« 親切なクムジャさん(これから) | トップページ | 子猫をお願い(DVD) »

2005/09/02

疾走(これから)

sisso公開は少し先になる。12月くらい。原作は、既読。いつもは比較的やわらかな情景の中で、じっくりと腰を据えた深層心理にせまる文がたまらなく切なくなるような作品が多い重松氏なのだけれど、これは少し趣(おもむき)が違っている。ここまで過激な描写は、これまでなかったかもしれない。

やっぱりPG-12の指定。そうだよなー。だけど、それだって映像にするとなれば、脚色しないと、原作そのままだと相当厳しいはず。どうすればいいのか、どう受け止めればいいのか、結局ふらついたまま読了したし、もう一度読む気になるか、と言われても「否」と答えるしかない。希望がないわけではないし、これが現実だ…といわれればそうなのかもしれないが、自分としてはもう少し違った角度でものをみている。辛すぎる物語。

|

« 親切なクムジャさん(これから) | トップページ | 子猫をお願い(DVD) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■くじらさんへ
コメントありがとうございます。
激情をぶつけられた…そんな気持ちになる物語です。かなり辛かった。胸が苦しくなりました。
『半島を出よ』、おもしろかったですね。
重いテーマも含まれているのですが、なんというか、村上龍独特の「あっけらかんとしたような明るさ」すら感じられるところもあって、『疾走』よりもドライです。

投稿: あかん隊 | 2005/09/03 02:40

この本は未読ですがなんだか興味が湧きました。映画が上映されるまでには読みたいと思います。
それと「半島を出よ」やっと読みました。近々感想書きたいと思います。

投稿: kuzira☆くじら | 2005/09/03 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/5757461

この記事へのトラックバック一覧です: 疾走(これから):

« 親切なクムジャさん(これから) | トップページ | 子猫をお願い(DVD) »