« 悩むゾ | トップページ | ファンタスティック・フォー »

2005/09/18

SHINOBI

sinobiこういう映画だったのか、と少々驚いた。「思いの外」というのがあてはまる。「動く写真集」を見ているような気分だった。きれいな映像。モダンな衣装。風景の美しさ。CGも巧みだ。一部を除いて違和感はなく、計算しつくされている映像。これは「映像」を観る映画。ストーリーは単純明快(と自分は思う)で、比較的平坦。脚本もあっさりしているように思う。

下山天(しもやまてん)という監督さんは、存じ上げなかったので、こういう映像を創る人って? 興味を持った。音楽系の映像、ゲームの映像などを手がけているようだったから、なるほど、と納得した。音楽や音の使い方も、それらしい。

映画ファンドの企画といい、話題性にはことかかない作品で、今後もこの収益性についてはニュースになる可能性が高いと思われる。(1口10万円からだった) ハリウッドからもリメイクのオファーがあったそうだ。

オダギリジョーは、思った程悪くなかった(あの術は、サイボーグ009の加速装置?)。仲間由紀恵は、特徴のある声と物言いなので、抑揚をおさえた全体の雰囲気にマッチしていたかもしれない。胸に迫る感動…というのには、いささか距離がある。とても涙もろい自分だが、全く泣けなかった。あんまり悩まずにさっさと結論だしちゃってるような気配があったし、「まいれ!」と言われて彼が何を考えてるかくらい想像できない彼女では、分かり合って(愛し合って)いたと言えるのか?

となりの席で、特大のポップコーンと特大のコーラを抱え、足(履き物は脱いで素足)を組み、片足を前の座席にかけ、終始がさがさ、じゅるじゅる音を立てて飲食していた女性(ご本人のサイズも特大に近かったが)は、「決定的な悲恋」と知るとくすんくすんと泣き始め、さすがに足は定位置に戻していたようだ。

「恥」という概念は、自己の心の在り方を基準として宿るものであるかもしれない。

しかし、対峙する相手(成果物)に対しての「敬意」というものも大切なのではないだろうか、と考えている自分としては、持てるものを最大限に昇華させようと必死で取り組みしていたであろうスタッフの姿勢とは、あまりにもかけ離れた態度に「諦観」やら「哀しさ」やらで、複雑な気持ちになった。

懸命に製作されたであろう作品、美しい映像を観るのと同時に視界に触れた、その落差に愕然とした。

|

« 悩むゾ | トップページ | ファンタスティック・フォー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■猫姫少佐現品限り さんへ
この映画は、これまでの邦画とは、少しテイストが違っていたように感じましたね。監督さんの感覚が、違うのかな。映像は、よくできていたと思いました。こだわりを感じますね。

009、好きです。これは、漫画かアニメのままがいいなぁ(笑)。

投稿: あかん隊 | 2006/02/27 01:38

こんばんは!いつもありがとうございます!

>サイボーグ009の加速装置
ぎゃっ!!大好きでした、、、奥歯のスイッチ、、、

こういう映像、アクションを撮れるんですから、
ストーリーほどほどの、アクション巨編!
期待します!

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006/02/26 21:16

■まつさんへ
いつもありがとうございます。お世話になります。
日本の映画振興のためにも、是非ともがんばって!、という気持ちは、確かにありました。
大きな劇場で、大々的に上映される作品は、大味になっているような気がするのです。単館系の映画は、秀作がありますが、これも映画ファンドに向くのか、というと少々疑問もありまして。
興行的な成功とその作品の完成度、芸術性は、必ずしも比例していかないような気もしています。

投稿: あかん隊 | 2005/10/02 01:59

コメントありがとうございました。
僕はこの映画の「ファンド」という要素に以前から注目しておりまして、日本映画振興のためにもいい映画を作って欲しいと願っておりました。
前評判に比べると「意外によかった」というところでしょうか。あくまでも「意外に」ですが。

投稿: まつさん | 2005/10/02 01:39

■KAZZさんへ
こちらこそ、TBとコメントをありがとうございます。009を思い浮かべたのは、自分だけではないようです。>漫画、アニメに詳しい方が結構いらっしゃる。

映画ファンドは、今回結構集まったようですが、資金的にはまだまだのようで、投資に見合うようなプロフィットを出すには、この程度の興行成績では無理だとか…。>『ハウル…』くらい売れないとだめらしいです。>無理

こちらこそ、これからもどうぞよろしく!

投稿: あかん隊 | 2005/10/01 12:04

TB、コメントありがとうございます!

009の加速装置とは、上手い表現ですね。
流石!

私も、ファンドを考えたものの。。。
厳しいものになりそうですね。

これからも、よろしくお願いします♪

投稿: KAZZ | 2005/10/01 06:39

■にゃんこさんへ
TBとコメントありがとうございます。
そっかー、『里見八犬伝』にも妖術っぽいのが登場してましたね。(映画はわかりませんが)。アクションは、ゲームっぽかったかも。009が観たくなってきちゃった…。(笑)

投稿: あかん隊 | 2005/09/29 13:50

忍術というより、超能力の戦いのようでしたねぇ^^;;;
009の加速装置にうなづいてしまいました(爆)
陽炎が毒娘という設定に、『里見八犬伝』の映画の中で浜路がそーなっちゃったなぁ~
と、昔の映画思い出してました(古いなぁ)(笑)

投稿: にゃんこ | 2005/09/29 07:06

■『凝理道』奮闘記さんへ
TBとコメントをありがとうございます!
お宅へお邪魔しましたが、コメントが残せませんでした。サーバーエラーのようです。残念。また、改めてお伺いいたしますね。
この映画、一度は観てもいいかな、と。ストーリーは、原作を読んで補完していただく…ってぇことで。(爆)

投稿: あかん隊 | 2005/09/28 00:13

TBさせていただきました。二重になってしまって、申し訳ございませんでした。
>「動く写真集」
おぉ、まさにそのお言葉ぴったりかもです。物語はもう少し時間をかけて丁寧に描いてほしかったです。
映画館のマナーは・・・・『4月の雪』では延々喋り続けていた奥様達にイライラしてしまいました。自宅でDVD観てるんじゃないんだから・・・・(怒)
VMチーフ

投稿: 『凝理道』奮闘記 | 2005/09/27 23:25

■未来さんへ
コメントありがとうございます。
そうですねぇ。この手の映画に期待しちゃいけませんね。これで映像以外の要素も素晴らしかったら…。あり得ませんね(爆)。
リメイクは、ちと気になるかもしれません。

投稿: あかん隊 | 2005/09/26 22:37

映像は綺麗、でもちょっと期待はずれ。。。
ハリウッドからオファーが来てるそうですが、ハリウッド版は観てみたい気がするし。。
妖怪みたいな、サイボーグみたいな・・・凄いことになりそうですね!

投稿: 未来 | 2005/09/26 22:31

■chishiさんへ
「恋は落ちるもの」って、『東京タワー』じゃありませんが(爆)、すっかり、なにもかも、落ちてしまっているので、これ以上落ちることができません>自分。
chishiさんは、まだまだ! これからデス!

投稿: あかん隊 | 2005/09/26 01:48

■anyさんへ
TBとコメント、ありがとうございます。
良かったと思いますよ。突っ込まないで、あんまり考えないで観る方が、自然に「良かった」と思えるかな(爆)。原作、読んじゃいましたよ。ストーリー、ひどかったんで。。。

投稿: あかん隊 | 2005/09/26 01:45

ダメです、トラウマなんて言ってちゃ。
棺おけに入るまで恋はしないとねっ!

…と、自分に強く言い聞かせてみる(汗)

投稿: chishi | 2005/09/25 23:48

あかん隊さん、こんばんは。
仰るとおり、映像を楽しむための作品でしたね。
それでも、期待度が低かったせいもあり、思った以上に楽しめました。
恋愛部分は正直いらなかったというのが本音です。
いっそのこと、アクションだけにした方が面白かったような…。

投稿: any | 2005/09/25 23:10

★★猫姫さんへ(伝言)
今夜の暴言、その1は、下記(睦月さんのところ)でやらかしています(爆)。

http://blog.livedoor.jp/clockworkorenge/archives/50007201.html

うわっはっはっは! 天上天下唯我独尊天長地久恬淡寡欲天罰覿面転迷開悟じゃ>少なからず反省。

投稿: あかん隊 | 2005/09/24 03:03

■chishiさんへ
いえいえ。chishiさんが、お若くて「恋愛」が、まだ生き生きとしているからだと思いますよ。自分はすでに「恋愛」からは、遠く遠くとおーくに離れてしまっていて、超現実の世界にどっぷりと浸っているので。
恋愛には…。アレルギー>トラウマぢゃないの?>はぁ?(汗)

投稿: あかん隊 | 2005/09/24 02:38

最初は物凄く楽しみにしてたんですけど、トレーラーがどんどん流れ出してくると不安になって、劇場へ足を踏み入れる直前まではほとんど勝手に諦めの境地でおりました。
ので、結構楽しめました(笑)
泣けなかったんですね~。自分はあかん隊さんよりもはるかに泣き虫なので、しっかり泣いちゃいました(爆)

投稿: chishi | 2005/09/24 02:14

■かのさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
いやはや、鳴り物入りでの公開でしたが、映画というよりは、映像集のようでした。これは、確かに劇場の大スクリーン、大音響で観ないと意味はないかもしれません。まあ、一度くらいは観ても、損はないでしょう。
稚拙なブログをお褒めにあずかり恐悦至極でございまする(大汗)。誠にかたじけない。今後とも、何卒よろしくお願い申し上げ奉り候(ひれ伏す)。>なーにやってんだか…(恥)。

投稿: あかん隊 | 2005/09/23 01:29

こんばんは、TBさせて頂きましたm(_"_)m
気軽に楽しめましたが、せっかく面白い要素を兼ね備えた登場人物の描写が少々希薄に感じ、勿体無いと言うのが本音でした。
でもスクリーンで観た方が風景など見応えが増しますね。

それにしてもたくさんの作品を見てるんですね!
参考にさせて頂きます。
本や旅行の話題もあって楽しいです(^^)
しかも丁寧で読みやすいレビューに頭が下がる思いです。
私も見習わないと!
これからもどうかよろしくお願いします!

投稿: かの | 2005/09/23 01:15

■ミチどの!
お気遣い召さるな。心配御無用(竹中直人みたい)。原作本、読んだら記事をアップして、またお宅へお邪魔するかもしれません。その折りには、どうぞよしなに…。

投稿: あかん隊 | 2005/09/19 17:54

こんにちは。
原作本を読んでいらっしゃるようなので、それに関する記事を二つもTBさせていただきました。
ごめんなさいね、邪魔でしょうか。
ものすごく楽しめる本で、とても50年も前に書かれたとは思えません!

投稿: ミチ | 2005/09/19 17:30

■メビウスさんへ
TBとコメントありがとうございます。
話題になる映画で、良かったです。邦画でも「映画」というもののイメージが変わってきているのがよくわかりますね。
原作、読み始めたところです。これ、おもしろい! 最初からかっとんでいきますね。いいなー、こういうの。映像作家が惚れるのも解りますね。

投稿: あかん隊 | 2005/09/19 15:33

■やっぱり邦画好き…さんへ
コメントありがとうございます。
「大作」「感動作」「アクション作」っていう気持ちを持たずに、きれいな映像を楽しむべきですね。カメラのアングルやパンの仕方なども、非常に良く考えられた動きと構図に基づいていると感じました。
ストーリーも役者さんも、この映画では舞台装置だったような気がします。

投稿: あかん隊 | 2005/09/19 15:31

■ほうそうきょくちょうさんへ
コメントありがとうございます。
はい。気になっていた映画です。>「夢の中へ」
新宿でのレイトでは、終電の心配があったりして…。深夜の総武線って柄が悪いんです(笑)。DVD発売になったら…ってリストアップしてあります。

投稿: あかん隊 | 2005/09/19 15:25

こんにちは♪TBさせて頂きました。

やっぱり原作通りだと時間の関係もあってかうまく纏まらないと思ったんでしょうね~。
伊賀・甲賀それぞれの10人忍達が入り乱れる戦いをちょっとは期待していたんですけどね。

>特大のポップコーンと特大のコーラを抱え、足を組み、片足を前の座席にかけ、終始がさがさ、じゅるじゅる音を立てて飲食していた女性

↑こんな失礼な人、自分の所にもいました。自分の場合はオヤジだったんですけどね。

投稿: メビウス | 2005/09/19 14:24

いつもお世話になっております。
「動く写真集」っていう表現ピッタリですね。
TBさせていただきます。

投稿: やっぱり邦画好き… | 2005/09/19 05:08

シアターグリーンで「夢の中へ」やってます。

投稿: ほうそうきょくちょう | 2005/09/19 03:31

■ミチさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
009と003のラブを思い出していました。003も「視力」が「超」でしたもん。あれは、自分が加速しているのではないのですか? うーん。ミチさんの記事を拝見して、本日原作を購入してきました! 読むぞ!

いえいえ、ひどい醜態で、自分は、迷惑したというより、むしろ気の毒な人だなーと思っていました。自分は劇場で飲食することは、まずありませんから。以前は、コンビニのお総菜のパックをぱりぱり開けて、ぷーんとあたり一面、超現実の香りを振りまいていた男性もいらっしゃいました。これには、閉口しましたけどねぇ。

投稿: あかん隊 | 2005/09/19 00:44

■悠さんへ
そうなんです。「劇」としては、めちゃくちゃはしょり過ぎていて、「原作を読みなさい」ということかな、と思いました。
肝心要のふたりの気持ちが、いい加減にしか表現されていないような気がして。北村さんは、そのうちふっと「メガネ」をかけて登場するんじゃないか…なんて期待してたんですけど(爆)。

投稿: あかん隊 | 2005/09/19 00:38

こんにちは。
TBさせていただきました。
弦之介のところで009を思い出したのは同感です!
009の場合は自分が加速しているために相手が遅く見えるので根本的には違いますが、あーいう感じなんだろうな〜って思いました。
映画を見る環境ってとても大事ですよね。
せっかくお金を払って2時間ばかり非日常の世界に遊んでいるのに、そういう環境を壊す方が近くに座られていたなんてとても悔やまれますね。
私も気をつけねば・・・・って、映画観ながらコーヒーは飲むことはありますが、食べ物は音がするので絶対に食べない主義です。

投稿: ミチ | 2005/09/18 15:54

こんにちは。
アクションドラマ期待していったのですが、恋愛も、一目出会って、つぎは、もう恋愛中、その後は、敵どおしって劇としては、不満でした。徳川家康、いいひとになってどうすんだ、みたいなとこも、気になって。北村和夫さん、昭和天皇のしゃべり方まねて遊んでるなって気がしたんですが(^^)

投稿: 悠 | 2005/09/18 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/5997548

この記事へのトラックバック一覧です: SHINOBI:

» SHINOBI [こころそぞろ]
ジャパニーズ版、ロミオとジュリエット、レイトショーで観てきました。うーん、戦いに [続きを読む]

受信: 2005/09/18 15:00

» 映画「SHINOBI」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「SHINOBI」 ★★★☆☆ 初日、初回。 奇しくもヨン様の「四月の雪」と同日公開のため、映画館ロビーは女性客でいっぱい。 私も見かけはヨン様ファン風なんだけど、ま、ヨン様の映画はレディースデイでいいとして、はやる胸を押さえて「SHINOBI」を鑑賞。 ストーリー:江戸時代、人里離れた2つの里には、かつて対立し合っていた忍たちが暮していた。互いに接触を避けている中、それぞれの忍の後継者である弦之介(オダギ... [続きを読む]

受信: 2005/09/18 15:48

» 『 忍 SHINOBI 』 [やっぱり邦画好き…]
『 忍 SHINOBI  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日  本 【9月17日ロードショー】 [ 上映劇場   ] 監 督:下山 天 脚 本:平田研也 原 作:山田風太郎「甲賀忍法帖」(講談社刊) ? 山田 風太郎 甲賀忍法帖 主題歌:浜崎あゆみ「H... [続きを読む]

受信: 2005/09/19 05:09

» 頭文字[イニシャル]D THE MOVIE [ネタバレ映画館]
 『インファナル・アフェア』で儲けたスタッフ、キャストが日本進出!  藤原家の内部、階段踊り場にあるサッポロビールのポスターが印象的。時代設定はいつなんだと、藤原家の映像に切り替わると突然タイムトリップしてしまいそうです。拓海の父親が茶の間で寝ている傍らには少年マガジンと週刊夕日が雑然と置いてある。電話はプッシュホンだが、かなり古い。もしやこの一角だけがトレノAE86に合わせてタイムトリッ�... [続きを読む]

受信: 2005/09/19 07:13

» 忍 - SHINOBI - [Akira's VOICE]
意外に面白い! ちょっとだけ泣きそうになった・・・ [続きを読む]

受信: 2005/09/19 16:53

» 「甲賀忍法帖」山田風太郎 [ミチの雑記帳]
{/book/}「甲賀忍法帖」山田風太郎 ★★★★☆ 今秋公開の映画「忍 SHINOBI」の原作本ということで手に取ったのだけど、これがすごく面白かった! ストーリーもテンポよく進み、キャラクターの配置が絶妙、数々の忍法も独創的で、これが50年前に書かれた作品だというのだから更に驚いた! え?こんな術が?とあまりにマンガチックな忍法の数々にビックリしたけれど、忍者が二つのチームに別れて闘うというのは近頃の�... [続きを読む]

受信: 2005/09/19 17:27

» 「忍」原作本の帯に登ジョー [ミチの雑記帳]
秋公開の映画「忍ーーSHINOBI」の原作本「甲賀忍法帖」(山田風太郎)を読みたくてたまらなかったんだけど、ずーーーっと買うのを我慢してました。 なぜなら映画公開が近づいたら、本の帯にオダギリと仲間ちゃんが登場すると思ってたから{/hearts_pink/} 「血と骨」の時も帯がつくまで待ってました{/hearts_pink/} 同じ本でもオダギリの帯がついているのといないのじゃ、ありがたみが違いますもんね〜。 今日本屋さ�... [続きを読む]

受信: 2005/09/19 17:28

» SHINOBI 評価額・1300円 [Blog・キネマ文化論]
●SHINOBIをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 互いに敵対する一派だとは知らずに [続きを読む]

受信: 2005/09/19 20:02

» 忍(SHINOBI) [Remeber Tomorrow]
シンデレラマンを観ようと思ったのだが、時間を間違えて結局迷ったが観る事にした。何を迷ったか?それは「あずみ2」と似たような映画」ではないか?という点であった。。。 仲間由紀恵(個人的にとても好きなんだけど。。)にまともに殺陣が出来るとは思っていなかっ...... [続きを読む]

受信: 2005/09/20 00:27

» 忍-SHINOBI [ドリアンいいたい放題]
せっかくの水曜日2作目! 見ていてとてもテンポが よく楽しめました。 仲間由紀恵、オダギリジョー、黒谷友香、 沢尻エリカ、椎名桔平、・・・みんな良かった! 沢尻エリカ目当てで行った私には十分満足! 椎名桔平にも新しい世界を見た気がしました。 でも... [続きを読む]

受信: 2005/09/22 00:51

» これは忍者映画なのか?◆『忍 −SHINOBI−』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
9月20日(火) TOHOシネマズ木曽川にて 今年は『パッチギ!』から始まり、『イン・ザ・プール』 『オペレッタ狸御殿』から、現在公開中の『メゾン・ド・ヒミコ』など、7本もの映画に出演するオダギリジョー。彼が、NHKの『トップランナー』というインタビュー番組に出たと...... [続きを読む]

受信: 2005/09/22 15:28

» SHINOBI★★★☆☆ [なおのオススメ文芸。]
International Title:Shinobi--Heart Under Blade 『江戸時代、人里離れた2つの里には、かつて対立し合っていた忍たちが暮していた。互いに接触を避けている中、それぞれの忍の後継者である弦之介と朧は運命的な恋に落ちるが、天下泰平の維持の為、二人の里は幕府に裏切...... [続きを読む]

受信: 2005/09/22 23:32

» 忍 SHINOBI [とりあえずな日々(仮)]
天下分け目の関が原の決戦で勝利を収め、1603年に江戸に幕府を開いた将軍・徳川家康。 太平の世作りを始めた家康は将軍職を嫡子・秀忠へ譲り駿府へ退いた後も政権を握り、天下統一を目指して争いの芽を摘み続けていた。 そして1614年。 長きに渡り戦うことを禁じられてい....... [続きを読む]

受信: 2005/09/23 01:07

» 「SHINOBI」(2005・日本) [MY HIDEOUT〜私の隠れ家〜]
監督・・・下山天アクション監督・・・下村勇二原作・・・山田風太郎『甲賀忍法帖』出演・・・仲間由紀恵、オダギリジョー、黒谷友香、椎名桔平、沢尻エリカ、りりィ、寺田稔、坂口拓、升毅、虎牙光揮、木下ほうか、伊藤俊、三好健児、石橋蓮司、松重豊、永澤俊矢、北村和...... [続きを読む]

受信: 2005/09/24 04:16

» 「SHINOBI・忍」暗くて見えないぞ [soramove]
「SHINOBI・忍」★★★ オダギリジョー、仲間由記恵主演 こんなに主役の二人の顔が 鮮明に見えなかったなと 二人の大写しのポスターを見ながら 地下鉄のゲートを抜けた。 CGの出来を誤魔化すためなのか 常に画面は夜明けか、 夜のように暗く すごく見づらい...... [続きを読む]

受信: 2005/09/24 10:20

» SHINOBI [future world]
これはアクション映画なのか恋愛映画なのか・・・ あまり期待する事無く観たけど、まぁ・・こんなもんっていう感じ。。 しのび〜〜忍者・・甲賀と伊賀の鬩ぎ合いと時代に翻弄される男女の物語らしいってことは何となく知ってはいたが、あまり「哀愁」や「深み」を感じら....... [続きを読む]

受信: 2005/09/25 21:49

» SHINOBI -HEART UNDER BLADE- [any's cinediary]
愛し合う運命。 殺し合う宿命。 <ストーリー> 長きに渡り、戦うことを禁じられ [続きを読む]

受信: 2005/09/25 23:37

» 忍 SHINOBI [まつさんの映画伝道師]
第223回 ★★★(劇場)  クリントン政権時代のお話。  ある長官は大統領であるクリントンの方針が面白くなかった。CIA長官である。  レーガン政権時に米ソは手を結び、ブッシュ政権時には冷戦が終結しソビエト連邦は崩壊した。  クリントンにとっ....... [続きを読む]

受信: 2005/09/27 16:11

» 『SHINOBI』を観る [デスマッチだよ、人生は!]
悲恋、ワイヤーアクション、派手な衣装、CG・・・。 舞台は日本だし設定も異なるけど、この映画って<中国武侠もの>のつくりだよね。 明らかに意識してるんだけど、実はオレ、武侠モノって好きじゃないんだなぁ。 いや、オレにとって武侠ものってトラウマになってんのよ。 中国に二年半いたとき、テレビつけりゃ朝から晩までこんなのばっかりやってんだもん。 『笑傲江湖』とか『天龍八部』とか。 オネエチャンの家に遊びに行っても、相手はこんなのばっ�... [続きを読む]

受信: 2005/09/27 19:36

» 『忍SHINOBI』 [『凝理道』奮闘記]
お隣韓国の映画業界を見本に日本初の個人向け映画ファンドによる作品ということ、『ごくせん』で人気沸騰の仲間由紀恵、このところ癖のある役を好んで演じているオダギリジョーと話題と期待はいっぱいだが・・・・ Story 江戸時代、人里離れた2つの里には、かつて対...... [続きを読む]

受信: 2005/09/27 23:04

» 松竹が賭けたエンターテイメントとは《SHINOBI》 [アロハ坊主の日がな一日]
東宝・フジは3月に『ローレライ』という大型エンターテイ メント作品を手がけた。松竹としても黙っちゃおれない。 松竹も『ローレライ』に負けじと打ってでる。 「東宝が戦艦なら、わしらはこれが日本(ジャパン)ちゅ うもんを作ってやろうじゃないか」。 「そうや、日本だからできる“えんたーていめんと”を作 ってやろうじゃないか」 と言ったかどうか知らないが、そういう思いがどこか匂わ せる作品になっている『SHINOBI』。 ... [続きを読む]

受信: 2005/09/28 21:49

» SHINOBI☆独り言 [黒猫のうたた寝]
敵対する甲賀と伊賀・・・その隠れ里の長の孫同士のままならぬ恋 戦乱の終わったこの世に忍は必要なし・・・と切り捨てるつもりの徳川家康 忍を統括するものでありながら、その影の存在を消し去ろうとする柳生一族と服部半蔵 うーーん、ここまで書き出すと、なんて壮大にな...... [続きを読む]

受信: 2005/09/29 07:01

» #34:忍 SHINOBI -HEART UNDRER BLADE- [*KAZZの呟き*]
KAZZのこの映画の評価  投資しなくって、良かった この映画、制作費の一部を公募してたので、出資しようとかなり真剣に考えていましたがこんなことなら投資しなくて良かったです 特殊メイクや、特撮、CGの技術が進んででいると言うのに。。。 最新の忍者映画と...... [続きを読む]

受信: 2005/09/30 21:39

» 『忍 SHINOBI』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
2005年9月30日 忍 SHINOBI 愛し合う運命。 殺し合う宿命。 2005年9月17日公開 2005年/日本/配給:松竹 上映時間101min ★スタッフ★ 原作:山田風太郎「甲賀忍法帖」(講談社刊) 製作総指揮:迫本淳一 製作:久松猛朗 監督:下山天 コンセプトデザイン:山田章博 脚本:平田研也 プロデューサー:榎望、斎藤寛之 ★キャスト★ 仲間由紀恵 オダギリジョー    黒谷友香 沢尻エリカ 石橋蓮... [続きを読む]

受信: 2005/09/30 23:41

» 映画「SHINOBI」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
忍  -Heart Under Blade- 山田風太朗原作「甲賀忍法帖」の映画化作品。仲間由紀恵とオダギリジョーが主演する。時代は徳川家康、太平の世。伊賀・鍔隠れ(つばがくれ)と甲賀・卍谷(まんじだに)の両里で暮らす朧(おぼろ)と弦之介の禁断の恋の物語。・・・想像以上によかった... [続きを読む]

受信: 2005/10/01 13:25

» 映画「SHINOBI」下山天/監督 [スチャラカランナーの日々]
SHINOBI観てきました。  原作は山田風太郎の「甲賀忍法帖」、「魔界転生」などの作者です。  ストーリーは、長年の宿敵である甲賀、伊賀の次期頭領の男女がふとしたことから愛し合うことに。ところが400年の禁を解かれ双方からそれぞれ5名を選び戦うことになり・・・。というものです。  キャストを見れば当然と言えば当然ですが、原作者の山田風太郎の淫靡さが全くない作品になっていますが、「SHINOBI」とい�... [続きを読む]

受信: 2005/10/02 14:29

» SHINOBI [よっしーの脳内世界]
【データ】 2005年日。101分。 下山天監督。仲間由紀恵、オダギリジョー。 ... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 23:36

» SHINOBI [独り言。。。]
SHINOBI いや~久しぶりに、1日に2本も映画観ましたよ~映画館で。 本日はその1本目をお送りしたいと思います♪ [続きを読む]

受信: 2005/10/12 12:55

» 映画:「忍 SHINOBI」試写会(厚生年金会館) [駒吉の日記]
個人向け映画ファンドを募集した、ってことで注目してました。(投資してみたかったなあ) それはさておき、美男美女のドラマチックストーリーとアクションに大大大期待していきました。は~、仲間由紀恵とオダギリジョーの花の顔を堪能させてもらいました(笑)上映時間、もう... [続きを読む]

受信: 2005/10/12 13:48

» 『忍 -SHINOBI-』レビュー [西欧かぶれのエンタメ日記]
本当は特に観るつもりもなかったけれど、たまたま時間が合ったので、『忍 -SHINOBI-』を観てみた。本作の予告編で、椎名桔平の格好があんまりおかしくて、和製ガンダルフじゃんとなどと言いながら、友人とゲラゲラ笑っていた記憶がある。CGも、狙っているのだろうけど、色が強すぎて私好みじゃなかったし、正直あまり期待はしていなかった。 ところが、椎名さん(男役だったのですね)、なかなか渋いキャラクターじゃないですか!私は今回登場した忍の中で、一番好きかも。ああいう、強くて、時代の流れを悟っていて、... [続きを読む]

受信: 2005/10/13 03:40

» SHINOBI [□film-navi〔フィルムナビ〕]
映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトのSHINOBI情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。... [続きを読む]

受信: 2005/12/17 14:25

» 蒼い瞳の願い~「SHINOBI」~ [ペパーミントの魔術師]
う~ん、予告編だけでストーリーのオチが わかってしまうような映画ってどうよと思ったんですが。 あまりにもカラフルな忍者だったし。 予告編で見たときの沢尻エリカちゃんめちゃかわいかったし。 浜崎あゆみの「HEAVEN」イイネだったし・・・。 DVDになったら借..... [続きを読む]

受信: 2006/02/19 23:14

» SHINOBI 06年34本目 [猫姫じゃ]
SHINOBI 日本映画、やればできるじゃん。 邦画の未来は、明るい!!VFX &ワイヤーアクション、良かったです! ま、仲間由紀恵 とオダギリジョー はおいといて、薬師寺天膳!椎名桔平 、こんなカッコイイの、始めてみました!もう、完璧に、マンガ!いい....... [続きを読む]

受信: 2006/02/26 04:21

» SINOBI観ました [ここだけの秘密・・・・]
ヤングマガジン編集部 SHINOBIビジュアルブック―ストーリー+メイキング写真集 はじめまして、burazirubaです。                               遅いとはおもいますが、sinobiを観た感想を書きたいと思います.    はっきり言っ... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 00:49

»  『SHINOBI』 [ストーリーの潤い(うるおい)]
正直、「もう少し、いい映画にできたのでは?」と思いましたが、それなりに見所がありました。 [続きを読む]

受信: 2006/03/08 05:19

« 悩むゾ | トップページ | ファンタスティック・フォー »