« 方向転換の連続 | トップページ | ドミノ »

2005/11/01

同じ月を見ている(これから)

onajituki原作「同じ月を見ている」(小学館ヤングサンデーコミックス)は文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した傑作。「編集王」「俺節」等、熱く鋭い漫画を世に送り出している奇才・土田世紀…(チラシより抜粋)

窪塚洋介の復帰第一作。

監督:深作健太
脚本:森 淳一
出演:窪塚洋介、黒木メイサ、山本太郎、松尾スズキ、岸田今日子、エディソン・チャン
(キャストも、とても興味深いです)
主題歌:「君のそばに」久保田利伸

公式ページ→http://www.onatsuki.jp/

11月19日・ロードショー公開。>早く観たい!
エディソン・チャン、『インファナル・アフェアII』に出演してましたね。

|

« 方向転換の連続 | トップページ | ドミノ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■悠さんへ
しばし、劇場へは行けそうもないので、フラストレーション状態です。
とはいえ、良い映画がぞくぞく出てきて、嬉しい限りです。
「アホ映画」も好きですが、基本的には、「考えたい映画」に傾向します。>自分

投稿: あかん隊 | 2005/11/19 19:56

いい映画でした。窪塚洋介の、エディソン・チャンに対する暴力シーンさえなければ。
無垢は、世の悪をみての無垢であるし、そのような無垢であるから、接する人がかわってゆく。人は善意で行為をおこなっても、結果は悪をまねくかもしれない。でも、それは、仕方ないんじゃないのってなメッセージを受け取りました。TBいたしました。

投稿: 悠 | 2005/11/19 16:57

■rohi-taさんへ
cococo、管理人「あかん隊」でございます。初めまして。よろしくお願いします。
TBとコメントをありがとうございます。映画は、大好きです。一定の時間内で贅沢な経験ができる…と思っています。本を読むには、時間もかかるため、好都合なのですが、ただ怠け者なだけかも(汗)。
原作は、未知なのですが、これは前情報なしで観賞したいと思っています。また、お邪魔いたしますので。

投稿: あかん隊 | 2005/11/13 01:17

cococoさん、コメントありがとうございました。
毎日更新されているので感心致しました。
本当に映画好きなんですね、ブログを読ませてもらうと良く分かります。(笑)
私にとって、この作品はあまり期待をしていませんでしたが、とても感動したので、大満足でした。
cococoさんがこの作品を観てどう感じるのか楽しみにしています。
また、オジャマ致しますので宜しくお願いします!
それでは、また。

投稿: rohi-ta | 2005/11/13 00:49

■みのるさんへ
ご訪問ありがとうございます!
プロの俳優さんで、しかも音楽も! 多才な方なのですね。びっくりするやら、感心するやら。いろいろご苦労もおありなのでしょうけど、熱心に活動されているご様子に、頭が下がります。
そうですね。舞台も、観たいです。みのるさんが出演している舞台を、是非拝見しに参ります。これからもブログを確認させていただきたいと思っています。よろしくお願いします。

修学旅行が、函館ですか?
そのころは、まだ連絡船があったのかしら?トラピスチヌ修道院は、クッキーも有名ですね。「熊がでるぞ」は、流行ました。懐かしいかも(爆)。

投稿: あかん隊 | 2005/11/02 23:48

■現象さんへ
コメントをありがとうございます!
エディソン・チャンは、これでますます日本でも認知度がアップしそうですね。
あちらの方は、英語での名前と中国名もあるようで、漢字で書かれるとわからなくなってしまいます。
ショーン・ユーの方が、目と眉の間が狭い感じかな(爆)。エディソン・チャンは、鼻の下が少し広い…なんちって。
現象さんのご推薦ブログでしたので、興味津々で出かけてみてます。まだ、全部は行けてない…。覗いてみて、びっくりして「後退」するケースもあったりします。(汗)

投稿: あかん隊 | 2005/11/02 23:40

コメントありがとうございます!
函館ですかー!
小学校の修学旅行で行きました。
トラピスチヌ修道院でしたっけ?バター飴。その頃流行っていた「熊がでるぞー」の帽子。夜景・・・。
色々思い出しました。
映画沢山見られてますね。

舞台も是非!

投稿: みのる | 2005/11/02 21:39

「インファナルシリーズ」に「頭文字D」など、
エディソン・チャンってショーン・ユーとよく共演してますよね。
そのせいかどっちがエディソン・チャンか分からなかったりしますw
ところで僕がお世話になっているブログに訪問していただきありがとうございました。
いやー、なんかホント嬉しい限りでございます^^;

投稿: 現象 | 2005/11/02 19:42

■RINさんへ
11月になったし、寒そうかも…と思って。
だけど、だめかも。文字が読みづらい。>ぱらぱらしている。CSSのせいかもしれないけど。
>すぐそこに冬…
あは! 丁度良いです。きっとまた、替えちゃうと思う(爆)。
久保田くんのお歌は、結構すきでアルバムを何枚か所持しています。主題歌、まだ聞いてない…。
『空中庭園』、残念です。イイ映画なのに。
大阪へ、お出かけになりますか?

投稿: あかん隊 | 2005/11/02 01:43

あれ、テンプレートが変わりましたね!
秋っぽいです。
(でも、もうすぐそこに「冬」が・・・)
本日、映画館のテレビで、主題歌のMVが流れてました。
「空中庭園」に関しては、チラシは撤去されていて、「諸事情により」
としか、書いてませんでした。

投稿: RIN | 2005/11/02 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/6831608

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ月を見ている(これから):

» シャウエッセンのおっちゃんちゃうで! [お気楽無気力ブログ]
渋谷の街を歩いてると、至るとこに垂れ幕広告がある。 だいたい、ドラマや映画、新曲の宣伝なんかで使われてる。 で、それに関するナレーションとかも一緒に流れてたりする。 そんなある日。 ・・・「Missing」「Cry on your smile」「Indigo Waltz」など、 バラードの名曲を生み出した久保田利伸が送り出す・・・ 〓( ̄□ ̄;)ξ って言ってる。 お前、よくわかってんね!!! ( ̄^ ̄)y-~~ Good cho..... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 13:57

» 同じ月を見ている [Rohi-ta_site.com]
試写会で、出演:窪塚洋介/黒木メイサ/エディソン・チャン/山本太郎/松尾スズキ/脚本:森 淳一/原作:土田世紀/監督:深作健太の「同じ月を見ている」を観ました。 ●ストーリー 研修医として勤務を続けている熊川鉄矢(窪塚洋介)には、心臓病を患っている恋人・杉山エミ(黒木メイサ)がいた。 エミは、これまでに2度の心臓手術を行ったのだが、いずれも失敗に終わった為に、鉄矢は医者になる事を決意したのだった。 そんな鉄矢の元に、警察から幼馴染みのドン(エディソン・チャン)が脱獄したという..... [続きを読む]

受信: 2005/11/12 13:53

» 昼の月を青年山下清がながめる [こ・と・ば・言葉]
「同じ月をみている」@映画エディソン・チャンがよかった。山下清のような出でたちと [続きを読む]

受信: 2005/11/19 16:58

« 方向転換の連続 | トップページ | ドミノ »