« THE 有頂天ホテル(これから) | トップページ | 「恋愛バトン」を受けとりました>COOさん »

2005/11/25

「同じ月を見ている」のは、誰だろう。

金曜日の夜なのに、たったひとり、広い劇場のど真ん中にぽつーんと座って観賞。このシネコン、持つのだろうか…と不安になる。出演している俳優さん以外、さしたる前情報なしでした。原作を知らないので、こんな風に思えたのかもしれません。

宮沢賢治の描く「自己犠牲」の世界が、そこにあったかもしれません。
「銀河鉄道の夜」でもないですが、ジョバンニとカンパネルラのことを思い出したりしました。

泣いて、泣いて…どうして、こんなに泣くのか、と思うほど泣いてきました。いかにもだったり、べたべたなところもあるのに、不思議。窪塚くん、がりがり…。でも、声には力があって、良い演技だった。エディソン・チャンを、意識してまじまじみたのは、これが初めてだけど、体躯がいいし、首もすんなり長くて、汚れた服を着ていてもオーラは消えませんね。難しい役で、たいへんだったのではないでしょうか。

山本太郎、いつの間に、こんなに重要な台詞を言う役をするようになったのでしょうねぇ。嬉しいです。
松尾スズキさん、好きです。シリアスな台詞も、たまにはいいですね。ここでも、かなり怪しげな医者でした。
岸田今日子さんも、お年を召しましたけど、変わらない雰囲気だと思いました。

おしゃれじゃないんです。ちょっと古くさい感じがします。「ドン」の台詞が少ないせいもあるでしょうか。
音楽も、緊迫する場面では、恥ずかしくなっちゃうくらいべったべたの音楽でした。だけど、なんといったらいいのか…。荒削りとも違う、無骨とも違う…説得力がありました。もちろん、不可解なところもありましたし、ラストは、予想通りの展開で、なんだかな…になりそうなのですけれども。

小手先を効かせたアクロバット的な手法はないけれども、骨太な映画だ、と自分は感じました。

|

« THE 有頂天ホテル(これから) | トップページ | 「恋愛バトン」を受けとりました>COOさん »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■chishiさんへ
「酷評」目にすることもありましたが、自分は、気に入りました。粗くて、荒削りでしたけど、こう…「エネルギー」というか「ほとばしり出る何か」みたいなものがあったような気がして。

投稿: あかん隊 | 2005/12/14 01:11

どの役者さんも
それぞれのいい部分が出てたと思います。
窪塚洋介の為だけに集められた作品と考えると、
完成度が高いのではと思えます(笑)

投稿: chish | 2005/12/14 00:32

■はちむきさんへ
よかったですよね?>松尾氏。
やっぱり、好きだなぁ。あの感じ。
酷評されてもいるけど、自分は、比較的好きでした。この映画。いけないところもわかるんだけど…。

投稿: あかん隊 | 2005/12/01 20:34

あかん隊さん・・こんにちわ!!
観てきました!!
本当に松尾スズキさん最高でした。
何とも言えない松尾ワールド!!

それに、エディソン君と山本太郎さん・・素晴らしかったです。

あのエディソン君の絵は堪りませんでした。

投稿: はむきち | 2005/12/01 12:58

■linさんへ
コメントありがとうございます。
題材は、悪くないですし、テーマもちゃんと伝わるのですが、いかんせん、制作側の「ヒートアップ」しすぎというか、「勢いで…」というのが感じられてしまうのが、残念です。自分は、好きなタイプの映画ですけど。

ここ数日のニフティブログサーバー絶不調のためか、linさんのTBが反映されておりません。申し訳ないことです。こちらからは、TBお送りしておきました。よろしくお願いいたします。

投稿: あかん隊 | 2005/11/30 21:28

この映画に対する作り手の熱意は凄く伝わってくる、と思います。
脚本のディテールが粗かったり強調されるポイントが違うんじゃないかと思わせる部分は少し残念でしたが。
TBさせて頂きます。

投稿: lin | 2005/11/30 07:16

■ツボヤキさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。なるほど。なるほど。
眼が肥えている方は、見所が違いますね。納得です。
そこ行くと、単に「感傷的」なだけの自分なのかもしれないデス。少し反省。雰囲気に飲まれちゃうタイプなのか、自分勝手に思い入れするのかもしれません。考えなくちゃいけないな。

確かに「緩い」というか「ぬるい」感じがしますね。嬉しかったんじゃないでしょうか。いろんなことが…。

『頭文字(イニシャル)D』は、観ていませんし(観たかったんですけどね)、エディソンくんにしても『インファナル…II』で観ただけですから、ごく一般的なお客さんだった、ということで。(汗)

投稿: あかん隊 | 2005/11/28 18:24

こんにちは。
エディソンを見に行ったデス。
普通の時の窪塚君はいいな、と思ったデス。乱暴なシーンは以前と変化がなかった。難しい。あのセリフ回しから抜け出すのは。最後の表情がよくやったんだな、と拍手ものだと思ったデス。要らない場面を救ったかな。
山本太郎も救いでした。
しかし、この映画は脚本というよりも監督が今ひとつ未熟なのか、我が老成化なのか…不可解な描写が多すぎです。これはいつの時代のお話なのか、困ったデス。
エディソン精一杯やっているのだけれど、設定があまりにも無理がありすぎるだろう、と。彼の存在、バックボーンを知っているからまだしも、知らないなら、日本語の練習不足は否めない。監督の要求が足りない。あれ位できなくでどーする、と思ったデス。出来なきゃ使うな。折角いい表情の奴が、裸の大将(裸の大将を責めてはいないんだが:苦笑)に見えるなど真っ平御免だったデス。だから無理が多すぎ。アップしなかったデス。深作さん、今作は緩い。前作は素っ飛ばしで見る分には理解できたんだが。頑張っていただきたい、デス。
エディソンは吹き替えであっても(酷いけど)「頭文字D」良かったデス。

投稿: ツボヤキ | 2005/11/28 17:15

■toeさんへ
どうもありがとうございます!
TBやコメント、たくさんいただいて。
松尾スズキは、いいですよね。密かなファンです。舞台は観たことがないのですが、一度は観たいな。普通っぽくない役が、これまた非常に似合うんですよねぇ。登場しただけで、期待しちゃう。(爆)
エディソン・チャンは、オーラがありますね。一種独特の存在感をすでに持っているような気がします。

投稿: あかん隊 | 2005/11/27 19:30

こんにちは。
松尾スズキのシーン、すごくお気に入りです。
もっといっぱい出てこないかなぁ・・。
と願っていたぐらい。
エディソン・チャンはすごく雰囲気のある俳優さんですね。
今後がすごく楽しみです。

投稿: toe | 2005/11/27 13:39

■rohi-taさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
「自己犠牲」に弱い自分です。とても、そういうことはできないから…というのもあるのですが。見返りを求めない「犠牲」は、実に「潔い」ものです。
「自己犠牲」的行動をすることは、ちょっとできそうにありませんが、そういうことに敏感でいたい…とは思っています。
今時、流行らないんですよね。「自己犠牲」って、いかにも「ベタ」に思われそうだし、他意があるんじゃないか…と疑う人も多いと思う。難しいです。この時代では。

投稿: あかん隊 | 2005/11/26 15:54

■RINさんへ
劇場の帰り道、駅近くのコンビニにあったDVDは、メイキングだったんですね?
あれー、もうあるの?なんて思っちゃった(爆)。高いですよね。2500円くらいしてた。レンタルあったら、借りてこようっと。
そうですね。客足は決してよくないかも。
まだそれほど経ってないのに…。

そうかぁ。前情報ほとんどなくて、観たんですが「宮沢賢治」、入ってたんですね。今時流行らないですよね。「自己犠牲」。だから良かったんですけど、自分には。

もう一度観てみたい気もしますが、時間があるかな? 今も仕事が押している状況にかわりないので(汗)。

水川あさみの出演も嬉しかった。

投稿: あかん隊 | 2005/11/26 15:29

■ミチさんへ
暗い中、ひとりだったので少し怖かったんですけど、のめり込んでしまった後は、気にならなかったかな。私ひとりのために、結構な費用がかかってるなとか、映写機回す人も、私だけのために…なんて思うと非常に贅沢でした。(笑)
そうそう。あの迫力の「絵」は、説得力がありました。どなたが、描いたのかな?
山本太郎は、存在感がアップしてきましたね。うまく成長していると思います。

投稿: あかん隊 | 2005/11/26 15:20

■悠さんへ
ドンちゃんにも、「どうしようもない自分」っていうのがあったんじゃないかって思います。本当の気持ちが、どうだったのか…それは、もしかしたら、誰にもわからないのかもしれませんね。
「自己犠牲」には、過敏な自分です。たまらなくなってしまう。

投稿: あかん隊 | 2005/11/26 15:05

こんにちは、私もこの映画が好きです。
この映画を観た後「どこかで同じような気持ちになったなぁ~」って考えていて、このブログの「ジョバンニとカンパネルラのことを思い出したりしました。」という文章を読んで「まさにその通りだ!」と共感しコメントさせてもらいました。
最近なかなか自己犠牲の映画が作られなくなった中で、この映画は貴重な存在だと思います。
それでは、また何かあったらオジャマ致します。

投稿: rohi-ta | 2005/11/26 13:26

おはようございます。
設定的には、ツッコミどころ満載なのですが、全体的な雰囲気が保たれていた映画だと思います。
メイキングで、エディソンくんが、「宮沢賢治の詩を読んですごく感動した。でも、今の時代の人は、皆、まず自分のことを考えちゃうよね、自分も含めてだけど・・・」みたいな発言をしていました。
また、監督が通訳の人に、「ヒトガタには、身代わり、犠牲の意味がある」みたいなことを説明して欲しい、と頼んでいたのも印象的でした。
どうも、客入りが悪いですねえ・・・。
でも、上映中にもう一度足を運びたいと思ってます。

投稿: RIN | 2005/11/26 09:39

こんにちは♪
広い劇場でたた1人の鑑賞というのも寂しいですね(涙)
あまりに「出来すぎ」のドンをちょっと斜に見てしまったのですが、あの心の叫びのような激しい絵を見た時に、ドンの人間らしさを見いだして安心しました。
なんにせよ窪塚くんがスクリーンに帰ってきたのは嬉しいことです。
山本太郎はああいう役が多いですが、今回は特に光っていました。
堅気になってからが良かったわ~。

投稿: ミチ | 2005/11/26 08:10

ドン、「鉄也が、橋でバットでなぐるとこ、放火をやったのは、自分だといわないとこ」とか。人間(鉄也)ってある場で、行為することがしょうがないやね、ってわかってる宗教家のようでもありました。

投稿: 悠 | 2005/11/26 07:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/7320526

この記事へのトラックバック一覧です: 「同じ月を見ている」のは、誰だろう。:

» 同じ月を見ている [toe@cinematiclife]
「顔が大人になったなぁ」と、久しぶりに窪塚洋介を見て思った。 もしかしたら、あの事件が彼にとってプラスに働いているかもしれない。 でも、この映画の見所は窪塚洋介ではなく、エディソン・チャンだった。 <STORY> 鉄矢とドンは、仲の良い幼馴染。 小学生の二人は、近所の森の中に隠れ家を作り、二人でそこでよく遊んでいた。 特に、ドンには“念力”という力があり、鉄矢が思うことを絵で表現するという不思議な... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 02:39

» 昼の月を青年山下清がながめる [こ・と・ば・言葉]
「同じ月をみている」@映画エディソン・チャンがよかった。山下清のような出でたちと [続きを読む]

受信: 2005/11/26 07:03

» 映画「同じ月を見ている」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「同じ月を見ている」★★★ ストーリー: 鉄ちゃん(窪塚洋介)とドン(エディソン・チャン)とエミ(黒木メイサ)は幼なじみ。心臓病のエミを治したい一心で医者の道を歩む鉄ちゃんだったが、ある日ドンが刑務所から脱走したことを知る。 男2人対女1人。この作品はドロドロの三角関係を表すものではない。子供の頃は友情で結ばれていた3人も、お年頃になると恋愛という要素が含まれてくるからややこしくなってくる。エミは人間�... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 08:05

» 本日公開「同じ月を見ている」 [凛大姐&小姐的極楽日記!]
いや〜〜〜、ヨカッタっ!!。{/kaeru_fine/} ウチの義弟のセリフが少なくてっ!!{/face_naki/}(=安堵の涙{/kirakira/}) いえ、「ベルベット・レイン」で、エディソン・チャンの演技力は確かだ、 と確信したので、演技力に関しては心配してなかったんです。 でも、メイキングを観て、「日本語、大丈夫かいな・・・{/ase/}」と正直、 ものすごく不安でした。{/namida/} メイ�... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 09:41

» 『同じ月を見ている』 [ラムの大通り]
----窪塚洋介復帰主演第一作。しかも共演に黒木メイサ、 そしてエディソン・チャンと言うから話題性は十分だね。 原作は土田世紀のコミックだっけ? 「うん。 中心となるのは鉄矢とエミ。 エミは心臓の病を患っていて、 鉄矢は自分の手で彼女を治したい一心で医者の道へ。 ところがふたりの結婚を目前にしたある日、 もうひとりの幼なじみドンが 刑務所を脱走したと言う知らせが入る。 人の心の内を読み取って絵に描く才能を持�... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 11:38

» 同じ月を見ている [Rohi-ta_site.com]
試写会で、出演:窪塚洋介/黒木メイサ/エディソン・チャン/山本太郎/松尾スズキ/脚本:森 淳一/原作:土田世紀/監督:深作健太の「同じ月を見ている」を観ました。 ●ストーリー 研修医として勤務を続けている熊川鉄矢(窪塚洋介)には、心臓病を患っている恋人・杉山エミ(黒木メイサ)がいた。 エミは、これまでに2度の心臓手術を行ったのだが、いずれも失敗に終わった為に、鉄矢は医者になる事を決意したのだった。 そんな鉄矢の元に、警察から幼馴染みのドン(エディソン・チャン)が脱獄したという..... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 13:18

» 同じ月を見ている [ネタバレ映画館]
 予想がつかない展開に思わず唸ってしまうほどだったが、実はドンちゃん(エディソン・チャン)は山下清だったというサプライズがあれば満点にしてもよかった・・・  裸の大将、ドンちゃんはランニング一丁なのである。そのランニングシャツも絵の具で汚れ、浮浪児のように扱われイヂメの対象になってしまうような風貌なのだ。それは小学生当時も大人になってからも一緒。常にシャツを汚していたいのだ。対する鉄ちゃん(窪塚)はお坊ちゃま風。�... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 17:20

» 『同じ月を見ている』 [京の昼寝〜♪]
ずっと一緒にいたかった。 ■監督 深作健太■脚本 森 淳一■原作 土田世紀(「同じ月を見ている」)■窪塚洋介、黒木メイサ、エディソン・チャン、山本太郎、岸田今日子、松尾スズキ□オフィシャルサイト  『同じ月を見ている』10歳の時に出会った幼なじみのエミ(黒木メイサ)の心臓病を治したい一心で、医者の道を歩む熊川鉄矢(窪塚洋介)。 恋人同士の二人のもとに、ある知らせが届く。 もう一人の�... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 01:28

» 『同じ月を見ている』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
 2005年11月27日 『同じ月を見ている』観賞レビュー! 『ずっと一緒にいたかった。』 文化庁メディア芸術祭・優秀賞 2005年/日本/カラー 上映時間/106 min 配給:東映 ★スタッフ★ 監督▶★深作健太 原作▶★土田世紀 脚本▶森淳一 企画▶遠藤茂行 撮影▶★北信康 照明▶渡部三雄 美術▶新田隆之 録音▶林大輔 音楽▶藤原いくろう 主題歌▼ ★久保田利伸 ★『君のそばに』 ★久保田利伸 HP 照明▶渡辺... [続きを読む]

受信: 2005/11/28 17:40

» 【レビュー】同じ月を見ている [由田番の日々の戯言@DIARY]
『同じ月を見ている』(東映) 公式HPはこちら。 「号泣のラストシーン」なんて言われてしまうと意地でも泣きませんよ、私は。 なんてったって天邪鬼(あまのじゃく)ですからね。 映画鑑賞後。 …号泣でした(泣 実を言うと、二度見ました。 そして二度....... [続きを読む]

受信: 2005/11/28 21:12

» 同じ月を見ている [はむきちのいろいろ日記]
10歳の時に出会った恋人・エミの心臓病を自らの手で治したい一心で医者の道へ進んだ青年・熊川鉄矢。エミとの結婚を目前にしたある日、鉄矢のもとにある報せが届く。それは、もう一人の幼なじみ・ドンが刑務所を脱走したというもの。7年前にエミの父の命を奪った山火事事件の犯人として服役していたドン。彼には人の心を絵に描き、その人を癒してしまう不思議な力を持っていた。そんなドンの能力を前に、幼い鉄矢はエミを奪われてしまうのではないか... [続きを読む]

受信: 2005/12/01 12:59

» 早川 剛展 [京の昼寝〜♪]
●早川 剛展    ん 早川 剛って誰 って思われた方は多いかもしれません。 でもこの絵に見覚えはありませんか?  そうです 先日から公開された映画、『同じ月を見ている』の中で香港の俳優エディソン・チャン演じるドンちゃんが描くあの“炎”の本当の作家が早川 剛さんです 劇中で、ドンちゃんが描く“松の木”、“松ぼっくり”、“山門(スケッチ)”も早川剛さんの手によるものです。 その早川さんが映画の公開に合わ... [続きを読む]

受信: 2005/12/01 21:51

» 映画館「同じ月を見ている」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
しつこいよ。。。月、火事、心臓病、念力、、、 窪塚洋介はドラマ「GTO」のときから好きだった、エディソン・チャンも好き!ッてことで楽しみにしていた作品です。エディソン演じるドンちゃんの設定が良く分からず。。。両親を失い一人で生きてきたことで心の傷があ...... [続きを読む]

受信: 2005/12/01 22:14

» 同じ月を見ている [Alice in Wonderland]
母が復帰第一弾の窪塚を見たいということで同じ月を見ているに付き合いました。 幼なじみのエミの心臓病を治したい一心で、医者の道を歩む鉄矢。恋人同士の二人のもとに、ある知らせが届く。もう一人の幼なじみのドンが、刑務所を脱走したというのだ。人の心を絵に描き...... [続きを読む]

受信: 2005/12/05 02:50

» 同じ月を見ている [世界に誇れる映画バカ二代] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
なんと感動的に笑える映画なんだろう。私が愛してやまない「バトル・ロワイアル2」の監督の新作ということで過剰な期待をしていたが、期待通りの凄まじい作品であった。思えばBR2はBR1よりも過激な内容であったにもかかわらず、前作の上映禁止運動まで含めた社会現象(結果的にはいい宣伝になった)と比べると、マスコミから黙殺に近い扱いを受け(クランクイン直後の親父が亡くなった時を除いて)、健太監督は下手したら映画界からほされるんではないか... [続きを読む]

受信: 2005/12/14 03:46

« THE 有頂天ホテル(これから) | トップページ | 「恋愛バトン」を受けとりました>COOさん »