« 怒らないでください。 | トップページ | STAR WARS-エピソード3-シスの復讐 »

2005/07/27

劇場版 鋼の錬金術師

hagane01観客層が明らかに違う劇場の雰囲気が、微妙でした。となりにすわった男の子たちは、上映中、ぼそぼそと「あれが…で、これが…だ」とお話していて、原作を知っているようでした。自分は、まったく予備知識なしで観賞しました。登場人物が、どういう役回りなのかが、いまひとつでしたし、基本的な設定を知らないというのは、案外ネックでしたが、まずまず楽しめました。中心的なキャラクタの顔が、みんな同じに見えましたが、あれはあれでいいんでしょうか? あっちの世界、こっちの世界、という概念が飲み込めなくて、始めは戸惑いました。

弟(アル?)が、かわいい雰囲気でしたね。原作でもそうなのかな? よもや、ここでも「義体」(要するにチューンナップされた義足や義手のような…)が、登場するとは! ある種、これも時代のニーズなのかと考えました。やや古めかしいタイプを想定しているところは、「スチーム・ボーイ」にも共通するところがあるかもしれません。
これに、特殊能力(超能力?)や魔法や…といった味付けがあるとこんな風になるんでしょうか。

描かれているテーマは、よくわかりましたが、低学年(小学生)には、ちょっと意味が伝わりにくいような言葉もあったように思います。戦争そのものに加担する気持ちはなくても、能力のある人は、それを活かしたいと思うのは当然です。悪用される…といって、引くには引けない場面もあるのかもしれない、ということを彷彿とさせるあたりは、なかなかのものでした。それにしても、随分と大人びた考えを持つローティーンの主人公たちに、なんとなく不自然だな、とも感じた次第です。

動画は、きれいでしたが、背景がもう一息。背景もいまやアニメにとっては、重要なポイントだと考えます。

|

« 怒らないでください。 | トップページ | STAR WARS-エピソード3-シスの復讐 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■悠さんへ
ご覧になったのですか? アニメにしては、深淵なテーマもかすっていて、侮れない映画だったと思っています。そうですねぇ。確かに彼らの役目って…。今、説明して…と言われると「んぐぐ…」(汗)。まあ、あちら側の世界でのことで、こちらではそうメジャーには使えないのでは? とも思いますが。
あの手を叩いて(柏手か? 一本締めか?)術を施すっていうのは、格好よかったにゃ~。

投稿: あかん隊 | 2005/08/18 22:01

見てきました。古代アーリア民族って幻想信じてたナチスって、青い龍の力を追い求めたり、あちらの世界の力をかりそうですねって、リアリティがありました。こちらの世界に戻った、兄弟と、透視力をもつロマの少女が、ナチス時代を生きるってのが、つらいですね。
人物のつながりがわかりにくく、大人でも、わかりにくい物語ですね。鋼の錬金術師の役割って最初に解説があったのですが、これがわからなかった(-_-;)

投稿: 悠 | 2005/08/18 21:17

■にゃんこさんへ
TBとコメントをありがとうございます!
こちらこそ、初めまして。この後、お邪魔しに参ります。
yahoo のプレミアム会員ではないし、なる予定もないので(孫正義があまり好きじゃないので(爆))、おそらく、その無料の放映は観ることはないでしょう。(笑)でも、マンガ本やDVDで、市販されているものなら、これからみることもあるかな、と思います。このヒットで続編みたいなのできるかもしれませんよね? そしたら、また観たい!(^^;)v

投稿: あかん隊 | 2005/08/03 02:04

はじめまして
TBさせていただきました^^
猫も原作知らなかったし、基本的な設定も、鑑賞後にサイトでチェックなんていう
そんな状況にもかかわらず、意外に楽しめたことがうれしい作品でした。
今、夜中に再放送してるチャンネルも多いようですね~<サイト情報
yahooのプレミア会員なら動画も無料で何話か視聴できるそうです。
もう、ご覧になりましたか?(笑)

投稿: にゃんこ | 2005/08/03 00:46

■chishiさんへ
ありがとうございます。
観てよかったと思います。楽しめましたよ! 透過光(光るアニメーション)のセルを塗るのがたいへんだった(セル裏からピンホールがないように、周りを何度も塗りつぶすんです)のを思い出しました。

そうでした。DVD、いつかきっと貸してくださいねー。観たーい! 原作本も読んでみたい。BOOK OFF なんかで安く売ってないかな?

投稿: あかん隊 | 2005/08/01 01:15

ご覧になったんですね!実は私も観てきました。記事はまだなんですけど(^^;
私が観に出かけたときも、周りはいわゆるオタ系の方が多く突拍子もなく騒ぐので、途中で我慢できなくて注意させていただきました。
モトネタを知らなくても楽しめたか~良かった良かった(笑)でもアニメのほうも是非見て欲しいなぁ…あ、そういえばこの間、DVDもって行くの忘れてた…(汗)

投稿: chishi | 2005/08/01 00:11

>たいむさんへ
はい。観ます! 自分が、一時「彩色」の仕事をしていたことも影響しているかもしれません。「金魚注意報」や初期の「セーラームーン」辺りをやってました。あはは!

ガンダムは、アニメカラーを塗る方に忙しくて、あまり見てないせいか、よくわかりません。アムロとシャアって、名前くらいがやっとデス。あ、モビルスーツって言葉は知ってます。プロトタイプとか…(じぇんじぇんだめじゃん…)

劇場版「鋼~」は、お子様には、ちと難しいテーマだったのではないかと思っとりマス。少しですが「えぐい(残酷?)」と感じたシーンもありましたし…。

投稿: あかん隊 | 2005/07/28 23:42

アニメも観るのですねw
アニメ好きの私なのですが、なぜかコレには触手が動かないんです。
観てハマるのが怖いのかも知れません。(アレでいっぱいいっぱいですからw)

大人でも面白いアニメのようですが、やはり、原作を知っている知っていない、TVを観ていた観ていない、で感想とか違うんでしょうね。私も姑獲鳥では味わえない「原作を知らない」体験してこようかな?

投稿: たいむ | 2005/07/28 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/5179647

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版 鋼の錬金術師:

» 『鋼の錬金術師・シャンバラを征く者』 [ラムの大通り]
-----『ハガレン』映画になったんだ? 「よく知ってるね。ぼくはタイトルを聞いたことがある程度。 でもこれ、すごい人気なんだね。試写室は満員御礼状態だったよ」 -----けど、それじゃ、わかりにくかったんじゃニャいの? 「あらかじめプレスに目を通して予習してはおいたんだけど、 それでもまだ全貌は掴みきれなかった。 おそらくこの映画は『ハガレン』のファン限定で作られたものなんだと思う。 それ以外の観客は眼中にない... [続きを読む]

受信: 2005/08/01 09:53

» 劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 [予備知識ゼロでも楽しめるぞ] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
原作のコミックも、TVアニメも観た事ない私。大げさでなく予備知識完璧ゼロでの鑑賞。 多分、場内は原作かアニメ版のファンの方々が大半だったと思われ、アーリア人のみの国家を築こうとしてる国に1人迷い込んだジプシーのような立場でありました。でも何も知らないのに、楽しんじゃいました。 人物関係も設定も何も知らない故に、話には全くついて行けず。2時間弱の映画の割に重要そうな登場人物がやたら多く、それだけのキャラたち�... [続きを読む]

受信: 2005/08/02 01:09

» ハガレン初見参!!『鋼の錬金術師/シャンバラを征く者』~初心者の見方 [Dead Movie Society★映画三昧★]
こんなに話題作だとは知らなかった。 最新の国内興行成績順位を見ると、 1位は文句ナシに『スター・ウォーズ エピソード3』だが、 2位がポケモンの新作、そして3位がこのハガレンなのだ。 『宇宙戦争』(4位)、『アイランド』(5位)よりも上。 一体、ハガレンって? 実は... [続きを読む]

受信: 2005/08/02 06:09

» ■鋼の錬金術師 -シャンバラを征く者- [ルーピーQの活動日記]
 二つの世界に引き裂かれたエルリック兄弟は、それぞれ再会を願って手段を探し求めていた。エドが飛ばされてしまった先は、西暦1923年・・・動乱の予感をはらんだミュンヘン。得意の錬金術を封じられたエドは、弟の面影をもつアルフォンス・ハイデリヒの力を借りて、..... [続きを読む]

受信: 2005/08/03 00:14

» 鋼の錬金術師・シャンバラを征く者☆独り言 [黒猫のうたた寝]
えーーっと、これは原作の漫画も、TVのアニメも観てなかったんですが^^; そんなんで観に行って、大丈夫かなぁ?と思いつつ 某劇場は入れ替えなしなんで・・・もののついでに観られちゃうものですから・・・ ほんっと、そういうスタンスじゃなきゃ、絶対映画館では...... [続きを読む]

受信: 2005/08/03 00:38

» 劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者[Fullmetal Alchemist: The Movie] [ヒトコトシネマ☆インプレッション]
★監督の野心が、作品の魅力と融和しきれなかった 2005/日本 監督:水島精二 脚本:会川昇 劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX荒川弘 水島精二 朴 [続きを読む]

受信: 2006/02/24 17:31

« 怒らないでください。 | トップページ | STAR WARS-エピソード3-シスの復讐 »