« まわってきたバトン。「欲」? | トップページ | 男たちの大和-YAMATO、幸せだったかもしれない。 »

2005/12/24

映画「ブラック・ジャック」ふたりの黒い医者

blackjackブラック・ジャックが好きなので観にいった。お話の内容は、かなり難しい「倫理観」にまで繋がるかもしれない要素を含んでいた。もうひとりの医師「ドクター・キリコ」は、鹿賀丈史が声を担当している。さすがに良い雰囲気。ブラック・ジャックの大塚明夫は、『攻殻機動隊』や『イノセンス』のバトーの時と、声の印象がかなり違う。やはり声優さんは、並じゃあない。

3DCG映像にも見慣れている昨今の映像環境では、少し物足りない画像だったように思う。昔の良さを活かそうとしているポジションも理解できるが、対象をどういった設定にしているのか、画像の面でも「揺らぎ」を感じる。
お話でも、年齢の低い子どもたちには、よくわからないことが多かっただろう。医学的な指導もつけて、かなり専門的な用語が飛び交う場面もあるのに、画像は、あまり専門的な雰囲気ではない。

語られている内容は、とてもすばらしい。が、ブラック・ジャックの葛藤が、どうも響いてこない。むしろ、ドクター・キリコの真の姿に感動する。彼(キリコ)については、もう少しエピソードが、きちんと語られていてもおかしくないはずだ。

比較的お子様向けに作られたアニメだったのかもしれないが、大人向けのアニメへと変身したがっているようなもどかしさを随所に感じた。継承するものが「偉大」であれば、あるほど、継承しようとする人たちは「揺らぐ」のかもしれない。漫画で読む時には、さほど気にならない「ピノコ」の「幼児語(?)」と高い声に、これほど「違和感」を覚えたのは、自分でも不思議だった。ピノコも、そろそろ「真の姿」に変身してもよいのではないかと思う。このままでは、子どもたちからみても、大人たちからみても「中途半端」なブラック・ジャックアニメになってしまいそうだ。

|

« まわってきたバトン。「欲」? | トップページ | 男たちの大和-YAMATO、幸せだったかもしれない。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■大好きBJ&Drキリコ  さんへ
コメントありがとうございます。
そうなんですか! BJも、キリコも、お好きなんですね?
だったら、はずせない映画でしたね。大画面で観るのは、いいですよねぇ。

投稿: あかん隊 | 2006/01/06 02:36

12月18日に見てきました
2人の大ファン

投稿: 大好きBJ&Drキリコ | 2006/01/05 22:00

■kossyさんへ
TBとコメントをありがとうございます!
>ブラックジャックよりもカッコよく見える
でしたね。どうしてかな?
今度は、スピンオフして「ドクター・キリコ」のアニメを観たいかも!<期待薄だけど。。。

投稿: あかん隊 | 2005/12/26 19:00

ドクター・キリコが登場すると、ブラックジャックよりもカッコよく見えるんですよね~
少年時代にコミックを読んでいたときにはブラックジャックに肩入れしてたものですけど、安楽死問題を考えると徐々に考えが変わってきたという記憶があります。奥が深いテーマをかなりあっさり味付けした映画となっていましたね(笑)

投稿: kossy | 2005/12/26 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/7800952

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ブラック・ジャック」ふたりの黒い医者:

» ブラック・ジャック ふたりの黒い医者 [ネタバレ映画館]
 『キング・コング』ではジャック・ブラックの演技を楽しんだ。ジャック・ブラックもブラック・ジャックも大好きです。  現在放映中のTVアニメ『ブラック・ジャック』は一度も見たことがない。以前に作られた長編アニメを数本見た程度です。実写版では本木雅弘や加山雄三、隆大介、古くは宍戸錠まで演じているほど人気のある手塚治虫作品。原作コミックが好きなので、アニメや実写版を今まで敢えて見たいとは思わなかっ�... [続きを読む]

受信: 2005/12/25 22:05

» 『映画 ブラック・ジャック ふたりの黒い医者』 [ラムの大通り]
----日本のアニメについて話すの久しぶりだよね。 「うん。この映画は手塚治虫の原作をその息子である手塚眞が監督。 それだけでも興味がそそられる」 ----手塚眞って監督なんだ? 「うん。高校時代から映画を作っていて、 PFFの前身であるオフシアター・フィルム・フェスティバルとかで 早くから注目を集めていた」 ----そうか映画青年あったんだね。 「この映画にもその名残があって、 冒頭のビル爆破からブライアン・デ�... [続きを読む]

受信: 2005/12/26 10:13

» 映画館「ブラック・ジャック ふたりの黒い医者」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
ブラック・ジャックは、小学生の頃から大好きで漫画はもちろん全巻持っています。その他、ブラック・ジャック関係の書籍は大体持っています。1996年の劇場版ももちろん劇場まで観に行きました。ビデオ化されたアニメも全部ではないのですが観ました。が、今まで作られたア...... [続きを読む]

受信: 2005/12/26 16:39

» 映画「ブラック・ジャック ふたりの黒い医者」(The Two Doctors of Darkness) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
無免許 天才外科医 高額報酬 「報酬は、一億円頂こう!」 [続きを読む]

受信: 2005/12/26 19:58

» ブラックジャック・ふたりの黒い医者 評価額・760円 [Blog・キネマ文化論]
●ブラックジャック・二人の黒い医者をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 ビルの爆破事故 [続きを読む]

受信: 2005/12/26 23:04

» 「ブラック・ジャック ふたりの黒い医者」(2005・日本) 試写 [MY HIDEOUT〜私の隠れ家〜]
12/17(土)より全国ロードショーです。監督・・・手塚眞原作・・・手塚治虫出演(声)・・・大塚明夫、水谷優子、鹿賀丈史、平山あや、石垣佑磨、大和田伸也、野沢那智、小林清志、富田耕生、内海賢二、川瀬晶子、佐藤ゆうこ、小野涼子、他。・物語序盤・世界的製薬会社...... [続きを読む]

受信: 2006/01/03 06:01

« まわってきたバトン。「欲」? | トップページ | 男たちの大和-YAMATO、幸せだったかもしれない。 »