« わからない人だな! | トップページ | INTEROPでの収穫 »

2005/06/10

半島を出よ(上下巻)

hanto読んじゃった。

|

« わからない人だな! | トップページ | INTEROPでの収穫 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

■えいさんへ
お読みになりましたか! おもしろかったですね。
長い小説なのに、わくわくがずっと続くし、すごくいろいろ考えました。今、友人に貸してあるんですが、中断してばかりいるみたいです。イッキに読まないとつまらなくなると思うんですけどねぇ。

福岡の想い出の地が、たくさん出てきて、えいさんのわくわく度は、もっとアップしていたのでしょうね。いいな! 学生の頃、映画も作ってらしたんですか? ひとつのことに関連して、ずっと続けてらっしゃる…羨ましい限りです。

投稿: あかん隊 | 2005/10/16 02:27

今日、読み終わりました。
図書館で順番待ちをしていて連絡があって
返却までの2週間。
通勤電車の中で一日少しずつ。
福岡出身ということもあり、
出てくる地名や学校、建物が手に取るように分かりました。
あのSATが出動、全滅した大濠公園なんか、
よくボートを漕ぎに行っていたし、
コリョが占領した地域なんか
当時はまだ埋め立てられていなく砂浜だったため、
そこで(学生)映画を撮ったりしていたものでした。

投稿: えい | 2005/10/16 01:27

>カヌさんへ
やっぱり「映画化」が、きっかけですね。自分も「映画化」ということから、その本を知ったのですが。映画を観てから…というと、結構先になりそうですね。うーん。誘惑に負けそうだ。。。

投稿: あかん隊 | 2005/06/16 00:13

「ダビンチ~」は映画化されるというので読みました。読みやすくて面白かったけど、映画見た後の方がネタバレなくて楽しめると思いますよ。

投稿: カヌ | 2005/06/16 00:06

>カヌさんへ
コメントありがとうございます!
そうそう、この本、平台にてんこ盛りになってマス(爆)。で、本屋に行くたびに目に付くわ、「買わないの~?」という声はするわ(誰の声?)…。とうとう誘惑に負けて。でも、非常におもしろかったデス。『ダビンチ・コード』…きゃ~、忘れようとしてたのに…。思い出してしまった。。。本屋に行くのは、ちょっと慎もう。。。こちらも、自分は文庫待ちで(^ ^;

投稿: あかん隊 | 2005/06/15 00:11

こんばんは。本屋行ったら、目立つとこに山積みなってるんですよね。先月、友達から借りた「ダビンチ・コード」上・下は一気に読み終わったんだけど、これは買う気にはまだならないなぁ。文庫待ちで(^^;

投稿: カヌ | 2005/06/15 00:01

>悠さんへ
やってしまいましたか。結構な金額になるので、あえて記事では、感想を述べなかったのですが…。
この重いハードカバーを? 電車に?
若いっていいな~。自分は、とても持ち歩けませんでした。「お前の自由だ」は、かなりシリアスな言葉で、これをここで書きたいがためにこの長いお話を書いたのか、、、と更に驚いた次第です。(だめじゃん、先をみちゃ! こらっ!)

投稿: あかん隊 | 2005/06/12 00:40

上下刊買って読み始めました^^;めずらしく、はじめから読み出して、えぇ、どうなるの、どうなるのって感じで、平行読書もやめて、電車の中で読みはじめました(^^ゞ上刊半分で、禁じ手を破って最後を読みましたが「お前の自由だ」これっていいですね(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005/06/11 23:31

>くじらさんへ
コメントありがとうございます。
そうなんですよね。自分もどうしようか、随分なやんだのですが、福井さんの本は、文庫ばかりだったので、眼が疲れたのもあったかも…。福井さんの小説の場合は、素直にロマンチックな雰囲気を味わえる部分もありますが、こちらの本は、ちょっと雰囲気が違います。上巻を読んでいると早く下巻を読まなくちゃ…といった気分になってきます。>こまったもんだ>自分。

投稿: あかん隊 | 2005/06/11 20:59

あっ!!いいですね。うらやましいですね。私は何回購入しようと本に手を伸ばした事か・・・来月には絶対購入して読みたい!

投稿: kuzira☆くじら | 2005/06/11 20:39

>chishiさんへ
現実を踏まえた重厚な「問題提起」だ、と受け止めました。日本が抱えるいろいろな不安要素を凝縮して、独自に(あり得ると思わせる形で)展開しています。
ものすごい情報量で、村上さんのエネルギーには驚くほかありません。いかに今の日本が、(いい意味でも悪い意味でも)「なまぬるい」か、考えずに読み進むことができませんでした。
映画の費用も本の費用もばかにならない状況ですが、老眼が進むと本を読むのも辛くなったら嫌だな~、と思ったのと、文庫より文字が大きいので。(爆)

投稿: あかん隊 | 2005/06/11 12:12

>悠さんへ
おもしろいか、おもしろくないか、という二者択一であれば、「おもしろい」に手を挙げますね。
「ありえること」として考えられます。現実問題としての根拠が、あります。驚愕します。ただし、かなりの長編で、エキセントリックな表現や、村上さん特有のユーモア(ブラック?)も満載なので、ときどき苦しくなりました。男性向き。あと、登場人物がとても多いので、集中して読まないとぐちゃぐちゃになってきます。特に朝鮮の人名。日本人の名前も、意図的なのでしょうが、カタカナにしてあるので、うっかりすると混乱します。
上下巻で購入すると結構な金額になるので、図書館にあれば、それを。あとは誰かに借りるとか、文庫を待った方がいいかもしれません。

投稿: あかん隊 | 2005/06/11 12:02

昨日職場で偶然に
この本の話を先輩としてたので気になってコメント。
どーでしたかー。
最近映画に費用がかさんでいて
ハードカバーは手にとって無いんです(汗)

投稿: chishi | 2005/06/11 11:19

お勧め度、どうでした。
帽子をひろって渡す中国大使館員、韓国船に連れ去られた海上保安官。こんなのみてると、ありそうですよねって話なんですよね。

投稿: 悠 | 2005/06/11 08:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/4501897

この記事へのトラックバック一覧です: 半島を出よ(上下巻):

» 半島を出よ@村上龍 [こころそぞろ]
幻灯舎刊2005-3-15 昨日、買って、鞄に詰めて、所用で行く電車の中で読み始 [続きを読む]

受信: 2005/06/12 13:44

« わからない人だな! | トップページ | INTEROPでの収穫 »