙なんて・・・・・
では~

投稿: さくさく | 2006/02/12 18:14

■猫姫さんへ
まあ、たまには、こういうのも「突っ込みまくり」「けなしまくって」楽しむ…という方法もありかな?<をいをい。。。

投稿: あかん隊 | 2006/01/05 07:06

こんばんは!
echo&コメ、ありがとうございました!
なんてコメ入れて良いのか、、
いぁ、嶋大輔には、笑わせて頂きました、、、

投稿: 猫姫 | 2006/01/05 01:49

>倉敷東映さんへ
お知らせありがとうございます。>律儀な自分。
倉敷東映さんに行きたい気持ちは、山々なのですが、如何せん遠すぎまして、映画の料金よりも新幹線や宿泊等にお金がかかりそうなので、申し訳ないのですが、行けそうにありません。ごめんなさい。サイトは、確認させていただきました。ありがとうございました。これからも良い映画をどんどん上映してください。

投稿: あかん隊 | 2005/06/24 20:25

はじめまして、私、岡山県倉敷市にございます倉敷東映という映画館の者です。
早速ですが、7/31より「特撮映画特集」を開催します。
第1弾として「戦国自衛隊」(1979年作)を上映します。
その後は、「東宝特撮映画」を中心に、来年GW公開予定の新作ガメラ製作を記念して、「大怪獣ガメラ」も上映します。
「宇宙戦艦ヤマト」も上映しますよ。
詳しくは、当サイトをご覧下さい。

投稿: 倉敷東映 | 2005/06/24 16:21

>da-shinさんへ
TBとコメントをありがとうございます。ホント、_| ̄|○ でした。(爆) 惜しいやらもったいないやら悔しいやら…。評価が極端に分かれてもいいから、もっと冒険してもいいはずですね。あ~、残念! 平均値、安全パイ、そして防衛庁と自衛隊への遠慮、大人しすぎる演出…。違う意味で泣きたくなりました。頑張ってくれ~!>角川映画>ひいては邦画!

投稿: あかん隊 | 2005/06/22 02:39

TB&コメントありがとうございました。
最近観た映画の中では出来の良いものではなかったのですが、ここまでヒドイと、演出家や脚本家の能力を疑ってしまいます。
もしくは、現場や制作過程で、作り手たちのいい作品を作ってやろう!という気持ちを阻害する「何か」が発生していたか?
なんか作った人たちの、意気が感じられない映画でしたから。。。

投稿: da-shin | 2005/06/22 02:09

>anyさんへ
TBとコメントをありがとうございます。そうですね。惜しいことをしました。せっかくの予算、人材、環境、チャンスだったのに…。富士山というのが、銭湯の書き割りになりそうな素材だし、確認するのがモノクロのモニター画面だったりすると、どうしてもちゃちくなりますよねー。
もしかすると、あまりの「残念さ」に泣いていたのかも?>ちがうか…。

投稿: あかん隊 | 2005/06/19 15:31

あかん隊さん、こんにちは。
多大な予算をかけた割に中途半端さが目立つ作品でしたね。
突っ込み所満載の作品は決してキライではないんですが、香港映画のような“面白ければいい”という開き直りも感じられず、メッセージ色を打ち出そうとするところがダメだと思いました。
僕が観た時も、泣いている人がいたみたいですが、どこで?と思いました…。

投稿: any | 2005/06/19 14:38

>悠さんへ
ベースとしては、日本人好みにしあがっていたのでは?>予定調和
鈴木京香は、「普通」なのに「きれい」、というところがいいな、と思っています。テレビ等では、10kgくらいは太く映るらしいので、映像で細い方というのは、たぶん生で見たらがりがりなのかもしれません。彼女、足などはすっきりしてたと思いましたけど。悠さんの好みには叶いませんでしたか。。。(^ ^;)

投稿: あかん隊 | 2005/06/18 00:20

まー、よかったです。江口さん、鈴木さんは死なず、加賀さんは死ぬだろうな、って予定調和で、安心してみてられました。この前の戦国自衛隊は、なりきった人物と本当は違うってのがあって、結局、歴史どおりって面白さがあったのですが、今回はその謎解き無しだったのがちとつまらない(加賀@信長は、誰ってことになるんでしょうね、歴史では??)。鈴木さんの声、きれいなんだけど、ちと、体重おとしてほしい、なんてのがありますけど(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005/06/17 22:20

>たいむさんへ
TBとコメントありがとう!
あり得ませんよねー。この映画では。どうも人が死ぬ場面で、「オレは犠牲になる」みたいなのが、そうだったかな?と。それでも相方の男性は、ずっと無言でしたから、彼女の意見への返答に困っていたのかも。(お察しします)

自分もこの監督さんは、存じ上げませんでした。「ゴジラ」関連の映画で、名を馳せた方のようですけど、「市川昆 監督」に師事していらしたようですね。それにしては…(以下自粛)。型破りな設定、ストーリーなのだから、奇抜なものにしちゃっても良かったのでは? と個人的には思います。いわゆる「変人」的、個性を持つタイプの方ではないのかもしれません。って、言いたい放題デス。(反省)

投稿: あかん隊 | 2005/06/17 18:23

こんにちは。
>「泣きそうだった! よかったね!」
ありえない・・・
いや、きっと、二人で見たの初めての映画だったのかも知れない、そのカップルさん。
彼女猫かぶってるだけかもww

この監督さんは怪獣しかやっていないんですか?よく知らないのですが・・・

投稿: たいむ | 2005/06/17 18:07

>えいさんへ
どうもすみませんでした。申し訳なかったデス。つくづく「慌て者」だな、と反省しております。ありがとうございました。

そうなんですか! クレヨンしんちゃん、人気の理由は、案外「じっくり練られている」ことに起因するのかもしれませんね。
肩に力が入って、意識過剰になると何がなんだかわからなくなってしまうような、せっかくの素材ももてあましてしまうようなことがあるのかもしれませんね。レンタルショップへ行ったらチェックしましょう。

投稿: あかん隊 | 2005/06/17 17:01

あかん隊さん。

こんにちは。
無事、ミッション終了しました!(笑)。
コメント泣く泣く削除しましたが、
またなにか書いてくださいね。
楽しみに待ってます!

ところでこの作品、同じモチーフなら
『映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 』の方が
遥かによくできてますよ。
この『嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 』は、しんちゃんの中でも
『嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』の次に人気の高い作品です。

投稿: えい | 2005/06/17 10:13

>悠さんへ
いつもありがとう! きっと酷評になると思います(爆)。
それでも「観よう」と思ってると、「そう? どれどれ?」みたいな、怖いモノみたさ? の気持ちがうずうずして、余計に観ずにはいられなくなってしまうんですね。あはは!
多分「ここはオレが守る! おまえたちは行け!」とかいって、やられちゃったりとか、息子と同い年の男の子にライターを託して「がくっ」(マンガっぽい)…ってなところかなぁ。。。

投稿: あかん隊 | 2005/06/17 01:20

お、ほんとは、今日見る予定だったのですが、仕事がながびいて(;_;)。
>それとも
感覚がちがってただけだといいんですが(^^ゞ。おいら以前、野田さんの芝居で「けらけら」笑ってたら、後で、若い女性同士「あそこ泣けたよね!」って話きいて愕然として、それ以来、野田さんの芝居みてません^^;

投稿: 悠 | 2005/06/16 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/4584404

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国自衛隊1549:

» 『戦国自衛隊1549』 [京の昼寝〜♪]
 制限時間は74時間27分。  タイムスリップした戦国の世で孤高の自衛官たちは、  日本消滅を目論む信長の野望を食い止めることができるのか? ■監督 手塚昌明 ■原案 半村 良 ■原作 福井晴敏(「戦国自衛隊1549」) ■キャスト 江口洋介、鈴木京香、鹿賀丈史、北村一輝、生瀬勝久、綾瀬はるか、伊達雅刀  陸上自衛隊東富士駐屯地で、対プラズマ用人工磁場シールドの実験中に、神崎怜2尉(鈴木京香)の判断ミスによる大規模な暴... [続きを読む]

受信: 2005/06/17 00:59

» ★「戦国自衛隊1549」 [ひらりん的映画ブログ]
劇場鑑賞券をゲットした「サハラ」はとりあえず平日回しにして・・・ チネチッタのレイトショウ・Wスタンプのためにこちらの作品を観る事に。 なんか知ってる顔の俳優さんがいっぱい出てくると安心するのが日本映画のいいところ。 元ネタである「戦国自衛隊」は、見た気もするけどウル覚えなので比較はなし。 2005年製作のSF時代劇・アクション、119分もの。 あらすじ 2003年のある日、陸上自衛隊の東富士駐屯�... [続きを読む]

受信: 2005/06/17 02:54

» 『戦国自衛隊1549』 [ラムの大通り]
-----♪さあん・ご〜ず・だ〜うん。 「いや、その歌は使われてないよ(笑)。 でも、確かにあの『戦国自衛隊』と同じ、 これも角川映画だけど....。 今回は、陸上自衛隊のある実験中に事故が発生して 的場一佐(鹿賀丈史)率いる実験部隊が時空の振動に飲み込まれ、 450年前の戦国時代にタイムスリップするところから始まる。 やがて、過去の過干渉が原因と思われる 虚数空間「ホール」が日本各地に出現。 このままでは現代日本が壊滅してしまう。 �... [続きを読む]

受信: 2005/06/17 10:14

» 戦国自衛隊1549 [Akira's VOICE]
飛ばされた! 外国に? いや戦国時代に! [続きを読む]

受信: 2005/06/17 10:51

» 戦国自衛隊1549 [ヒトコトシネマ☆インプレッション]
★時代を越えた内輪もめ??2005/日本 監督:手塚昌明 脚本:竹内清人、松浦靖基本的に、荒唐無稽の話は大好き。なので、この手の映画は決して悪いとは思わない。ただ、「どんな映画だった?」と聞かれれば、「ワイシャツ姿があまりにも似合わない北村一輝と、Gショックな伊武雅刀が... [続きを読む]

受信: 2005/06/17 17:15

» 戦国自衛隊1549、見た。 [たいむのひとりごと]
『ローレライ』に次いで、【福井晴敏】作品の映画第2弾。【半村良】原作の「戦国自衛 [続きを読む]

受信: 2005/06/17 18:02

» 戦国自衛隊1549 [こころそぞろ]
自衛隊員鈴木京香の実験のせいで、自衛隊員加賀丈史らが、戦国時代にワープし、信長天 [続きを読む]

受信: 2005/06/18 08:56

» ★★角川「戦国自衛隊1549」観て来ました★★ [★★かずくんままのマネー&映画日記 名古屋ポケパーク行ってきました★★]
東宝の株主総会で頂けるチケットを譲っていただいたのがあったので観て来ました。 5月末にある東宝の株主総会では6月末まで有効の劇場券を頂けるそうです。 今回のチケットは劇場指定で「電車男」「交渉人 真下正義」「戦国自衛隊1549」が観れました。 当日観れる券は無かったそうです。 (株主じゃないので詳しくなくてごめんなさい) この映画は角川映画で作られて東宝系のスクリーンでの上映です。 ここから映画の... [続きを読む]

受信: 2005/06/18 20:56

» 戦国自衛隊1549 【ストーリー紡ぎより、アクションシーンに時間を割いて欲しかった】 [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
「俺たちは歴史の辻褄あわせをしてきただけじゃないのか?」 ・・・とラスト近くで、江口洋介が言う。それがこの映画の脚本の決定的な問題点なのでは・・・ 歴史っていうかストーリーの辻褄あわせに終始して、エンターテインメントにすることを怠った。 戦国自衛隊なんて企画では、「まずストーリーがあって、その中に見せ場を作る」・・ではダメなんだ。「まず見せ場があって、ストーリーをこじつける」こっちの方が楽しくなる。そう... [続きを読む]

受信: 2005/06/19 02:51

» 戦国自衛隊 1549 [any's cinediary]
消滅するのは――歴史か、俺たちか? <ストーリー> 陸上自衛隊東富士駐屯地で、 [続きを読む]

受信: 2005/06/19 14:39

» 「戦国自衛隊1549」 [わたしの見た(モノ)]
「戦国自衛隊1549」 期待していたのだが...   普通、劇場を後にするまでに、何らかの感情が沸きあがるものだが、 今回は皆無。 良い or 悪い、面白い or 面白くない、いずれも当てはまらない。 全体的に薄味な作品。 福井晴敏の計算しすぎた設定、ストーリー展開。 意外性なく、毒気なく、強烈な個性もない。 見せ場の戦闘シーンは、お金をかけているが、印象的でな�... [続きを読む]

受信: 2005/06/19 23:38

» 戦国自衛隊1549 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
土曜日にレイトショーで2本鑑賞しました。その1本目。 期待していただけに、ビミョーな感じ。 1979年にヒットした「戦国自衛隊」のリメイク。 戦国時代へタイムスリップしたというもの以外はまったくの新ストーリー。 1979年のほうが面白かったよな〜。今回のもの... [続きを読む]

受信: 2005/06/20 16:46

» 『戦国自衛隊1549』 [憶]
作り手が何を考えてどういう感性で作ったのか、真剣に疑いたくなる映画です。 ヤフーのレビューとか酷評ばかりだったので、逆に「そんなに言うならどれだけつまらない映画なのか観てやろう!」と怖いもの観たさでそれなりに覚悟して、映画館に行ったのですが……… それでもそれでも、その覚悟を越える出来の悪さでした。 自業自得とはこのことです。 とほほ。 恐らくこういうことは言ってはいけない言葉なんでし�... [続きを読む]

受信: 2005/06/22 01:43

» #24:戦国自衛隊1549 [(売れないシナリオライター)KAZZの呟き!]
KAZZのこの映画の評価   駄目だこりゃ~って言うか酷すぎやしませんか? 20年以上も前の”戦国自衛隊”の方が、数段完成度が高い 最後のあの終わり方、カット割りは何 特撮もしょぼ過ぎるし、お金をケチりすぎて映像に迫力が。。。 手を抜きすぎ、戦闘シーン...... [続きを読む]

受信: 2005/06/24 01:58

» [戦国自衛隊1549][雑記] [一年で365本ひたすら映画を観まくる日記]
■ストーリー 『陸上自衛隊東富士駐屯地で、人工磁場発生器の極秘実験中に暴走事故が発生。的場一佐(鹿賀丈史)率いる実験中隊が、460年前の戦国時代へタイムスリップしてしまう。数年後、日本各地にあらゆる物質を飲み込む謎のホールが出現。原因は的場たちの過去への過干渉と思われた。かつて的場率いる特殊部隊の精鋭だった鹿島(江口洋介)は、女性自衛官・神崎(鈴木京香)から事の真相を聞かされ、的場の救出作戦に同行する事となる。だが、鹿島たちが1549年の地で見たものは、織田信長を名乗り、そこから先の歴史を変えようと... [続きを読む]

受信: 2005/06/26 13:21

» 彼らは歴史を変えられるのか?『戦国自衛隊』 [タレント主夫『山下修一(やましゅう)日記』]
<font color=red>『山修のおすすめ、非オススメ』 その7</font> ※おすすめ度:↑おすすめ、→どちらでもない、↓非オススメ <FONT SIZE="3"><font color=blue>おすすめ度→ 『戦国自衛隊1549』</font> </FONT> 昨日、 映画を観に行ってきました。 『戦国自衛隊1549』です。 CMでの迫力と自衛隊全面協力という..... [続きを読む]

受信: 2005/06/30 12:16

» ON AIR♯46 〜のびのびシネマライフ 手塚昌明監督作品「戦国自衛隊1549」 [BLOG RADIO〜のび太のラジオコンタクト〜]
インターネット接続がうまくいかず、結局、今になって、1日の話をします。秋津駅から新秋津駅まで歩いている途中、ケンカを目撃しました。自転車が歩いてる人にぶつかったらしく、「お前がなんとかだからこうなんだよ」「おめぇがわるいんじゃねーかよバカやロー」なぁんてケンカをし... [続きを読む]

受信: 2005/07/02 23:54

» 戦国自衛隊 1549 [*天体観測* 人生は経験なり!]
どうも、こんにちは。 太陽光線に立ち向かえるほどの体力を 神様から授かった覚えのない 竹嶋です。 暑いですね、暑いですね。 日中外を出歩くと、汗が止まらず 頭がボーーっとしてきますよ。 さて、今日は先日観た 戦国自衛隊 1549  のお話。 ストー... [続きを読む]

受信: 2005/07/10 16:50

» 戦国自衛隊★★+ 今更ですが〜観てきました。 [kaoritalyたる所以]
私としては「星になった少年」を観たかったのですが、連れがコレだったら観に行ってもいい・・というので今回は「付き合い」で見ることに。戦国自衛隊1549ハッキリ言って評判良くないし期待もないというか、マイナスイメージでの鑑賞でした。だから、思っていたよりは...... [続きを読む]

受信: 2005/07/19 02:02

» 戦国自衛隊1549 今年の248本目 [猫姫じゃ]
戦国自衛隊1549 一応、大和から、戦争物、鈴木京香 さんつながりね。 皆さんのブログ、読んではいないんだケド、何となく、評判が悪いのは知っていました。でも、リメイクなので、どんな映像が見られるのか、楽しみにはしていたのですが、ん〜、、、なんとも、、、 ま、現...... [続きを読む]

受信: 2006/01/04 18:54

» 戦国自衛隊1549・・・・・・・・ [サクっと]
戦国自衛隊1549 通常版 映画の記事やっと書けます(笑 「戦国自衛隊1549」 福井晴敏もの第2弾って原作半村良さんじゃないのね 昔、半村さんのほうは読んだ記憶があるんだけど・・・・... [続きを読む]

受信: 2006/02/09 19:10

« 迷惑メールの法律 | トップページ | 姑獲鳥の夏(これから) »