« ALWAYS三丁目の夕日(これから) | トップページ | DEODATO 2 »

2005/09/07

蝉しぐれ(これから)

semisigureずっと前(多分今年の2月くらい?)から気になっていた作品。公式ページは、早々にできていて、これから製作…なんていうんで、いつになるかと思っていたから、やっと…の思いが強い。

楽しみにしているので、試写会等で先にご覧の方のレビューは、なるべく拝見しないようにしたいデス。

|

« ALWAYS三丁目の夕日(これから) | トップページ | DEODATO 2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■chishiさんへ
コメントありがとうございます!
無理しないでくださいねー。(それとなく言ってみる)>ちっとも、それとなく…になってないケド。。。
試写会が当たったり、株主優待で先に観たりする方のレビュー、パスです。(爆)
これから観る人のこと考えてないレビュー、少なからずありますもんねー。

投稿: あかん隊 | 2005/09/14 23:25

私もこの作品、楽しみにしてます。
絶対観る!って決めてるから、自分が観るまでは
他の人のレビューを読みたくないですな~(笑)

投稿: chishi | 2005/09/14 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/5821917

この記事へのトラックバック一覧です: 蝉しぐれ(これから):

» 『蝉しぐれ』 [京の昼寝〜♪]
20年、人を想いつづけたことがありますか。  「忘れようと、忘れ果てようとしても、 忘れられるものではございません」 「文四郎さんのお子が、私の子で、  私の子どもが文四郎さんのお子であるような  道はなかったのでしょうか」   文四郎(市川染五郎)と隣同士で幼馴染のおふく(木村佳乃)。 互いに淡い想いを心の奥にしまい込んでいた。 二人を運命は、おふくが江戸屋敷の奥に上がることで�... [続きを読む]

受信: 2005/09/08 00:51

» 蝉しぐれ [[蝉しぐれ]情報]
p「蝉しぐれ」と藤沢周平の世界蝉しぐれ蝉しぐれ・市井の人々の生き方が、ここにある・なんだかもう胸がしめつけられる・清涼感あふれる名作命の限り蝉しぐれ―日本政治に戦略的展開を・エピソード多く面白い・世代から世代へのたすきリレー裏通り/蝉しぐれ>>続き …映画「蝉しぐれ」試写会 女優の木村佳乃(芸証1部:2024)がヒロインを務める映画「蝉しぐれ」(黒土三男監督、10月1日日本公開)のプレミア試写会が、ソウル市内のCOEXオディトリウムホールで行われた。日本の公開に先立って韓国で邦画が上映されるの... [続きを読む]

受信: 2005/09/23 17:49

» 蝉しぐれ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
「文四郎さんのお子が私の子で、 私の子どもが文四郎さんのお子であるような 道はなかったのでしょうか」 。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん [続きを読む]

受信: 2005/10/05 00:48

» 「蝉しぐれ」は悲恋物語? [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 体育の日は妻の誕生日なのだ。毎年毎年、例外なく、決まっている。覚えられやすく得をしているなあ。河原町三条で映画「蝉しぐれ」を観た後、祇園で中華料理を食べてお祝いをした。「蝉しぐれ」は僕にとって、藤沢周平作品で一番好きな小説であり、映画化には芳しくない評....... [続きを読む]

受信: 2005/10/11 00:44

« ALWAYS三丁目の夕日(これから) | トップページ | DEODATO 2 »