« Musical Baton(律儀のなせる技) | トップページ | 出かけてきます。 »

2005/06/29

ダニー ザ・ドッグ

danny切れ味の良い、質感のあるアクションは健在。リック・ベッソンは脚本で、監督は、新鋭のルイ・レテリエ(『トランスポーター』)。アクションは、『マトリックス』のユエン・ウーヒン。ストーリーは、二の次でいい。謎解きはいらない。つっこんでもつまらない。

何度も瀕死の状況に陥りながら、ぶきみに復活してくる悪役のバート(ボブ・ホプキンス)には、恐怖を通り越して、滑稽な雰囲気すら漂う。が、それもこの映画の演出だと理解する。しかし、ジェット・リーも中年にさしかかったというのに、童顔で、他の役者と比べるとかなり小さく見える。東洋系には、童顔が多いと思うが、彼は年齢未詳に近い。「山椒は小粒でぴりりと辛い」。ぎゅっとしまった、無駄のないアクションにはため息が出る。格好いいよ。

「バットマン・ビギンズ」では、一対一の格闘シーンになると近距離では、非常にわかりにくい映像だった。画面全体がまぜこぜになって格闘自体がよく見えなかったが、こちらはすっきり、よくみえる。質感も十分にある。ジェット・リーが、鍛えられた格闘家で、たいへんきれいなアクションをみせることを割り引いても、カメラワークやタイミング、パンの持って行き方で、こんなにも違う。

こういう映画は、瞬間瞬間の映像を堪能するためにある。そこに音楽とさほど破綻のない展開さえあればそれでいい。ジェット・リーの切なそうな表情は、いままでの彼にはなかった雰囲気だったかもしれない。

|

« Musical Baton(律儀のなせる技) | トップページ | 出かけてきます。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■さくさく さんへ
TBとコメントを、いつもありがとうございます。
これまでのジェット・リーの映画とは、ひと味ちがったテイストになっていてよかったですね。
アクション一辺倒ではありませんでしたから。彼も40歳を過ぎた、りっぱなお父さんなんですものねぇ。童顔ですけど(笑)。

投稿: あかん隊 | 2006/02/24 01:08

コメントどうもでした~
>無駄のないアクション
それは感じますねぇ
だらだらと長いアクションや
シーンに必要ないアクションが入ると
ちょっと飽きてしまいます
ほんとカッコよかったです
では~

投稿: さくさく | 2006/02/23 22:17

■映画好き@れんた さんへ
TBとコメントをありがとうございます。
そうですね。モーガン・フリーマンは、これまで晴れの舞台がなかった、地道な方でしたものね。やさしさのにじみ出ている役で、よかったと思います。

投稿: あかん隊 | 2006/02/17 00:36

こんにちは、コメントいただきありがとうございました!

確かにモーガン出まくってましたが、この映画はなかなかよかったです♪

投稿: 映画好き@れんた | 2006/02/15 13:37

■稲葉さんへ
コメントありがとうございます。
鍛えている人って、違いますねぇ。身のこなしには、ほれぼれします。<ジェット

『バットマン・ビギンズ』ですか?
あれも、良かったですね。自分も、同じくらい好きです。(笑)

投稿: あかん隊 | 2006/02/04 04:44

こんにちは〜(^^)
TBとコメントありがとうございました!

ジェット・リーの動きは年を感じさせない軽快はアクションで、年を追う事にキレが増している感じも致します。
でも私的には『バットマン・ビギンズ』の方が好きなんですよね(^^;)

投稿: 稲葉 | 2006/02/03 16:06

■猫姫少佐現品限り さんへ
TBとコメントありがとうございます。
ジェット・リーは、マーシャル映画、もう最後にするって言ってますね。残念だなぁ。
今後、ポスト「ジェット・リー」は、いるでしょうか?無理だろうなぁ…。

投稿: あかん隊 | 2006/01/31 03:43

こんにちは!
ジェット・リー、演技していましたね。
よかったです!!

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006/01/30 14:07

>chishiさんへ
TBとコメントありがとうございます。
そうですよねー! 某「バットマン・ビギンズ」(全然「某」じゃない…)の格闘シーンは、絵の具を混ぜたような映像になっていて、どっちがどっちなの? 勝ってるの? やられてるの? とイライラしました(爆)。
モーガン・フリーマンは、よいアクターだと思うんだけど、この手の「愛情」は、ちと苦手かな>自分。

投稿: あかん隊 | 2005/07/09 23:13

>taraさんへ
コメントありがとうございます。いやー、始めの方の部分は、その後のアクションで、たくさんすかっとするために思い切りの助走みたいに思ってました。
ここまでやられたんだから、めっちゃくちゃにやり返すぞーーー! ってな感じで。(爆)
不死身の悪党おじちゃまが、最後でもふっかーつ!してくるかと、はらはらどきどきしてました。

投稿: あかん隊 | 2005/07/09 23:10

私もアクションは観やすかったと思いました。
リュック・ベッソンのお得意愛の映画だったので筋立てはわかりやすく、でも結構魅せてくれたな~って個人的に満足でっす♪

投稿: chishi | 2005/07/09 22:32

TB&コメントありがとうございました。
リーがとことん虐げられるのには怒りと辛さで途中退場したいと思うほどでしたし、ウッソォ!という話の展開にあれれとは思いましたが。「つっこんでもつまらない。」「楽しもう」と気持ちを切り替えて最後まで見ました。
結果、よかった!!
こういうのもあり! オモシロカッタ。

投稿: tara | 2005/07/09 09:43

>悠さんへ
TBとコメントをありがとうございます。
そうかぁ、生もの、だめだったんですね。函館にいらしたことがあるんですか? それは、それは! やはり近海ものの魚介類は、鮮度がなによりですね。
ジェット・リーの演技も細かく観察されたんですね。すごい! さすがです。彼の童顔、今回は、うまく使えましたよね?

投稿: あかん隊 | 2005/07/03 22:44

あかん隊さん、おかえりなさい。生ものがたべられなかったおいらは、函館で、生もののおいしさに開眼しました。それまで、寿司は、アナゴ、たまご、うなぎ等のおこちゃまメニュー。]
って映画の感想ですが、ジェット・リーが、すこしがに股ぎみで歩いたり、顔をかたくしてすこし振る、あっ、犬の仕草、まねてんだよね、やっぱり役者じゃのう、って思ってみてました(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2005/07/03 22:01

>tomyさんへ
こちらこそ、いつもありがとうございます。
ほんとですね。ジェット・リーには、頑張ってもらいたいです。彼がおじいちゃんになっても、アクションの真骨頂で、魅せる役をやってくれたら「B級」といわれようが、なんだろうが応援しようと思ってマス!

投稿: あかん隊 | 2005/07/03 20:11

>はっちさんへ
なるほどー。確かにそう言われてみると、そうだったかもしれないな、と思います。(いい加減なヤツ>自分)
喧嘩ファイトみたいだったし、ダニーが強すぎ…みたいなこともあったかもしれませんね。

投稿: あかん隊 | 2005/07/03 20:08

>ココさんへ
こちらこそ、ご無沙汰していました。
ありがとうございます。今日(3日)復帰しました。反抗できることは、案外良いことかもしれませんよー。ご両親がお元気な証拠です。病気になって、弱々しくなってくると、反抗どころではなくなってしまいますから。

「見づらいアクション」を「見やすいアクション」にしてくれたら、『バットマン・ビギンズ』も、もっとおもしろかったかも…。なぜ「見づらい」のか、よくわからないのですけど。

投稿: あかん隊 | 2005/07/03 20:06

いつもお世話になっております。コメント
ありがとうございました。
ジェット・リーの若さはスゴイですね。まだ
しばらく動けそうですね。でも彼にはアクション
に専念してもらいたいかもです。アクション俳
優って最近いなくなってきましたから。

投稿: tomy | 2005/07/03 19:56

アクションシーンは、イマイチ満足してない
んですよ(^^ゞ 悪役のスタントの人たちの
アクションのレベルがちょっと低かったと
思います。もっとキレのあるアクション・シーン
を観たかった!

投稿: はっち | 2005/07/02 06:24

ご無沙汰しておりますm(__)m
北海道は涼しいですか?
あかん隊さんの記事読んで、いつも親に反抗してしまう自分にちょっと後ろめたさを感じてしまいました(汗)

気を取り直して(笑)・・・TB頂きました
カヌさん同様、確かにアクションシーンは見やすかったです!
あの見にくいアクションシーンは最近出てきたものなのかしら・・・
昔の作品ではあまり思い浮かばないのですよね

投稿: ココ | 2005/07/01 21:54

>カヌさんへ
TBとコメントをありがとうございます。いつもどうもデス!
「バットマン・ビギンズ」映画そのものは、よくできていて、楽しめます。リアリティを出そうと、相当頭をひねっただろうなーと思えます。だけど、後半部分、モノレール内での決死の格闘が…。自分には、よく見えなかったのでありマス。(泣)

投稿: あかん隊 | 2005/06/30 01:22

>あいあいさんへ
こちらこそ、初めまして。
TBとコメントありがとうございます!
リック・ベッソンは、ジェット・リーが気に入っているみたいですよね。『キス・オブ・ザ・ドラゴン』も、格好よい役をやっていて、良かったです。

投稿: あかん隊 | 2005/06/30 01:18

こんばんは。
「バットマン・ビギンズ」まだ見てないんだけど、格闘シーンで何がなんだか判らないのって最近多いですよね。言われて気付いたけど、この作品はそういうこと無くて見やすかったですね!次の作品が試金石、ジェット・リー。

投稿: カヌ | 2005/06/29 23:33

はじめまして!
TBさせていただきました。
ジェットリーの表情、ほんとによかったですよね。アクションもかっこよかったし、イイ映画でした。

投稿: あいあい | 2005/06/29 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/4754378

この記事へのトラックバック一覧です: ダニー ザ・ドッグ:

» ダニー・ザ・ドッグ [ネタバレ映画館]
 『バットマン ビギンズ』では健康体、『ミリオンダラー・ベイビー』で片目を失明し、今作品では両目とも失明・・・  荒唐無稽な漫画のような設定だ。5歳の時、バート(ボブ・ホスキンス)に拾われて、それ以来闘犬のように育てられてきたダニー。首輪を付けられている時はおとなしいが、それを一旦はずされ「殺せ」と耳打ちされると殺人マシーンのごとく相手を叩きのめす。首輪をつけられている映画といえば、『バトルランナー』や『バトル・ロワ�... [続きを読む]

受信: 2005/06/29 02:29

» ダニー・ザ・ドッグ [タークスお仕事日記]
今日はお休みでした〜   てことで、今日も映画鑑賞してきました   今日観た映画は、「ダニー・ザ・ドッグ」 まだ、はじまったばかりで、CMでもやってますね〜         てことで、ここからネタバレ少々あるかも?な映画感想です &nb... [続きを読む]

受信: 2005/06/29 11:12

» 「ダニー・ザ・ドッグ」 [the borderland]
この日は「スターウォーズ エピソード3」の先々行上映の日。ナビオとブルクはただでさえ土日の混雑は半端じゃないのに、ごった返してるだろうと思い。本当は「バットマン・ビギンズ」に行きたかったんだけど、この2館は避けたスケジュールで2本鑑賞。 ジェット・リー主演の映画は、彼のアクションを見に行くのであって、演技を見に行くもんじゃないと思ってました。「ロミオ・マスト・ダイ」、「キス・オブ・ドラゴン」、「ブラック・ダイヤモンド」どれも、それなりに面白いけど、心には残らない作品。「HERO」は別格です(^... [続きを読む]

受信: 2005/06/29 23:27

» 『ダニー・ザ・ドッグ』を観て来ました! [★☆★風景写真blog★☆★Happy infectio...]
#89 『ダニー・ザ・ドッグ』 DANNY THE DOG ☆コピー☆ 『ニキータ』『レオン』に続き また一つ心を引き裂かれる 愛の感動アクション大作が誕生した 2005年6月25日(土) 丸の内プラゼールほか 松竹・東急系にて全国ロードショー 2004年9月22日フランス初公開 2004年 1時間43分 スコープ・サイズ/SR・SDR・DTS 日本語字幕:松浦美奈 オリジナル・サウンドトラック: 東芝EMI... [続きを読む]

受信: 2005/06/30 06:44

» 『ダニー・ザ・ドッグ』  ☆☆★★★ [映画VS氣志團&タイガー]
なんと今週4本目の鑑賞。予告で見た感じは「マッスルヒート」みたいだった。 『ダニー・ザ・ドッグ』 製作・脚本:リュック・ベッソン 監督:ルイ・レテリエ 出演:ジェット・リー、モーガン・フリーマン、ボブ・ホスキンス、ケリー・コンドン 「トランスポーター」のルイ・レテリエ監督作。リュック・ベッソンのおかかえ監督なの かな?リュック・ベッソン製作ってだけで少しみんな嫌がるようになりましたね。一時期 は大人気だ�... [続きを読む]

受信: 2005/07/01 11:43

» ダニー・ザ・ドッグ [まつさんの映画伝道師]
第137回 ★★★(劇場)  拳法は、相手を攻撃する以上に「防御」することに大きな意味を持つ。  その上で相手の「隙」を見極め、そこを「打つ」、「蹴る」。実はこの一見「攻撃」に見える行動も「防御」という考え方の基にある「攻撃」でしかない。 「攻撃... [続きを読む]

受信: 2005/07/01 12:26

» ダニー・ザ・ドッグ [Aloha Days]
レディス・デー鑑賞、もう一本は「ダニー・ザ・ドッグ」 出演はジェット・リー、モーガン・フリーマン、ボブ・ホスキンス、ケリー・コンドン他 脚本、リュック・べッソン 監督、ルイ・レテリエ DVDでもいいかなと思ってたんだけど、「宇宙戦争」終了時間の15分後からのスタートで丁度よかったので観てきました ここでもモーガン・フリーマン出てるし、こうなったらこの先ずっとM・フリーマンの出演作は全部見てやる〜!って勢い... [続きを読む]

受信: 2005/07/01 21:57

» ★「ダニー・ザ・ドッグ」 [ひらりん的映画ブログ]
どちらかのブログに、この春〜夏は「モーガン・フリーマン祭りだ」・・・とありましたが。 まさにっ。 この映画にも出演中でございます。 ひらりんが観た中では、「ミリオンダラー・ベイビー」、「バットマン・ビギンズ」と声の出演(ナレーション)で「宇宙戦争」でいい味出してます。 まっ、この作品の主役はジェット・リーなんだけど。 2005年製作のヒューマン・アクション・ストーリー、103分もの。 あらすじ 冷�... [続きを読む]

受信: 2005/07/03 03:46

» 試写会「ダニー・ザ・ドッグ」 [こまったちゃんのきまぐれ感想記]
試写会「ダニー・ザ・ドッグ」開映19:00@一ツ橋ホール 「ダニー・ザ・ドッグ」UNLEASHED / DANNY THE DOG   2005年 フランス/アメリカ/イギリス/香港 配給:アスミック・エース 監督:ルイ・レテリエ 武術監督:ユエン・ウーピン 袁和平 製作:リュック・ベッソン、スティーヴ・チャスマン、ピエランジュ・ル・ポギャム    ピエール・スペングラー 脚本:リュック・�... [続きを読む]

受信: 2005/07/03 19:16

» ダニー・ザ・ドッグ [こころそぞろ]
ジェット・リーの武術を見て、スカッとすればいいやって気持ちで見て、期待は裏切られ [続きを読む]

受信: 2005/07/03 21:56

» 『ダニー・ザ・ドッグ』レビュー [西欧かぶれのエンタメ日記]
新宿で『ダニー・ザ・ドッグ』を鑑賞。なんとこの映画館では、本作と『ミリオンダラー・ベイビー』、『バットマン・ビギンズ』が上映中。 …そう、右も左もモーガン・フリーマンです(笑) 本作の見どころはやはり、「犬」であるジェット・リーの演技でしょう。冒頭、首輪を解き放たれたダニーの、まったく容赦のない闘い方は、自分自身を本能で守ろうとする凶暴な犬そのもので。カンフーアクションよりも、ダニーの表情の演技の方にみとれました。凶暴である一方で、飼い犬の無心さ、純粋さがよく出ていたなと思います。 ... [続きを読む]

受信: 2005/07/04 06:44

» 映画「ダニー・ザ・ドック」 [ちょっとひとことええでっかぁ〜♪]
2004年フランス・アメリカ映画監督 ルイ・レテリエ 脚本 リック・ベッソン主演 ジェット・リー、モーガン・テリーマン、ボブ・ホウキンス亭主は月初の平日映画の日は無理なのよぉ〜(涙)ひとりで行くつもりだったけど、どうしても観たいらしく夫婦でレイト・ショーへ。... [続きを読む]

受信: 2005/07/07 21:48

» 「ダニー・ザ・ドッグ」 - UNLEASHED - [Chic & Sweet * びいず・びい]
「もっと映画を見ようよ Myキャンペーン」第一弾。勝手にやってま~す♪ 親から引き離され、首輪をはめられて、 闘犬のように命令通り相手を倒すよう育てられたダニー(ジェット・リー)。 彼を「人間」としてではなく、金儲けの「道具」として扱う極悪人の育て親。 何で首輪なんてはめられちゃってるワケ? 何であんなヒドイ扱い? どうしてあんなオヤジの言いなりにならなきゃいけないワケ?  強いなら叩きのめしちゃえばいいのに!!! くやし~。 あまりに悲惨で、痛すぎて、思わず途中で映画館を出よう... [続きを読む]

受信: 2005/07/08 13:51

» 映画『ダニー・ザ・ドッグ』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ 私、リュック・ベッソン好きなんです。なのでこの作品はとても楽�... [続きを読む]

受信: 2005/07/09 22:31

» ダニー・ザ・ドッグ 【芝居するジェット・・・に救われて及第点】 [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
チケットを買った2分後、劇場に貼ってあるポスターを見て、失敗したかな?・・と思った。 だーいっきらいな「トランスポーター」の監督作だった(ルイ・レテリエ)。 それでなくても、リュック・ベッソン脚本という時点でかなり微妙なのだ。ベッソン監督作品は「最後の戦い」とか「レオン」とか結構好きだし、「フィフス・エレメント」を除いてはそんなにつまんなくないのだが・・・こいつが、脚本か制作だけに関わった作品はこ�... [続きを読む]

受信: 2005/07/12 00:54

» ダニー・ザ・ドッグ [ミーハーの映画評]
5歳の時に母親から引き離され、記憶を奪われ、感情を失い、暗い地下室 で人を殺すことだけをバート(ボブ・ホスキンス)に仕込まれてきた男ダニー (ジェット・リー)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ダニーは金儲けの道具として闘うことしか... [続きを読む]

受信: 2005/07/14 23:42

» ダニー・ザ・ドッグ [cinema capsule]
リュック・ベッソン− 「ニキータ」や「レオン」などで日本でもたくさんのファンを持つフランスの映画監督。最近はプロデューサーとしての活動が主になってる彼の最新作がジェット・リー主演のダニー・ザ・ドッグ。 3月に来日して記者会見、披露試写会での舞台挨拶を行った際は意外に小柄で気さくそうな印象を持ったけれど、映画の中でのジェット・リーは眼光鋭く、切れのあるアクションを見せている。 記憶を失い、悪漢バート(ボブ・�... [続きを読む]

受信: 2005/12/03 02:16

» ダニー・ザ・ドッグ 06年11本目 [猫姫じゃ]
ダニー・ザ・ドッグ これは、見たかったんですyo。うちは、姉君共々、ジェット・リー ファン。 リュック・ベッソンがかんでいるから、おフランス、アメリカ合作なのね。フランス語でも良かったんじゃないかな?そういう雰囲気感じたし、、、 期待通り、良かったです...... [続きを読む]

受信: 2006/01/30 14:10

» ダニー・ザ・ドッグ [WILD ROAD]
『ダニー・ザ・ドッグ』 2005年アメリカ(103分) 監督:ルイ・レテリエ 脚本:リュック・ベッソン    ロバート・マーク・ケイメン 出演:ジェット・リー    モーガン・フリーマン    ボブ・ホスキンス    ケリー・コンドン    ディラン....... [続きを読む]

受信: 2006/02/01 11:57

» ダニー・ザ・ドッグ [ホームシアター映画日記]
●映画の満足度・・・★★★★★★★☆☆☆7点 モーガン・フリーマン渋すぎです! ジェット・リーの映画というと、どうしてもアクションに目が行きがちですが、抜群の存在感でした。 やっぱり声がいいんですかねぇ〜 ... [続きを読む]

受信: 2006/02/06 22:38

» ダニー・ザ・ドッグ(Dunny The Dog) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ルイ・レテリエ 主演 ジェット・リー 2005年 フランス/アメリカ映画 103分 アクション 採点★★★ リンチェイファン萌え死ぬんじゃないかというシーンの連続です。“リンチェイ”と聞いても、誰のことだかわからない若い映画ファンも多いんでしょうね。いえいえ、スネ..... [続きを読む]

受信: 2006/02/18 01:49

» ダニー・ザ・ドッグ・・・・・・・・ [サクっと]
ダニー・ザ・ドッグ DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) わたしの好きな俳優さんの一人ジェット・リーさん その主演作 「ダニー・ザ・ドッグ」 やっぱりジェット・リーといえばアクションなのかなぁ・・・  ... [続きを読む]

受信: 2006/02/23 01:24

» ダニー・ザ・ドッグ [しーの映画たわごと]
「ダニー・ザ・ドッグ」私も鑑賞したので、レビュー記事をTBさせてください。 [続きを読む]

受信: 2006/03/04 13:38

» CINEMA●STARR 「ダニー・ザ・ドッグ」 [しっかりエンターテイメント!]
ダニー・ザ・ドッグ DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) 監督 ルイ・レテリエ 出演 ジェット・リー、モーガン・フリーマン、他  ダニーは、飼い犬の様に育てられた忠実な殺し屋だ。そんなダニーは、心優しき盲目の男と出会い、人間の心を取り戻してい...... [続きを読む]

受信: 2006/03/06 19:10

« Musical Baton(律儀のなせる技) | トップページ | 出かけてきます。 »