« NANA | トップページ | 蝉しぐれ(これから) »

2005/09/06

ALWAYS三丁目の夕日(これから)

3chomeこれも原作がマンガ、といっても西岸良平。ああ、いいな。ほんわかしそうだな。懐かしい風景が映像で観られることにも興味があるし。

昔を懐かしむ…っていうのも、当節の流行(はやり)なのかもしれない…と思いつつ。

フラフープ、三輪車(エンジン積んだヤツ)、路面電車(まだ走っているけど)、D51の蒸気機関車…。

|

« NANA | トップページ | 蝉しぐれ(これから) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■はちむきさんへ
コメントありがとうございます!
そうですよ。早く観たいです。(笑)
堤さんと筧さんが、時々ごっちゃになってしまうような自分ですが、ようやく分別(おふたり)できるようになってきたかも。(汗)
吉岡氏の、あの「甘ったるい」声も懐かしさとかほんわかには、しっくりですね。最初は、意地悪なことを言っているらしいってことも興味の対象になってマス。

投稿: あかん隊 | 2005/10/21 15:32

早く見たいです!!
今年は堤さんよく映画に出てますよね!!
私は嬉しいですが(笑)

ほんわかしたい私・・初日に行こうかな(笑)

投稿: はむきち | 2005/10/21 14:07

■悠さんへ
うーん。西岸良平の漫画だから避ける…解るような気もしますね(笑)。基本的には、昔懐かし…の気分を味わいたいかなってところです。
『姑獲鳥の夏』は、自分も気に入っていますよ。実相寺監督らしいワールドになっていて、満足だったんですけど、いろいろ思い入れのある方だとご不満もあり、かな?
堤さん、最近だと『フライ・ダディ・フライ』も良かったですし、「油のノリ具合」は絶好調なのかもしれませんねぇ。

しかし「目の覚めるような」美男、ではないことが、いいことなのかも。(汗)
最近、とんとお目にかかれません。「目の覚めるような」美男、美女というべき俳優さん。どなたか、「この人なら!」と推薦してみてくださいませんか?(笑)

投稿: あかん隊 | 2005/10/21 00:47

西岸良平さんの漫画だから、見ない方にいれてたんですが。
一年限定堤真一で、舞台+映画を追っかけていたので、やっぱり今年最後の上映作品は、見ないわけにはいかないかな~と。映画では、「姑獲鳥、、、」よかったのに、評判がいまいちで、うーーーーと、考えこんでます^_^;
堤さんは、今年が旬だぞって、言って昔からのファンの顰蹙をかってるおいらです(T_T)。

投稿: 悠 | 2005/10/20 23:19

■しいなさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
よかったみたいですねぇ。自分も観る予定です。
まだ、観てないので。ごめんなさい。観た後、もう一度お邪魔したいと思います。

原作は漫画ですよね。ちらっと見たような記憶もありますが、ほとんど知らないに等しいです。西岸良平の漫画、キャラクタが独特のフォルム(?)なので、すぐわかるんです。(笑)

投稿: あかん隊 | 2005/10/20 21:10

TBありがとうございました。
私は、原作を知らないのですが、「ALWAYS」よかったです。もしかしたら、原作を知っている人からすると、ちょっと…っていうのがあるのかもしれませんが。
まだ、生まれていない頃の話ですが、なつかしい、あったかい気持ちになれました♪

投稿: しいな | 2005/10/20 21:05

■えいさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
こちらの映画、鑑賞する予定でいます。
これでもか…的な、冗長さは、映像に懲りすぎると付帯してくる現象のようにも思います。とりあえず、懐かしい映像を楽しみに。
『蝉しぐれ』、観賞後、記事アップしますので。よろしくお願いします。

投稿: あかん隊 | 2005/09/13 01:17

こんばんは。

この映画、映画の作り方が変わってしまったことを
改めて思い知らされました。
いいところ、悪いところいろいろありますが、
それでも3回ほど目頭が熱くなり、
そのうちの一度は、涙が頬を伝っていました。
でも、少し長すぎたかな。

あっ、『蝉しぐれ』はご覧になってから
TBさせていただきます。(汗)

投稿: えい | 2005/09/13 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/5821620

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS三丁目の夕日(これから):

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』 [ラムの大通り]
----うわあ、なにこれ?東京タワーが壊れている。 しかもその前を路面電車が走っている? 「(笑)これはね。いまだに根強い人気を持つコミック 『三丁目の夕日』を実写映画化したものなんだ。 舞台が昭和33年。というわけでこれは建設中の東京タワー」 ----それって撮影が難しくない? パリやロンドンと違って、 東京にはそんなに古い街並や建物は残っていないし。 「いいところに気づいたね。 監督が『ジュナイブル』『リター... [続きを読む]

受信: 2005/09/13 00:52

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』 [今日も映画、明日も映画♪]
     今日は朝から姉と2人で、『ALWAYS 三丁目の夕日 』の試写会へ。 STORY 昭和33年。この年着工された東京タワーは、人々の夢と希望の象徴となり、着々と天に向かって伸び続ける。この年の夕日町三丁目では個性豊かな住民達が暮らしていた。そんなある日、短気... [続きを読む]

受信: 2005/09/23 23:24

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」予告でジ~ン! [新作映画ピンポイント情報]
 「ALWAYS 三丁目の夕日」(東宝)は、昭和30年代の下町風情を描いたコミックを実写映画化!建設中の東京タワーがシン [続きを読む]

受信: 2005/09/29 23:16

» ALWAYS 三丁目の夕日 [欧風]
9日に決勝が行われた鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリを観に行く為に、7日は深夜バスに乗る予定だったんですけど、その日にあった試写会が、この「ALWAYS 三丁目の夕日」。 以前もこういう出掛ける前の試写会ってあったな~。もっと余裕を持って準備をしたいんだけど。まあ、「愛するサッカーチームと試写会の日程は変えられない」と昔の偉い人も言っていたから、しょうがないか。タダで観てるんだから贅沢は言えないしね~。前観たのはこれ。全くもって期待してないばかりか、何も知らずに行った割にはものすごい感動し... [続きを読む]

受信: 2005/10/19 05:51

» ALWAYS 三丁目の夕日は静かに沈む [今日はどこへ行きましょうか]
『ALWAYS 三丁目の夕日』観ました 私が、まだ生まれる前の東京のお話。 なんだか、「8時だよ全員集合!」とか、「じゃりん子チエ」なんかを思い出しました ストーリー「東京タワーが完成した、昭和33年の東京。夕日町三丁目は、いつもにぎやかな、まさに下町。短...... [続きを読む]

受信: 2005/10/20 17:08

» もうすぐロードショー!おすすめ「三丁目の夕日」 [「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
もうすぐ封切り!おすすめします。「三丁目の夕日」 この映画の原作は、漫画ビッグコミックオリジナルに連載中 作者は、西岸良平氏である。   私は、元祖テレビっ子であるとともに、漫画評論家でもあるので、これは外せない。子供の頃から、星の数ほど漫画を読み...... [続きを読む]

受信: 2005/10/31 17:20

» ■映画『ALWAYS 三丁目の夕日』■ [阿部仲麻呂★学術活動!★ ABE-NAKAMARO WEBlog]
■映画『ALWAYS 三丁目の夕日』  ほのぼのと心あたたまる映画っていうのも、あってもいいのではないでしょうか。最近、そのような心あたたまる映画に、なかなかお目にかかるチャンスがなかったので、このたびの『ALWAYS 三丁目の夕日』のような映画の登場は、かえって新鮮な感じがします。諸手を挙げて、賛同したいです!  最新のコンピュータ・グラフィック技術を使って昭和30年代の情景を描き出すというのは、温故知新という日本ならではの伝統的モットーを現代化しているようで、たの..... [続きを読む]

受信: 2005/11/03 18:00

» ALWAYS 三丁目の夕日 [心の地下室]
『ALWAYS 三丁目の夕日』のレビュー [続きを読む]

受信: 2005/11/10 01:12

» ALWAYS 三丁目の夕日 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気blogランキングに参加してます! ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。 ご協力お願い致します。 今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、....... [続きを読む]

受信: 2005/11/12 03:01

» ALWAYS 三丁目の夕日 [★★レガシィBP5 2.0GT spec.B WR-Limited2004★★]
原作は、ロングセラーマンガ西岸 良平著「三丁目の夕日・夕焼けの詩」 BSマンガ夜話2003年11月25日放送で、「三丁目の夕日・夕焼けの詩」 やって、 何回かは読んだことあるけど、いつかはじっくり読んでみたいなぁ と思ってたんだけど、読まないまま映画観ました。それは、 映画と原作はたぶん全然違うと思ったから。 登場人物は絶対重ねちゃいけないと思ったから。 感想は、評判に違わず、よかったです。 それにしても、最近、日本映画もよく見るようになったし、尋常じゃなく、よく泣くようにな... [続きを読む]

受信: 2005/12/03 23:21

» ALWAYS三丁目の夕日~子供のこと心配しない親なんていないのよ~ [いつか誰かと交換日記!?]
気分よく鉄板焼き屋を出てのんびりフラフラ たどり着いた先は六本木ヒルズ 東京タワーが綺麗ですよ 東京タワー?…と言えば そうだ!観ちゃいますかー「ALWAYS~三丁目の夕日」 評判いいし、気分いいし、 たまに寄った時に観る映画もオツだろうしぃ、、、 ♪ 学校ないしぃ~家庭もないしぃ~ 嫌じゃないしぃ~かっこつかないしぃ~♪ 韻を踏んでたら懐かしい電気グルーブの曲が頭を駆け巡り いざ映画館へ! 20時50分開始だったけど、結構人が入ってました 皆、会社帰りに観てるんだね... [続きを読む]

受信: 2005/12/15 12:41

»   Movie:『ALWAYS 三丁目の夕日』 [Curry Life!]
ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t なんて、暖かい映画なんだ。 昭和33年の、日常を描いたストーリーで、 特筆するほどのエピソードはないのだが、 何故か、感動してしまい、あちこちで、すすり泣く声がw。 こんなに、普通に泣いてしまう映画は、初めてだ。 昔の古き良き...... [続きを読む]

受信: 2005/12/20 00:42

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 [soramove]
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...... [続きを読む]

受信: 2006/01/09 10:19

« NANA | トップページ | 蝉しぐれ(これから) »