« 浅田次郎『天切り松 闇がたり』第四巻 昭和侠盗伝 | トップページ | ミリオンダラー・ベイビー »

2005/06/01

イン・ザ・プール

inthepoolがび~ん! 実によく笑った。楽しかった。松尾スズキは、気持ち悪かったが、そんなに嫌ではなかった>彼は、限りなく、おちゃめなのだ! オダギリジョーは、実にかわいい役だった。カブトムシで火災が起こるという発想は、どうやったら生まれるのだ? とにかく、とにかく可笑しい! 原作もこうなの?
ここでも、初代iMacが活躍(?)。電源が入っていた様子はないが…。 Old Macともいうべきふる~い一体型の小さなMacintosh もみえてたけど、あれはインテリア?
松尾スズキのヒョウ柄シャツやブーツもアンバランサーで、なりなり。オダギリジョーの、どうも不釣り合いなデカめのブーツっぽい靴も変な柄もので、なりなり。アボガドと納豆と…あとなんか乗っけてたな、紫蘇の葉かな? それにかけてたタレみたいなのは、なんだっけ。「うまい!」とか言ってたけど、ほんとかな? 放置されてる冷蔵庫から飛び出した骸骨(髑髏って言いたいかも)は、ギャグだと思ったら、まじだった。ま~、ここまで人を食った話も、そうそうあるものではないでしょう。鬱々してたから、丁度よかった! わっはっはっは~! なんでもアリだし、なんでもイイし、どうとでもなるし、どうでもイイ!>もちろん、考えることはたくさんあったけど、言いたくなくなった。(ごめんなさい)

♪がっこのせんせがかぜひいて~♪ いっしょにうたいたいな~!

|

« 浅田次郎『天切り松 闇がたり』第四巻 昭和侠盗伝 | トップページ | ミリオンダラー・ベイビー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■sannkenekoさんへ
こちらこそ、ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。
お返事、遅れ気味ですみません。
この映画は、DVDも購入して機会あるごとに人に勧め、押しつけています。(爆)
ふせえりさんや岩松さんのお芝居、観たいなぁと思う今日この頃。。。

投稿: あかん隊 | 2007/07/04 21:02

あかん隊さん、ご無沙汰しております。

「時効警察ワールド」を期待していたので
ふせえり、岩松了が絡まないことにちょっと拍子抜けしたのですが、
(でも編集長のスイカネタは大好き♪)
もう一度見ると・・・小ネタの嵐に笑いっぱなしでした。
「私、冷蔵庫から西川君出しましたっけ?」
・・・そりゃあ、確かめるしかないわねぇ(爆)

TBさせて頂いていますが例によって・・・。

投稿: sannkeneko | 2007/06/29 21:15

■ミチさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
自分もオダギリくんは、いい役者さんだと思っています。マスコミや周囲の騒ぎにも、比較的冷静で、自分のスタンスを保っている、数少ない有名人ではないでしょうか?
いわゆる「普通じゃない」のが好きそうな、彼の雰囲気が良いなーと。

投稿: あかん隊 | 2005/09/22 18:03

こんにちは〜。
TBさせていただきました。
オダジョー主体のお見苦しい感想をお許し下さいね〜。
「SHINOBI」のような大作よりも、こういう映画の方がのびのびやってる気がします。

投稿: ミチ | 2005/09/22 08:08

■まつさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
いつもお世話になっております。
松尾スズキの本まで読んでいたりします。(笑) 不思議な方だ…。

投稿: あかん隊 | 2005/08/12 14:57

コメントありがとうございました。いつもながら返事遅くなってすみません。
松尾スズキってすごいと思う。演出家としても作家としても監督としても俳優としても。外見が冴えない分だけ得してるところも憎い!かっこよくみえますもん。
お金をかけず、放送コードぎりぎりという点で映画化の意味を持たせているところが日本映画の将来が見出せてよかったように思います。
「亀は意外と早く泳ぐ」も必ず見に行きますのでトラックバックお待ちください。

投稿: まつさん | 2005/08/12 07:06

>カヌさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
楽しいですねー。こういう映画で、元気が出ますね。大好きです。

投稿: あかん隊 | 2005/07/28 23:53

こんばんは。笑った笑った、こういうのかなり好きです!
カブトムシは単純に黒いからかなぁって思ってました(^^;なんの違和感もなく。
「亀は意外と早く泳ぐ」も笑わしてくれそうですよね。

投稿: カヌ | 2005/07/27 22:35

>未来さんへ
コメントありがとうございます。
最高におもしろい映画でした。

あの料理のことを調べてみました。
「アボガド納豆丼」
ご飯の上に炒めた挽肉を乗せる→アボガドと納豆を乗せる→パクチー(多分香味野菜)を乗せて、ナンプラーをひとまわし

だそうです。よくかき混ぜていただきます。う…(汗) やっぱ、苦手この手の料理。

投稿: あかん隊 | 2005/07/21 21:47

TB&コメントありがとうございます。
これってへんてこな‘ツボ’満載ですよね。
「カブトムシから火事」「アボガド納豆」「冷蔵庫からミイラ」「髑髏の絵描き歌」・・・。。
あげたらキリがないです。

投稿: 未来 | 2005/07/21 21:32

>悠さんへ

>それで紙燃やしたことがある

な、なんと…。そこまでの体験をお持ちなら無理なく理解できますね。もしかして、男の子なら、「やったことがあること」ベストランキング等でも上位の部類なのかもしれませんね。

最近、「おねば」のない納豆もあるとか、ないとか…ねばらなくても納豆と言えるのかしら?

投稿: あかん隊 | 2005/07/21 15:32

かぶと虫の籠に天眼鏡みたいなのがついていて、昔、それで紙燃やしたことがあるんで、単純に納得してました(笑)。納豆たべますよ。ただ、あのねばねばがねぇ、なれませんが。

投稿: 悠 | 2005/07/21 14:23

>coccimさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
あれ? どんなプロフィールだっけ(汗)…と自分でも失念しており、再確認した次第です。情けないっす。で、確かに。
「フライ・ダディ・フライ」ですね。おもしろかったです。自分は、岡田くんに「東京タワー」での印象が残っていたため、いまいちで、この人美味しい役ばっかだなーとか思いましたが、堤さんには、笑わせてもらいました。

投稿: あかん隊 | 2005/07/21 01:41

TBありがとうございました。
共通点が多くあるプロフィールを拝見して、ぷっと笑ってしまいました。ここ3日は「フライ、ダディー、フライ」で頭がいっぱいです。今日も“衝撃の20,000字インタビュー”の文字に躍らされてCutを買ってしまいました。

投稿: coccim | 2005/07/21 01:20

>悠さんへ
コメントありがとうございます!
ご覧になりましたか。おもしろかったですか?
カブトムシが原因で火災になる…という実写に、がびーんと来ませんでしたか?
アボガド…自分は、あまり好きじゃないので、ちょっと引いてしまったのですが。関西方面でも納豆、平気なのですか?
おお! 岩松 了さんですか、お名前だけしかわかりませんでした。ここでまた、「やや通」になれたでしょうか? さすがに悠さん、その道の方ですね。

投稿: あかん隊 | 2005/07/21 00:43

>Old Mac、ヒョウ柄シャツ、ブーツ
だめだ、ぜんぜん、見えてなかった(あるものが見えない<京極堂とちがうのやから!!)
>アボガドと納豆
あとは、??でも、おいらにはおいしそうだった(^^ゞ「ふせ えり」さんていうのですか編集長。松尾さんとの「その、微妙な間は、何だ!!」って喧嘩の場面の台詞がおいらのつぼでした。田辺さんの上司役で、劇作家の岩松了がでてました。むかし、柄本明さんとこの劇団の座付作家さんだったんですけど(今回の映画では、妙にずれたギャグを言って笑わしてくれました)。

投稿: 悠 | 2005/07/21 00:05

>悠さんへ
だいじょうぶ、デス! 悠さんがおっしゃりたいこと、わかりますモン!(他意はありません。)
人類のほとんどがだめ、と思うとすごく救われたような気になるのはなぜ?(爆)

投稿: あかん隊 | 2005/06/03 00:03

は、は、は、と笑ってごまかす自分のあやまち^^;鈴木さん=松尾スズキさんってことでm(__)m。「人類のほとんどはダメなのだぁ」(これってすごいっすね^^;)

投稿: 悠 | 2005/06/02 23:55

>悠さんへ
わかりますよ~! 鈴木さんっていうのは「松尾スズキ」のことでしょう? 違ってマス?(大汗)
「カブトムシで火災」は、原作にはないのですかぁ? 場内は、爆笑でしたよ! 自分は、市川さん演ずる岩村涼美の上司(編集長)をやっていた「ふせ えり」に、なぜか非常にシンパシーを感じてしまいました。

岩村「私…だめです」
編集長「やっとわかったのか。でも気にすんな。人類のほとんどはダメなのだぁ」

投稿: あかん隊 | 2005/06/02 23:38

あれ、早いな、もう、みられたんだ!って、仕事場で見て、あわててレスつけて、わけわかんないこと書いた、帰ってから、訂正ってきましたら、レスがついてました。阿部さん以下は、鈴木さんとこの劇団員です。最近セットで映画にでてられるような(^^ゞ。かぶと虫で火災は本にはなかった。市川さん、TVで「すいか」ってドラマでは下宿のお嬢さんって役でしたが、よかったです。

投稿: 悠 | 2005/06/02 23:12

>悠さんへ
コメントをありがとうございます! 感謝です。
今月号の「月刊シナリオ」という雑誌に、この映画のシナリオが掲載されていました。
たいへんおもしろかったのですけど、上映館が近くにないなら、ビデオやDVDになってから、レンタルでもいいかもしれません。DVDを購入しよう…とまでは思いませんでしたから。

投稿: あかん隊 | 2005/06/02 22:56

素通りなんですよ(--;)。でも、本読んで、この、はちゃめちゃ感、すき〜♪って思ってんですけど。でも、なんか、心理治療としては有効ではないかと(爆)鈴木さんは、髭の花魁ー真夜中の弥次さん喜多さんで踊ってましたが(^^ゞ阿部サダオ、荒川良々、クドカン、といい役者さん揃ってますし、、、。

投稿: 悠 | 2005/06/02 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/4373419

この記事へのトラックバック一覧です: イン・ザ・プール:

» イン・ザ・プール [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
7/1の映画サービスディに観てきました! あんな医者には、診てもらいたくな〜い!(笑) いや〜、よく医師免許取得できたもんだわ・・・ でも、映画のほうはおもしろい!小ネタ満載!? 精神科医伊良部が変なのか、松尾スズキが変なのか、とにかくあの強烈なキャラは... [続きを読む]

受信: 2005/07/04 15:09

» イン・ザ・プール [future world]
本日はレディスデイ、丁度時間とタイミングもあり‘テアトル梅田’にふらりと。 以前予告編を観たくらいで殆ど内容も知らずで観たが、けっこう面白かった。 いきなり‘フェチズム’の講義シーンから始まり、「けっこうシリアスな深層心理をえぐるドラマか?」と思いきや... [続きを読む]

受信: 2005/07/21 00:27

» イン・ザ・プール [人生は1度きり 後悔しているヒマはない ?]
テアトル新宿 招待券(18:30頃の受付で整理番号15番) いつものことだがツメが甘く、オダギリジョーが主演と思っていたら松尾スズキが主演であった。(「スキャンダル」の)ぺ・ヨンジュン似ということしか知らず、声を聞くのももちろん芸風を目の当たりにするのも初めて。こんなに面白キャラだったとは!今まで知らないで損していた!もっともっと観たい。出演者誰もがぴったりの配役でとても楽しめた。肩の力がない、かのよう�... [続きを読む]

受信: 2005/07/21 00:50

» 「イン・ザ・プール」 [the borderland]
こういう映画を待ってました(^^) 伊良部一郎(松尾スズキ)になりたぁ~い! 私の好みとしては「逆境ナイン」の全力な笑いより、不条理な笑いの方が好きですね。 彼のもとにやって来るのはストレスによる色々な症状を抱えた患者たち。勃起継続症のサラリーマン田口(オダギリジョー)、ガスの元栓を締めたか気になって仕方ない強迫神経症のフリーライターの岩村(市川美和子)。でも伊良部一郎の方が壊れてるんじゃないかというぐらい、変わった医者。そこに通い続ける患者の運命は・・・ 伊良部一郎は性格かなり悪いけ... [続きを読む]

受信: 2005/07/27 22:20

» イン・ザ・プール [まつさんの映画伝道師]
第168回 ★★★★(劇場)  何が異常で、何がそうでないのか?  その価値基準、価値判断は誰がどう下すのか?  人間誰しも「自分は普通」などと思っているが、「まとも」な人間はいても「普通」の人間なんて殆どお目にかかったことがない。みんな何かしら... [続きを読む]

受信: 2005/08/05 15:34

» 『イン・ザ・プール』 [Rabiovsky計画]
『イン・ザ・プール』公式サイト POKKAフルーツゼリーグレープ 監督:三木聡 原作:奥田英朗 出演:松尾スズキ 、オダギリジョー 、市川実和子 、田辺誠一 、MAIKO 2005年/日本/101分 福岡で『亀は意外と速く泳ぐ』を見てちょっと面白かったのです。 する...... [続きを読む]

受信: 2005/09/19 17:03

» 映画「イン・ザ・プール」4回目 [ミチの雑記帳]
映画館にて「イン・ザ・プール」4回目なのでオダギリ中心感想 もうすぐDVDも発売されるというのに、地元では今頃公開されています。 京都で見てからもう2ヶ月たっているので、久しぶりにオダギリジョー@田口哲也に会ってきました。 まず久々に見た感想は「かわいい!」「若い!」 このごろメディアに出る時はいつもヒゲを生やしているので、ツルツルのお顔はとても新鮮でした。 何度見ても●は衝撃的! あまりの思い切りの... [続きを読む]

受信: 2005/09/22 08:06

» 映画「イン・ザ・プ-ル」オダギリジョ-がでっかくなっちゃった! [煮晩閃字]
※今回はマジックペンで描きました。フリーハンドで一発勝負で全身描こうとして失敗したので顔アップでごまかしてます。 「イン・ザ・プール」をDVDで観ました。 原作は奥田英朗さんの同名小説、監督は「トリビアの泉」とかの演出の三木聡さんです、脚本も兼ねてます。 ...... [続きを読む]

受信: 2005/11/06 03:53

» 「イン・ザ・プール」 [わたしの見た(モノ)]
イン・ザ・プール 「イン・ザ・プール」 この映画には、精神科医・伊良部が二人いる。 ひとりは、彼を演じた松尾スズキ、 もうひとりは、監督・脚本を担当した三木聡。 原作は、 奥田英朗氏による伊良部シリーズ「イン・ザ・プール」。 直木賞を受賞した小説... [続きを読む]

受信: 2005/12/05 22:40

» DVD『イン・ザ・プール』 [みかんのReading Diary♪]
イン・ザ・プール(2005/日本)オススメ♪ 公式HP 中堅メーカーに勤務する営業マン・田口は、ある日突然、継続性勃起症になってしまう。一方、ルポライターの岩村は家のガスの元栓を閉めたかということから始まり、確認行為の慣習化による強迫神経症になる。そして田口と岩村は伊良部総合病院の精神科に通うはめになり……。 ... [続きを読む]

受信: 2005/12/07 11:55

» イン・ザ・プール [プチおたく日記 vol.2]
松尾スズキ主演のこの映画。 見たかったのよ! 伊良部総合病院の精神科医・伊良部一郎。病院の跡取り息子でありながら、ヒョウ柄のシャツにブーツという医者とは思えぬ出で立ちで、 [続きを読む]

受信: 2005/12/09 21:16

» 映画のご紹介(80) イン・ザ・プール [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(80) イン・ザ・プール イン・ザ・プール 「水」って、癒されるんだねえ。 三木聡監督と言えば、「jamsession123goの2005年邦画ランキング」で堂々ベスト5にランク....... [続きを読む]

受信: 2006/01/07 22:22

» イン・ザ・プール [Rohi-ta_site.com]
DVDで、出演:松尾スズキ/オダギリジョー/市川実和子/田辺誠一/MAIKO/ふせえり/三谷 昇/原作:奥田英朗/脚本・監督:三木 聡/作品『イン・ザ・プール』を観ました。 ●ストーリー 伊良部総合病院の精神科医・伊良部一郎(松尾スズキ)は、モデルの様な抜群のスタイルを持つ看護婦・マユミちゃん(MAIKO)を従え、いい加減な診察でお気楽に過ごしているのだが、彼の不思議な魅力に引き込まれる様に、次々と変わった患者が訪れる。 今日も24時間、勃起しっ放しという“継続性勃起症”の営業マン..... [続きを読む]

受信: 2006/01/12 14:29

» 「イン・ザ・プール」(日本 2005年) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
伊良部総合病院地下一階精神科。 今日も変った症状に悩む患者がやってくる。 「イン・ザ・プール」 [続きを読む]

受信: 2007/07/05 19:19

« 浅田次郎『天切り松 闇がたり』第四巻 昭和侠盗伝 | トップページ | ミリオンダラー・ベイビー »