« ハリー・ポッター炎のゴブレット、原作を知らないので楽しめた! | トップページ | 劇場での観賞分(20051215) »

2005/12/15

大事件「ブレイキング・ニュース」、テレビでニュースでも見る?

渋谷の「ユーロスペース」移転の後、「シアターN渋谷」として再出発した劇場へ。
ユーロの頃より、受付が入口ドア正面になって、わかりやすかった。
感じの良いおねえさんたちが、声を揃えて「いらっしゃいませ!」

おお! いらっしゃいましたよぉ! 観たかったのよ、これ!(思わず、語ってしまいそうになる)

期待を裏切らない映画だった。少々、無理をして出てきて正解!
自分が、カメラクレーンに乗っているような気分にさせてくれる映像は、どうしてこうも気持ちいいのだろう。カメラのレンズも、広角を使っているようなところがあったりして、すごく凝っている。映像の、人物をアップにしたり、極端に引いたり、まわりの情景をなめながら、まわしたり…。とても巧みだ。同じような大きさの人物のカットが続くと、あきてしまうのだが、この映画にはそれがなかったと思う。切れ味がよくって、すぱすぱ切れる刃物のよう。

ケリー・チャンが、「事件」を「ショー」に演出してしまう、ものすごくドライな役をやっていた。
リッチー・レン(ユアン役)は、岸谷五朗を連想させるような雰囲気だが、かなりの演技派だと感じた。
ニック・チョン(チョン警部補)も、良い。それぞれが、非常に輪郭のはっきりした人物を演じている。

人質になった家族の男の子が、ことあるごとに言う。
「悪い人」の言うことなんか聞かない
「悪い人」なんか…

言われるたびに、凶悪犯たちは「怒り」というよりも「哀しさ」が漂いだす。
「ぼうず、勇気があるな」そう言った。

冒頭からの息詰まる銃撃戦は、リアリティがあったと思う。でも、あんなに「銃弾」って、当たらないものなの?

映像の巧みさ、スピード感、緊縛感、ストーリーの展開に、こちらまで緊張した。
ジョニー・トー監督の作品をもっと観たいと思った。

|

« ハリー・ポッター炎のゴブレット、原作を知らないので楽しめた! | トップページ | 劇場での観賞分(20051215) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■カヌさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
早い展開や銃撃戦の雰囲気もさることながら、他の要素も楽しめた映画でした。

仕事は、「圧迫感」。まだまだ、です。(辛すぎ)

投稿: あかん隊 | 2006/01/23 00:20

こんばんは、ご無沙汰です。
お仕事いかがですか?
強盗団がといより、ユアンが意外にも情のある人間だったのが、興味をそそられました。
香港映画はあまり見ないのですが、独特の雰囲気は面白いですね。

投稿: カヌ | 2006/01/22 23:55

■RINさんへ
問題は、納期なんですね。どれもこれも、一緒にきて、一緒に終わろうとする…これが、一番困るのに…。
ひとつずつやっつけて、これ終わったら、あれやって…と思っているうちに、別なのがきたりすると、もう、バンザイ!
リッチー・レン。覚えました。(笑)
あとで伺いますデス。

投稿: あかん隊 | 2006/01/18 22:13

こんばんは~♪
まだまだお仕事大変そうですね・・・。
まあ、仕事がないのも困るんですが、ありすぎるのも困りますね。
でも、「子供の頃は警官になりたかった。そして今は食堂をしたい」けど、
強盗にならざるをえなかったリッチー・レンより恵まれている・・・
と頑張ってください。(励ましになってますか?)
私も、岸谷五朗っぽいなあ、と思いましたよ。

投稿: RIN | 2006/01/18 18:16

■anyさんへ
いつもありがとうございます!
よかったですよね? 満足ですよね? はい。自分も、どきがむねむねでした。(笑) DVD欲しいな。
そうなんですか。岸谷さんに似てるって、言われていた方だったんですね。なるほど~。
『星願』という映画は、観ていませんが、おもしろいですか? お勧めなら、観てみよう。

投稿: あかん隊 | 2006/01/10 00:18

あかん隊さん、こんばんは。
大阪でもやっと公開されたので、観てきました。
全体を通して、緊迫感溢れる作品に大満足でしたよ。

>あんなに「銃弾」って、当たらないものなの?
本当か、どうか分かりませんが、撃った弾が全て当たるよりはリアルに感じました(笑)

リッチー・レン、カッコよかったですね。
岸谷五郎に似てると言われてるのは昔からみたいですよ。
僕は『星願』を観た時に、そう思いました。

投稿: any | 2006/01/10 00:01

■いわいさんへ
おめでとうございます! ありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

この映画、好きです。DVD買うつもりになってます。
岸谷氏より、彼の方がす・て・き!(爆)

投稿: あかん隊 | 2006/01/05 07:04

こんにちは♪
昨年みた映画ですが、今頃感想をアップしました。
リッチー・レン。一緒にみた人は、岸谷五朗派、わたしは、永瀬正敏派と、意見が分かれました。世間的には、岸谷五朗らしいです。
あとから、じわじわと味わえる映画ですよね。
ジョニー・トゥは、素晴らしい監督だと思っております。

今年初めてのコメントです。
また、お邪魔いたしますので、よろしくお願いします。

投稿: いわい | 2006/01/05 00:34

■toeさんへ
わー! 嬉しいかも。自分が、「この人、○○に似てない?」って言って、同意されることってあんまりなくて…。
ユアンにしても、ユアンを逃がす、少し年配の男性にしても、どこかに「情」のようなものがゆらゆらしていて、冷徹に実行することの重大さのわりには、「本当は、別のものになりたかった…」というのが、じわじわ伝わってきてました。だからかな、解決して安心するのと同時に「哀しさ」も味わってしまいました。

投稿: あかん隊 | 2005/12/18 00:12

こんにちは。

私もこの映画、楽しかったです。
リッチー・レン、確かに岸谷五朗風でしたね!

悪役で、人も殺しているのに吸い込まれてしまう魅力的な人でしたね。

投稿: toe | 2005/12/17 23:44

■悠さんへ
実際、小声で言っちゃたりすること、あるんですよ(爆)。 「ただいまー」とは、あまり言わないです。誰もいない家に戻ることが多いから。なので「お帰りー」って言われるの、なんとなく変な感じがします。<慣れ、というのは恐ろしい。。。

投稿: あかん隊 | 2005/12/15 22:41

>「いらっしゃいませ!」
>おお! いらっしゃいましたよぉ! 
は、は、これおもしろいです。

家のドアあけて、一人でやってると、吉本のギャグですけど。
「ただいま〜」
「お帰りなさい〜」って一人でやってるんですけど、吉本のは。

投稿: 悠 | 2005/12/15 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/7627336

この記事へのトラックバック一覧です: 大事件「ブレイキング・ニュース」、テレビでニュースでも見る?:

» [ ブレイキング・ニュース ]冒頭から釘づけ [アロハ坊主の日がな一日]
[ ブレイキング・ニュース BREAKING NEWS ]@渋谷で鑑賞。 エンターテイメントやサスペンスムービーは、漫才やコン トなどのお笑いに似ている。つかみがよければ、途中に少 々のアラがあっても、勢いで観客はラストまで楽しんでみ てくれるものだ。お笑いなら笑える空気、映画ならゾクゾ クする雰囲気が作れるかどうかだ。 ... [続きを読む]

受信: 2005/12/15 09:52

» 『ブレイキング・ニュース』 [ラムの大通り]
----ジョニ−・トー、今年日本に来るの2本目だね。 あまり相性がよくなかったんじゃなかったっけ。 「うん。そのはずだったんだけどね。 この映画はいい意味で裏切ってくれた。 カンヌ国際映画祭のワールドプレミアでも 10分間のスタンディング・オベイションが続いたと言うけど、 それも分かるな。 クレーン撮影を駆使した冒頭7分間に及ぶ ワンカット・ワンシーンの銃撃戦だけでも、 もうお腹いっぱいだ」 ----それっ�... [続きを読む]

受信: 2005/12/15 09:52

» ブレイキング・ニュース [toe@cinematiclife]
昨日、九段会館で行われた試写会に行ってきた。 気付いてみると、今週劇場で観た新作映画4本が、日本2本、韓国1本、そしてこの香港1本と、すべてアジア映画だったんだよね~。 別にアジアを狙ってそうなった訳ではないので、今、アジアって元気なんだね~。 しかもね、この香港映画、すごく面白いのです~。 12月3日から、劇場公開のようなので、是非ご覧になって下さいませ~。 <STORY> ある強盗団のアジトを... [続きを読む]

受信: 2005/12/16 00:47

» ブレイキング・ニュース [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
先月半ばまでユーロスペースがあった場所にできたシアターN渋谷に行ってきました。ユーロスペース時代と大きく変わってはいませんでしたが、ロビーのカウンターの位置や雰囲気は、以前より、少しすっきりした感じがしました。 オープニング作品の一つ、ブレイキング・ニュースを... [続きを読む]

受信: 2005/12/17 01:50

» 『ブレイキング・ニュース』 [NOHOHONブログ]
香港の市街地で銀行強盗団と警察との銃撃戦が発生。 激しい攻防戦が続く中、1人の警官が犯人に銃を向けられ 手をあげ命乞いをする場面を TVカメラに撮られてしまい、事もあろうか犯人グループを取り逃がしてしまう。 香港警察にはメディアを通して避難が集中する。 ....... [続きを読む]

受信: 2005/12/22 15:43

» 『ブレイキング・ニュース』 [狐の穴にて]
ユーロスペースが移転して、その後にリニューアルオープンした映画館”シアターN渋谷”。2005年7月に「香港ノワール・ナイト」で待望のジョニー・トゥ監督作品を観ることができた記念(?)に、大晦日にはこれ... [続きを読む]

受信: 2006/01/05 00:33

» ブレイキング・ニュース [any's cinediary]
メディアを操作せよ 人質は視聴者 <ストーリー>ある朝、香港の市街地で、銀行強 [続きを読む]

受信: 2006/01/10 00:02

» オトコの条件?「ブレイキング・ニュース」 [凛大姐&小姐的極楽日記!]
みほ副会長が、 「リッチー・レン、一重まぶたライブラリーに追加{/face_zzz/}」 と書かれていましたが、副会長、ストライクゾーンがひろいですしね。 (ヒドイじゃありません、・・・広いです。{/face_ase2/}) 私とは、滅多に趣味がかぶりませんしね。 (レオン・ライが一重か二重か思い出せませんよ{/namida/}) その点は全然期待せずに行きました。 でも・・・。 リッチー・レン・・・カ�... [続きを読む]

受信: 2006/01/18 17:54

» 「ブレイキング・ニュース」 [the borderland]
香港映画というと、最近は「インファナル・アフェア」シリーズ、過去に遡るとジャッキー・チェン作品ぐらいしか見た記憶がないのですが、冒頭の長回しの銃撃戦が凄いという話を聞いて行ってきました。 映像テクニック的なものはあまり気にして観てないので、これ事前に知らなかったら気づかなかったかも(^^; それよりも強盗団が隠れてないのに1人しか重傷がいなかった方が気になって仕方なかったよ~ 【ネタバレです】 威信回復のために犯人逮捕をショー仕立てにしようとした警察とユアン(リッチー・レン)率いる... [続きを読む]

受信: 2006/01/22 23:51

« ハリー・ポッター炎のゴブレット、原作を知らないので楽しめた! | トップページ | 劇場での観賞分(20051215) »