« 妖怪大戦争 | トップページ | マザー・テレサ »

2005/08/16

サヨナラCOLOR

sayonara竹中直人が監督する映画。浜辺のシーンや病院屋上のシーンは、色彩がとてもきれい。絵になっている。でも、ずるいよな。浜辺って、そのままでも絵になるところだもの。

彼があちこちで舞ってみせる「白鳥の湖」のバレエ(?)は、「これがやりたかったのか?」と思えるほど、うれしそうにやっていた。原田知世は、「姑獲鳥の夏」でやったヒロインの演技と、どこが違うのかよくわからなかった。中島みゆき、いいデス。段田安則、ちょっと鼻につく。ウッチャンのメイクは、どこかで同じメイクをしたことなかったかな…などと思いつつ、ありがちなエンディングに少し興ざめ。でも、あの「終わり」しかないか…。

ヒットする映画かもしれない、と思いつつ、『運命じゃない人』『リンダリンダリンダ』を観てしまった後では、気持ちが贅沢になってしまっていて「なーんだ」感は、残った。とても涙もろい自分が、なぜか泣けない。悲しくない。それほどの感動はない。どうして? つまらなかったわけじゃないのに。劇場のあちこちですすり泣いている女性の方も結構いらした。

しかし、ユーロスペースは、ものすごい人で溢れかえっていた。11:15(2回目)の上映時で、すでに立ち見がぽつぽつ出ていて(自分は95番で辛くも席ゲット!)、終わってロビーに出ると身動きがとれないほどの人人…人。。。すでにその後の2回分は満席(+立ち見)で、夕方最後の回なら…という盛況ぶり。公開3日目くらいだから、無理ないのか、それとも…。もう少し大きな劇場で公開できるようになるといいのかもしれない。
ちなみに、映写室の壁を背にする席だったので、フィルムの回る音を聞きながら観賞する、というめったにない臨場感(?)を味わえた。

邦画も、少しは元気になってきているような気がした。

※劇場内で「帽子」をかぶっていたお嬢さん、劇場内での「帽子」の使用はご遠慮ください。段差が少ない劇場であなたのその「スナフキン」のような帽子が、とっても邪魔(画面が欠けるのです)でした。(実際、席には浅く腰掛けて、座高を高くして観た)

|

« 妖怪大戦争 | トップページ | マザー・テレサ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■ミチさんへ
コメントありがとうございます。
そうなんですよ。なぜ「放尿」でなくちゃいけないのか、わからなくて…。竹中さんが、そういうの好きなんでしょうねぇ。こういう感覚って、案外「業界っぽい」かも…って思いましたよ。
笑いましたけど、泣かなかったですねぇ。>単に「鈍かった」だけなのかも。
でも、泣いていた方、いらっしゃったんですよ。ほんと。

投稿: あかん隊 | 2005/11/01 23:57

こんにちは♪
これ「泣く」映画ですか?
そっかー、そこまで感情移入できなかったゾ。
海に向かってオシッコするシーンがあまり好きじゃなかったの(小声)
海を汚すな~~!って言いたかった。
昨日3本連続で鑑賞して、その2本目だったから印象が薄いのかしら?
一本目は重厚(ヴェラ・ドレイク)三本目はおかしい(亀は~)だったからね~、間に挟まれると苦しいかも?

投稿: ミチ | 2005/11/01 22:02

■sugarさんへ
いらっしゃいませー。コメントをありがとうございます。
sugarさんの静かで、透明感のあるブログの雰囲気、すてきですねぇ。また、お邪魔させてください。
この映画は、女性の眼でみた場合、微妙なところもあるのですけど、映像は、とてもロマンチックな場面が多くてすてきでしたよ。

投稿: あかん隊 | 2005/11/01 11:07

はじめまして。コメント&TBありがとうございます。
公開前からずっとみたいと思っていましたが、まだみていません。みなさんのコメントを参考に、時間があれば足を運びたいなぁととっても思っています。

投稿: sugar | 2005/11/01 08:13

■kozzyさんへ
TBとコメント、ありがとうございます!
月刊「シナリオ」買いました!>わーい!

海岸のシーン、最後のところだけ…。

未知子「何でこんなに気持ち良いのかしら。こんな事、癖になりそう……」
正 平「こんな事、癖にしない方が……」
未知子「好きになりそう……」
正 平「……」
潮風に吹かれ波を前にした二人の後ろ姿--

投稿: あかん隊 | 2005/10/27 21:23

しまった・・・月間シナリオを買うんだった。
結構好きな台詞があったのに・・・
それと、原田知世があの浜辺でどういう風に書かれているのかが気になってきました(笑)

投稿: kossy | 2005/10/27 13:11

■はるさんへ
ご訪問、ありがとうございます!
『東京日和』は、知りませんでした。DVD等で、見てみたいと思います。監督さんは、好きな女優さんを選ぶことができて、いいですよねぇ(笑)。

投稿: あかん隊 | 2005/10/26 00:20

はじめまして。
TBさせていただきました。

やっと本日観てまいりました。私の住んでいる所
では、10/22~一週間しか上映しません(泣)

竹中さんのバレエは、本当に嬉しそうでしたねー。
しかも何だか上手かったような気が・・・

私も、じんわりしたけれど泣きませんでした。
でも、とても「好き」な映画です。

投稿: はる | 2005/10/25 23:29

■えいさんへ
そうなんです。だいたい、あまりセンスがなくって…。ハンドルつけるの下手なんです。
関西は、倉敷までしか行ったことがありません。(ゼミ旅行で「大原美術館」へ)
四国、九州は、白紙です。行ってみたい!
司馬遼太郎の『夏草の賦』を読んだばかりなので、土佐とか大分とか…。大阪城も、クリスタルタワーから見たことしかないんです。行きたいところがたくさんあります。もちろん、福岡にも!

投稿: あかん隊 | 2005/10/23 01:16

こんばんは。

やはり「あかん隊」=亜寒帯だったんですね。
最初の頃は関西&九州出身の方かと。
あかん=ダメ
たい=です。
「ダメです」と異を唱える意味かと…。
途中で出身が北海道と分かって気づきました。

投稿: えい | 2005/10/23 00:35

■もじもじ猫さんへ
TBとコメントをありがとうございます。
本当ですね。竹中氏の「好み」全開映画だったような(笑)。段田さんが元の旦那さんだったからかも>佐々木さんに「ほの字」。
なさそうな展開が、厳しい現実に直面している人の希望になったでしょうか?
中島みゆきは、年齢も近いし、札幌出身(自分は函館)ということで、なんとなく親近感があったりします。ちなみに「あかん隊」=亜寒帯(北海道は亜寒帯、本州は温帯)だということで。おそまつ(汗)。

投稿: あかん隊 | 2005/10/22 15:08

こんにちは。
当地では今頃上映中です。好きな作品でしたが、竹中直人の夢を現実化したみたいだなぁ、とチラチラ思ってしまった。
私が未知子なら、ささきんには惚れないぞ。
中島みゆきは以前にドラマに出た時もお医者さんでした。お父さんがお医者だから?
TBさせていただきますね。

投稿: もじもじ猫 | 2005/10/22 13:57

■はちむきさんへ
コメントありがとうございます。そうそう。中島みゆきの演技を観にいくだけでも、十分に価値があると思います。彼女、いいなー。
歌にインスパイアされて、竹中が作った映画だったと記憶しています。CDも売れてるかな?

投稿: あかん隊 | 2005/09/24 14:25

TB有難うございます!!
私はこの世界にどっぷりになっちゃいました。
好きな曲を聴いてる感じで、気持ち良かったです
サヨナラCOLORこの曲が最高ですね。。

中島みゆきさんの演技は最高ですよね。。
大阪は来週いっぱい、しかも1回しか上映しないんですよね。。
寂しいです・・。

投稿: はむきち | 2005/09/24 03:12

■Naktakさんへ
コメントありがとうございます。
ショートフィルム自体、どういった映画館で上映されているのかが、よくわからないのです。
ですが、同時上映のような形のものだったら、観たことがあると思います。(汗)
『美女缶』というタイトルだけなら、記憶にもあります。『サムライ7』は、アニメですよね? 黒澤映画の…。今月末にDVDが発売されるらしいですね。>ということは、上映しているところは、ないのでは? わかりませんデス。すみませんデス。

投稿: あかん隊 | 2005/08/24 06:53

お久しぶりです。 えーとですねサムライ7の1話どこで見れるのでしょうか教えてくださるとありがたいです。 ちなみに「美女缶」というショートフィルムを観ました。あかんさんってショートって観ます??  サヨナラCOLORの話題でなくてすみません。。。(観てません)汗。 

投稿: Naktak | 2005/08/23 23:23

■やっぱり邦画好き…さんへ
コメントありがとうございます。
自分もちょっと悩んだのですが、前売りを買っておいたので行ってきました。あとから気が付いたのですが、ユーロでも会員制度があったので、入会しました。年会費1000円で、いつでも1000円ならシルバーになるまでは、使い勝手がありそうです。(汗)
中島みゆきには、驚きました! 彼女、イイ感じです。うまい!

投稿: あかん隊 | 2005/08/19 09:21

こんばんわ
コメントありがとうございます。

サヨナラCOLORは、キャストに興味があって見るかどうするか迷っている作品なんです…
でも、ユーロなんですよね…
悩みますね。

投稿: やっぱり邦画好き… | 2005/08/19 03:05

■悠さんへ
この映画のパンフも飛ぶように売れていましたよ。竹中さんのファン、多いんですね。(違うかな?)

投稿: あかん隊 | 2005/08/16 23:46

>これだけ載ってたら買うでしょ? ねぇ。
ha,ha,ha.かいますね(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005/08/16 23:01

■悠さんへ
コメント、本当にいつもありがとうございます!
中島みゆき、イイですよ。出色です。
あの方、上手い! 中島みゆきを観るだけでも価値ありかも(笑)。
竹中直人も段田さんも、イメージ的には「またか…」みたいな印象は、どうしてもぬぐえなくて、正直笑えない。他の役者さんとの絡みで笑える…ってのが精一杯。無理に笑わせようとするのは、いかんせん時代遅れだし、つまらなくなっちゃいますよね。月刊シナリオ、また買っちゃった。「亡国のイージス」「運命じゃない人」「サヨナラCOLOR」(原作台本)。これだけ載ってたら買うでしょ? ねぇ。

投稿: あかん隊 | 2005/08/16 10:09

おはようございます。これチラシでチェックして見なくてもいい方に入れたんですが、中島みゆきが出てるんで、見る方に戻しました(笑)。みゆきさん、映画は、年末にも、占い師役ででるはずです。
>ユーロスペースは、ものすごい人
さすが江戸ですね。この間、「ヒトラー、、」@京都は、各上映毎に満席になってました。

投稿: 悠 | 2005/08/16 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/5489000

この記事へのトラックバック一覧です: サヨナラCOLOR:

» 「さよならcolor」評/オシッコから始まる愛もあるんだよ [I N T R O+blog]
『サヨナラCOLOR』(2005 / 日本 / 竹中直人) Text By 膳場 岳人  海辺の病院に勤める医師、佐々木正平(竹中直人)の前に、美しい女性患者、未知子(原田知世)が現れる。彼女は重い子宮癌を患っており、治癒する見込みはほとんどない。正平は彼女の病を治すためにいつも以上に熱心に治療に取...... [続きを読む]

受信: 2005/08/22 18:56

» サヨナラCOLOR [欧風]
昨日はこの映画に行って以来、久々の試写会に行ってきました。 今回行ったのは「サヨナラCOLOR」という作品。俳優、竹中直人が監督した作品で、本人が主演で出てます。監督としては5本目だそうで、結構監督もやってるんですね~。 話としては、竹中直人が扮する医者が勤める海岸沿いの病院に、高校時代の同級生(原田知世!)が子宮ガンを患って入院してきた。医者にとって二十年想い続けてきた初恋の人だったが、女性の方は全然憶えてなく・・・、そこで医師が思い出して貰えるようにいろいろ頑張る、というような感じ。... [続きを読む]

受信: 2005/08/31 22:43

» サヨナラ COLOR [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
鑑賞した日 : 10月9日日曜日 鑑賞した劇場 : シネマスコーレ(17:30〜)   結構面白かったのですが、何かこうすっきりしない作品です。良いシーン、良い台詞もあり目が熱くなる場面もありますが…。心に残っていない?でもストーリーは良いと思うけどな。でも内容...... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 19:31

» サヨナラCOLOR [泥海ニ爆ゼル]
「サヨナラCOLOR」 観たのはもう2週間前の話。あの時、この感動はすぐにでも伝えたいと思った。美しく、しかし哀しい世界を映し出してくれた竹中直人氏に感謝。 出演は竹中直人、原田知世、段田安則、雅子、中島唱子、水田芙美子、内村光良、中島みゆき、忌野清志郎など。 海が見える病院に勤める医者・正平(竹中直人)の元に、子宮ガンを患う未知子(原田知世)が入院してきた。未知子は正平が高校時代思い焦がれた初恋の人であり、現在も正平は彼女のことを一途に想い続けていた。・・・(FLiX) ... [続きを読む]

受信: 2005/10/11 01:12

» 「サヨナラ COLOR」 [もじもじ猫日記]
竹中直人監督作品は欠かさず観ている。 最初は、竹中直人のロマンチストとセンチメンタルな部分でつくられただけなのかなぁ、と思ったが、 原田知世の透明感と、段田安則の怪演(後ろ髪を長くし、ピアスに革パンのスタイリスト)で物語にリアリティを感じられた。 そもそも、20年以上も高校の同級生を思い続ける、という正平の行為が、 ステキなのかうっとおしいのか? とにかくミュージシャンがいっぱい出ている。 ... [続きを読む]

受信: 2005/10/22 13:58

» サヨナラCOLOR [ネタバレ映画館]
 同時期に公開の『さよならみどりちゃん』という映画もあるが、竹中直人がそれを撮るとシャレにならなくなってしまう・・・かつてのアイドル木之内みどり・・・ ★★★・・ [続きを読む]

受信: 2005/10/27 10:36

» 竹中直人が自分のために作った映画◆『サヨナラCOLOR』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
10月26日(水)シネマスコーレにて 海を臨む病院に勤める医者・正平(竹中直人)の元に、高校時代の同級生・未知子(原田知世)が入院してきた。正平にとっては、彼女は二十数年間、ずっと思い続けてきた初恋の人だったのだが、未知子は正平のことを全く覚えていなかった....... [続きを読む]

受信: 2005/10/31 08:42

» 映画「サヨナラCOLOR」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「サヨナラCOLOR」★★★ ストーリー:医者・正平(竹中直人)の元に、子宮ガンを患う未知子(原田知世)が入院してきた。未知子は正平が高校時代思い焦がれた初恋の人であり、現在も正平は彼女のことを一途に思い続けていた。 うーーん、竹中直人という役者は嫌いではないし、いろんな映画の脇で出てくるといつもその場をさらうほどの怪演を見せてくれて楽しいのだけれど、主役となるとどうなんだろう? 彼の持つ「しつこさ」が... [続きを読む]

受信: 2005/11/01 21:57

» サヨナラCOLOR 評価額・850円 [Blog・キネマ文化論]
●サヨナラCOLORを浜松東映劇場にて鑑賞。 医師・正平の病院に、高校時代の同級 [続きを読む]

受信: 2005/12/09 15:58

» サヨナラCOLOR [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
何十年も ひとりの人を 想い続けたことがありますか? 「思い出してくれましたか?僕のこと。」 初恋の人を救う それが僕の生きている証・・・ 「私、先生がいないと生きていけなくなりました。」 ... [続きを読む]

受信: 2005/12/27 00:00

« 妖怪大戦争 | トップページ | マザー・テレサ »