« KINGKONG(これから) | トップページ | ぶらりあるきパリの博物館 »

2005/09/12

サマータイムマシンブルース

summertimebluesごく普通の若者の雰囲気が良く出ている。お話としては、かなりはちゃめちゃなのだが、それなりに筋が通っているかのよう…。結局、観ている側もはぐらかされてしまったのだろう。脚本も、自然だし、考えられている。小道具も吟味されている。レトロな雰囲気の街並みや「名画座」、古ぼけた、その映画館にかかる映画のポスターや書き割り。銭湯の番台にごちゃごちゃ置かれていた小物。街中のポスター「気をつけよう! その行動を誰かが見ている」みたいな文言にセットされた写真の人物(あれ、誰だろう?)が、映るたびに、変わっていたりして。

良い味を出している。が、しかし、『亀は意外と速く泳ぐ』『運命じゃない人』『メゾン・ド・ヒミコ』、そしてまた『サヨナラCOLOER』…といった歴々を観てしまった後では、少々ものたりなかった。それでも、ワンちゃん「ケチャ」は、無性にかわいいヤツだったゾ! 名前がいいねぇ。

夕食の献立(いったい、何時の夕食?)を、「すきやき」にしたのはよかったが、「玉子」がひとつしか残っていなかった。これ幸い(?)と「玉子を買ってくる」といってレイトショーに行ってきた。もちろん、先に「玉子」をスーパーで買った。「玉子」を抱えて映画観賞(しかもレイト)する人もそう多くないだろうなぁ。帰宅したら、寝静まっていた。。。ふふふ~ん、と鼻歌。

|

« KINGKONG(これから) | トップページ | ぶらりあるきパリの博物館 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■現象さんへ
TBありがとうございます。
コメント、感謝です。放映されたのですね。
うーん、テレビの番組表というものを全くチェックしていない自分は、知っていたら見たのに…というのが、ものすごく多いような…。(汗)
ポスターのネタですか? わかりませんです。自分も。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/08/28 03:32

ポスターの人物には全く気付きませんでした。
そうだったのかぁ。
本広監督ってそういう細かなネタが好きだと思われます。
多少、流れが強引かなぁとも感じましたが、
おもちゃ箱のような小物たちに惑わされて、
その辺どうでもよくなりましたw

投稿: 現象 | 2006/08/27 15:04

■さくさく さんへ
たくさん観賞されてますね!すごいなぁ。
DVDになったら観よう…と思っていた映画も結構あるのですが、家では落ち着いて観る時間がなかなか取れなくて。
こういう映画は、何度観ても、あちこちに新しい発見がありそうですよね。

投稿: あかん隊 | 2006/03/04 22:30

コメントどうもでした~
小ネタがいっぱいなんですねぇ
見逃しているところがいっぱいありそうで
もう一度見直したいです
では~

投稿: さくさく | 2006/03/04 12:36

■toeさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
みんなが、ちゃんと気にしてあげているのが嬉しい「ケチャ」でした。もし、犬を飼える環境になったら、「ケチャ」の名前で、ああいうごく普通の雑種犬を飼いたいな。

>ポスターの人物は升毅さんさんで、それ以外にも多数の場面で出演
そうだったんですか? いやー、参ったなぁ。DVD買ったら確認しますんで。(汗)

投稿: あかん隊 | 2005/10/16 02:23

こんにちは。

TB&コメントありがとうございました。

「ケチャ」かわいいですよねぇ。
最初、ケンチャンかと思いました。
ちなみに、ポスターの人物は升毅さんで、それ以外にも多数の場面で出演していたらしいです。
私は、パンフを購入して気付きました・・。

投稿: toe | 2005/10/16 01:20

■snowflower_001さんへ
TB成功したようで、安心しました。
再度のご訪問、かたじけない。
『運命じゃない人』と比べられたら、ひとたまりもありませんね。どちらかというとお笑い系の舞台って、瞬間芸的要素があるんじゃないかな? 『運命…』は、ものすごく練りに練られた構成と脚本でしたものねー。やっぱりDVDは、『運命…』でしょう。(爆)

投稿: あかん隊 | 2005/10/05 23:45

また来てしまいました。
今度はTB成功したようで、ホッ♪

さて、この映画、ワタクシ少々物足りませんでした。
前に見た『運命じゃない人』の印象が強くて、どうしてもそちらと比べると、
話の「オチ」がゆるくて甘いのですもん。
まあ、あえて「B級」に徹したのかもしれませんが……。
ドタバタしたギャグもライブで見たほうが、もっと勢いがあって笑えるのかもしれないと思いました。

投稿: snowflower_001 | 2005/10/05 23:32

■悠さんへ
なるほどー。「名画座」の雰囲気も、ちょっとローカルでレトロな雰囲気もよかったですよね。しゃれたアイディアに満ちたB級テイストって、あなどれないです。

投稿: あかん隊 | 2005/09/25 16:04

>「名画座」
の主人、B級テイストの映画ほめてたでしょ、この映画も、B級テイストなんですけど、おもしろかったです。普段の一直線で、過去ー現在ー未来ってな時間感覚、でも今(過去集積+未来の萌芽)ってな感覚に一瞬とりもどしてくれるってな映画でした。すきなんですよ、こういうB級テイスト映画(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005/09/25 10:37

■jamsession123goさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
シャンプーのことで大騒ぎしていた与座嘉秋さん、ふつーっぽくて、その辺にいそうな人でした。「ケチャ」のネーミング。好きだなー。<また、言ってる。

投稿: あかん隊 | 2005/09/17 13:08

■anyさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
これも、ある意味「癒し」の映画なのかも。
ケチャという名前をつけて、犬を飼いたい気持ちです。>犬を飼える環境ではないのだけど。。。

投稿: あかん隊 | 2005/09/17 13:00

コメントありがとうございます。
どたばたとしているけれど、男のたちのぼけぶりがクセになりそうな映画です。
DVDが出たら、借りてしまいそうです。

投稿: jamsession123go | 2005/09/17 09:39

あかん隊さん、こんばんは。
筋が通っているのか、通ってないのか、よく分からないところはあったものの、そんなものを感じさせない勢いがある作品で、とても面白かったです。
ケチャ、かわいかったですよね。

投稿: any | 2005/09/17 03:56

■くじらさんへ
コメントありがとうございます!
そうそう、ぜひお試しください。家人たちには、「あきらめが肝心なのだ」と理解してもらうようにしていかないとこの先、自分自身が辛くなるのです。家庭の中で、誰かひとりが「我慢」していたり「犠牲」になっているような状態は、よろしくない、といろいろ実践しております(爆)。

投稿: あかん隊 | 2005/09/14 22:37

玉子買いに・・でレイトショー
そんでもってみんな寝静まっていてふふふ~ん、と鼻歌
何だか凄すぎる!「参りました!!」って感じですね。私もやってみようかな今度・・・

投稿: kuzira☆くじら | 2005/09/14 21:11

■カヌさんへ
ラスト、確かにうまくまとめてありましたね! なんだかうまくまるめこまれたって感じもしますけど(笑)。
玉子を買いに自転車で駅へ行く→スーパーで玉子を買う→地下鉄に乗る→各駅で2つめにシネコン となっております。

投稿: あかん隊 | 2005/09/13 22:35

こんばんは。卵買いに行くついでに、映画見れるほど近所に劇場あるんですか!良い環境ですね(^^)私はラスト上手くまとめてる分、『亀は意外と速く泳ぐ』よりは好きですね。

投稿: カヌ | 2005/09/13 22:08

■悠さんへ
はい。訂正してお詫び…です。申し訳ありませんでした。

投稿: あかん隊 | 2005/09/13 18:28

訂正があったんですね。あかん隊さんのコメント見て気がついてます(^_^;)また、よろしうお願いします。

投稿: 悠 | 2005/09/13 18:24

■悠さんへ
「つるつるばらばら」じゃなかったですね。(大恥&大汗)あははーー。(笑ってごまかす)
いい加減なヤツなのだ>おおざっぱなA型の自分=とてもA型に見えない、とみんなに言われる。。。

投稿: あかん隊 | 2005/09/13 16:59

あかん隊さん、さっそくにありがとうございました。「つるばらつるばら」も魔よけみたいなものだったのですね。「土、、、」は、芥川賞の選考委員の評価はいまいちでしたが、、、、。

投稿: 悠 | 2005/09/13 16:13

■悠さんへ
コメントありがとうございます。宮田くん、自分も気が付きませんでした。パンフ、見直しマス。
「つるつるばらばら」のことは、コメント入れました。「土の中の子供」買ってきました。これから読みます。

投稿: あかん隊 | 2005/09/13 11:11

すいません、名前入れ忘れてます。ついでに、ヒミコ、「つるばらつるばら」との関係は、って私のとこに問い合わせきてたんで、もう、元になってるだけって、漫画読んでないのに書いてましたが、よかったですよね。

投稿: 悠 | 2005/09/13 10:14

たまご買い今宵どこまでいったやら(千代女(^^ゞ)、運命じゃない人の宮田くん、ヒミコにでてたんですね。めがねかけてたからわからなかったんだ、と、自分を納得させてます(-_-;)

投稿: | 2005/09/13 06:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/5919088

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイムマシンブルース:

» 『 サマータイムマシンブルース 』 [やっぱり邦画好き…]
今日、試写会2回目観て来ました!2度目はもっと楽しめました! 3度目も観たくなりました(^^; ネタの検証もできましたけど、まだまだ隠しネタがあるそうです。 劇場パンフレットであきらかになるそうです(商売上手いなぁ(笑)) で、楽しみ方はこのページの感想の後にチョ... [続きを読む]

受信: 2005/09/13 11:28

» 「サマータイムマシン・ブルース」 [the borderland]
タイムマシンを扱う作品って難しいし、期待だけさせる予告編じゃないかと不安だった。ところが、舞台が元になってることも功を奏したのか、大風呂敷を広げず、SF研の部室周辺に限定したことは、大正解。いつの間にか手に汗握ってしまうテンポのよさと、しっかりオチがつく心地よさがあります。 クーラーのリモコン持って行ったら、ちゃんと1,000円になったよ(^^) 「こいつエライ」と壁に書かれた矢印の先にある、電気代くいそうな年代物のクーラー。暑い夏はこいつなしでは過ごせないSF研&写真部の面々。しかしコ... [続きを読む]

受信: 2005/09/13 22:03

» 「容疑者室井慎次」「サマータイムマシンブルース」「NANA」with八嶋智人の似顔絵 [「ボブ吉」デビューへの道。]
9日間で「容疑者室井慎次」「ロボッツ」「NANA」 「サマータイムマシンブルース」の4本を鑑賞。 まず「容疑者 室井慎次」(八嶋さん扮する灰島弁護士の 似顔絵を添えています) 今日、本広監督の「サマータイムマシン〜」を観たんですが やっぱ監督が本職の人は違うなという印象。 「容疑者〜」の君塚監督は、映像によって想像させる方法に こだわったと言われています。 たとえば、光と影のライティングで想像させる・・ ということらしい... [続きを読む]

受信: 2005/09/13 23:35

» サマータイムマシン・ブルース [はむきちのいろいろ日記]
夏休み中のとある大学。“SF研究会”の5人の男子学生はSFの研究などせずもっぱら野球で遊ぶ毎日。そんな彼らをカメラに収める写真部の女性部員・伊藤。もう一人の女性部員・柴田も、SF研の部室の奥にある暗室で来月のグループ展に向け作業に余念がない。やがて男子部員たちが部室に戻ってきて大騒ぎする中、大切なクーラーのリモコンが壊れてしまう。翌日、うだるような暑さに閉口する部員たちが部室に戻ってみると、そこに見慣れぬ金属製の物体が。もしかしてタ... [続きを読む]

受信: 2005/09/15 13:40

» 映画のご紹介(37) サマータイムマシンブルース  [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(37) サマータイムマシンブルース サマータイムマシンブルースを観た。 「踊る大捜査線」シリーズや「スペーストラベラーズ」の本広克行監督が、新進気鋭の劇団「ヨーロッパ企画」のヒット舞台を...... [続きを読む]

受信: 2005/09/16 23:08

» サマータイムマシン・ブルース [any's cinediary]
タイムマシン ムダ使い <ストーリー> 夏休みなのに毎日大学に来ては、部室でた [続きを読む]

受信: 2005/09/17 03:57

» 世界一スケールの小ちゃいタイムトリップ《サマータイムマシーンブルース》 [アロハ坊主の日がな一日]
この作品は、タイトル通り「夏とタイムマシーンをテーマ にした映画」なのである。同志社大学生の演劇サークル 「同志社小劇場」の劇団内で旗上げしたユニット集団「ヨ ーロッパ企画」の上演した芝居を、本広監督が映画にした いと強い思いで申し出て、そして映画化決定のはこびとな った。どうでもいい話だが、僕は昔、一浪して同志社大学 に落っこちた。ほんとどうでもいい話なのだ。 この作品は、タイトル通り「夏とタイムマシーンをテーマ にした映画」なのである。クソ熱い夏のある日、SF研究会 ... [続きを読む]

受信: 2005/09/23 19:44

» サマータイムマシン・ブルース [まったりインドア系]
今日は映画の日なので、『サマータイムマシーンブルース』と『頭文字D THE MOVIE』を2本立てで見ることに。 この映画、水準以上の出来だとは思う。 複数の人物が過去と現在を往復する、ややこしい話が手際よくまとめられ、 舞台作品の映画化にあたって、映像ならではの工夫もあちこちに見られた。 登場人物たちは、それぞれ愛嬌があって、細かい笑いどころも満載。 でも、何か「決定打」と呼べるものが足りない。 そう感じるのは、... [続きを読む]

受信: 2005/10/05 23:19

» サマータイムマシンブルース [toe@cinematiclife]
さて、面白かった3連発。 2本目は日本映画です。 この映画、あの『踊る大捜査線』で有名な本広克行監督が、初心に帰って単館系作品を・・と思い、劇団ヨーロッパ企画の同名作品を映画化したもの・・らしい。 <STORY> 大学のSF研究会の部員5人が、イヌのケチャを入れて3対3の野球をしていた。 それは、写真部の伊藤(真木よう子)の撮影会だった。 無事、撮影が終了したところで、部員達は汗を流しに銭湯へ。 ... [続きを読む]

受信: 2005/10/15 00:55

» 『サマータイムマシン・ブルース』 [アンディの日記]
『サマータイムマシン・ブルース』 ★★★★★ もう最高!最近見た [続きを読む]

受信: 2006/02/26 16:37

» サマータイムマシン・ブルース・・・・・・・ [サクっと]
サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) タイムマシーンもので青春?もの 「サマータイムマシン・ブルース」 けっこう好きな要素がいっぱい 評判もよさげさのでちょっと期待・・・・  ... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 01:14

» 映画【サマータイムマシン・ブルース】 [☆アント★ブログ☆]
映画【サマータイムマシン・ブルース】 DVD化を待ちに待ってたこの作品が本日02/24発売 『踊る〜』シリーズでお馴染みの“本広克行”が監督で “瑛太”が映画初主演・ヒロイン役には“上野樹里” ストーリーは… 【とある大学の「SF研究会」部室のクーラーのリ...... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 13:43

» サマータイムマシン・ブルース [CATV] [ソウウツおかげでFLASHBACK現象]
ザ・フーの“サマー・タイム・ブルース”とタイムマシンをかけてなかなかうまいタイトルだと思い、もしかしたら“タイムマシン・ブルース”という何かもあるのか知らんと考え、検索をかけたがこれといってなし。しかし検索の結果ザ・フーのはカバーで、元はエディ・コクランで... [続きを読む]

受信: 2006/08/27 14:58

« KINGKONG(これから) | トップページ | ぶらりあるきパリの博物館 »