« アイランド | トップページ | 皇帝ペンギン(吹替版) »

2005/07/31

亡国のイージス

aegisなかなか良かったと思います。原作とは別なお話のようになっていると思いました。ちゃちな場面も、繋がらない回想シーンも、伝わらない気持ちの表現も、許容しました。初めてこの物語に触れる方には、きっと「あの人誰? この人どっから出てきたの?」「なんでなの?」「どうなってるの?」といった疑問やらご不満やらが噴出するかもしれません。

もちろん、原作を読了されている方には、憤懣やるかたない映画かもしれません。

自分は、かなり前に原作を読み終わっているのですが、この映画は、この映画としておもしろかった、よかったと感じました。ヨンファの最期は、どういう映像にするつもりなのだろう…とすごく心配でしたから。如月 行の役、勝地 涼くん、よかったですよ。如月 行(こう)の、ドライにみえて、実は非常にウェットな人柄が、ちゃんと役作りできていて。これからが楽しみな人です。

仙石伍長=真田さんは、ピンとこなかったんですが、この映画の中での仙石さんなら、真田さんでよかったですね。どうも無理をして原作のダイジェスト版を作ってしまったような印象もありますが、2時間ばかりの映画です。これで良かったんじゃないかな、と考えます。ああすれば、こうすれば…といろいろあるでしょうけど、しっかりした原作の映画化は、とても難しいものでしょうし、限られた予算ではね。

そういう意味でなら、先に映画ありき…の方が、かなりやりやすいはずです。違いますかね?

|

« アイランド | トップページ | 皇帝ペンギン(吹替版) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事