« 亀は意外と速く泳ぐ | トップページ | 運命じゃない人 »

2005/08/04

リンダリンダリンダ

(C)「リンダ リンダ リンダ」パートナーズlinda01

参りました! これは「いい!」です。高校時代の文化祭のことやバンドをやっていたころのことをめちゃくちゃ思い出してしまいました。どうしてどうして、深い意味も、心の機微も、気持ちの揺れも、若さも、エネルギーも…いろんなことが感じられる映画です。今時の高校生の雰囲気も確かにあるけど、これなら違和感なく、自分の青春(?)時代とも重ねてイメージできます。

ペ・ドゥナ がいい! 最高です。ものすごく楽しい! おもしろい!
だけど、考えさせられるんですよ。
香椎由宇も『ローレライ』では、気の毒なくらいだったけど、ここでは自然体で「演技らしい演技」はしていないようにすら見えます。他の登場人物も個性的なんだけれど、目立ちすぎず、ともすればヒーローやヒロインができあがってしまうお話とは、ひと味もふた味も違います。
ここでは、みんながお話を紡いでいます。
説明的な台詞もシーンも、少しもないのに伝わってくるものがあります。

あー! ほんと、観に行ってよかった! 小作品かもしれないけど、光ってる!

|

« 亀は意外と速く泳ぐ | トップページ | 運命じゃない人 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■さくさく さんへ
TBとコメント、いつもありがとうございます。
確かに。誰かが主人公、ということがないようでしたね。構成にも無理がなくて、自然な感じでした。ほんとに、そういうことがあったような…。俳優さんたちも「演技」している感じがしなくて。こういう映画が、とても好きな自分です。

投稿: あかん隊 | 2006/03/12 00:29

いつもコメントどうもです~
この映画主人公がいない映画って感じがしました
指を怪我した萌ちゃんや屋上の花子ちゃんも
ちゃんと文化祭してるし
そんなところがわたしはお気に入りです
では~

投稿: さくさく | 2006/03/11 18:25

TB&コメントありがとうございます!
僕もこの映画大好きです^o^
友達にもすすめちゃいました
つべこべ言わずとにかく観ろ!って

投稿: tommy | 2005/09/09 10:01

■s-billさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
じっくり、何度でも観たい映画ですよね!
DVDは、もう少し先かなー。待ち遠しい!

投稿: あかん隊 | 2005/09/02 23:09

TB&コメントありがとうございました。
私もバンド経験(ちょこっとですが^^;)あるので、すごく昔を思い出したいい映画でした。

もう一度早く見たいですね~。

投稿: s-bill | 2005/09/02 15:51

■anyさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
この映画は、お勧め度100%ですね。「観てよかった」と素直に感じられる数少ない映画のひとつです。長く記憶に残るでしょう。
こちらこそ、どうぞよろしく。

投稿: あかん隊 | 2005/08/30 09:26

あかん隊さん、こんばんは。
この作品は僕も大好きな作品になりました。
ペ・ドゥナを始めとする、主役4人がとにかく素晴らしかったです。
笑いどころも随所にあって、本当に面白い作品でした。
TBさせて頂きます。よろしくお願い致します。

投稿: any | 2005/08/30 01:42

■くじらさんへ
コメントありがとうございます。良い映画でしたね。とても映画らしかったと思います。

投稿: あかん隊 | 2005/08/26 09:11

やっと公開され観にいってきました。良いですね~!アノ頃の自分を思い出しました。(この監督は息子の大学の影像の先輩です。)

投稿: kuzira☆くじら | 2005/08/25 12:15

■カヌさんへ
>不安だった
きゃはは! 大丈夫ですよー。まつさんも、えいさんも、重鎮と思われる映画ブロガーさんがこぞって賞賛されてますもん。>自分のは、かなり怪しいレビューだけど。(汗)

『郷愁』も確かにありましたけど、それ以上にシンパシー(「そうだよ! そうだよね!」、という感じ)を感じましたよ。最初の「カット」の声からして、最後まで製作者側の視線も意識することができたし、人と人との交流って「国際交流」なんてお膳立てされてするものじゃないという、生身の心がふれ合う感触も味わえたし。

何より、余計な音やセリフが全くなくて、最初の「カット」の声からして、最後まで製作者側の視線を意識することもできて、これは「とても映画らしい映画」だなーって、思えました。

投稿: あかん隊 | 2005/08/21 09:01

こんにちは。
見た人の評判が高すぎて、逆に不安だったんです。ぺ・デゥナ贔屓な私だから、甘いかもしれないけど、すごい良かったです。自分も学祭に参加してるような気になりましたよ。やっぱり『郷愁』なんでしょうね(^^;

投稿: カヌ | 2005/08/21 08:43

■まつさんへ
コメントありがとうございます。
確かに。年齢によって異なる印象を持つでしょうねぇ。自分の高校時代は、ブルーハーツなるバンドはなかったように思います。「岡林信康」「赤い鳥」「吉田拓郎」…フォークでした。>きゃー! 懐かしい。
あとはジャズ。それとロックは「ローリング・ストーンズ」や「レッド・ツェッペリン」なんか好きだったように記憶してマス。>古いですよねぇ…。。。

投稿: あかん隊 | 2005/08/21 01:31

コメントありがとうございました。
この映画を高校生のときに見るのと、大人になってから見るのとではかなり印象が違うのだろうと思うのです。現役ならば、こんな文化祭にしたいなという憧れで鑑賞できるけれど、大人になると「郷愁」を感じてしまう。
そんな切なさを胸にブルーハーツのアルバムを久々に聞いた次第です。

投稿: まつさん | 2005/08/20 20:43

■sannkenekoさんへ
こちらこそ、ごちゃごちゃとコメントする結果になってしまって。申し訳ありませんでした。
時間をおいて、再挑戦してみればよかったです。>TBの件

この映画は、本当によかったと思います。
もう一度観たい、あるいはDVDになったら購入したい…と思っています。ソンちゃんのMC、気持ちが伝わりましたね。

投稿: あかん隊 | 2005/08/20 01:24

改めまして、こんにちは。
コメントをありがとうございました。

日本側の俳優陣は甲本雅裕しか知らなかったのですが、
この映画はアタリでした。
ソンちゃんのひとりMC(結局ムダになったけど)のシーンが印象的でした。

PS.私のサイトにトラックバックできなかったという件ですが。
NetLaputaブログでのトラックバックスパム対策のためだとわかりました。
現在、NetLaputaブログでは一定時間内の同じIPからの
重複トラックバックを拒否するようになっています。
同じブログサービスからのトラックバックは全て同じIPとなるため、
あかん隊さんがTBして下さった時間がココログのIPアドレスの
それにぶつかってしまったようです。

ご迷惑&ご不快な思いをさせてしまって申し訳ありません。

投稿: sannkeneko | 2005/08/19 19:35

■cyazさんへ
コメントありがとうございます。
すみません。ニフティ、不調です。こちらからもTBが送れないところが続出しています。ごめんなさい。

自分の高校時代は、文化祭とフォークに明け暮れました。大学になって軽音のバンドやりました。
新宿厚生年金の小ホールでコンサートの時は、大ホールでニーナ・シモンかなんかでした。差ありすぎ…(汗)。

投稿: あかん隊 | 2005/08/18 00:36

■にゃんこさんへ
コメントありがとうございます。
撮影スタッフの一員として、この映画に参加しているような気分も味わえたことが大きかったかもしれない…と思い返しています。
何気ない時間の流れやごく普通の自然なことが、案外ドラマチックだったりしますね。

投稿: あかん隊 | 2005/08/18 00:33

あかん隊さん、こんばんは^^


TBありがとうございましたm(_ _)m
何度かTBしているのですが、残念ながら蹴られているようです><

自分が高校の文化祭でステージに立ったことを思い出し、懐かしい“想い”と、その周辺の記憶が甦りました^^
いいですよねぇ~、こういう映画は!

投稿: cyaz | 2005/08/18 00:17

こんにちは
この映画、メリハリとかないのに(笑)どーしてこんなに
入り込めちゃうんでしょうね♪
バンドやってたわけじゃないけど、同じような体験
ふっと感じているし^^
友達ともう一回観たい映画です(笑)
あの頃の空気を体感しに・・・

投稿: にゃんこ | 2005/08/17 22:31

■えいさんへ
コメントありがとうございます。
すみません。TB、どうしてうまくいかないかな…。ニフティ同士でもうまく行かないんですよ、今日あたりは…。
さてさて、この映画は、実によかったです。珠玉作品(自分の中で)のひとつになりました。『スィングガールズ』のことは、ちっとも頭に浮かびませんでした(爆)。ぜんぜん違うと思います。

投稿: あかん隊 | 2005/08/17 00:47

こんばんは。

予想以上によかったです。
あかん隊さんのところを中心に、
いろんなかたのところを拝見させて頂きました。
『スウィングガールズ』との比較も多かったですが、
ぼくは、この映画の方が圧倒的にタイプでした。
またTBがうまくいかなかったので、
こちいらですみません。
http://blog.goo.ne.jp/du-rhum/d/20050816

投稿: えい | 2005/08/17 00:32

■ハルさんへ
TBとコメントありがとうございます。
こちらこそ、初めまして。よろしくデス。
ほんとに良い映画でしたね。こういう雰囲気の映画には、めったに出会えない、と思いました。ハルさんが大絶賛するのも当然。
ピックセットもあったんですか? 知らなかった…。これを観て、ギターを再度購入したくなった自分です。(爆)

投稿: あかん隊 | 2005/08/15 05:16

はじめまして。
ぼくもものすっっっっっっっご「リンダリンダリンダ」感動しました。
感動ついでにトラバさせていただきます。(笑)

投稿: ハル | 2005/08/15 03:11

■えいさんへ
コメントありがとうございます。
『殺人の追憶』は、DVD購入したのですが、まだ観ていません。観るのが怖い、というせいで。。。

この映画は、とてもイイ雰囲気を持っています。おしゃれだな、と思います。

ペ・ドゥナは、この映画まで全く知りませんでした。『子猫をお願い』『吠える犬は噛まない』、この2作品は、タイトルだけ知っています。今度ゆっくり観賞してみます。ご紹介ありがとうございました。

投稿: あかん隊 | 2005/08/10 14:13

こんにちは。

横レスです。

ぺ・ドゥナは確か、
日本映画学校で勉強するという話もあったのですが、
どうなったのかな。
この映画、まだ観ていないのでお盆の間に行く予定です。

ぺ・ドゥナは『ほえる犬は噛まない』(『殺人の追憶』の監督の作品)でまず驚かされました。
続いて『子猫をお願い』で泣かされました。
いずれも必見です。

ちょっとH系の作品の
『プレイベートレッスン 青い体験』にも出ているのですが、
最近、このことはスルーされる傾向にあるようです。
あっ、『チューブ』は観なくていいです。

彼女に3回もインタビューをした知人がいて、
これは少しうらやましいかもでした。

投稿: えい | 2005/08/10 10:19

■rabiovskyさんへ
コメントありがとうございます。
自然な雰囲気の中で流れていく時間が、心地よかった映画です。ペ・ドゥナの作品は、これまで知らないのですが、演技派なのではないのかしら。すごく好感を持ちました。あの役が良かった…というせいもあるかな?

投稿: あかん隊 | 2005/08/10 01:21

こちらでははじめまして!
TBありがとうございます。
ほんとペ・ドゥナがいいですよねぇ~ あのなんともいえない雰囲気と
演技!ちょっとボケボケだし!ペ・ドゥナはファンで追いかけていた
のでこの映画が公開されるときには楽しみな気持ちとすこしばかり
淋しい気持ちが同居してました!
愛しい映画です!

投稿: rabiovsky | 2005/08/10 00:46

■悠さんへ
いい映画でしたね! 最近ではちょっとめずらしいです。こういう感じ。なんといったらいいのか、難しいんですけど。 あの4人が河原を並んで歩いているシーンは、ビートルズのアビーロードっぽいかもしれない…なんて思いもしました。
それにしても、ペ・ドゥナ(ソンちゃんの役)は、よかったですねぇ。もう一度観たい…という気持ちになりますもん。

投稿: あかん隊 | 2005/08/06 22:48

>バンドをやっていたころ
そうなんですか(^^ゞ。
見てきました。何もかわるわけじゃないけど、みんなでやる、しかも一人ひとりがちがう、ってのが、おいらのツボでした(^^ゞ好日性のソンさんの存在が大きいかった(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2005/08/06 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/5298816

この記事へのトラックバック一覧です: リンダリンダリンダ:

» リンダ リンダ リンダ [この映画大好きです] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
*******************ストーリー******************* かつて潜水艦で日本を救った香椎由宇ちゃんは戦後、普通の女子高生になりました。平和憲法でローレライシステムは封印されてしまいましたが、ボディにピッチリの服で水につかっていないと気持ちが落ち着かない彼女は、仕方なくスクール水着で学校のプールにぷかぷか浮いていました。なんか生きる目標見つけなきゃ・・・とぼんやりしていると、はたと思い出しました... [続きを読む]

受信: 2005/08/04 03:01

» リンダリンダリンダ [こころそぞろ]
(あらすじ)高校生が、文化祭にガールズ・バンドで演奏することを企画するが、一人が [続きを読む]

受信: 2005/08/06 22:33

» リンダ リンダ リンダ [オタクの魂forビギナーズ]
ブルーハーツだよ‥‥‥懐かしい. ‥‥でも、ナゼ今、ブルーハーツ???しかも「リンダ」が一つ多いし、ナゼ? もの凄く正統派?な“青春映画”でしたよ。 “正統派”とゆー言葉が相応しいのかどーかはわかりませんが、ごく普通の高校生の姿をごく普通に描くとゆースタイルなので一応“正統派”と呼んでいい‥‥ですか?? 文化祭に向けて練習をしてきた軽音楽部のガールズバンド。 メンバーの1人が指をケガして演奏ができそーもナイんで今までの練習がパー。 で、フテくされる恵(香椎由宇)、なだ... [続きを読む]

受信: 2005/08/07 14:46

» 『リンダリンダリンダ』 [Rabiovsky計画]
『リンダリンダリンダ』公式サイト 作品紹介『リンダリンダリンダ』 『リンダリンダリンダ』オリジナルサウンドトラック 監督:山下敦弘 出演:ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織、三村恭代    湯川潮音、山崎優子、松山ケンイチ、小林且弥 200... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 02:12

» リンダリンダリンダ [シネまだん]
監督:山下敦弘  出演:ペ・ドゥナ 前田亜季 香椎由宇  公式サイト   6.5点 ものっすごいくらい普通の青春が、まぶしいくらいに輝いている。  文化祭を控えてメンバーが抜けた女子高生バンド。なんとか演奏するために誘ったボーカルは韓国からの留学生。本... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 07:44

» リンダ リンダ リンダ/ペ・ドゥナ 、前田亜季 、香椎由宇 、関根史織 、三村恭代 [カノンな日々]
ついに、ついに、観ちゃいましたヨ「リンダ リンダ リンダ」。いやぁ、感動です、むーびんぐはぁと!私の中では「マラソン」も「スターウォーズえぴ3」も越えました<比べるのがまちがっちょります>。素晴らしぃぃぃ、クライマックスにはジーンときちゃいました、グゥゥッ....... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 23:25

» リンダリンダリンダ [It's a Wonderful Life]
個人的には大満足です。そしてあまり大規模公開じゃ 無いようなんですが、是非観て欲しいオススメ作品! 高校の学園祭までのほんの数日間を切り取った作品で、 特に何も起こらないような話なんですけど、それが逆に リアルに感じられて、とっても良かったです!...... [続きを読む]

受信: 2005/08/13 09:16

» 映画「リンダ リンダ リンダ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
ペ・ドゥナ、香椎由宇、前田亜季、関根史織が演じる女子高生4人が文化祭でブルーハーツをコピーする。(ペ・ドゥナは20歳overも違和感なし) 「スウィングガールズ」に似た映画かなと思って観たが、かなり趣は異なっていた。ジワッジワ~と込み上げてくる映画だ。恋より... [続きを読む]

受信: 2005/08/13 19:24

» 青春ムービー。 [ダメ社員の憂鬱・・・]
本日、嫁様の職場までお迎え。 んで、その足で「リンダリンダリンダ」、見てきました。 もう、チョーいい。 はっきり言って、もう、チョーいい。 なんていうんすかね、青春ムービーの王道って感じか。 もう、チョーよかった。 あんまり書くとまだ見てないヒト...... [続きを読む]

受信: 2005/08/15 03:10

» リンダリンダリンダ [まつさんの映画伝道師]
第178回 ★★★★(劇場)  バンドのいいところは「みんなで何かをやる」という連帯感と達成感だ。  だが一方で、全員が一致団結しないと乗り越えられないという側面も持ち合わせる。これはソロで楽器を奏でる弾き語りやクラッシックのように、個人が練習をス... [続きを読む]

受信: 2005/08/15 11:09

» 『リンダ リンダ リンダ』〜子猫の胎動〜 [Swing des Spoutniks]
『リンダ リンダ リンダ』   公式サイト   監督:山下敦弘出演:ペ・ドゥナ 前田亜季 香椎由宇 関根史織   【あらすじ】高校生活最後の文化祭の直前になってバンドメンバーの萠が指を骨折してしまい、代役を立てる立てない、演奏をするしないのもん... [続きを読む]

受信: 2005/08/16 07:58

» 「リンダリンダリンダ」を観たよ。 [映画公論]
というわけで、山下敦弘監督の新作、「リンダリンダリンダ」を観てまいりました。 先日、この日記でも紹介した「メリンダとメリンダ」になんかタイトルが似ていますね。どうでもいいですね。 山下敦弘監督といえば「ばかのハコ船」やら「リアリズムの宿」といったシニカ....... [続きを読む]

受信: 2005/08/17 00:45

» リンダ リンダ リンダ [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
映画「バトル・ロワイアル」からすっかりBR出演者は ご贔屓で、その中でも特に好きな前田亜季ちゃんが出演。 琴弾役だった、三村恭代ちゃんも出演。 しかも、韓国若手女優のペ・ドゥナさんが、日本語の曲 「リンダ リンダ」を歌う!? ブルーハーツ世代じゃないけど...... [続きを読む]

受信: 2005/08/17 18:35

» 「リンダリンダリンダ」(日本 2005年) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
高校生活最後の文化祭・・・何かを刻みつけたかった。 「彼女達と・・・バンドのメンバーと一緒にいたいから・・・。」 [続きを読む]

受信: 2005/08/17 19:43

» リンダ リンダ リンダ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
東映の映画館で昼間はガッシュ夜は『リンダ リンダ リンダ』を上映しています お盆休みのアニメ祭り(?)の中・・・なかなかこの上映粋じゃないですか♪ あ、もちろん、浜松の割にはってことなんだけど(ぉ 地方都市の某高校の文化祭開催まであと3日 軽音クラブ...... [続きを読む]

受信: 2005/08/17 22:27

» 「リンダ リンダ リンダ」 [the borderland]
私がこの作品を見ようと思ったのは、ぺ・デゥナが出てるから(^^) そうじゃなかったら、多分スルーしてたと思う。でも見て良かった!天然ボケキャラのぺ・デゥナが日本語が片言しか分からない留学生役として違和感なく馴染んでいる。彼女の絶妙な間は、いいアクセントになっていて、代わりは考えられません!見る前はせっかく出演してくれたんだから、彼女中心にしてしまいがちだと思うけど、彼女はあくまでも4人の中の1人なのも好感がもてる。山下敦弘監督の他の作品も見たくなりました。 あなたが私にくれたもの、キリンが逆... [続きを読む]

受信: 2005/08/21 08:36

» 『 リンダリンダリンダ  』 [やっぱり邦画好き…]
『 リンダリンダリンダ  』 [ 試写会鑑賞2005.07 ] 2005年:日  本  監 督:山下敦弘 脚 本:向井康介/宮下和雅子/山下敦弘 主題歌:「終わらない歌」(ザ・ブルーハーツ) 音 楽:James Iha サントラ盤:ユニバーサル ミュージック [出演] ぺ... [続きを読む]

受信: 2005/08/21 11:58

» リンダリンダリンダ 僕にはツボでした。。 [Blog・キネマ文化論]
●リンダリンダリンダを浜松東映劇場で鑑賞。 とある地方都市にある芝崎高校。高校生 [続きを読む]

受信: 2005/08/21 15:18

» 「リンダリンダリンダ」 [るるる的雑記帳]
「リンダリンダリンダ 」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 この文化祭の後、彼女達は何か変わっただろうか。いや、きっと何も変わらないのだ、そして後から思い出すのはあのステージではなくて真っ暗な教室に忍び込んだこと、....... [続きを読む]

受信: 2005/08/25 20:46

» リンダ リンダ リンダ [any's cinediary]
高校生活最後の文化祭――。 ただ、何かを 刻み付けたかった。 <ストーリー> [続きを読む]

受信: 2005/08/30 01:20

» リンダリンダリンダ [ドリアンいいたい放題]
向井 康介, 宮下 和雅子, 山下 敦弘 リンダリンダリンダ とっても心地のよい映画だった。 エンドロールが流れ終わってもそのまま、 続きを見たい思いにかられた。 わざわざ吉祥寺まで見にいった甲斐があった。 高校時代の日々って一日の中でいろいろな事が... [続きを読む]

受信: 2005/09/01 22:19

» 「リンダ リンダ リンダ」ペ・ドゥナに違和感なし、軽く見たい [soramove]
「リンダ リンダ リンダ」★★★☆ ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織 主演 ブルー・ハーツの歌と 女の子だけのバンド。 もうそれを聞いただけで ラストの盛り上がりは容易に想像できる。 バンドの成立関係が、 ひどく曖昧なように、 映画全体も...... [続きを読む]

受信: 2005/09/01 22:26

» 『リンダリンダリンダ』 [浮遊日記]
『リンダリンダリンダ』(2005 日本) 監督:山下敦弘 出演:ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織、三村恭代、湯川潮音、山崎優子、松山ケンイチ、小林且弥 あらすじ とある地方都市にある芝崎高校。文化祭・ひいらぎ祭の前日に、恵(香椎由宇)、響子(前田亜季)、望(関根史織)の3人は途方に暮れていた。高校生活最後の文化祭のためにオリジナル曲を作って練習を重ねてきたのに、ギターの萌が指を骨折してしまったのだ。 そうそう、ちょっと前に見たんですよ。この作品。 ... [続きを読む]

受信: 2005/09/02 05:13

» 高校時代・文化祭の想い出のエピソードを募集 [[M+] 東野翠れんplus湯川潮音blog]
『リンダ リンダ リンダ』公開記念オールナイトイベント 「東野翠れん plus ... [続きを読む]

受信: 2005/09/02 14:47

» 本当の日韓交流と、懐かしい高校生活◆『リンダ リンダ リンダ』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
9月5日(月) TOHOシネマズ木曽川にて 文化祭前日、バンドを結成しているキーボードの恵(香椎由宇)、ドラムの響子(前田亜季)、ベースの望(関根史織)は途方に暮れていた。文化祭のライヴに向けてオリジナル曲の練習を重ねてきたのに、ギターの萌(湯川潮音)が指を骨折....... [続きを読む]

受信: 2005/09/08 03:08

» リンダ リンダ リンダ [トミー’S BOYAKI]
すっかり書くの忘れていましたが 先週、「リンダ リンダ リンダ」を観にいきました [続きを読む]

受信: 2005/09/09 09:49

» リンダ リンダ リンダ [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
鑑賞した日 : 9月9日金曜日 鑑賞した劇場 : シネマテーク   本日2本目は「リンダ リンダ リンダ」です。 こちらも楽しみにしていた一作。 時間が迫るにつれ自然と期待が高まります。   ←4人のサイン入りポスターです…って光のせいで見えないじゃん....... [続きを読む]

受信: 2005/09/10 18:32

» リンダ リンダ リンダ [別冊 社内報]
ペ・ドゥナが日本映画に出ているだけでも「これは観なければ」と義務感にかられて 観に行きました。 ペ・ドゥナといえば「ほえる犬は噛まない」の好演、続く「子猫をお願い」も良く、ただ20代半ば にして留学生とはいえ女子高生役はどうかとも心配しましたが、溶け込んでいました。 前田亜季もハタチだからいいのか。妹がハタチということは姉の愛は… とその辺の事情を心配するような、電車男になれない輩も館内にはずいぶん集まっていて 後部席のこぶとり兄さんは萌えたときの表現方法なのか、足をばたつかせ、時折... [続きを読む]

受信: 2005/09/17 17:07

» シャウト!ブルーハーツ。~「リンダリンダリンダ」~ [ペパーミントの魔術師]
バンドをやったことのある人間なら、 この気持ちはめちゃわかる。 帰宅部だった人にも高校時代の思い出がオーバーラップするのでは。 文化祭の屋台のにおい、ステージの盛り上がり、 そんな時代へ自分をタイムスリップさせるような映画だった。 リンダリンダリンダペ・ドゥ..... [続きを読む]

受信: 2006/02/26 17:02

» リンダ リンダ リンダ・・・・・・・ [サクっと]
リンダリンダリンダ 公開時から見たかった 「リンダ リンダ リンダ」 ブルハ、ガールズバンド、学園もの こりゃもぅめっちゃ期待です   [続きを読む]

受信: 2006/03/10 19:06

» 香椎由宇! [フミセイロのなんちゅうことない日々。]
ダンナは香椎由宇チャンにゾッコンLOVEです。「女系家族」を見て、こ、こんなかわいい子がニッポンにおるとは…!生きていて良かった、と思ったものです。つまり、一目惚れです。 さて「リンダリンダリンダ」DVDが発売されたこともあり、今日のテーマは香椎由宇ちゃんです。去年の公開当日に駆けつけたこの映画、ぼくは由宇ちゃん目的で、内容には期待していませんでしたが、意外と面白かったのです。自分がバンドをやっていた事もあって、�... [続きを読む]

受信: 2006/03/22 17:49

» リンダリンダリンダ−(映画:今年45本目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:山下敦弘 出演:ぺ・ドゥナ、香椎由宇、前田亜季、関根史織、三村恭代、山崎優子、甲本雅裕、湯川潮音、松山ケンイチ、りりィ、藤井かほり 評価:97点 公式サイト ああ、たまらん。 俺をもう一度高校生に戻してくれい。 ちょっとい....... [続きを読む]

受信: 2006/03/27 11:18

« 亀は意外と速く泳ぐ | トップページ | 運命じゃない人 »