« アメリカ,家族のいる風景〈Don't Come knocking〉(20060218) | トップページ | crash(20020218) »

2006/02/25

泣いたり、笑ったりの日

オリンピックは、いい加減にしか意識していなかったが、「荒川さん」は、なんとなく応援する気持ちでいたから、嬉しそうな彼女を見ることができてよかった。力みのない、すばらしい演技だった。

リアルタイムには、見ることができなかったから、録画で見たけれど、彼女の超えてきた「試練」を思うとぽろぽろ泣けた。村主さんの演技も、すばらしかったし、彼女の「健気さ」にもほろほろ泣けた。コーエンさんにも、スルツカヤさんにも、ここまで来るまでにどれだけのものを犠牲にし、乗り越えてきたのか、と思うとぐっときた。出場したくてもできなかった人も大勢いるのだし、「夢」だけに終わってしまう人も、もっといると思う。
運動能力も、精神力も、すべてに優れていなければならないのだから、想像を絶するものがあるだろう。他の競技にしても、きっと、ものすごくたいへんなのだ。運動音痴の自分は、ただただ、「驚異」のようにみつめるだけだ。

メダルに届かなかった悔しさは、この舞台へ上り詰めるほどの努力をしてきた人たちならば、無理はない。「悔し涙」にもくれるだろう。が、「…恨みをはらす」というコメントが聞こえた時には、聞き間違いではないか、と思った。
何の、誰に対する「恨み」だろう。わからない。オリンピックに出場して、「恨む」とは、いったいどういうことだろう。不思議なことを言うなぁ、と思う。

それにしても、女性陣が、明るく、全力を出した結果だから…と受け止めている選手が多いように見える中、男性陣は、「悔しさ」を露骨に表現するようになったなぁ、という感想を持った。だいたい、すぐ涙が出るのは、なぜだろう。若い男性ほど、すぐ泣いてしまうように見えた。気のせいか?

夜になって、『時効警察』を見た。今回は、笑えた。「厄よけ、やっちゃん」も登場したし、署長(?)の頭のヤカンの湯気も、漫画の実写で、超受けた。またまた、「那須の茄子」の箱まで登場して、どこかで見た…と思い出す。
金庫にしまってあった、「遺留品の箱」がなくなって、みんながクビをつっこんで、金庫の中を探すのには、げらげら笑った。そう。姿形をおもしろおかしくしても、たいしておもしろくない。動作や台詞が、おもしろいのだと、いまさらのように気づいた。あー、でも、このままだと、来週が「最終回」になってしまう。残念無念。

この後に及んで、携帯サイトをチェックしたが、月額265円で登録しても、もうすぐ終了になるなら、意味ないかもしれない…と少し悩んで、登録を中止した。

|

« アメリカ,家族のいる風景〈Don't Come knocking〉(20060218) | トップページ | crash(20020218) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■猫姫少佐現品限り さんへ
コメントありがとうございます!
「この恨み、次のオリンピックで晴らします」。正確ではないかもしれないですが、「恨み」という表現は確かだったと思います。ジャンプ競技の…。個人名は、控えます(汗)。

投稿: あかん隊 | 2006/02/27 04:02

荒川さん、おめでと~!!
恨みを晴らすって、誰が言っていたのですか?

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006/02/27 03:48

■悠さんへ
そうなんですね。>主題歌
久しぶりに公式ページを覗きにいったら、「誰にも言いません」カードが、PDFでDLできるようになっていました。厚紙に印刷すると、本物っぽくなるらしいです。

あの「たいむましん」から出てきた方は、どうなっちゃったんでしょうか。ほったらかしで、終わってしまいましたね…。(笑)

投稿: あかん隊 | 2006/02/26 20:56

時効警察、主題歌は「雨」なんですね。
タイムましーんに入った三日月さんがちよとわからなかったです^_^;

投稿: 悠 | 2006/02/26 20:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカ,家族のいる風景〈Don't Come knocking〉(20060218) | トップページ | crash(20020218) »