« サマータイムマシンブルース | トップページ | どうにもわからないこと »

2005/09/13

ぶらりあるきパリの博物館

82950362本日は、本のご紹介。というか、つい先頃まで、制作していた単行本が刊行されました。ミスもあったりして、版元の(株)芙蓉書房出版様には、いろいろお手数おかけしたので、恥ずかしながら…というところなのですが、やはり嬉しさひとしお。

宣伝にもなるかな…と思いまして。ご紹介させていただきます。
-------------------------------------------------
「定番のパリ観光ではものたりない」「自分だけの旅をしたい」
そんなあなたにお勧めの1冊ができました!
ガイドブックに出ていない博物館、もっと知りたい博物館、ちょっと変わった博物館 約70館
200点の写真と肩のこらない文章で紹介
-------------------------------------------------

|

« サマータイムマシンブルース | トップページ | どうにもわからないこと »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

■悠さんへ
はい。その通りです…っていうか、鉛筆描きでも、ボールペンの絵でも、コピーすると印刷したことになるので、コピー機の解像度にも依存しますが、たいていは「…らしく」なります。縮小すると、なおさらです。>上手下手は、また別の問題です(汗)。

投稿: あかん隊 | 2005/09/20 01:40

>縮小コピーしたら意外といい
そうなんですか、下手な絵描くことあるんで、おおきく描いてうんと小さくするんですね、よく見えるコツ、覚えときます(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2005/09/19 18:29

■悠さんへ
きゃ! レタリング…というよりは、おしゃれなフォント(欧文)を選んで加工した文字なんです。写真が4色(フルカラー)なので、文字は、モノクロの方がいいと思って。
本文中の挿絵は、著者の方のスケッチです。自分もイラストは描きますが、実物をみない(写真等)で描くのは、案外たいへんな作業で、時間も費用もかかるから、クライアントは希望しないと思います(笑)。
鉛筆で、本物はA4サイズ、かなり大きく描いてありました。こういっては何ですが、編集の方が「これ使ってくれって言っているので」「縮小コピーしたら意外といいみたい」ってんで挿入しました。

投稿: あかん隊 | 2005/09/19 15:52

表紙のレタリングのm、とpがすてきでした(^^ゞ。本文のスケッチも描かれたんですか?

投稿: 悠 | 2005/09/19 07:51

■悠さんへ
他の書物とは、あんまり比較しないでください。ミスが…(汗)。パリの市街地図やメトロの地図は、えらい苦労したんです。写真は、すべて著者のオリジナル撮影です。広角レンズで撮影していて、しかも水平が保たれていないものがたくさんあって、全部加工してあります。コントラストが強すぎたり、弱すぎたり…ガラスケース越しに撮影されていたり、ピンぼけだったり…。仕方ないですよね? でも、手作りって感じで、勘弁してください(爆)。
博物館の名称は、著者の指定なのです。自分は、なんとも…(汗)。
本文組のデザインと組版、写真の加工、装幀一式(デザインと制作)が、自分の仕事でしたので。。。

投稿: あかん隊 | 2005/09/19 01:00

パリの市街図に本文ページがはいってんですね。ご苦労さまです(^^ゞ。パリの遊歩道って本をだいぶ前に読みましたんで、照らしあわさなきゃです。白黒になったとき、はえる写真とじゃない写真があって、残念ですけど、これは、あかん隊さんの範囲外ですよね(^^ゞモードとテキスタイル美術館は、「服飾。。」、広告博物館は、「ポスター。。。」じゃないか、等、フランス語読めないのに、勝手につっこみながら読んでます。マリーアントワネットのいた刑務所が、観光になってるとは、歴史が古いですね。網走刑務所が観光になってますけど、せいぜい明治時代からですもんね(^^ゞ、

投稿: 悠 | 2005/09/18 20:52

■悠さんへ
お買いあげ、誠にありがとうございます。
この次は、先にこちらからお送りいたしますね。恐縮です。

投稿: あかん隊 | 2005/09/18 10:23

じつは、すでに、本注文済で、注文先から届くのまってるんですよ(^^ゞ。お言葉ありがとうございますm(__)m

投稿: | 2005/09/18 09:17

■悠さんへ
コメントありがとうございます!
ええ? 売れてるんでしょうか? 宣伝もかねて、贈呈いたします。某所へお送りいたしましょう。少々お待ちください。

投稿: あかん隊 | 2005/09/18 03:08

今日旭屋@大阪に行きましたら、美術書関連に並んでるってんで、棚さがしましたら、なくなってました。売れ行き好調なんですね(^^ゞ

投稿: 悠 | 2005/09/18 00:31

■悠さんへ
コメントありがとうございます。
フランスには、行きたいですねぇ。会議通訳としてパリに在住している中学時代からの友人もいるので、足がかりはあるし。
今回は、組版から装幀まで一式作業しましたから、パリの地図やら地下鉄路線図なんかも描きました。編集した社長さんも、行ったことないのにすごく詳しくなっちゃったよ、とおっしゃっておいででした。
外国へ行くと、空気が違う…、その空気の中で観賞する芸術、文化…は、日本にいて展覧会を観るのとは、相当違うと思うんですね。
外国へ行ったことで、日本のこともよく見えてきたりするかな、と。

投稿: あかん隊 | 2005/09/14 12:30

美術の先生が写生してるおいらのぞばに来て、「@@(これ私の名)、フランスへいきたいな〜」って言ってました。なんだ、こいつ、と思ってましたけど(笑)。でも、林芙美子、金子光晴なんかも、長期滞在してるし、あこがれますよね。
先生、結局いけなかったみたいですが(^^;)

投稿: 悠 | 2005/09/14 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/5930103

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらりあるきパリの博物館:

« サマータイムマシンブルース | トップページ | どうにもわからないこと »