« 星になった少年 | トップページ | リンダリンダリンダ »

2005/08/03

亀は意外と速く泳ぐ

kamewaおかしかったです。笑いました。笑いました。『イン・ザ・プール』とは違った、まったりした笑いで、あとからふつふつ笑いがこみ上げます。おかしぃ!

ふせ えりは、ここでも最高! 何を言っても、何をやっても、おかしい! 伊武雅刀の大車輪!(スタントですよね?) すごいっす。 要 潤くん、よく引き受けたなー、あの役! 爆笑でしたよ。向かい合って座っているスズメ(上野樹里=スウィング・ガールズ)との間の机がどんどん広がって、彼女が「どんどん引いている」のがよくわかる映像が、気に入りました! 初恋の人に「よろめこうよ!」って言われるのに、引いちゃう…。その理由が、これまた凄いんですが、これは言えない。おもしろすぎるので! 観てください。

主人公のスズメが見つける「スパイ募集のチラシ」って…! あんな…! どうするんだー。
「永久パーマ」って、なんだい? 「そこそこのラーメン」も食してみたい。
「YaFoo ! BB 」って、芸が細かいゾ。ここでも出てきた焼肉屋シーン「手羽ナチス」には降参!
スズメの実家のお父さんが、「電話を引いていない理由」が、これまた楽しい。でも、深い。

レミオロメン(すごく言いにくいし、覚えにくい名前!)の「南風」、ちょっぴりスピッツ風でいい曲でした。
エンドロールの後に、たくさんおまけがありますから、席を立たないでくださーい!

公安のスパイと、某国(?)のスパイ。誰がどっちのスパイか…っていうのも見所でしたか。アーノルド・パーマーのコラボTシャツ、あるそうです。むふむふ…。

|

« 星になった少年 | トップページ | リンダリンダリンダ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■sannkenekoさんへ
この映画、好きです。細かいネタに気づくとそれだけでも嬉しかったし。無意味といえば、無意味なのかもしれませんけど、バカバカしさが癒しになるなんて、オツですよね?(^^;)

投稿: あかん隊 | 2007/01/11 23:58

あかん隊さん、こんにちは。
またお邪魔します。

永久パーマ(感電した時と出来上がりが変らない)に
そこそこラーメンに○ーザックにと
呆気に取られながらもクスクス笑っていました。
要潤の俳優人生のターニングポイントかもしれませんね。
蒼井優のぶっ飛びを飛ばしてしまうくらいのインパクトでした。

TBダブってしまいました・・・。
お手数をお掛けします・・・。

投稿: sannkeneko | 2007/01/11 15:43

■さくさく さんへ
いつもありがとうございます。
上野樹里ちゃんにほだされて、「ブリジストン」の、あの自転車を購入してしまいました。(笑)

投稿: あかん隊 | 2006/03/25 01:16

コメントどうもでした~
大笑いするんじゃなくって
クスクスって笑えちゃうネタがいいですよねぇ
岩松了とふせえりがほんとによかったです
上野樹里ちゃんの主婦若すぎです・・・・・・
では~

投稿: さくさく | 2006/03/19 20:31

■Ageha さんへ
TBとコメントをありがとうございます。
Ageha さんのところに「あずきパンダちゃーん」の画像が!
輸入雑貨のお店で売ってるということは、中国からの雑貨のお店かなぁ。
『時効警察』では、「くつしたさん」というのが出てきてましたよ。こういうアイディア、三木監督ならではかもしれませんね。

コーヒー肝臓、色味的には、同系色なので違和感ない…、いや、ある…?

投稿: あかん隊 | 2006/02/01 00:23

自分とこでも書いたんですが、
しばらく松重豊さんの顔が忘れられないです。
サイコーのラーメンのエピソードは
この映画のなかでは意外にグッときましたからね~。
(泣けるという人がいるほど)
「いらっしゃいませ、患者さま」でも
コワモテなのに笑いをとる、
インパクトの強い方でしたよ。

PS:コーヒー肝臓つくってみたくなりませんでした?

投稿: Ageha | 2006/01/31 15:29

■ミチさんへ
コメントありがとうございます!
「ふせえり」大好きです。舞台も観てみたいです。岩松氏とのペアは、サイコー!でした。蒼井ちゃんまでが、お笑い系列の女優さんにみえてしまった映画でした。

投稿: あかん隊 | 2005/11/01 23:53

こんにちは♪
三木監督ワールドが大好きになってしまいました。
「プール」でもそうでしたが、ふせえりと岩松了がなんとも言えず好きです。
ほかのメンバーももちろん好き!
あの「スパイ募集」のシール見つけたいわ~。
で、要潤とのシーン、テーブルがどんどん・・・サイコーでした!

それにしても・・・そちらでは夏公開でしたか。
いつもながらガックリです。

投稿: ミチ | 2005/11/01 21:56

■まつさんへ
コメントありがとうございます。
そうですね。癒される…。お気持ち、よくわかります。平凡な主婦は、平凡(ごく普通、めだたない)にへきえきしているものなので、こういう切り口で展開されると、余計身につまされる感じも否めないかも…。>平凡なつもりの自分です。(汗)

投稿: あかん隊 | 2005/09/05 00:15

コメントありがとうございました。
私自身が疲れていたせいか、大して大笑いしたわけでもないのに不本意にも「癒され」ハマってしまいました。
というわけで★が多くなりました。まぁ年に10本ほどのことなので(^^)

投稿: まつさん | 2005/09/04 15:35

■悠さんへ
おお! ご覧になりましたか!
TBとコメントをありがとうございます。
おもしろかったですよね? 小ネタの積み上げ…でもあるのですけど、全体を通して「まったり」していて。商店街のアナウンスに「暗号」があるかもしれぬ…と耳をそばだてる毎日となりました(爆)。

投稿: あかん隊 | 2005/08/27 19:00

サラリーマンが、スーパーマンに変身する、その逆バージョン(普通じゃないひとが、普通に徹する)ですね(^^ゞ。面白かったですよ。松重さん、かっこよかったですね。そこそこラーメン食べたくなりますね(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005/08/27 18:55

■やっぱり邦画好き…さんへ
TBとコメントをたくさんありがとうございます! 嬉しいです。
自分も邦画を応援しています。大味なハリウッド映画もいいですが、日本ならではの味わい深い作品は、他にはまねのできないものがあるように思います。色彩感覚にしても、空間の演出にしても、繊細だなーと思うことが多いです。
良い作品をたくさん作ってもらいたいです。

投稿: あかん隊 | 2005/08/19 09:28

こんばんわ

>要 潤くん、よく引き受けたなー、あの役!
そうそう、ビックリでした。

こういうテンポの映画っていうのも面白いと思いました。

投稿: やっぱり邦画好き… | 2005/08/19 03:12

■たましょくさんへ
こちらこそ、TBとコメントをありがとさんでございます。
松重豊さんっていうお名前なんですね。あのラーメン屋さん。悪役でよくお見かけしていましたが、お名前まで意識せず、失礼したと反省しています。今回のような役でも独特の味がでる方ですねー。強面なので、余計でペーソスが感じられます。

投稿: あかん隊 | 2005/08/09 13:00

 TBありがとうございますm(_ _)m

 ホント、ゆる~い感じの映画でしたが
小ネタがてんこ盛りで思わず「クスッ」
って場面が多かったですよね。

 たましょくも「そこそこのラーメン」
は食してみたいですwあの話はちょっと
ホロリときちゃいますよね♪

投稿: たましょく | 2005/08/09 10:29

■カヌさんへ
そう、卑怯な笑い、なんですよね?
確かにそうなんだけど、最近は、こういうベタっぽい笑いがあんまり受けなくなっているのか、少ないみたいで、なぜか新鮮だったりして。(笑)
スピッツ、好きなんです。ボーカルの声で、わかりますよー。草野くんの声、すごく高いから。

投稿: あかん隊 | 2005/08/07 22:55

要潤の「よろめこうよ!」卑怯な笑いだと思うけど、大爆笑でした!
エンディング曲、てっきりスピッツと思ってて、エンドロール見て驚いた(^^;最近邦楽聞いてないからなぁ…

投稿: カヌ | 2005/08/07 11:08

■cocoroさんへ
知識や情報の必要な笑い…なんて、ほんとはきっとおもしろくないんじゃないかって思っています。これは、ぼーっとして観にいってもいつのまにか、にやにやし始めて、ときどき吹き出してしまう映画です。

投稿: あかん隊 | 2005/08/04 02:39

■悠さんへ
これは『イン・ザ・プール』と同じ監督(三木聡)の映画なんですね。意識しなかったけど。最近「泣いちゃう」映画より、「笑っちゃう」映画が、とても嬉しいデス。

投稿: あかん隊 | 2005/08/04 02:37

かなり面白かったようですね!とっても興味津々(笑)
ところで無知なあちしでも楽しめるでしょうか?

投稿: cocoro | 2005/08/04 00:55

これ、ヒトラー見たときチェックしてきました。こういうマイナーな映画@笑いが、絶対お勧めなんだろうと思ってたのです(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005/08/03 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/5289089

この記事へのトラックバック一覧です: 亀は意外と速く泳ぐ:

» 「亀は意外と早く泳ぐ」 [the borderland]
「フォッフォッフォッ」って、バルタン星人かい(^^; 「イン・ザ・プール」が面白くて、三木聡監督の次回作ということで即前売り買いました。前作はちょっと普通でない人たちを描いた作品だけど、今回の主人公は、あまりにも平凡すぎて、それが非凡じゃないかと言われてる主婦スズメ(上野樹里)。女スパイとして平凡に生きろと命令され、それを意識するばかりに何が平凡か判らなくなってきてしまう。平凡であることが実は面白いという、前作とは逆のアプローチながら、ほんわかした笑いが満載です。 【小ネタ バレ】 シ... [続きを読む]

受信: 2005/08/07 11:09

» 亀は意外と速く泳ぐ [欧風]
らしいですよ。皆さん知ってました?何イキナリそんな事言ってるの?とお思いでしょうが、これ、実は映画のタイトルです。インターネット見てたら、変わったタイトルの映画だな~と思い、調べてみると面白そうだったんで、観に行きました。ドコでやってるのかな~と公式サイトで調べると、なんと関東ではテアトル新宿でしかやってない。でも、ラッキーな事にテアトル新宿は水曜誰でも千円っていうのがあったんで、先週の水曜に行ってみた。 まあ、関東で一館だけのマイナー作品だし、みんな知らないだろうから、貸し切り状態か?なんて... [続きを読む]

受信: 2005/08/08 20:01

» 亀は意外と速く泳ぐ [何を書くんだろー]
「亀は意外と速く泳ぐ」  評価 ★★★☆☆ (おまけで3つ)  さて、昨年スマッシュヒットした「スウィングガールズ」に出演した上野樹里主演作品。ハリ ウッド大作が続いたので、邦画の単館系が観たくなりまして。  フツー?の主婦として団地暮ら...... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 10:30

» 亀は意外と速く泳ぐ [any's cinediary]
ゆるくて、可愛いい、なんか変! <ストーリー> 夫が海外赴任中の片倉スズメ(上 [続きを読む]

受信: 2005/08/15 00:02

» 小ネタは面白いのに、全体は「そこそこ」◆『亀は意外と速く泳ぐ』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
8月11日(木)名演小劇場にて 前回、ベストセラー小説『イン・ザ・プール』の映画化で、"ゆる〜い笑い"を提供してくれた三木聡が、今度は自らのオリジナルの脚本で監督を行った。  『イン・ザ・プール』のレビューの時にも書いたが、この三木聡という人物は、『ダウ....... [続きを読む]

受信: 2005/08/15 09:00

» 『 亀は意外と速く泳ぐ 』 [やっぱり邦画好き…]
『 亀は意外と速く泳ぐ  』 [ 劇場鑑賞 ] 2005年:日  本 監 督・脚本:三木聡 製 作:橋本直樹 [出演] 上野樹里,蒼井優,岩松了,ふせえり,松重豊, 村松利,森下能幸, 耕田康人,温水洋一,要潤, 松岡俊介,伊武雅刀 他 日常の小ねたに気づくと... [続きを読む]

受信: 2005/08/19 03:11

» 亀は意外と速く泳ぐ [EL MUNDO DE PUSHOL]
 見てきました、『亀は意外と速く泳ぐ』。久しぶりに映画館で思いっきり笑ってしまった。今日はこの後『映像作品集1』を堪能した後に、錦市場の鶏肉専門店で買ってきた胸肉のソテーを食べたりばら色の休日ですよ。コレなら一人でも楽しいや、ははは・・・orz。  落ち込... [続きを読む]

受信: 2005/08/21 22:20

» 亀は意外と速く泳ぐ [こころそぞろ]
(物語)単身赴任の夫の妻すずめ。夫からの電話は「亀にえさをやったか」。階段で、上 [続きを読む]

受信: 2005/08/27 18:48

» 亀は意外と速く泳ぐ [まつさんの映画伝道師]
第197回 ★★★★☆(劇場)  平凡な人生は楽しくないと感じるのは当然だ。  だが現代日本において、多くの人間が平凡な人生を歩まねばならない。どうすればそれを回避できるのか?  そのヒントがこの映画には隠れている。  タイトルが示す「亀は意外... [続きを読む]

受信: 2005/09/01 11:34

» 亀は意外と速く泳ぐ [まつさんの映画伝道師]
第197回 ★★★★☆(劇場)  平凡な人生は楽しくないと感じるのは当然だ。  だが現代日本において、多くの人間が平凡な人生を歩まねばならない。どうすればそれを回避できるのか?  そのヒントがこの映画には隠れている。  タイトルが示す「亀は意外... [続きを読む]

受信: 2005/09/01 11:34

» 亀は意外と速く泳ぐ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
「こうして私はスパイになった。 とにかく連絡があるまで、なるべく平凡に暮らすこと」 クジャク>「好きな数字は?」 スズメ>「6」 クジャク>「好きな寿司ネタは?」 スズメ>「ハマチ」 クジャク>「そこそこだな〜」 脱力系スーパームビー?「奥様はスパイ... [続きを読む]

受信: 2005/09/03 11:38

» 『亀は意外と速く泳ぐ』 [Rabiovsky計画]
『亀は意外と速く泳ぐ』公式サイト シネテリエ天神サイト 監督・脚本:三木聡 出演:上野樹里 、蒼井優 、岩松了 、ふせえり 、要潤 2005年/日本/90分 シネリーブル博多駅を出てから体調悪かったのが少し良くなったので ちょっと気持ちに余裕ができた感じ...... [続きを読む]

受信: 2005/09/14 22:29

» ★≪テアトル新宿の意外なデザイン性でリセット!≫演劇論5≪2005年9月14日(水)≫ [阿部仲麻呂★学術活動!★ ABE-NAKAMARO WEBlog]
★よく訪ねる映画館は「テアトル新宿」。ちょうどいいんですね。場所的にも、広さ的にも。上映している映画の感性も。あんまり混まないということも。あらゆる意味で、ベストな映画館です。 ★もともと、映画は、あんまり観なかった。むしろ敬遠していたくらいです。お金もかかるし、時間のムダだから、と。しかし、最近、ふっと、観るようになりました。なぜかというと、大学や養成機関の教官をしていると、すごく疲れるからです。  全力で90分の講義を連続して2コマ行うと、合計3時間ひとりで話しっぱなしです。しか..... [続きを読む]

受信: 2005/10/19 21:26

» 映画「亀は意外と速く泳ぐ」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「亀は意外と速く泳ぐ」★★★ ストーリー:平凡な主婦・片倉スズメ(上野樹里)は、ある日スパイ募集の張り紙を見て応募。「平凡に暮らすこと」というミッションを受けるが・・・。 三木聡監督が「イン・ザ・プール」に続いて送る第2弾の脱力系コメディ。 前作と出演者がかぶっており、小ネタ満載で、ぬるーい笑いが多い。 だいたい主婦とスパイの組み合わせという発想からしてハテナだし、これはバカ�... [続きを読む]

受信: 2005/11/01 21:51

» 【映画】 亀は意外と早く泳ぐ ★★☆ [徒然なるままに・・・]
ストーリー: 夫が海外赴任中の片倉スズメは、ペットの亀と単調な日々を送っている。 幼なじみのクジャクは、大胆でスケールの大きい女なのに…。 自分の平凡さを嘆いていたある日、スズメはスパイ募集の張り紙を見つける。 思わず連絡してしまったスズメを待ちかまえていたのは、 ある国のスパイだという夫婦シズオとエツコだった。 むりやり活動資金500万円を渡されたスズメは、 “目立たないように平凡... [続きを読む]

受信: 2005/11/01 22:49

» 亀は意外と速く泳ぐ 評価額・1400円 [Blog・キネマ文化論]
●亀は意外と速く泳ぐを浜松東映劇場にて鑑賞。 単調な日々を過ごす主婦スズメが、町 [続きを読む]

受信: 2005/11/12 21:11

» 亀は意外と速く泳ぐ [かりめろ日記]
■観覧場所 キノシタホール■ ■脚本・監督 三木聡■←【イン・ザ・プール】 ■CAST 上野樹里 蒼井優 岩松了 ふせえり 松重豊ほか■ ■あらすじ■ 片倉スズメ(上野樹里)は平凡な主婦である。 夫は海外単身赴任中、定期的に電話をくれるが、話すのはペ....... [続きを読む]

受信: 2005/12/15 01:21

» 映画のご紹介(77) 亀は意外と速く泳ぐ [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(77) 亀は意外と速く泳ぐ 亀は意外と速く泳ぐらしいが この映画では亀は泳いで いなかった。 ジョゼと虎と魚たち、スウイング・ガールズ、サマータイムマシンブルース...... [続きを読む]

受信: 2005/12/20 23:59

» フェッフェッフェッフェッフェ~。~亀は意外と速く泳ぐ~ [ペパーミントの魔術師]
天然上野樹里×ぶっとび蒼井優のコラボがここまでおもしろいとは。 このスズメとクジャク、2人のエピソードだけでも 十分ファンは満足できるのでは? 亀は意外と速く泳ぐ デラックス版上野樹里 三木聡 蒼井優 ジェネオン エンタテインメント 2006-01-25売り上げランキング :..... [続きを読む]

受信: 2006/01/30 16:25

» 脱力系コメディ「亀は意外と速く泳ぐ」 [わたしの見た(モノ)]
亀は意外と速く泳ぐ デラックス版 「亀は意外と速く泳ぐ」 “そこそこ上手いラーメン”が劇中登場するが、 本作品は私にとっては、 “そこそこ”どころか、かなり好みのタイプ。 三木聡監督の作品は、シティボーイズの舞台からハマッタ。 何とも言えない、ゆる... [続きを読む]

受信: 2006/01/30 20:57

» 亀は意外と速く泳ぐ・・・・・・・・ [サクっと]
亀は意外と速く泳ぐ デラックス版 スウィングガールズ、サマータイムマシンブルースで 好演していた上野樹里ちゃん主演の 「亀は意外と速く泳ぐ」 軽い感じのコメディ見たいなので気楽に鑑賞しましょ... [続きを読む]

受信: 2006/03/17 19:49

» 「亀は意外と速く泳ぐ」(日本 2005年) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
夫が海外単身赴任中の平凡な主婦はある日スパイになりました。 「亀は意外と速く泳ぐ」 [続きを読む]

受信: 2007/01/11 14:51

« 星になった少年 | トップページ | リンダリンダリンダ »