« ブレイブ・ストーリー(20060811) | トップページ | 死ぬまでにしたい10のこと(DVD) »

2006/08/18

スーパーマン・リターンズ(20060811)

映画になってからは、観たことがなかったような気がする「スーパー・マン」。
子どものころ、テレビで見ていた、と思うのだが、あまり記憶にない。
とはいえ、懐かしかった。(矛盾するかな?)

きれいなシーンが多くて、絵になる。

スーパー・マンが、正義の味方で良かった。たいした欲もなさそうだし。
これが、権力やお金に対して欲があるような、地上によくいる人間と変わらない性格の存在だったらたいへんだったろうな、と思う。

彼でも、同時多発的に起こることについては、対処しきれない。
ましてや、これが戦地だったら、彼はどうするのだろう。ぜひ、中東やインドネシアやアフリカなど、国際的にも解決がむずかしいところへ行ってみてほしい。
地球人(?)には、できないことも、彼ならできるかもしれない。(でも、アメリカ国籍なのか?) そうだ、将軍のおらせられる某国も、ぜひ視察していただきたい。

事故は、別としても、結果として起こることに対処していたのでは、きりがないことがよくわかる。原因を絶たなければ、彼の多忙に終わりはない。でも、原因って、あの悪役だけなのか?(ケヴィン・スペイシー、悪人と思いたくない意識が強かったからか、あまり怖くない雰囲気。もっとも、だから安心して観ている、ということになるのだが)

|

« ブレイブ・ストーリー(20060811) | トップページ | 死ぬまでにしたい10のこと(DVD) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■ミチさんへ
>敵が人間
確かに。息子さん、するどいですね。(^^;)
どことなく寂しげで、やや暗い印象のあるヒーローだと思いませんか?
今の時代では、やや廃れた感のある「自己犠牲」の臭いもします。「たったひとりの息子」を送っていただけるほどの価値が、果たしてあるかどうか。(どうも、年寄りくさい…>自分)

映像は綺麗でしたね。うっとりするような場面がたくさんありました。

投稿: あかん隊 | 2006/08/23 19:47

こんにちは♪
スーパーマン初見の息子を連れて見に行きました。
彼はアメコミヒーローが好きですが、さすがにスーパーマンは「Dr.スランプあられちゃん」のスッパマンの元ネタという認識しか無かったようです。
見終わったあと、彼は「敵が人間っていうのは、スーパーマンの超人ぶりに対抗するにはしょぼいね」と言うのです。
うーん、そうかも~。
その辺りが安心してみていられる良さでもあり、今の時代にそぐわないところでもあるかもしれませんね。
スーパーマン自身、ロイスのために行動しちゃうようなヒーローらしからぬところも持ち合わせているのが面白いです。

投稿: ミチ | 2006/08/23 10:17

■たいむさんへ
彼がアメリカ国籍だと仮定すると、兵役があるのでは?
となると、好むと好まざるとに関わらず、戦地に行く可能性は、ゼロではないでしょう。(なーんて、仮定ばかりの話ですねぇ…)(^^;)
まあねぇ。もっぱら、国事よりは、人命救助というか、国際赤十字のような活動にあたるのか、それとも「サンダーバード」のように国際救助隊みたいなものになるのか、そうなるとインターナショナルで、国籍は特にないのかなぁ。

超人は、いないからお話になるのでしょうね。

投稿: あかん隊 | 2006/08/19 22:48

あかん隊さん、こんばんは。

>これが戦地だったら、彼はどうするのだろう
何をどうするでしょうね?
きっとそこには行かないと思います。(←おぃっ!)
だって、前線で銃を持って戦っているひとは善悪じゃないんだもの。
なんて思ってしまいましたが。

投稿: たいむ | 2006/08/19 20:08

■そーれさんへ
えー? ほんまでっか?>極悪人スーパーマン。
うーん。悩みます。リターンしてきたスーパーマンは、能力は別として、やけに人間くさい心理を露呈していたように思います。親子とか父性とか愛する女性。それに、一歩間違えば「妖怪人間ベム」の悩みとも共通しそうな「人間ぢゃない…」という孤独に悩むことなど、どうも神妙になっちゃって、余計に暗い感じでした。今回のキャストも、すばらしい体躯とイケメンなのに、どこか「寂しげ」。癒しを求める超人。超人は孤独。
凡人は、孤独でもへっちゃらだい!<強がり?(爆)

投稿: あかん隊 | 2006/08/19 03:22

人間臭いスーパーマン、うーん鋭い!
この映画を観た後に買ったスーパーマンの歴史をつづったDVDによると、原作者達が最初に書いたスーパーマンは極悪人だったんですよ(笑)
ですが、悪人が主人公だと面白くないと判断し正反対の設定で書いたのが正義の味方スーパーマン。勧善懲悪の方がウケが良くて現在まで続いているんだそうです。
そして、人間臭いのは同じDCコミックのバットマンに任せ、スーパーマンはクリーンな正義の味方としての路線を歩み続ける事になったらしいのです。
浮かんでは消えていた『スーパーマンv.s.バットマン』のプロジェクトが今回の映画をきっかけに進み始めたようなので、この辺の違いに焦点が当てられるのじゃないでしょうか。

投稿: そーれ | 2006/08/18 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブレイブ・ストーリー(20060811) | トップページ | 死ぬまでにしたい10のこと(DVD) »