« ファンタスティック・フォー | トップページ | ユリイカ-eureka (DVD) »

2005/09/20

チャーリーとチョコレート工場

chocoこれは「こういう映画なんだ」と思って観るのがいい。最近、「もごもご」言いはじめると切りがなくなるような映画が多くて、困惑気味。消化不良を起こさないように、映画の流れに寄り添って瞬間瞬間を楽しむ…しかないのかもしれない。

おもしろい。映像もきれい。アイディアも満載。ストーリーも、そう悪くはない。
楽しめないわけじゃない。つまらなくはないのだが…。

これも恐らく原作の方が、ずっと心に迫るものなのだろうという想像はつく。拾った紙幣で、いともあっさりチョコを買う、決してそういったことが簡単にできるような少年には見えないのに。まして、それで「ご当選」ともなれば、彼の「良心」は平常ではないはずなのに。だからその後、どんなに「品行方正」「愛情深い」「良質の少年」として存在しても、どこか「嘘」のように見える。

ジョニー・デップも出てるし、ティム・バートンだよ…と言われて、「わー! そうなんだ!」、と素直に喜んだ訳でなく、ちょっと不安だった。で、その不安は、かなり当たっていたかも。クルミを選別して割る作業をするあの「○○」たち。場内からは「かわいいー!」の声。が、○○って実はたいへん攻撃的な性格で、あまり人になつかないというのを知っている自分は、たくさんの○○に恐怖した。展開は、読めてしまって定石どおり。

『2001年宇宙の旅』なんて、ご覧になっていない若い人ばかりだったのか、「オベリスク」に見立てた「チョコ」、白一色の密閉されたルームから電送された地で「猿人」がわさわさしていても、ちっともインスパイアされなかったようだ。クリストファー・リーも「イイ人」になっていて、嬉しかったし、デヴィッド・ケリーは存在そのものが「キャラクタ」だし、ノア・テイラーは「トゥーム・レイダー」の時より、ちゃんと老けて、お父さんらしかったし。デップや子供たちより、まわりの大人の俳優さんが、とても気になった映画。レイトだったので、パンフ購入できず(売店しまってた)。

ティムさんも年を取ったというべきか、それとも観賞するターゲットのミスか?
ウンパ・ルンパのビートルズ(ですよね?)では、ポール役のベースは、ちゃんと左利きになっているのにも、大した関心もなかったろう…と思うと、なんだかとても哀しいデス。でも、一番可哀想だったのは、ずっと「歯科矯正金具」をつけて演技しなければならなかった「彼」。パンフを購入しても、誰なのかは確認できないだろうか?

「『…だったらいいな』が、ここにある」式。「家族」「父親」…ほんとに一番大事って思っていますか?

|

« ファンタスティック・フォー | トップページ | ユリイカ-eureka (DVD) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■さくさく さんへ
TBとコメントをありがとうございます。
自分も原作は、未読です。(汗)
ことに「童話」「児童文学」については、原文で読む気力がない場合、翻訳ものの原作を読む気持ちになれなくて。『ハリー・ポッター』シリーズは、翻訳が気にくわなくて(爆)、原文で最初のを読みました。日本語版は、一冊も購入していません。(笑)

投稿: あかん隊 | 2006/02/25 04:23

コメントどうもでした~
わたし原作読んでいないんですよねぇ
やっぱり読んだほうがいいのかしら
では~

投稿: さくさく | 2006/02/24 19:33

■かねたんさんへ
そうですね。拾ったお金は、授かりもの。(爆)
日本でも、500円以下だと「刑事罰」の対象にならないそうです。(窃盗事件などで)
でも、万引きだったら、どうなのかな? よくわかりません。
あの少年は、「模範的優良少年」なので、ああいうことがあってはいけないのだろうと想像します。(笑)
ウンパルンパは、「せんだみつお」とか「みのもんた」とか…似てる、、、という話題が、少しありました。(爆)

投稿: あかん隊 | 2006/02/13 00:30

なるほどお金を拾ったことを悩むのですか。

拾ったお金を警察に届けるのは、日本だけではないかという話を複数から聞いていたので、私は特に違和感を感じませんでした。

もちろん、自分がお金を拾っても届けないという意味ではありません。

別な言い方をすれば、文化が違うのだから、それは、そのまま受け入れるということですね。

それにしても、ウンバルンバは、印象に残るキャラクタですね。

投稿: かねたん | 2006/02/12 12:27

■かねたんさんへ
映像は、すばらしいですね。いろいろな過去の映画が、思い出されて楽しかったです。
ウンパルンパは、きっと忘れないキャラクタです。

「お金を拾う」のは、原作にもあるそうです。(他の方のブログで知りました)
でも、原作では、拾ったお金でチョコを買うこと(買ったこと?)に、少年は凄く悩むのだそうです。映画では、いともあっさり、なんの葛藤もなかったですから…。ちょっと気になりまして。
子を持つ親ともなると、気になる度合いが違うのかも(汗)。

投稿: あかん隊 | 2006/02/12 03:00

ロードショーは見逃して、今日、TSUTAYAでDVDを借りてきて観ました。

「2001年宇宙の旅」のほかに、ちょっと古いですが「水着の女王」、「サイコ」のシーンもありましたね。

原作は読んでいないのですが、他のダールの作品を読んだ印象からすると、あの皮肉はよくわかります。

それと、お金を拾うシーンも原作にあるのでしょう。
ティム・バートンを責めるのは、お門違いのように感じるのですが。

ぜひとも原作を読んでみたいと思います。

投稿: かねたん | 2006/02/11 23:45

■けいこ。さんへ
「別れる時に、姿が見えなくなるまで見送る…」というけいこ。さんの記事を読みました。そういう気持ちを持っていらっしゃるということは、すごくステキ!
「もう、あんな気持ちで、誰かを想うことはないな」と自覚しているこの頃です。その時の「誰か」には、きれいさっぱり振られてしまいましたしねぇ(爆)。
まあ、こんなもんです。>どんなもんヨ?(汗)

ご用命の向きは、処理いたしましたのでご安心くださいませ。(笑)>今夜は、niftyのサーバーが、ちと、のろのろしておりました。

投稿: あかん隊 | 2005/10/21 02:56

> 繊細さと夢..
ありがとうございます。
職業的なものと、私の精神的な幼さが現れてるのかもしれません。
でも、私、そんなに若くないですよー。
もう、すっかりオトナの女です。(笑)

それから.. ごめんなさい。
TBにエラーが出て、何回かトライしたら
アラシみたいになっちゃいました。(汗)
ひとつだけ残して、削除してください。
お手数お掛けしますが、どうぞよろしくお願いします。

投稿: けいこ。 | 2005/10/21 01:41

■けいこ。さんへ
コメントありがとうございます。
けいこ。さんが、とてもお若いから…でしょう。オマージュされていたものたち。
おそらく、けいこ。さんのお母様より年齢が上かもしれませんよー>自分(汗)。

けいこ。さんのブログには、繊細さと夢がありますね。人生、ほぼ諦めの境地にさしかかっている自分は、反省しきりで、ただただ拝読するばかり。。。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: あかん隊 | 2005/10/21 01:18

この間は、ブログに来ていただいてありがとうございました。
TBも、ありがとうございます。
ん〜♪ 深いですね。
冷静な分析&別ストーリーに、ふむふむと頷いてしまいました。
私は『2001年..』も、ビートルズもよくわかりませんでした。
無知だったからこそ、単純に楽しめたのかもしれません。
これって、子どももターゲットにしちゃった時点で
なんか、いろんなものがズレでしまった感は、否めないと思います。
もっと、大人対象に貫いちゃった方が、すっきりしたような気がします。

映画、好きなので、いろいろな記事を興味深く読ませていただきました。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

投稿: けいこ。 | 2005/10/21 00:05

■カヌさんへ
でしょう? でしょう?>「ふ・た・り」
うーん。そういう気持ちが、ずーっと続くように祈ります。これから、いろいろあるでしょうけど、こういう時の気持ちを忘れなければ「きっと乗り越えてゆける」(何かの台詞のようだが…)。

そうそう。ストーリーは、単純だったかも。もっと「どろどろ」…紆余曲折があっても良かったかな、と思います。

投稿: あかん隊 | 2005/10/05 22:20

二人っていいですね(^^;
映画なかなか観れてないけど…
もっとドロドロな方が個人的には好みかな。

投稿: カヌ | 2005/10/05 22:08

■カヌさんへ
コメントありがとうございます!
ふたりって、いいでしょう?>謎

サイドストーリーねつ造、同意していただいてありがとうございます! ほんとは、美談じゃなくて、「恨んで」「嫉んで」「呪って」化けて出る(降っている雪が赤くなったり)…ってなると、ホラーっぽくなってますますブラック…でもないか(爆)。>シン・シティの感化?

投稿: あかん隊 | 2005/10/05 00:42

こんばんは。別ストーリーいいですねぇ(^^;
私がもう一ひねり欲しいなと思ったのは、チャーリーがいい子過ぎるところだったから、そういうのもアリだと思います!

投稿: カヌ | 2005/10/05 00:22

■なななさんへ
コメントありがとうございます。
そうですね。すべて「チャーリーのためだけ」の舞台だったかもしれませんね。

投稿: あかん隊 | 2005/09/26 14:21

TB&コメントありがとうございました。
私は拾ったお金気にならなかったんですよね。
何でかは分かりませんけど・・・
こういうことって日常にあるからでしょうか?
この映画自体全てはチャーリーのために用意された舞台でしたからね。

投稿: ななな | 2005/09/26 13:56

■chishiさんへ
そうかなー。行き過ぎですか?
「君の幸せも誰かの犠牲の上にあるものなんだよ」って意識を持ってもいいんかな、と思うわけです。チャーリーのような子どもでいれば、いつかきっと幸せになれる…なんて、やっぱり「夢」物語でしょう? でも、だからあれでいいのか>何を言ってるんだか…

投稿: あかん隊 | 2005/09/25 16:08

あ、あかん隊さん
それ、話しがイキすぎですって(汗)
よく出来てて面白いけどねっ(爆)

投稿: chishi | 2005/09/25 15:38

■京野菜さんへ
TBとコメントをありがとうございます。
気になりましたよね? 拾ったお金…。
気になったので、原作を読んだ方の記事を見つけて「原作では、拾ったお金について、とても悩む少年」であったことがわかり、なおさら、映画でも、ここのところは「てきとー」にしては、まずかったろう…と考えましたよ。はい。

投稿: あかん隊 | 2005/09/25 01:04

はじめまして。鋭い観察、さすがです。僕も少年が拾った紙幣でチョコを買うシーンに疑問を感じましたが、ブログには書きませんでした。

投稿: 京野菜 | 2005/09/24 19:16

■chishiさんへ
別なストーリーが、ここから展開しそうです。あの紙幣は、貧しい母子家庭の小さな女の子が、重病の母親の薬を買いに出かけていて落としてしまった、とする。
その子は、すぐに気付いて戻ってきて、声を掛けようとするが、既にチャーリーはチケットを当ててしまっているのをお店の窓越しに見つける。女の子は、チャーリーの家庭のことも、チャーリーの性格のこともよく知っていたので、「お金を落とした自分が悪かったのだ」と諦め、チャーリーだけでも幸せになって欲しいと思う。彼女はチャーリーが好きだったのだ。
女の子は、家に戻ってすべてを母親に話す。母親は、とても慈愛深い人だったので、女の子の気持ちを理解してすべてを許す。チャーリーの家族が幸せになる頃、女の子の母親は病死し、女の子もひっそりと後を追うように…。なんちって。

投稿: あかん隊 | 2005/09/24 02:33

拾ったお金
私もこの部分、みょーに気になっちゃったんですよね^^;
いつ説明を求められるかって勝手に緊張しちゃいました…まるで自分が拾ったお金でチョコレート買ったみたいに(爆)

投稿: chishi | 2005/09/24 02:08

■ミチさんへ
そうですねぇ。古い人間の部類になるのかもしれません。もう、2005年なんですものねー。信じられない…。『2001年宇宙の旅』も、ほぼ現実のものとなっているようですから。この先、いったいどういう世界になるのかなー。ガレー船、確かに、イメージありますね。>『ベン・ハー』

投稿: あかん隊 | 2005/09/22 18:06

こんにちは〜。
TBさせていただきました。
「2001年〜」を知ってる世代ってもう年寄りなんですかねぇ?
猿人が出てきて、「ツァラトゥストラはかく語りき」が流れ出したところで、来るぞ来るぞ・・・・キターーーーー!ってものすごく喜んだのに・・・。
モノリス知らないと喜びも半分以下ですよね。
あと、「ベン・ハー」のようなのガレー船も個人的にはウケました。

投稿: ミチ | 2005/09/22 08:14

■たいむさんへ
ありがとうございます!
普段は映画を観ない人もたくさん劇場に行っているみたいですしね。あの映画も、下手をするとビートルズも知らない人たちがたくさんいるのかもしれません。>ちょっと寂しい。>ううん、かなり寂しい。
なんて正直なたいむさん。正直な人に幸あれ!

投稿: あかん隊 | 2005/09/21 23:53

■にゃんこさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
おお! パンフレット、どうでした?
そうですか、パンフでもあの気の毒な役の少年の名前は判らないのですね。ティムさんのブラックのノリ、とはいえ、可哀想でたまりませんでした。あれも「親の愛情」でしょ? 歯列矯正するのは、身体のため、見た目のため…。技術がなかった時代には、そのままでもなんとかやってきていたはずなのに…。なんだかなぁ。。。

投稿: あかん隊 | 2005/09/21 23:50

■えいさんへ
こんなに関心を持って映画を観るようになったのは、ここ2年ばかりのことなので、少し前になるとほとんど知識がないのです。なのでタランティーノも後追いで『パルプ・フィクション』をDVDで観て認識したような状態でした。ものすごく話題になった方なのですね?

特に父親になった方に顕著な傾向として「説教好きになる」というのがあるかもしれません。子どもたちは閉口するのですが、「…そんなものじゃない。世の中というのは…」、と始まるのです。

投稿: あかん隊 | 2005/09/21 23:45

■ココさんへ
TBとコメントありがとうございます。
やっぱり…。この映画、普段はあまり映画をご覧にならない方も劇場へお出かけになっているらしいですね。TOHOシネマズで必ず流す「映画の観方>味方」って、カードのCMにすっかりひっかかってます。かなりの割合で。ちょっと信じられないんですけど。
でっかいチョコが斜めになって、シュトラウスの「Also Sprach Zarathustra」の曲が流れた時は、興奮したのに、喜んでいたのは自分だけだったようです。しゅーん。

投稿: あかん隊 | 2005/09/21 23:38

>『2001年宇宙の旅』・・・「オベリスク」・・・白一色の密閉されたルームから電送された地で「猿人」
確かに反応薄かったかも。

>「家族」「父親」…ほんとに一番大事って思っていますか?
それこそ『…だったらいいな』かもしれない。
正直言い切る自信はないですね。

投稿: たいむ | 2005/09/21 22:10

パンフレット買えましたが、あっという間に売り切れみたいですね^^;;;
ウィリーの少年時代の子役は結局名前がわかりませんでしたっけ
(と、一応情報提供で)
最近の映画はリメイクや原作が有名だったりで
真っ白な状態で観られないのも
突っ込みいれちゃう理由になるんでしょうか・・・
ゴールデンチケットをチャーリーが当てたシーン
もうちょっと原作どおりにしてもらえたら・・・
みんなの感じ方変わったのかなぁ~
と、思いながら2回も観てきた猫でした(笑)

投稿: にゃんこ | 2005/09/21 19:02

こんにちは

なんだか分かるなあ…という感じです。
ここまでティム・バートン人気が高まると、
彼に関して口を閉ざさざるを得ない空気がありますよね。
一時期のタランティーノ・ブームを思い出します。

ティム・バートンって、
前作『ビッグ・フィッシュ』で夢を持ち続ける大人と
現実に根ざした子供の融和に乗り出して、
今度はさらに、いけない子供へのお仕置きまで出てきました。
人間、いつまでも「永遠の少年」でいることは難しいと言うことでしょうか?

投稿: えい | 2005/09/21 11:25

続けてのコメントです~
そうそう!モノリスのシーンもTVの中のサルにも嬉しくて拍手したかったのに、周りはシーンとしてたんで、ちょっと寂しかったです(涙)
でももしかして心の中で「きゃー!」とか言ってたのかも?私みたいに(笑)

投稿: ココ | 2005/09/20 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/6026250

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリーとチョコレート工場:

» ★「チャーリーとチョコレート工場」 [ひらりん的映画ブログ]
公開初日のナイトショウ(0:15〜)で観てきました。 夜中だっていうのに、ほぼ満員。 さすがチネチッタ川崎? さすがジョニー・デップ? それともティム・バートン監督? こんなにナイトで賑わっていたのは「SWEP3シスの復讐」以来だね。 原題は「CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY」。 2005年製作のファンタジック・コメディ、115分もの。 あらすじ 世界一のチョコレート工場が子�... [続きを読む]

受信: 2005/09/20 02:36

» チャーリーとチョコレート工場 [Akira's VOICE]
ワクワクする幕開けから,ほろっとくる最後まで楽しさ全開! [続きを読む]

受信: 2005/09/20 16:57

» チャーリーとチョコレート工場 [Aloha Days]
ティム・バートン万歳! この世界観&色使いが大好きですっ! いつか、いつの日かアナタと一緒に美味しい日本酒を片手に語り合いたいっ! その時はジョニーも呼んでね・・・ あ、ユアンちゃんもよ♪ 同じく「語り合いたいシリーズ」で(シリーズなのか)、クエンティン・タランティーノっていうラインナップもありです! こっちは語り合うって言うか一方的に話を聴くだけになりそうだけど(笑) バートン作品はほとんど見てるけど、観れば観るほ�... [続きを読む]

受信: 2005/09/20 22:42

» 家族より他人を大切できるという妄想《チャーリーとチョコレート工場》 [アロハ坊主の日がな一日]
平日の朝だというのに、子どもが多くて困った。 何が困ってうるさい、うるさい。上映中もお菓子をほうば り「ばりばり」と。「ちょっと静かにしろ!」という気持 ちをこめて大きなせき払い。無駄だった。 大人気のジョニー・デップと鬼才ティム・バートンがタッ グを組んだ最新作。誰にも知らない「謎のチョコレート工 場」を、イマジネーションのかたまりであるティム・バー トンが作ればどうなるのか? ... [続きを読む]

受信: 2005/09/20 22:53

» 『チャーリーとチョコレート工場』 [ラムの大通り]
-----ティム・バートン&ジョニー・デップ。これは超強力! 「完成披露が行われる丸の内ピカデリー2には 20分前に着いたんだけど、どうにか席を一番前に見つけたって感じ。 人気高いね、このコンビは。 映画も『シザーハンズ』を思わせる<雪>から始まり、 ジョニー・デップも『妹の恋人』をもっと派手にしたようないでたちで ファンの心をくすぐってくれる」 -----これ、以前にジーン・ワイルダー主演でも映画化されてるよね。 原... [続きを読む]

受信: 2005/09/20 23:24

» チャーリーとチョコレート工場☆独り言 [黒猫のうたた寝]
週末のあの混み具合はどーなのよっ?! というか、話題作なら当たり前なんだけど^^;;; あんまし混み合ってる時に観るのも、なんとなくやだったので たまたま有休とっていた今日・・・公開3日目の月曜に観に行ってきました ほんっとは初日とかで観たかったんだけ...... [続きを読む]

受信: 2005/09/21 18:45

» ジョニー・デップって?   [カリスマ映画論]
←現在、ヒット公開中の『チャーリーとチョコレート工場』(略してチャリチョコ)に出演のジョニー・デップ。10年ぶりの来日、レッドカーペットイベントなどの騒ぎで、その名前もだいぶ多くの人が知ったはず。 ジョニー・デップという名前は知っているけどどんな人か....... [続きを読む]

受信: 2005/09/22 00:52

» チャーリーとチョコレート工場 [Matsuno-FC Blog]
先週の木曜日に『チャーリーとチョコレート工場』を観に行った。これほど楽しくウキウキさせる映画を観たのは久しぶり。フジテレビの政井マヤアナがお台場映画王のPR番組で、この作品は「ハリー・ポッター」と「踊るマハラジャ」を足して2で割ったような楽しい作品と評し....... [続きを読む]

受信: 2005/09/22 01:03

» 映画「チャーリーとチョコレート工場」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「チャーリーとチョコレート工場」 ★★★★☆ 「家族って一番大切なんだよ」というテーマを根底に、「理屈抜きで楽しいのがチョコさ!」のセリフにのっとって本当に理屈抜きで楽しませていただいた。 ジョニデは、その美貌こそ白塗りおかっぱに隠れているけれど、ちょっとした顔つきや仕草はさすがで、彼の求心力がなければやはりこの映画は成り立たなかったと思う。 チョコレート工場に入るまでのワクワク感も良かったけど、個人的には工... [続きを読む]

受信: 2005/09/22 08:09

» チャーリーとチョコレート工場 [映画を観たよ]
すっごい楽しみにしていた作品! さて結果は・・・ 最高でした。旧作があまりに面白かったからどうなることだろうと心配していた部分もあったけどその心配を吹き消してくれるとても愉快な作品に仕上がっていました。 話の筋自体は同じだけど旧作よりはわりとあっさり描かれていてウォンカさんの過去も垣間見れます。こっちの方が原作に忠実なのかな? ラストも同じだけど展開がちょっぴし違ったり。 それにしてもホ... [続きを読む]

受信: 2005/09/24 12:42

» チョコレート工場にもっといたかったな [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 先週「シンデレラマン」を観に行った際、シネコン「MOVIX京都」の窓口付近で係員が「『チャーリーとチョコレート工場』は後3つしか席が残っていませんよ」と大きな声を張り上げていた。その時点でまったく予備知識なし。ただきっと、面白い映画に違いない、と確信し....... [続きを読む]

受信: 2005/09/24 19:14

» 「チャーリーとチョコレート工場」 [the borderland]
原作も前作も知らずに見たのですが、こんなにブラックな作品とは思ってませんでした。ヒネタ子供たちと、大人になりきれない工場長ウォンカ(ジョニー・ディップ)との対決?は見もの。 家は貧乏でも、ひねる事無く、普通に育ったチャーリー。 彼の家の近くには、ウォンカのチョコレート工場があるが、そこで働く人を町の誰もが見たことがない!ある日、「チョコレート工場に5人の子供を招待する」と張り出され、世界中でチョコに入っている5枚のゴールデンカード争奪戦が始まった。 【チョコっとネタばれ】 ティム・バ... [続きを読む]

受信: 2005/10/05 00:17

» 映画「チャーリーとチョコレート工場 字幕版」を観てきました。 [ブツヨク人 〜 ブツヨクのススメ 〜]
映画「チャーリーとチョコレート工場 字幕版」を観てきました。 監督:ティム・バートン 主演:ジョニー・デップ / フレディ・ハイモア / ディープ・ロイ / ヘレナ・ボナム=カーター / デヴィッド・ケリー / クリストファー・リー この映画は、ロアルド・ダー....... [続きを読む]

受信: 2005/10/18 13:58

» 『チャーリーとチョコレート工場』 [*- Petit soupir -*]
主人公は、チャーリーではなく ウィリー・ウォンカ? 世界的に有名な お菓子職人で 成功を おさめている彼が ずっと、秘密のベールに包まれていた チョコレート工場に、5人の子どもたちを 招待しようと 思いついたことから 物語は始まる。 ファンタジーを 期待して行ったら 見事に裏切られ、翻弄されまくり。 ただの、ポップでシニカルな映画だと言ってしまえば、それまで。 でも..。 << 観てから見てね >> オープニングのチョコレート工場の 幻想的&機能的な美し... [続きを読む]

受信: 2005/10/21 00:10

» 『チャーリーとチョコレート工場』レビュー/ジョニー考 [西欧かぶれのエンタメ日記]
ジョニー・デップが出演しているとなると、たとえどんなに駄作だろうがチョイ役だろうが、スクリーンで観ずにはおけない…という状態が、もうここ数年ずっと続いている。そんな私が我慢に我慢を重ね、やっとのことで今日、『チャーリーとチョコレート工場』を観にいくことができた。 (なにかの陰謀で、帰国してからの3週間、この映画の上演時間と私の予定がかみ合わなかったの…) 観る前は、『ネバーランド』のような、子どもの想像力や純粋さをテーマとした作品なのかと思っていたら、けっこうブラックユーモアが効いてたねぇ…... [続きを読む]

受信: 2005/10/21 03:31

» チャーリーとチョコレート工場・・・・・・・・・ [サクっと]
チャーリーとチョコレート工場 ティム・バートンとジョニー・デップのコンビで評判の 「チャーリーとチョコレート工場」 正直あんまり期待していないのですが さて・・・・・   [続きを読む]

受信: 2006/02/24 01:04

» 「チャーリーとチョコレート工場」〜幸せはチョコの中に!? [お茶の間オレンジシート]
2005年アメリカ/イギリス監督/ティム・バートン原作/ロアルド・ダール出演/ジョニー・デップ フレディ・ハイモア デヴィッド・ケリー    ヘレナ・ボナム=カーター クリストファー・リー ジェームズ・フォックス 世界一のチョコレート工場の経営者ウィリー・...... [続きを読む]

受信: 2006/02/25 21:58

« ファンタスティック・フォー | トップページ | ユリイカ-eureka (DVD) »