« 本土は暑い。。。 | トップページ | Time waits for no one »

2006/07/01

不在票

外出から戻ると「不在票」がドアに。早速、コールセンターへ電話した。

「伝票の番号」を言うのはいい。
「宛先の名前」を言うのもいいだろう。
「電話番号」も教えた。
「ドライバー名」も言った。

しかし、「住所をお願いします」。
これには、切れてしまった。イライラしていたわけではない。

猛烈な早口で、言った。
「すみません。もう一度お願いします」(当然だろう…)

自分:なぜ、住所を言う必要があるのですか? 伝票に書いてあるでしょう。

女性:いえ、住所までは、こちらではわかりませんので。

自分:ドライバーが配達するのに、あなたが知っている必要があるのか?

女性:いえ、当社では、きちんと管理しておりますので。

自分:何を管理しているのですか? なんのために、ここで住所まで聞くのですか? どんな必要があって、ここで住所をあなたに教えなくちゃならないのか?

女性:…。

自分:個人情報保護法でいろいろ言われているのに、明確な説明もなく、利用意図もはっきりしないのに、住所を言うわけにはいきません。

とかなんとか、少しごたごたしましたが、再配達してもらえました。

荷物には、某運送会社のシールに社内向けなのか「コピー」の文言が。

「早くてもだめ! 遅くてもだめ! …」
担当のドライバーが、やたら暗~い雰囲気だったが、無理もないと思った。

否定文の文言は、マイナスイメージしかない。「だめ!」の連続では、「だめなんだ…」と思っても無理はない。しかも、毎日、このシールを見る社員は、「だめ!だめ!」と言われ続けているような気になると思う。こんな文言をコピーとして採用し、シールにするなんて、どうかしている。経営者の顔が見たい。

佐川急便、ヤマト運輸、日本通運、ではありません。念のため。

|

« 本土は暑い。。。 | トップページ | Time waits for no one »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■そーれ さんへ
そういうことは、聞いちゃいけないでしょうに。>ヤ○トの方
きっと、そーれさんが、気に入っちゃってるのかも。(爆)
なんとか、会話したくてしかたないのかも。。。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/07/04 23:51

私はAmazon.comの荷物を持ってくるヤ○ト運輸のおばちゃんに顔覚えられてて、持ってくるたびに「今日は大きいですけど何かしら」とか、「今日はきっとハリー・ポッターね?」とか聞かれるのがうっとおしいです(笑)

投稿: そーれ | 2006/07/04 14:01

■猫姫少佐現品限り さんへ
おっ…と。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/07/03 21:59

じゃ、みんなで一緒に、文句言いましょう!
セイノー!??
はずしました??

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006/07/02 04:08

■カヌさんへ
それは、嫌ですね。気持ち悪いです。
「間違い電話」なら、たまーにありますけど、携帯の番号に知らない人から直接かかってくるのは、困りますね。
同窓会名簿、クレジット契約で記入した電話番号…。
「名簿」がお金になる時代ですから、たまりません。

「個人情報保護法」は、確かに意味ないようにも思います。
「大量流出」よくありますしねぇ。

ケースバイケースとは思います。それでも、よく知らない人にプライベートな情報を簡単に教えてしまうのは、どうかなぁって思っています。きちんとやっている企業もあるはずなので、まぬけな対応しているところには、しっかりしてほしいです。

投稿: あかん隊 | 2006/07/02 01:57

先日、私の携帯に知らない番号からTELありました。
何かの勧誘電話だったんですが、私の名前と電話番号知ってることにむかついて、どうやって番号知ったか教えろと言う話になったら、切られてしまいました。
個人情報保護法なんて、意味がないような気がして仕方ないんですけどね~

投稿: カヌ | 2006/07/01 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本土は暑い。。。 | トップページ | Time waits for no one »