« スクールデイズ(これから) | トップページ | 単騎、千里を走る。(これから) »

2005/11/18

家の鍵(これから)

keyofthehouse今年、開催された「イタリア映画祭」で上映された作品。

重い障害を持って生まれてきた我が子を捨てた形で15年、若い父親・ジャンニは、その息子パオロと再会し、ミュンヘンからベルリンのリハビリ施設に送り届けることになった。初めて息子と向き合い、とまどいを隠せないジャンニ。明るくふるまうパオロ。二人の旅は始まったばかり…。(チラシより抜粋)

監督・脚本:ジャンニ・アメリオ
原作:ジュゼッペ・ポンティッジャ
脚本:ステファノ・ルッリ、サンドロ・ペトラーリア
出演:キム・ロッシ=スチュアート、アンドレア・ロッシ、シャーロット・ランプリング

2006年 陽春 岩波ホールで公開予定。

|

« スクールデイズ(これから) | トップページ | 単騎、千里を走る。(これから) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
淡々と描かれているのが
かえって胸をえぐられました。
キムの演技に見入りました。

投稿: amore spacey | 2006/01/27 00:52

■マヤさんへ
コメントありがとうございます。
びっくりする音響の映画は、どちらかといえば苦手なので、静かな分には…。まだ、映画館で眠ったことはありませんが、少し不安になってきたかも(汗)。観賞しましたら、ぜひともまたお邪魔させてください!

投稿: あかん隊 | 2005/12/17 23:14

コメント&TB返しありがとうございました。
ぜひ来年ご覧になったら感想きかせてください。ちょっと静か過ぎて眠くなるかもしれませんよー

投稿: マヤ | 2005/12/17 20:56

■現象さんへ
なんでも、数年のブランクを経て、満を持しての作品らしいです。
「イタリア映画祭」は、今年春に開催されて、すでに上映スミなのですけど、発売されているDVDには、収録されていないようです。岩波ホール、会員になっちゃったので(爆)、一生懸命出かけたいと思ってます。

投稿: あかん隊 | 2005/11/19 19:54

この監督を知らなかったんですが、パルムドールも獲ってたんですね。
要チェックだ…
岩波ホールといえば社会性のあるテーマの作品が多いと感じています。

投稿: 現象 | 2005/11/19 12:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スクールデイズ(これから) | トップページ | 単騎、千里を走る。(これから) »