« 「親切なクムジャさん」、復讐は長い年月かけてやるもの | トップページ | THE 有頂天ホテル(これから) »

2005/11/23

「大停電の夜に」、納期が遅れる言い訳は完璧だ!

intro_ph011waltzfordebby出だしが良かった。ジャケットが棚から出てきたところで期待度ぐーんとアップした。ビル・エヴァンスの『WALTZ FOR DEBBY』は、最高のお気に入りアルバムのひとつ。古びたジャズ・バー、木べ、ろうそくの灯…ときたら、シチュエーション揃い過ぎだ。

いくつかのお話が同時進行するのだが、少しずつクロスしてくるところなどは、良かったなぁ。わくわくしながら見てた。

吉川晃司のサンタクロース版を見られて、幸せだ。彼はいい! 寺島しのぶとのお話も泣かせるじゃないか…。
宇津井健は、どうも苦手だ。どこか「はじける臨界点」をもっていそうなキャラに見えない。淡島千景が、ずっと年長の奥様に見えるが、これは想定のうち?
田口トモロヲ、初めてしっかり記憶した。目をつぶって「声」だけ聞いてみたけど、某番組のナレーションには聞こえなかった。さすがです。いい役がまわってくるようになったんですね。実力はあると思うので、これからも楽しみな俳優さん。どうも、不倫をするようには見えない。が、そんなものか。(見えないような人が、実は、そうする?)
どうやら、父親も不倫…という設定だったから、離婚・不倫は、遺伝するのかもしれない。。。

トヨエツさん、わりと好きな俳優さんなのに、どうもいけなかった。似合わないような気がする役だった。あの風貌で「妙にノスタルジック」「べたべたのロマンチスト」では、違和感があった。田端智子の役は、なんだかよくわからないなぁ。

本郷奏多くん、うまいじゃないですか! ルックスもいいから、これからが楽しみです。香椎さんを食ってましたよ。香椎さん、むずかしい役所で、たいへんそうでした。鈴木砂羽が、ちょこっと出ていて嬉しかった。彼女、好きなので。

とはいえ、なかなか綺麗な映像で、突っ込みどころ満載映画を楽しみました。アングルやカメラワークは、やっぱり「テレビ用」だな…と思いつつ。Jazzyな夜を堪能できたと思う。

|

« 「親切なクムジャさん」、復讐は長い年月かけてやるもの | トップページ | THE 有頂天ホテル(これから) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■猫姫少佐現品限り さんへ
TBとコメント、ありがとうございます!
>クリスマスに見るべき
確かに。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/06/11 01:44

こんにちは!
>離婚・不倫は、遺伝するのかもしれない
そうかも知れない、、、
やっぱり、クリスマスに見るべきでした、、、

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006/06/10 13:12

■うぞきあさんへ
コメントありがとうございます!
ひぇ? ロンゲ…ですか? それは知らないデス。(汗)
かなり微妙なイメージになりそうです。
吉川晃司が出演する映画、これから観たくなりそうです。

投稿: あかん隊 | 2005/12/12 02:26

■カヌさんへ
そうでしたね。カヌさんの記事を拝見して、そうだ、そういうこともあり得る…、と後から怖くなってしまったりしました。

投稿: あかん隊 | 2005/12/12 01:50

私は、ロンゲの田口トモロヲが最初の印象なので、今は何か違和感があります。
トヨエツはあのインチキくさい笑顔が好きです。
吉川晃司はカッコ良いですね。“漂流街”でますますファンになりました。

投稿: うぞきあ | 2005/12/11 10:15

こんばんは。一夜のラブ・ファンタジーとしてみれば良いと思っていながら、エレベーターのシーン(私の感想に書いてます)に引っかかってからは、冷静に見れなかったです(^^;

投稿: カヌ | 2005/12/05 00:44

■sannkenekoさんへ
こちらこそ、すっかりご無沙汰してしまいまして。すみません。お元気ですか?

田口トモロヲ氏が、もてすぎ…という感想もあるようですが、いいんじゃないかなぁ。特別な二枚目でない、誠実さがちらちらしているような人が、案外「不倫」するのかもしれないと思いました。どっちにも「悪い」って、思っちゃうかもしれないし。

そうそう。吉川晃司、いいですねぇ、彼。「情」の演技も、きっちりこなすではありませんか。
井川遥も、きれいどころや可愛い子…だけじゃなくて、微妙に変化していく乙女心を懸命に演技してましたね。

大人っぽい、JAZZY な夜に、キャンドルライトと「想い出話」。いいんじゃないですかぁ…。雰囲気だけでも、ゼイタクです。

投稿: あかん隊 | 2005/12/04 20:56

あかん隊さん、お久しぶりです。

キャスティングは誰一人ピンと来なかったんですが、
予告で見たときに直感的にこれは好きだわ・・・と。

多分ちゃんと見たのは初めてだと思う田口トモロヲも良かったし、
(田口さんが主役と言っても通りそうな話だし)、
吉川晃司のサンタクロースには涙。
井川遥を見直したりと私的には発見が多かったです。

パニックのシチュエーションは論外ですが、
ロウソクの炎っていいなあとか映像的にも音楽的にも
いい感じの一本でした。
来年の今頃はDVDも出て、TVでも見られるだろうなあと思いつつ・・・。

投稿: sannkeneko | 2005/12/04 13:09

■RINさんへ
停電になったら「眠ってしまう」。
これ、自分とほぼ同時にコメントしていたみたいです(爆)。「念力」しましたか?

投稿: あかん隊 | 2005/12/01 00:57

宇津井健は、別に好きでも嫌いでもないんですけど、やっぱり
コメディタッチの演技に限界がありますよね。
ちょっとシンドイなあ・・・と思いました。
田端智子ね、私も「あんた、一体ナンナノさ???」
と思いましたよ(苦笑)
しつこいですよぉ、私だったら途中で追っ払ってます。
停電になったら、冬場は寝るに限りますね。

投稿: RIN | 2005/11/30 23:11

■COOさんへ
コメントありがとうございます!
えー、そんな。たした過去ではありませんよぉ。記憶領域が少ないのをいいことに、「恥は、かきすて」人生です。(爆)
自分でも「いやなヤツ」だった(過去形でいいのか?)なぁ…と思う今日この頃。(汗)

バトンですか、いいですよ。受けとりましょう。他へ渡すことはできないと思いますが、それでよろしければ。

投稿: あかん隊 | 2005/11/26 17:16

TBありがとうございます。
古傷…などと申されておりますが(ごめんなさい)、充分甘く美しい記憶になってらっしゃることを祈ります。
うわ~ん、あかん隊さんの過去をいろいろ想像してしまいました!!
映画よりも興味深いですm(_ _)m```
スペースが許されるのなら是非とも“恋愛バトン”を受け取って頂きたいのですが…
いかがでしょう??

投稿: COO | 2005/11/26 16:14

■マダムSさんへ
確かに、ロマンチックな気分になりますねぇ。いい雰囲気でした。真っ暗…というのじゃなくて、ろうそくの灯があるのがよかったんですね、きっと。

「不倫」したことがないので、よくわかりませんが、「不倫」したくなる気持ちって、どんな感じなのでしょうか?
ビビビって、いうのもあるのかなぁ?
ここ十数年、そっち系(どっち系?)のことには、疎くて…。もっと意識すべきですか?(爆)

投稿: あかん隊 | 2005/11/26 15:41

こんにちわ♪ 
すっかりロマンチックな気分になって、帰りにローソクを買って帰りました(単純)
そうですね~不倫しそうには見えませんが田口さん・・お父さんも不倫というよりは本気のようでしたし・・。
米映画の『マグノリア』を 毒気を抜いて日本風味にした群像劇? 難しい事はわかりませんが、こういう優しい映画が最近すっかりお気に入りになりました。

投稿: マダムS | 2005/11/26 11:35

■はちむきさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
自分もいつも、はちむきさんの記事を楽しみに拝見しています。
元気が戻ったようで、よかった>謎。
この映画、かなり個人的に思い出とかぶるシチュエーションだったので、特にJAZZバーのシーンでは、古傷が…(汗)。
トモロヲさん、イイですね。好きです。(好きな俳優さん、たくさんいます)

投稿: あかん隊 | 2005/11/25 14:46

こんな大きな画面でしかも!!始めからず~~っとトモロヲ君を見れて嬉しいかったです。。

私的には豊川さんと田畑ちゃんがいいなぁ~♪と思いました。。
でも・・ちょっと期待しすぎましたかね~・・。


投稿: はむきち | 2005/11/25 13:42

■anyさん
いつもどうもありがとうございます。
毎晩、夜なべ仕事のあかん隊です。(爆)
anyさんのところへコメント残しました。一部打ち明け話…うははは。(汗)
まずいんですよ、JAZZYで、ロマンチックで…となると、どうも思い出がありすぎて。それも、かなり切なくて、ですね。どうしたって、微妙になっちゃう……。

投稿: あかん隊 | 2005/11/24 02:09

あかん隊さん、こんばんは。
どうも、微妙な作品だったようですね。
僕はツボにはまったのか、かなり気にいってしまいました。
突っ込み所満載でしたが、クリスマスですから、おとぎ話ということで…(笑)
あかん隊さんがイマイチに感じたトヨエツをはじめ、キャストは皆さん良かったと思ったんですが、田畑智子さんがすごくキュートで一番印象に残ってます。
確かによく分からない役柄でしたが。

投稿: any | 2005/11/24 01:29

■charlotteさんへ
どうも「ザ・ガードマン」なんかのイメージが強すぎるということもありますが、彼の演技タイプが好きじゃないみたいなんですね。(まあ、ずいぶん偉そうですが…)
加山雄三なんかが、気にくわないのと、なんとなくおなじような観点かもしれません。汚れ役は、やらない…みたいな雰囲気があるような気がしてます。

投稿: あかん隊 | 2005/11/24 00:17

こんにちは。TBさせていただきました。
健さん、苦手ですか?私あの人みるとなんか可笑しくって。←これも苦手のうちかしら?(笑)自分は突っ込みながら見ていたのですが、それでも泣けてしまう暖かい映画でした。音楽よかったです! 

投稿: charlotte | 2005/11/23 23:51

■kozzyさんへ
これは、やっぱり「レイト」か「ナイト」でしょうねぇ。でなきゃ「徹夜明けの朝一」(眠っちゃう可能性大だが…)(爆)。

投稿: あかん隊 | 2005/11/23 23:22

実は朝一で観てしまいました。
やはり夜観るべきだったかなぁ~

投稿: kossy | 2005/11/23 22:58

■ミチさんへ
確かに。普通、ぴったりでしょう。
トヨエツ、JAZZ、ウッドベース、バー…
あんまり「ベタ」だと抵抗したくなってしまいます。「良すぎる」イメージって、苦手で。(ちっとも、うまく言えてない…汗)
あの年齢って、40歳くらいですか? 女優さんも男優さんも、身体には資本かけていると思いますから…(爆)。

あっちこっちにばらけてるお話が、少しずつ近寄ってくるというのは『理由』(大林監督)と似たような雰囲気を、少し感じました。あちらは、ものすごく長い映画でしたが…。

投稿: あかん隊 | 2005/11/23 22:54

■たいむさんへ
こんばんは!
わかるんですけどねぇ。どうしても、似たようなシチュエーションが、記憶でちらついてしまうと、「こりゃダメだ」と思ってしまう。客観的でいられなくなっちゃうからいけません。(汗)

投稿: あかん隊 | 2005/11/23 22:51

こんにちは♪
あら?トヨエツダメでしたか(笑)
私はあの低音の声がろうそくの明かりとジャズにマッチしていていい気分になっちゃいました。あの年であのスタイルのよさは素晴らしいですよ~。

でもね、12人ってやっぱり多すぎたと思うんですよね。あの人とあの人のシーンは不要かも・・なーんて言ったら怒られるかなぁ?

投稿: ミチ | 2005/11/23 20:40

あかん隊さん、こんばんは!
あら?珍しく私が一番のりだわ。

>わくわくしながら見てた。
そういう作品ですよね。

トヨエツ×田畑、いいじゃないですか!
トヨエツとしてはちょっと違う気もするけど、コレはこれで上手かったと思います。

来年はきっとこの時期にTVで見れると思います。

投稿: たいむ | 2005/11/23 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/7280625

この記事へのトラックバック一覧です: 「大停電の夜に」、納期が遅れる言い訳は完璧だ!:

» 「大停電の夜に」みた。 [たいむのひとりごと]
またまた試写会に当たってしまった。立て続けで調子がいいぞ。(おかげで”ALWA [続きを読む]

受信: 2005/11/23 19:26

» 映画「大停電の夜に」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「大停電の夜に」★★★ 東京が大停電に遭遇したクリスマスイブの夜を12人の男女の物語を交錯させながらロマンティックに描くラブストーリー。 老若男女取り混ぜた人物が登場し、彼らのストーリーが複雑に絡み合って収束拡散していく・・・というのは「ラブアクチュアリー」などでも成功しているし、私も好きなパターンの映画。その日本版とでも言うべき本作品は、豊川悦司、原田知世、井川遥、宇津井健などバラエティーにとんだ役者をそろえ、夫婦... [続きを読む]

受信: 2005/11/23 20:29

» 大停電の夜に [ネタバレ映画館]
 「前の大停電のとき、9ヶ月後にベビーブームが起こったわ」という台詞が忘れられない映画『キングコング』(1976)。すでに頭の中はPJ版『キングコング』でいっぱいだ。  クリスマス・イブの夜に東京が大停電となり、12人の男女がそれぞれ特別な夜を過ごす。この群像劇の人物設定は大変優れているので、もうちょっと丁寧に練り上げれば本年度邦画のトップクラスになったであろう作品です。残念なのは、やはり脚本・・・  群像劇とはオ�... [続きを読む]

受信: 2005/11/23 22:58

» 大停電の夜に 評価額・1050円 [Blog・キネマ文化論]
●大停電の夜にをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 東京がいちばん輝くクリスマス・イヴ [続きを読む]

受信: 2005/11/23 23:07

» 大停電の夜に [any's cinediary]
泣かないで、本当の愛は、きっと見えてくる。 <ストーリー> かつての恋人を待ち [続きを読む]

受信: 2005/11/24 01:30

» 大停電の夜に(映画館)  [ひるめし。]
ク リ ス マ ス イヴ。東京の光が消えた時、あなたの鼓動は 速 く な る  CAST:豊川悦司/田口トモロヲ/原田知世/吉川晃司/寺島しのぶ/井川遥/阿部力/本郷秦多/香椎由宇/田畑智子/淡島千景/宇津井健 他 ■日本産 132分 日本版「ラブ・アクチュアリー」みたいな感じ? クリスマスイヴの大停電の夜に起こる老若男女12人の様々なお話。 観た時期がまだクリスマスな雰囲気じゃなかったから、... [続きを読む]

受信: 2005/11/24 20:59

» 大停電の夜に [はむきちのいろいろ日記]
12月24日、クリスマス・イブの夜を迎えたばかりの東京の街からすべての光が一瞬にして消え、東京にかつてない暗闇が訪れた。東京を含む首都圏全域が大規模な停電に見舞われてしまったのだった。かつての恋を待ち続けるバーのマスターと向かいのキャンドル・ショップの女店主。妻と愛人の間で揺れるサラリーマン。秘めた想いに迷っていた主婦。エレベーターに閉じ込められた中国人のベルボーイとOL。地下鉄の中の元ヤクザと妊婦。天体望遠鏡を覗く少年と病院の屋... [続きを読む]

受信: 2005/11/25 14:03

» 『大停電の夜に』 [京の昼寝〜♪]
泣かないで、本当の愛は、きっと見えてくる。 ■監督 源 孝志■脚本 相沢友子■キャスト 豊川悦司、田口トモロヲ、原田知世、吉川晃司、寺島しのぶ、井川 遥、田畑智子、淡島千景、宇津井 健、香椎由宇、本郷奏多、阿部 力□オフィシャルサイト  『大停電の夜に』   こんな夜だからこそ、一つの想いが強くなる。12人は、停電により向かい合った相手に真実を語り出す。もう一度、灯りが灯るまで、朝の光が輝... [続きを読む]

受信: 2005/11/25 23:33

» 『大停電の夜に』 [Brilliant Days ]
暗闇に揺らめく色とりどりのキャンドルの光・・ その優しい光の前で 人々は”一緒に過ごせる人がいる事”を幸せに思い、 今は遠くに離れている”人”を大切に想う・・ 「あなたに素敵な事がありますように♪」 ベタと言われるかもしれませんが・・いやいやなかなかどうして..... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 11:28

» 大停電の夜に [遠い海から来た・・]
“クリスマス・イブ。東京が真っ暗になった時、そのラヴストーリーは輝きだす” こ [続きを読む]

受信: 2005/11/26 15:14

» [ 大停電の夜に ]こんな夜だから・・・ [アロハ坊主の日がな一日]
[ 大停電の夜に UNTIL THE LIGHTS COME BACK ]@渋谷で鑑賞。 一生に一度、一年に一回という記念すべき日には、人間 何かを期待するものである。男であれ、女であれ。かく 言う僕も、毎年誕生日には「あっ」と驚くできごとを待 ちわびてもう、ここ5年何もおこらない。鼻毛でも抜き たくなるような平々凡々とした日を送っている。 この映画[ 大停電の夜に ]も、年に一度の聖なる夜、 クリスマス・イヴに東京の光がすべて消えてしまう。 そして、そこからドラマが始まる。... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 16:59

» 大停電の夜に [欧風]
最近2枚あった私のホーム映画館の6本観たら1本無料券(平日限定)、1枚はこの映画で使いました。さてもう1枚はってとこで、予告編を観てたかどうかは記憶にないんですが、パンフレットを観てなんか良さそうだな~、と思っていたのが「大停電の夜に」。19日から公開って事で、いつ観に行こうかな~と上映日程を調べたらなんとやってない(*_*)。せっかく無料券が使えると思ったのに~。っていうかてっきり大々的に全国でやる映画だと思ってたんだけど、ちょっと少なめ?そう言えば「夜に」が付く映画はこれも公開されますね~。「夜... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 09:15

» NORAD サンタ追跡 2005 オープン:クリスマス恒例 [lab-a.sakura.ne.jp]
NORAD サンタ追跡 2005 のサイトがオープンしました。 NORAD 本来のお仕事は、アメリカ合衆国とカナダの航空宇宙領域の防衛です。アメリカ、カナダに向けて飛んで来るミサイルの攻撃を早期に発見警戒する軍事組織です。 でも、Web でサンタ追跡が初めて公開された、19... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 09:26

» 大停電の夜・・・邂逅への鍵は明かりのない夜=秘密にある [オールマイティにコメンテート]
「大停電の夜に」のストーリーは東京地方が突如大停電に見舞われる出来事から7つ以上のストーリーが描かれている [続きを読む]

受信: 2005/11/27 14:16

» 映画館「大停電の夜に」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
クリスマス・イブの大停電。クリスマスシーズンの作品としては、ファンタジックで良いのではないでしょうか。 クリスマス・イブの夜にそれぞれの会いたい人、会いたかった人への思いが溢れる夜。。。なんてロマンチックなんでしょうか。でもねぇ、、、無理がありすぎる...... [続きを読む]

受信: 2005/11/30 15:29

» ホロホロ・・・「大停電の夜に」 [凛大姐&小姐的極楽日記!]
中盤、斜め後ろの席からイビキが聞こえました。 まあ・・・こんな夜だから・・・いいんじゃないでしょうか?{/kirakira/} 確かに、映像は美しいんですが、ストーリー展開にメリハリがあるわけでなく 淡々とした物語なので、眠くなっちゃう気持ちはよくわかります。{/namida/} 淡々ストーリーで、2時間を超える時間、そして 12人を超えるキャストはちょっとキツイと思います。{/ase/} もう少�... [続きを読む]

受信: 2005/11/30 23:00

» 「大停電の夜に」(日本 2005年) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
あなたに素敵なことがありますように・・・。 [続きを読む]

受信: 2005/12/04 12:54

» 「大停電の夜に」 [the borderland]
クリスマス・イブの夜、東京が復旧の見通しのたたない大停電になった、 信号もつかず、各所で追突事故が多発。闇に乗じて犯罪激増、光のない街にパトカーの明かりとサイレンが鳴り響く「警視庁24時、クリスマス停電編」、ではありません(^^; 真っ暗な夜だからこそ、起こった12人の群像劇。それぞれの物語が、リンクしないと物語が進まないのは分かるけど、TVドラマ並みに世間狭いなぁ。 【ちょっとネタばれ】 私は閉所恐怖症なんです。こんなとこで告白してる場合じゃないんだけど(^^; 大学の頃、ヨ... [続きを読む]

受信: 2005/12/05 00:38

» 『大停電の夜に』 [Simply Wonderful 〜Diary & Hobby etc...〜]
真っ赤なお鼻のトナカイさんって、ルドルフ君って言うそうな…、 ご存知でしたか…。 映画には、直接関係ないのですが、映画の冒頭で紹介されて、なんだこれはと思ったのですが…。(苦笑) でも、なるほど思える知識だったので…。(笑) それはさておき、クリスマスイヴの奇跡を描いた「大停電の夜に」。 メッチャファンタジックな映画です。 12月24日 クリスマスイヴ 聖なる夜に起きた6つの素敵なストーリー�... [続きを読む]

受信: 2005/12/08 22:20

» 大停電の夜に [うぞきあ の場]
"大停電の夜に"を観ました。 ● 流れが・・・・・    展開がかなりスローに進行する。    ヤヴァイと思いつつ、私は落ちてしまった。 ● うらやますぃ!    遼太郎(田口トモロヲ)の嫁は原田知世である。そして、不倫相手は    井川遥。これだけで、うらやましい! ● 暗いから??    田畑智子が、無茶苦茶良く見えた。蝋燭の明かりだからだろうか?    『貴方に良�... [続きを読む]

受信: 2005/12/10 23:13

» 【映画】 大停電の夜に ★★☆ [徒然なるままに・・・]
ストーリー: 12月24日クリスマスイヴ。 天体望遠鏡で夜空を見上げていた少年は、 病院の屋上から飛び降りようとしている女性を発見する。 同じ頃、病院の一室では死期の迫った父が息子に最期の告白をしていた。 それは死んだ母が、実は生きているという報せだった。 恋人たちが行き交う表参道では、 若い女性が電話に出ない相手にメッセージを残す。 電話の相手は不倫関係の上司だった。 それぞれの事情を抱えた人々が聖なる夜を迎え... [続きを読む]

受信: 2005/12/18 18:04

» 大停電の夜に 06年110本目 [猫姫じゃ]
大停電の夜に 2005年 源孝志 監督豊川悦司 、田畑智子 、原田知世 、田口トモロヲ 、淡島千景 、宇津井健 、井川遥 、阿部力 、吉川晃司 、寺島しのぶ 、本田奏多 、香椎由宇 2003年に実際に起きた北米大停電時のエピソードがモチーフなんですって?良くできてい...... [続きを読む]

受信: 2006/06/10 13:10

« 「親切なクムジャさん」、復讐は長い年月かけてやるもの | トップページ | THE 有頂天ホテル(これから) »