« 今週が峠だ…あ、いや来週も、か? | トップページ | 銀色の髪のアギト(これから) »

2005/12/07

エリ・エリ・レマ・サバクタニ(これから)

elieli「音、それは未来への希望だ。」-世界はこの音を待っていた…。
西暦2015年。世界中に正体不明の致死ウイルスが蔓延。感染すると突発的に○○する。メディアはそれを<レミング病>と呼んだ。絶望感に満ち、人々が希望を見失いかけた世界で、唯一の抑制方法が探し当てられる。
それは、日本のあるミュージシャンが奏でる「音」を聴くこと。彼らの演奏はどこで行われ、どんな音が奏でられるのか? 果たして、彼らは世界の救世主と成り得るのか?

「音」と「物語」の融合による新たな希望の物語、誕生。
「第58回カンヌ国際映画祭 正式招待作品」(ある視点 部門)

世代、ジャンルを超えた異色のキャスティング…これに、反応した自分。

監督・脚本:青山真治
出演:浅野忠信、宮崎あおい、中原昌也、筒井康隆、戸田昌宏、鶴見辰吾、エリカ、川津祐介、岡田茉莉子 他

やはり、気になるキャスティングです。どんな世界が広がっているのか、スクリーンで観たいし、劇場の音響で聴きたい「音」なのでは? 

「神よ、何ゆえに我を見捨てたもうや」
主イエスが十字架に張り付けられながら唱えた最期の言葉(マタイ27章 46節)

「クオ バディス ドミネ」(主よ、いずこへ行きたもう)の言葉は、知っていたけれど、クリスチャンではないし、聖書の知識もないので、この言葉は知らなかった。「見捨てられた…」とキリストも思ったのですか?

公式ページ→http://www.elieli.jp/

2006年新春 シネセゾン渋谷、テアトル新宿 にて公開予定。
前売券発売中で、おまけはオリジナルステッカー。映画の中ででてくるゴーグルのような形の黒と朱色のステッカー。

|

« 今週が峠だ…あ、いや来週も、か? | トップページ | 銀色の髪のアギト(これから) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■現象さん、おはようさん!
ずっと起きているので、そろそろぼーっとしてきました(爆)。
『ユリイカ』。宝物です。>DVD
そうか…。自分は、この監督さんの他のを観てないような気がする…。かなりユニークな映画のようですし、難しいのかもしれませんね。どうしよう、困ったな。。。

投稿: あかん隊 | 2005/12/09 09:34

キャストに反応してしまいますね。
しかしどうも僕は青山真治と相性が悪いのか、
「ユリイカ」以外は苦手な作品ばかりです。
相変わらず、頭良いんだろうなぁと思わせる作品に思えるしw
迷いどこです^^;

投稿: 現象 | 2005/12/09 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週が峠だ…あ、いや来週も、か? | トップページ | 銀色の髪のアギト(これから) »