« BIG RIVER(20060528) | トップページ | Shine On You Crazy Diamond »

2006/05/31

隠された記憶(20060530)

Hidden「衝撃のラストカット」というのは、あとから知った。
いろいろ考えているうちに、気づかずにエンドロール。あとから、あちこちの情報を見て、なるほど、と思う。
確かに「謎」めいている。社会や大人同士、会社と人間、男と女、夫婦間、民族、大人と子ども、老人、弱者、差別、とさまざまな問題(軋轢?)をちりばめながら、「暴力」について、それを生む「不安」について、これ以上ないほどのシンプルさで投げかけられた気がする。これだけ盛り込んだのだから、音楽まであったのでは、混乱の極地になりそうだ。

「reproches (de la conscience)」やましさ…は、「良心」の裏返し。
「疚しい」と感じることは、「良心」があるということ。

子どもの時には、大人になってからの道徳的良心を刺激し続けることになるとは考えもしない。
子どもは「天使」であり、また「悪魔」でもある。「邪念」がない、というのは、「悪を為さない」と同意ではないだろう。もっとも、「悪」という概念は、大人になっても、明確な境界線で縁取れるようなものではない。

恐ろしいのは、どんなに悪質であろうが、残虐であろうが、「邪念」がないということ。
異常ではなく、ごく普通に存在する健全な精神が、「道徳的良心を持つに至った」大人には、およそ考えられないような「残酷さ」をむき出しにすることがある、ということなのだろうと考えた。

父親が、あのような「死」を遂げても、とりみだすことなく「一種のゲーム」のように、オフィスに現れ「何も」、と言いながら、必死に「その状況」を回避しようとする大人に向かって、青年は「疚しさ」と言う言葉を使って、ゲームをクリアするのだ。

あなたに疚しいことは、何一つありませんか?
過去から現在に至る過程で、ひとつもなかったと言い切れますか?

私は、あなたの…の時の「(良心にもとる)悪行」を知っているのですよ。ねぇ、あの時のこと、覚えていますか?
あなたは、本当にひどいことをしたのに。後悔してはいないのですか? ほら、あのことですよ…。

|

« BIG RIVER(20060528) | トップページ | Shine On You Crazy Diamond »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■いわいさんへ
コメントありがとうございます!
ハネケの映画をいくつも、立て続けに観賞…。
すごいです。『隠された記憶』だけで、もうお腹一杯デス。具象としての映像を見せながら、描いているのは抽象。
アブストラクトを味わうには、頭の切り替えが終わらないうちに「テーブルの上のものをひっくり返されてしまう」ような印象がありました。

社会派など、考えさせられる映画は、好きなんですが…。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/06/21 01:02

こんばんは。
短い期間にまとめてハネケ作品を鑑賞して、疲れてしまいました。ふぅ。
「娯楽を提供しているわけではなく、観客を挑発している」というようなことを、監督が言ってます。
確かに考えさせられました。
最後に裏切られるのを期待しているような気もしました。
簡単に答えが出るような作り方をしていない(あるいは、答えがない)のが、とても意地悪だと思いました。

投稿: いわい | 2006/06/20 20:00

■えいさんへ
サーバーが見つからない(Unknoown)で、えいさんへのメールが戻ってきていました。
本日お送りした分(gooメールから)は、戻ってきていないようですが、到着したかどうか…不安です。長文だったし。。。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/06/05 01:26

こんばんは。

メールの件です。

昨日の夕方と今日のお昼に
メールお送りしましたが、
もしかしたら
そちらに届いていない可能性もありそうです。。
もし、未着でしたらご連絡ください。

投稿: えい | 2006/06/03 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BIG RIVER(20060528) | トップページ | Shine On You Crazy Diamond »