« 日本沈没(20060725) | トップページ | ゲド戦記(20060806) »

2006/07/26

人相、年齢相応。

あの「○リー・○ッター」シリーズの日本語翻訳を独占し、販売も通常の流通ではなく、返品できない受注方法で、散々売りまくった彼女。人相が良くない気がする。あの年齢になれば、人間、人相に人柄が現れる。国税庁が摘発するには、それなりの根拠があるのだろう。謙虚に、真面目にやっているのに、そういうことになったのだろうか?

日本語に翻訳した、ということは、純粋に日本人からの売上げだと解釈する。それを、税金が安いから…とスイスに税金? お金持ちには、つれない日本だからなのか?

書店では、シリーズを追うごとに、だんだん売れなくなってきていたにも拘わらず、返品できないというリスクを考えてか、盛んに予約販売をしていたようだ。

嬉しいかな、自分は、一冊も持っていない。彼女の「スイスでの幸せな生活」を支える直接的なことに繋がらなくて、つくづく良かったと思う。「おもしろいから…」と貸してくれた友人には、申し訳ないが、あの翻訳では、非常につまらないものになっていた。すごく読みにくかった。

翻訳本でも、こんなに読みにくいのには、あまりお目にかからないと感じたから、一番最初のものしか読んでいない。装幀も、本文組デザインも、無駄が多い。あんなに行間をあけなくても、余白をとらなくてもいいはずだ。

原書を読んだが、ペーパバックのような小型で、装幀も簡単。軽くて、小さくて、どこにでも持って行けるサイズだった。

彼女には、気負いがあったろうし、もともとが「通訳者」としての素地であり、少なくとも物語りを表現するような手法は、体得されていなかったように思う。勝手な自分自身の解釈をベースにするには、彼女自身が、児童文学について、もっと真摯に研究してからにすべきだっただろう。なぜ、独占なのか…そこには「欲」が見え隠れする。

本当に良いお話だから、少しでも多くの人に味わって貰いたい…ということなら、もっと違う方法があったのではないか? 児童文学に詳しく、さまざまな表現を体得されている方の翻訳で、読んでみたかった。しかし、それはおそらく叶わない。なぜなら、彼女が独占してしまっているからだ。

最近、また読んでいる『キャッチャー・イン・ザ・ライ』は、村上春樹の訳。こちらは、過分なほどに味わい深い。偏った見方だろうか…。

|

« 日本沈没(20060725) | トップページ | ゲド戦記(20060806) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■もこもこさんへ
貴重な情報、本当にありがたいです。
音楽は、耳にする機会もよくあるし、映画にしても、自分から積極的に情報を入手に行くのですが、展覧会については、なぜかすっぽりと抜け落ちていたような気がします。
どうしてだろう…。

旅行に行くとなると懸命に行こうとするのになぁ。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/08/07 13:15

門外漢の私がアドバイスするのも何ですが、、、
皇居の三の丸尚蔵館でも別の作品を公開している見たいですが、こっちは5分割のウチ4回分がもう終わっちゃったみたいです。ざんねん。
国立博物館は、金曜日は夜間延長日(8時まで)でこの日が一番空いている見たいです。

投稿: もこもこ | 2006/08/07 07:26

■もこもこさんへ
情報をありがとうございます!
忙殺の毎日で、気がつくと「何もかも過去」になってしまいます。(泣)
大学では、絵画のコースは「日本画」をやりました。膠(にかわ)や岩絵の具には、触れていました。
でも、卒論は「西洋美術史」だったため、日本画家の知識はあまりありません。細密画は、とても好きなので、ぜひぜひ(無理しても)訪れたいと思います。

投稿: あかん隊 | 2006/08/04 22:48

はりぽたとは関係ないですが、今日上野へ噂の若沖展見に行ってきました。これが実に良かった。
若沖なる人の幅の広さ、質の高さに大感動。是非おすすめです。

投稿: もこもこ | 2006/08/04 18:25

■いわいさんへ
コメントをありがとうございます!
いわいさんも、原作をお持ちだったんですね。(^^;)
村上春樹の「匂い」というか「香り」というか、
センシティブで、自分は好きです。

投稿: あかん隊 | 2006/08/02 21:30

こんにちは。
子供向けの本のハズだから英語のお勉強に、と思って原書を買ってたことを思い出しました。まだ、読んでないんですけどね。。
翻訳本は、読みにくかったですか。読みにくい翻訳って、ツラいですよね。途中で投げ出したくなります。
わたしは、ジョン・アーヴィングの「熊を放つ」(村上春樹訳)を読んでます。村上さんのにおいがする、、ような気がしちゃいます。

投稿: いわい | 2006/08/02 15:56

■RINさんへ
コメントをありがとうございます。
ほんとですね。翻訳は難しいと思います。
同時通訳の友人も「翻訳」は、辛い…と言っていました。

村上春樹の翻訳は、村上さんらしい香りのする文章です。(^^;)=ファンには、嬉しい。

投稿: あかん隊 | 2006/07/31 23:07

こんにちは♪
梅雨明けしたようですが、「猛暑」って感じではないです。
まあ、その方が個人的にはありがたいんですけど・・・。
ハリポタシリーズは、原作も翻訳も映画も全くノーチェック
なので、この件に関してもよく知らないんですけど。。。
翻訳は難しいです。ただ語学が堪能なだけじゃなく、
きちんといろんな知識を知らないとならないし、日本語力も
必要だし、文学の場合はやっぱり、文学的な感性も必要ですね。
でも、村上春樹氏の翻訳は、たぶん、村上さんの感性がかなり
入ってると思うんですよね。
まあ、それが良いんだとおもいます。

投稿: RIN | 2006/07/31 14:09

■そーれさんへ
穿った見方かもしれません(^^;)。まあ、一意見として。
フランス在住で会議の同時通訳をやっている旧友も、彼女を知っているらしく、大先輩…と言っていました。
ただ、友達は、原書のみを読んでいて、翻訳本は読んでないと思います。(笑)
原書も、児童向けですから、それほど専門的な難しさはないでしょう。原書の読み方を、その友人に教えて貰いました。

わからない単語があっても、すっとばして読んでしまう。
これが極意のようです。気になる単語は、後で調べるのだそうです。

たいへんな思いをした…苦労した…、それが人格の醸成に結びつかなかったのでは、独りよがりになるだけですよね?

『日本沈没』の台詞を聞いて貰いたいです。
「自分だけ幸せになるなんて、できない!」

投稿: あかん隊 | 2006/07/27 16:37

なるほどー、そういう事だったのか(*´д`*)
私は、あの無駄に分厚いうえに2冊に分かれている日本版を読んでる一人なんですが、そういえば英語で読める友人から日本語版は翻訳も装丁もオカシイと指摘された事がありました。
ソレしか知らなかったので言われた時は反論したんですが、今回の事でかなーり松○さんを見る目が変わってしまったかも。
次回作までに英語で読めるようになりたい(無理)
そう言えば松○さんの出版社って福祉がどうとか色んな自分の不幸な境遇も含めて第一章出版当時に取り上げられて「ハリポタ」と関係ない所で販促していたと思うんですが、結局は銭儲けだったんですねぇ。
ヽ(`д´)ノ

投稿: そーれ | 2006/07/27 02:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本沈没(20060725) | トップページ | ゲド戦記(20060806) »