« 同じ月を見ている(これから) | トップページ | たいむさんと東京駅地下のそば屋でビールを酌み交わす »

2005/11/02

ドミノ

本日、ようやく『ドミノ』を観賞してきました。監督が、ドミノ・ハーヴェイの生涯を通して何を訴えたかったのか、おぼろげに伝わってきたように思います。

サブリミナル効果のように、ちかちかする画面とカットの多さ、コントラストも強くて、俳優さんの表情がよくわからないこともありました。ドミノ自身が感じていたと想像される「孤独」や「やるせない想い」は、理解できないことはないのですが、「おもしろそうだから」という理由で「賞金稼ぎになる」というのは、どんなものかなあ…。

彼女の寂しげな表情をみても、どこか納得できないのは、やはり「有名で、お金持ち」の家に育った「わがままお嬢さん」的な発想であるように思えてしまうからでしょうか。親からの愛情を受けられなかった…ということなら、どんな家庭にでもあり得ることでしょうし、だからといって「死んでも構わない」、と荒くれの仲間入りをする人ばかりではないでしょう。彼女は、幸せには遠い人でした。精神的に、とても幼い人だったのでしょうか。

「人はなりたい自分になるもの」、改めて考えました。

|

« 同じ月を見ている(これから) | トップページ | たいむさんと東京駅地下のそば屋でビールを酌み交わす »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■toeさんへ
ドミノさんが、手記でも残していれば別でしょうけど、無理じゃないでしょうか。もし「ドミノの心情」が表現されることがあっても、およそ理解に苦しみそうです。>貧乏人なので(爆)

投稿: あかん隊 | 2005/11/05 15:13

こんにちは。

コメントありがとうございました。
これ、そうなんですよねぇ。
もっとも肝心なドミノの心情が全く見えないのがとても残念でした。
だれか、ドミノの生き方にスポットを当てた映画を作ってくれないでしょうかね・・。

投稿: toe | 2005/11/05 10:56

■chishiさんへ
チョコ、お気に召したようでしたね?
色っぽい男性でしたねぇ。それに、思いこんだら「命がけ」。子どもぽい思考も手伝って、余計に怖さが…。あの役者さん、語学がかなりできるらしいです。「知性派」なのかな。

投稿: あかん隊 | 2005/11/05 03:37

私も
金持ち娘のただのわがままじゃん。
な~んて思いながら観てましたよ。
チョコと音楽が素敵だったから許すってカンジです(笑)

投稿: chishi | 2005/11/05 02:14

■RINさんへ
なるほどー。そういう見方もありましたか。強烈な「皮肉」と受け止めれば、心も痛みませんね。
ドキュメンタリーとは考えていませんでしたが、リアリティを出すために、実際のバウンティ・ハンター組織のようなところでトレーニングも行ったとか、「生きている実感を求めてやまなかったドミノ」、「鮮烈な生き様」…なんていうコピーを見てしまうと先入観が先走り…だったかなぁ。

投稿: あかん隊 | 2005/11/03 23:33

実話をドキュメンタリー的に思い入れを込めて撮った映画と見ないほうがいいと思います。
実在の「ドミノ」をコケにしつつ描いた娯楽作品だと思います。
アメリカ社会も、「ドミノ」も、薄っぺらだし、そういう「薄っぺら」さを、「薄っぺらく」B級仕立てに映画化した監督、好きです。

投稿: RIN | 2005/11/03 22:41

■ミチさんへ
もったいないですよ>ドミノ。
もっといろんな方法が、たくさんの選択肢があったでしょうに。彼女の「孤独」や「愛情の枯渇」には、同情できないけど、ある意味での「稚拙さ」や「不器用さ」は、可哀想だな。

投稿: あかん隊 | 2005/11/03 21:28

こんにちは♪
ドミノがバウンティハンターの道を選んだ理由がいまひとつ理解を超えるものでした。
実物の彼女が最後に映りましたが、そう思ってみるせいか、面構えがすごいと思っちゃった。

投稿: ミチ | 2005/11/03 15:50

■悠さんへ
うーん。よくなかったわけではないんですけどね。アフガニスタン人の彼は、ちょっと気になるキャラクタでした。
詐欺師のあゆみちゃんは、お話の中での架空キャラクタだし、明るさがあったと思うんですね。「OUT」は観てないので、なんとも。それでも創作上の人物でしょう?
ドミノの場合、これが実話ベースっていうのが、ちょっと問題かなって。「創作」を「現実」に転化できたのは、それだけ彼女自身が「現実」離れしていたのかなって…ね。(汗)

でも、悠さんが、こうした女性に「惹かれる」気持ち、わかります。
「ぶぶづけでも…」って言うのは「帰って下さい」という意味、だなんて思えないし<意味が違う。。。

投稿: あかん隊 | 2005/11/03 07:39

よくなかったみたいですね(^^ゞ
私は、思っていることと、行動が、ずれていないヒロイン、好きなんですよ。
詐欺師のあゆみちゃんでしょ、「OUT」の雅子さんでしょ(雅子さんは死体廃棄業まで、やりだしてしまう)。精神的におさないといえば、幼いです^_^;。

投稿: 悠 | 2005/11/03 06:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/6866411

この記事へのトラックバック一覧です: ドミノ:

» 映画「ドミノ」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ドミノ」★★☆ ストーリー: 父親は名優ローレンス・ハーヴェイ、母親はスーパーモデルというセレブリティの家に生まれたドミノ(キーラ・ナイトレイ)は、誰もがうらやむ生活を送りながらも何か満たされない思いを抱えていた。 バウンティ・ハンター=賞金稼ぎ という職業があることも知らなかった。 なんせ2時間の上映時間の間中めまぐるしい映像と音楽に脳がすっかりヤラれてしまって、見終わったあとはグッタ... [続きを読む]

受信: 2005/11/03 15:46

» ドミノ [toe@cinematiclife]
バウンティハンター(=賞金稼ぎ)ってのが、現在のアメリカに実在してるなんて、知らなかったんだよね。 なんか、西部劇にでてきそうな感じじゃない。 だから、映画よりもその“バウンティハンター”に興味があって、見に行ってきた。 ちなみに、そのバウンティーハンター、具体的には、保釈金を払って保釈された人たちが、逃走してしまった場合、このバウンティーハンター達が犯罪者を捕まえに行き、無事に捕まえた場合は報酬... [続きを読む]

受信: 2005/11/05 00:07

» 【映画】 ドミノ ★★ [徒然なるままに・・・]
ストーリー: 名優ローレンス・ハーヴェイの娘としてロンドンに生まれたドミノは、 恵まれた特権階級の生活を送りながらも何か満たされない思いを抱えていた。 ロサンゼルスに移り住んだ後、彼女に大きな転機がやってくる。 新聞で偶然見つけた『バウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)募集』の文字。 湧き立つ気持ちを抑えられないドミノは、 なかば強引にバウンティ・ハンターの仲間入りを果たす。 そして、エドやチョコら仲間とともに、 死と隣�... [続きを読む]

受信: 2005/11/06 22:25

» 2005/10/20 [m's box]
映画『ドミノ』を観た。 チラシを見て、実話だと知り、このカッコイイイカシタおねーちゃんが、『パイレーツ・オブ・カリビアン』に出ていたキーラ・ナイトレイと知り、興味深々だった。 いろんな話が、どさっと広げられて、頭フル回転でも全てを理解できなかった。 ...... [続きを読む]

受信: 2005/11/07 16:47

« 同じ月を見ている(これから) | トップページ | たいむさんと東京駅地下のそば屋でビールを酌み交わす »