« ブラザーズ・グリム | トップページ | 悠さんと東京駅のビアホールで生ビールを酌み交わす »

2005/11/08

国民年金のこと

本日は、また、かなりシビアなお話です。

ご自身の年金、あと何年納付すればいいか、ご存知ですか?

年金制度改革が叫ばれて、ずいぶん経ちますが、一向に「どうするつもり」なのかが見えません。
それでも、ここまでちゃんと納めてきた年金ですから、中途半端になって、ただただ、国庫に組み入れられてしまうのも残念です。どうせ、ろくなことに遣われないのはわかりきっています。

サラリーマンの夫がいる、妻の方、手続きしてありますか?
国民年金に加入する形をとることになっているんですよね。とっくに、ご存知だとは思いますが。
月々の年金納付は必要ありませんが、手続きはしなくてはなりません。

自分は、この制度の中で、出たり入ったり…何度か繰り返していたので、年金給付の対象になる「最低25年間の納付」に足りるかどうか、不安になりました。で、「年金相談所」に出向いて確認してきたところです。

○最低300ヶ月の年金納付が必要なのだそうです。

このまま、納付し続ければ、大丈夫とわかりました。年金だけで生活していくことなんて、到底無理なのは解っていますが、自分の納めた年金が1円も支給されない事態だけは、回避したかったのでひと安心でした。

納付している年金が、60歳まで納め続けても、「最低300ヶ月(25年間)」には満たない…ということを、ご存知ない方がいらっしゃるそうです。
知らないまま、年金を納め続けて、年金を支給してもらう時期になって、初めて「加入期間の不足」に気が付く、でも、間に合わない。結局、加入期間の不足という事由で、年金は支給されず、納めた年金も戻ってはこない…。

こんな理不尽なことが、あり得るのです。もらえるか、もらえないかわからないけど、
一応納めている…という方は、ご自身の「加入期間」を確認した方がよさそうです。

加入期間が、足りなそうだ…とわかっていても、
社会保険事務所は、個別に告知してはくれません。<ひどいと思う。
年金支給の申請をして、初めて「加入期間の不足」に気が付いても、間に合わないことがあるのです。

ちなみに、自分が行った「年金相談所」の窓口の方は、
「あなたくらいのころから、注意していれば、大丈夫。安心して、納付を続けてください」
>何に、安心するんだろう…。かなり疑問ではありますが。。。

|

« ブラザーズ・グリム | トップページ | 悠さんと東京駅のビアホールで生ビールを酌み交わす »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■猫姫少佐現品限りさんへ
あああ。(汗)
多分、というか殆どそうだろうとは思いましたが、「自分でかけてる」っていうのにひっかかってしまいました。ごめんなさいデス。失礼しました。m(_ _;)m

投稿: あかん隊 | 2005/11/11 17:25

いやぁ、、あたしは普通の会社員ですyo。
お給料、もらっています。
何だと思っていました??

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2005/11/11 15:18

■猫姫さんへ(追伸)
あれ? 自分でかけてる…って、どういう?
厚生年金は、雇用形態がなくてもいいのか?
会社の社長さんだったり、自営で法人だったりすると、自分で厚生年金に加入することはあると思いますが、個人で厚生年金には加入できないような…。退職後、一定期間、厚生年金を続けて(全額自腹)…ということは、あったと思いますが。自分の経験値にないので、適当なことは言えませんね。こうなると、どこまでの情報なんだか、怪しくなる…。(汗)

投稿: あかん隊 | 2005/11/11 13:25

■猫姫さんへ
厚生年金は、かけていた方がいいですよ。
雇用者(会社とか)が、半分負担してくれてるんですから、本当は、自分が払っている年金額の約2倍、年金を納めていることになるんですよー。
貯金しても、利率悪いし、ペイオフも。最近は、規制緩和で、銀行でも「個人年金」商品の販売にやっきになっているようですが、銀行は、究極の「営利団体」ですからね。自分たちが損をするようなことは、絶対にしない。だから「信用できない」(爆)。

投稿: あかん隊 | 2005/11/11 13:19

あたしはず~っと、厚生年金を自分でかけているのですが、全然わかっていません、、、
でもなんか、同じ額だけ貯金した方が良いような気が、、、

投稿: 猫姫 | 2005/11/11 12:59

■そふぃあさんへ
退職時の給付…というと、おそらく雇用保険関係の給付金ではないでしょうか?
国民年金の給付ではなさそうです。
昨年の給付…というのは、お子さんの「育児手当金」や「出産手当金」のようなものでは?これも、ご主人が「社会保険」(会社員等ですと加入していますが)からの給付ではないでしょうか?

年金は、60歳まで納付して、給付はその後になると思います。もっとも「障害年金」などは、条件を満たせば、年金のカテゴリで支給されるようです。

専業で家庭にいらっしゃる、または、配偶者(扶養家族)の範囲内(年間所得130万円まで)でパート・アルバイト…ということなら、ご主人の社会保険に加入されていると思います。年金は、ご主人の厚生年金によりカバーされる形で、国民年金の3号被保険者となり、年金の納付は免除されて、加入期間としてカウントしてもらえます。
ただし、これは市役所などで手続きが必要で、忘れていると未加入期間ということになってしまいます。>手続きされていますか?>年金手帳を確認するとわかりますよ。
退職して、家庭に入ってしまうと忘れがちですが、自動的に「3号被保険者」に加入…ということはないので、注意が必要ですね。

将来、年金をもらえるか、もらえないか…ということはさておいても、幾らかでも年金を納付しているのであれば、加入期間は、重要なポイントになるので、今一度、確認なさるのがいいように思います。

日本は、どんな国になるのか、不安も大きいのですが、優秀な方々(?)が行政等を行ってくださっているはず(?)なので、注目していきたいです。(汗)

投稿: あかん隊 | 2005/11/10 18:55

こんばんは~。
あーなんかわからない・・・
でもちゃんと知ってないといけない話題ですね。
私は18で勤めに出て29で退職したのですが
退職時と昨年 お金を受け取りました。
でも正直言ってなんのお金だかも理解できてないです><
貰えるもんは貰っておけーってな感じで・・・
本とお恥ずかしいですわ。
今 旦那が36 私が34ですが果たして
私たちの時代に年金なんてもらえるのか・・と思うんですけどね。
子供が小さいのでお金も確かに大事ですが
娘たちが大人になる頃はもっと住みやすい日本に
なっているといいな~とは思いますわ。

投稿: そふぃあ | 2005/11/10 18:03

■くじらさんへ
そうなんですか!
現場にいた方の言葉は、重いですね。この先、どうなるか、本当にわかりません。それでも、馬鹿馬鹿しいことをした…と悔やむことのないようにしたいものです。督促状が、やんや、と来るようになったのも、ごく最近のことです。それも「納付している人たち」から「不公平だ」「しっかり徴収せよ」と言われて始めたことのようです。情けないです。

投稿: あかん隊 | 2005/11/09 21:59

私の色々な仕事の中になんと!!役所の『年金課』勤務があるのですよ。臨時職員ですけど4年あまり・・・そこで実際ありました。納付月が数ヶ月足りないだけで年金が支給されない人が。過去2年しかさかのぼって納付できないので若い頃の未納がひびいて・・・
どうにもならないのです。それじゃ今まで払ってきた分は?!それはただの『無駄』なのです。初めて知った時はやり切れませんでした・・・役所って払わないと催促はしますが役所が払う物に対してはナンにでも無口なんですよね。たとえば育児給付金。自治体によっても違うし制度もころころ変わるしこちらからて手続きしないで『知らなかった』ではもらえない。だからと言って通知してくれるわけでもないし・・・
ここ2年は3号と言う事できていますが実は未払いがあるんですよ・・・6ヶ月分(笑)って笑い事ではないですね。

投稿: kuzira☆くじら | 2005/11/09 21:30

■追伸です。
そうそう。この間から、55歳以上の人には、予定の受給額を教えてくれるようになったみたいです。>自分は、まだだもーん!(汗)

投稿: あかん隊 | 2005/11/08 22:42

■クロワッサンさんへ
はい。その通りですね。
もらえる年金額は、いまだ不透明です。
ただ、「受給資格」は「納付300ヶ月以上」ということのようです。これは、本日窓口の担当者が、何度も言いました。25年間納付することが最低条件。
20年では、たとえ年金額が「1円」であろうとも、もらえません。むしろ、納付損です。そのために「60歳からも年金を納付できるように」という制度があるようですが、これもたいへんそうです。

受給する段階になって、「3年足りませんので、支給できません」と言われたりすることが、実際にあるらしいのです。

受給できる年金額の多寡に拘わらず、「受給資格」すら「25年に足りない」からと却下されてしまうとも知らずに、欠格期間を見過ごして、今は、ひたすら納付している方が少なくないのでは、と思いました。今からでも、「何年分足りない」とわかっていれば、社会保険事務所に相談するなり、他の方法を考えておくなり、できるようにも思えるのですが…。

でも、もしかして「1円」も戻らない、ということであれば、ばかばかしいのでこの先は、納付をやめようかな?(爆)

今は、まだ「税」になっていない「年金」だと思うのですけど、息子のところにきた「督促状」には「国税法に準じて『差し押さえ』等の手段もあり得る」という主旨の手紙が入っていました。これを、どう受け止めるか、どう考えるか、多少悩みます。
年金を当てにしている訳ではありませんが、「基準は満たしているぞ」と言って、意見を言えるようにしておくのがいいのかな(ある方の請け売り(爆))…と考えています。

投稿: あかん隊 | 2005/11/08 22:34

あかん隊さん、こんばんは。これは政府の広報不足だと思うのですが、年金をもらえる資格ともらえる金額は別だと考えたほうがいいみたいです。例えば保険料を20年間払っていれば年金をもらうことができる資格ができます。

ではいくらもらえるかというと、これはその時に保険料を払ってくれる人の金額によるということになるんですね。

考え違いしやすいのは、自分はいままで300万円払っているので最低限年金は300万円はもらえるはずだ・・・

ということですね。私達が年金をもらえる時に私達を支えてくれる世代の人数&保険料の払い込み状況によっては100万円に満たないということも十分にあり得そうですね(^_^;)

投稿: クロワッサン | 2005/11/08 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/6971380

この記事へのトラックバック一覧です: 国民年金のこと:

« ブラザーズ・グリム | トップページ | 悠さんと東京駅のビアホールで生ビールを酌み交わす »