« 知らない言葉で考えることはできない。 | トップページ | 『星々の舟』(村山由佳:著)(文春文庫:刊) »

2006/03/10

『チーム・バチスタの栄光』(海堂尊:著)宝島社:刊

team_book
これは、なかなか楽しめた。
登場するキャラクターは、意外性があり、個性的。エンターテイメント的な印象もあるので、もしかするとブレイク(漫画化、ドラマ化、映画化など)するかもしれない。中心となる二人(大学病院の講師と厚生労働省の役人)は、人気が出ると思う。シリーズ化されたら、読みたくなるかも。

病院の院長は、『攻殻機動隊』の公安9課長を彷彿とさせる印象だった。(比較対象が、マニアックかも)
後半、「オチ」が読めてしまうのが、ちょっと残念だった。全体として、明るく、軽く、すっきりと読めてしまう。

著者は、まだお若い方だし、アニメや漫画の影響を少なからず受けているかもしれない、などと想像した。現役の医師…とあった。さもあらん。しかし、多忙を極める中、こうした作品を手がけるとは、たいへんなエネルギー。ご自分が関係している医療現場のことを書く勇気(フィクションとはいえ)には、恐れ入る。

重いテーマの映画が、続いていて少々困憊気味。このところは、読書している。気楽に「その世界」にのめり込んでしまうには、丁度よい「軽さ」の本。

|

« 知らない言葉で考えることはできない。 | トップページ | 『星々の舟』(村山由佳:著)(文春文庫:刊) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知らない言葉で考えることはできない。 | トップページ | 『星々の舟』(村山由佳:著)(文春文庫:刊) »